なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

Dr.KOTO

男性 - 東京都 (1976年生まれ)

▼カメロンパンは、コモディイイダ亀戸店にて絶賛発売中でしたが、現在販売を停止している模様です。▼コトーじゃなくて、コートーです。えとう区民ですので。▼投稿(≠採点)は単なる備忘録なので、あまり突っ込まないで下さい。▼なお、90点台と80点台の間には、超えられない壁を設けているつもりです。

平均点 75.805点
最終レビュー日 2019年10月14日
2,509 1,330 4 7,455
レビュー 店舗 スキ いいね

「ブラック(細麺+ねぎ脂)」@大津家の写真「凄いのがあるよ」と地元の方から教えていただき訪問したが、これわ富山ブラックに通じるビジュアルであり、地域性を考えると、劇的な衝撃を伴って支持されている事は疑いない。店主は地元出身の方らしく、地場嗜好を熟知した構成も魅力的だ。
選択可能な麺と脂。初訪ゆえ店主のオススメに従うと、「細麺+ねぎ脂」での提供となった。スープのベースは、あっさりした鶏がら。下関も豚骨文化ゆえ、大変珍しい。
そのスープは、漆黒の色彩とは裏腹に落ち着いた旨味に富んでおり、ねぎ脂の決定力でコクと奥行きが強調され、複雑な風味により食欲を刺激して来る。醤油だれは若干濃いめで角があるが、鶏の柔らかさを損じるような事はない。
ストレート細麺はスープを素直に乗せる麺で、バツバツと弾ける歯応えが大変楽しい。なお、唯一勿体ない点として、ご子息の接客参画は時期尚早とお見受けした。

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件
90
このレビューは移転前のものです。

「らーめん」@山の田ラーメンの写真見た目のジャンクな風貌。濃厚な褐色。ひと口めのこってり感。
しかし、ふた口目には全部肩透かしになるから堪らない。その実態は、素朴な旨さが光り輝く、街の巨匠による逸品だった。誰しも、ラーメンと言う安価なB級グルメに求めたい、個人的嗜好があるだろう。それが、ここまで明確なカタチになっている事には驚嘆すら覚える。ニンニクと胡麻を少々加えれば、箸と蓮華は忙殺の一途。只々、ひたすら旨い。
豚骨をベースに据えた、油っ気のあるスープ。味は当然、やや濃いめだ。こんな小細工のないこってり醤油豚骨には、中麺のモッチリした歯応えが良く似合う。油が超絡むので、スープの風味がダイレクトに伝わるよ。いやホント旨いねコレ。この麺は、替玉じゃなく最初から大盛にするのが良いだろう。スープとの馴染み方が全く違うはずだ。

投稿 | コメント (3) | このお店へのレビュー: 1件