なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

Dr.KOTO

男性 - 東京都 (1976年生まれ)

▼カメロンパンは、コモディイイダ亀戸店にて絶賛発売中でしたが、現在販売を停止している模様です。▼コトーじゃなくて、コートーです。えとう区民ですので。▼投稿(≠採点)は単なる備忘録なので、あまり突っ込まないで下さい。▼なお、90点台と80点台の間には、超えられない壁を設けているつもりです。

平均点 75.799点
最終レビュー日 2019年10月16日
2,510 1,331 4 7,458
レビュー 店舗 スキ いいね

「天つけうどん」@玉喜亭の写真かき揚げの、揚げたて特有の香りに緩む口角。さて、人生初の吉田うどんだ。一見すると讃岐のような艶やかな太麺だが、箸で摘んだ刹那、これは完全に別物と察知する。重い、そして硬い。啜ろうとしても全然遡上して来ない。
複数本を啜り込む方法は諦めて、一本ずつ楽しむと、剛質を噛み切る、いや、砕く食感と共に、濃厚な甘みが口内から鼻腔で踊り狂う。これが醍醐味か!
汁は鰹、煮干、昆布あたりの王道だしに、味噌と醤油で味を整える。味が濃いめかと思いきや、熟成感と離れの良い芳醇な風味が主体のため、そのまま飲んでしまえる程だ。しかし、力のあるうどんに全く劣らぬ頼もしい存在感。
卓上薬味は唐辛子と山椒、胡麻などを練り詰めた激辛で、汁側に少量放り込むと、辛味でだしのコクが一気に引き立った。これは使わないと損だろう。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「味玉そば(並)」@中華蕎麦うゑずの写真キレのある魚介が躍動しながらも、豚や鶏の劇的に濃厚なスープが下地を支える磐石の力強さ。しかし、そのタフさに反して、意外な程に後味の重さは残らない。
甘さも程良く感じるが、塩味やキレの鋭さには思わず舌を巻いてしまった。魚介だしは、鰹や鯖などの節よりも、煮干の方が気持ち立っている印象だ。
極太麺は剛健さとしなやかさが共存し、小麦が凝縮したかのような自然で芳醇な甘みが楽しめる。豪胆な物量。逞しい歯応えと、潔い歯切れの良さ。そうか、このスープは麺を美味しく食べさせようと、意図的に一歩引いた仕上がりに調整しているのか。
素材の協調性に重点を置き、男臭い外観に繊細な心尽くしが込められた見事な完成度。どれだけの試行錯誤があったのか。報恩謝徳を心に秘め、衣鉢相伝の志を貫く。師から継承された渾身の一杯は、出身への誇りと近隣への愛情に満ち溢れていた。

投稿 | コメント (5) | このお店へのレビュー: 1件