なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 
69

「ラーメン+生卵」@麺屋ごとうの写真太麺ストレート
生卵をトッピング

濃厚なのかどうなのかいまいちよくわからなかった。
スープは濃厚なのだが麺に全然絡んでこず、、

結局味変にお酢を追加。

点数が高かっただけに期待していったので残念だった。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「特製もりそば+メンマ」@麺屋ごとうの写真久しぶりの、ごとう。一時味が落ちたが、盛り返したと思っていた。しかし、これはアウト。池袋時代のカケラも感じなかった。

 スープが温い。こんなに温度が低い大勝軒は、初めて出会った。それと薄くて、麺に絡まない。味としては、割りをした後のスープのようだ。これは、ちょおっと辛い。

 大きなチャーシューは2枚入っているし、メンマの歯ごたえもなかなか。スープのダシも... 続きを見る

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 7件

「特製もりそば」@麺屋ごとうの写真19時30分過ぎ
先客4名、あと客4名
久しぶりの突撃です!
先輩方のレビューを見て、大勝軒系てあることを初めて知る始末!
ラーメンマップアプリで赤ピンが立っているのを見て再訪を決めました!📍

過去の自分のメモを取るとラーメンをいただいていて、あまり評価されておらず、もりそばをいただくこ... 続きを見る

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン  750円」@麺屋ごとうの写真2019 6土曜 12:13

【継承】

麺屋KABOちゃんを後にもう一軒。
駒込で気になった「麺屋ごとう」さんへ。
東池袋大勝軒出身の豚骨魚介?の名店。

駅の反対側南口から直ぐのところ。
看板が背丈の高さにある?地下らしき店舗。
外階段を降りて入店します... 続きを見る

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「チャーシューメン(大盛り)」@麺屋ごとうの写真半地下のお店でして、
階段を降り入り口を入ると右手に券売機。

平日13時頃でしたが先客2名、
もっと混んでるのかと思ってました。

東池袋大勝軒ご出身とのこと、
この系統はホント見た目が王道行ってますよね、
チャーシュー、メンマ、煮玉子、海苔、ネギ。

ただ... 続きを見る

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン+追加チャーシュー」@麺屋ごとうの写真夕飯時19:30に行ったら混んでもおらず、10分もせず着丼。

相変わらずの麺の多さだが
短く太めのもっちりで食べ応えがすごい。
チャーシューは薄いのに歯ごたえがあるのも嬉しい。でも追加しないと絶対物足りないと思う。

スープは以前よりあっさりになったのかな?

ニンニクを入れて食べるのが... 続きを見る

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン+ネギ:800円」@麺屋ごとうの写真出張帰りにラーメン屋を検索してたら、麺屋ごとうが駒込に?!
学生時代に池袋で食べた記憶があり、懐かしくて訪店。
記憶の味とほぼ一致だが、なんかインパクトに欠けるなという印象。
歳を重ねるに連れて、感覚が変わってきたのかね?

投稿 | コメント (1) | このお店へのレビュー: 1件
80

「ラーメン+煮玉子」@麺屋ごとうの写真昼下がり、寒気から逃げるように、ほぼ満席の店内に滑り込む。半熟玉子も良いが、この一杯には、ハードボイルドで味濃い目の煮玉子が良く似合う。
スープを掬えば、鰹や鯖独特の風味が鼻先を舞い、早く食えと胃腸からの執拗な催促に悩まされるが、香りに酔う贅沢をもう少しだけ楽しませて欲しい。
豚骨の逞しさとふくよかさ、鶏がらの柔らかな旨味。切れのある魚介だしに、少々濃口ながらも甘みのある醤油だ... 続きを見る

投稿 | コメント (5) | このお店へのレビュー: 8件

「わんたんメン 950円」@麺屋ごとうの写真つけ麺(もりそば)を発案したと言われる、故・山岸さんの東池袋大勝軒をルーツとする、こちらの「麺屋ごとう」さんは、以前は西池袋にある立教大学の手前にて店舗を構えており、並盛でもボリューム感があってお気に入り店だったが、2014年にこちらの駒込に移転してからは初来訪!

北口改札付近にてキン肉マンのスタンプラリーを押印してから、小さなロータリーのある南口側に周り、ロータリー周辺をグ... 続きを見る

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「わんたんメン+チャーシュー(2枚)」@麺屋ごとうの写真濃厚のトレンドを一切追わず、トラディショナルな大勝軒の味を伝承する。安定感は折り紙つきだが、毎日同じ仕上がりはあり得ないし、重なる歳月や四季折々を踏まえて、少しずつ味の発展を図っているように感じられる。
豚骨、鶏がら、そして魚介は鰹に鯖、煮干あたりか。旨味調味料の量も、遠慮はしない。どっしりとした力のある旨味と、動物由来のワイルドで自然な甘み。魚介で切れ味とコクが加わり起伏を得れば、飽き... 続きを見る

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 8件