なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

13:15頃訪問。先客2名後客無し。店内は小ぢんまりとしており、厨房を囲むカウンターのみが設けられている。ちょっとディープな雰囲気だが居心地は悪くない。店主さん1人による切り盛りで、接客は快活で非常に良好。

お目当ての本メニューを選択。暫く待って配膳された。なお、提供前にニンニクの有無を訊かれて入れて貰った。

まず目を惹くのが、独特な具のアレンジだ。
中央には多めのモヤシが盛られて二郎系的なルックス。少なめではあるが、キャベツも含まれる。適度なシャキシャキ感が残された仕上がりで、この一杯にはマストとも言える存在。丼上の一隅には、刻... 続きを見る

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
75

「黒醬醤油」@拉麺5510の写真先日冬限定の味噌ラーメンを頂いたので今回はあっさり醤油を食べてみました。
いまいちインパクトが感じられなかった。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「背脂煮干拉麺+チャーシュー(950円)」@拉麺5510の写真本日は何ヶ月ぶりかの贔屓店のこちらのお店です。
久し振りに早く帰宅できたのでやって来ました。

18時12分着。先客2名。後客3名。寒いのにお客さん来ますねw
口頭で表題を告げ店主さんや常連のお客さんと世間話をしてる間に着丼。
見た目 チンタセネーゼ豚のチャーシューが美味しそうですね~
チンタセネーゼ豚とはイタリアのブランド豚で身がしっか... 続きを見る

投稿(更新) | コメント (5) | このお店へのレビュー: 11件

「味噌ラーメン+野菜」@拉麺5510の写真一瞬あっさりだが、それは嘘だ。旨味は直ちに塊となって遡上する。しかし、喉元に残るような野暮はない。白味噌を多めに配した、上品さすら覚える離れの良い味。当然、店主の性格上、ラーメンらしい下世話さも醸されている。
野菜の旨味もスープへ余さず移動を果たし、何処からとも無く生姜の風味も鼻先に舞う。特に素晴らしいのは一味、ひと口食べる都度、カスターから追加して食べ進める事で、奥深く起伏のある旨味が... 続きを見る

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 18件

「背脂黒醤麺(700円)+チンタセネーゼ豚のチャーシュー増し」@拉麺5510の写真本日のランチは自宅から一番近いこちらのお店です。
珍しい豚がいるとゆーことなのでやって来ました。

13時18分着。先客3名。後客8名。結構混むんですよね最近。。
口頭にて表題を注文して待ちます。
店主さんと世間話をしてる間に着丼。見た目 すごーい!豚ぶたブタ。
では一口・・・おおお。動物系の出汁が効いてますね~そして柔らかな魚... 続きを見る

投稿 | コメント (7) | このお店へのレビュー: 11件

「辛口胡麻 特盛」@拉麺5510の写真ひるめしで訪店
コンディションはハラヘリ
平日1355で先客2名、後から2名
表題を注文
まぜそば目当てだったんだけど品切れということで残念
15分程で着丼
具は、すりおろしニンニク、白ネギ、カイワレ、チャーシュー
麺は全粒粉の細麺
多少のダマ有
麺量は並(特盛は2玉
... 続きを見る

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ハイカロリー」@拉麺5510の写真祝日の昼下がりに、初来訪。
敷地のワリに、席は少な目。カウンターのみ。
何故か壁にかけられている、ガンプラ旧キットの箱に好感度テンアゲ!!(笑)

閑話休題。
券売機がないので、口頭注文です。
汁なし気分だったので、ハイカロリーを発注。
さて、凄い名前ですね!?多少メタボ等を気にしているはいるので、、、この名... 続きを見る

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件
88

「胡麻醬麺」@拉麺5510の写真食べたラーメンの名前忘れた。。自信ないけど辛めの奴です。担々的なやつ。。
名前は覚えてないけど、これはうまかったですよ。暑い夏に最適!
また行きます!(^O^)

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 3件

「つけそば(細麺)+味玉」@拉麺5510の写真38度を計測する灼熱の環境では、さっぱりした味が好ましい。
キリッとした塩味、コクのある甘味、そして離れの良い風味を演出する酸味が、三位一体となって疲れた胃腸を癒してくれる。辛味のあるスパイスが起伏を強調、ベースのガラスープがあっさり口当たりながらも骨太だ。
この丸長系を意識したスープに合わせるべきは、本来太麺が好ましいのだろう。しかし、細麺(中麺)を選択する事で、芳醇で抜けの... 続きを見る

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 18件

「ハイカロリー(生姜)」@拉麺5510の写真大島の課題店

色鮮やかな一杯をいただいた後,大島へ移動。
狙うは,ずっと来てみたいと思っていたこのお店。
何となく惹かれる店名じゃないか。
店は,商店街に溶け込むような存在。
かなり使い込まれた感じなので,何かの居抜きなのだろう。
後会計式。
ずっと気になっていた標記メニューを注文。
ニ... 続きを見る

投稿(更新) | コメント (14) | このお店へのレビュー: 1件