なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

Dr.KOTO

男性 - 東京都 (1976年生まれ)

▼カメロンパンは、コモディイイダ亀戸店にて絶賛発売中でしたが、現在販売を停止している模様です。▼コトーじゃなくて、コートーです。えとう区民ですので。▼投稿(≠採点)は単なる備忘録なので、あまり突っ込まないで下さい。▼なお、90点台と80点台の間には、超えられない壁を設けているつもりです。

平均点 75.799点
最終レビュー日 2019年10月16日
2,510 1,331 4 7,458
レビュー 店舗 スキ いいね

「正油ネギラーメン(こってり)+味付けゆで卵」@ラーメンショップ 足利50号店の写真どっしりとした重量感の迫力、さすがは「こってり」だ。タフネスな豚がワイルドに味覚へ直接アクセスし、食べ応えは申し分ない。背脂がジワジワ溶けて重厚化に拍車が掛かり、コク深さに複雑な旨味が乗り蓮華が止まらない。
豚骨の癖や臭みは大人しいため、貪り食うと言うよりは、するすると入って来る感覚で食べ進む。醤油だれの塩味は強いが、スープの力強さが一段上だ。
生きているストレート中麺の粘り腰、これが北関東ラーショ最大の魅力。甘みの膨らみが素晴らしく、このスープにすら全く負けずに一体感を醸し出す。
そしてネギ、これはキマる。湯煎でしなやかさを得ながらも、しっかりネギ臭さが暴れる。胡麻油と調味料で和えられ、徐々にスープへ味が移る事で味変が進み渾然一体は手に負えない。バイパスのオアシス、高い接客力も魅力だ。

投稿 | コメント (5) | このお店へのレビュー: 3件

「チャーシューめん」@青竹手打ちラーメン 麺や大山の写真これだ、この最初からフルスロットルで旨いスープ。豚と鶏のガラベースに、熟成感のある醤油だれで深みを、鶏油で仄かに甘みとコクを醸し出す。すっきり味に感じるのは錯覚だ、病み付き指数は青天井、蓮華が全く止まらない。
縮れ平太麺はもちろん青竹打ちで、もちもち感と粘り腰がランダムに楽しめる。小麦の芳醇な甘さに隙はなく、鼻先で膨らみ賑わいは至って華やか。相乗効果を求め、器に顔を近付け思い切り啜り込み、飛沫の香味まで堪能したい。
麺とスープの相性は基い、温故知新の粋を覚える逸品ながら、どこか先鋭的な仕上がりに感じるのは何故だろう。佐野ラーメンの魅力は、地元老舗蔵本の方に伺えば、「青竹麺の不揃いさ」「癖になる醤油スープの透明感」との事。
味の伝統を踏襲し、調理には先進的な技術も。一新紀元の予感漂う一杯だ。

投稿 | コメント (3) | このお店へのレビュー: 2件

「しおらーめん+味玉+チャーシュー」@青竹手打ちラーメン 麺や大山の写真豚がらベースのスープに昆布や椎茸、干し貝などの旨味が詰まったスープ。胡麻とフライドガーリックが湯面を賑わせ、素材各々のだしが口内で膨らみ広がる時間差をスッと埋めてくれる。これを起伏と呼ぶか、コクと呼ぶか。
調味油はしょうゆラーメンと比して明らかに控えめで、あっさりした口当たりの颯爽とした旨味が自然に味覚を喜ばせ、すっきりとした印象に終始する。
麺はもちろん、縮れ平太手打ち麺。腰のある部分は、噛めば素朴で艶やかな小麦の甘みが鼻先に膨らむ。抜けるのではない、膨らむんだ。時間経過でスープを少しずつ吸い柔軟化が進めば、比例して喉越しの良さに研きが掛かる。
バラ煮豚チャーシューを筆頭に、具も全て塩スープにも適するよう絶妙な塩梅で味が入っている。佐野ラーメンと言えば醤油だが、塩も実に魅力的だ。

投稿 | コメント (5) | このお店へのレビュー: 2件

「ネギラーメン(こってり)」@ラーメンショップ 佐野店の写真道路向かいの大行列に伝えたい。うまいラーメンが食いたいならば、この店の戸を開けば良い。ランチのコアタイム、既に旨味薄手にして脆弱な豚骨スープ。何故か甘口なのは謎が残るが、こってりで背脂を増せば問題は即解決だ。
という事で、背脂と調味料が味の主体を担うスープを、活きているストレート中麺に絡めて頬張るのがこの食事のストーリーとなる。ニンニクも放り込み、味の悪さに拍車を掛けよう。大丈夫、活きている麺はニンニクに負けない。
麺は生きている。柔らかめの食感だが、粘り腰も残り香りも高い。胡麻油、醤油だれ、調味料で和えられた、シャキシャキで辛味酸味臭みの三点セットが残存するネギ。コレがキマれば、後は無心にネギラーメンを頬張るだけだ。
塩味強烈で調味料も多いため、食後に備えて予め飲み物を準備しておきたい。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「正油ネギラーメン+味付けゆでたまご」@ラーメンショップ 足利50号店の写真麺硬め。北関東特有の生きている麺。腰の粘りを噛み潰すたびに、素朴な甘みが弾けるように広がり、鼻先に抜けて行く感覚は癖になる。スープを大胆に受け止めながらも、その風味や背脂を邪魔しない絶妙な品質。本当に、うまい。
昼どきは、朝一番よりスープが薄手と聞いているが、躍動する背脂と微妙に乳化し、口内での味の滞在が長引く事で十分なダイナミズムが醸されている。重厚だ。豚骨と旨味調味料を中心とした、どっしりとした味。本当に、うまい。
丁寧に下処理された細切りのネギは、胡麻油と醤油だれと白粉が強烈に効いており、スープの熱でシャキシャキが次第にクタクタになって行く。
エアコンが存在していないのかと思うくらいに暑かったが、中毒的な味に無我夢中、ニンニクも放り込み、器へ顔を近付け貪り食う。本当に、うまい。

投稿 | コメント (5) | このお店へのレビュー: 3件

「ラーメン+ネギあえ」@ラーメンショップ 卒島店の写真ネギラーメンだと、チャーシューを含めた標準装備が失われてしまう。そのため、敢えて「ネギあえ」のトッピングで対応。豚骨の力強さが漲るスープに、やや甘めの醤油だれで味を調えた茶褐色、本能が歓喜を上げる味だ。
仄かに湯面を賑わせる背脂がスープのコクを強調し、白い粉や強めな塩味の存在感を控えさせ、ネギと一緒に和えられた胡麻油が少しずつスープと交わる事で、香りの彩りに華やかさが加わり箸の動きが自然と加速される。
北関東ラーショの定番、生きている麺も絶好調だ。熱を得てネギの辛味酸味の影から甘みが顔を覗かせれば、シャキシャキ感のある繊維質から麺の歯応えへと食感の軸が移行する。腰の粘りと柔らかな甘い風味…ああ、うまい。
肩ロースのチャーシュー、メンマ、ワカメ…うまい、全てがうまい。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「中華そば」@森田屋 田沼支店の写真市街地からやや離れた路地裏。気持ち長閑な店内では、食べ手の心も忙しなさと決別を遂げる。許されるならば、朝一番で食べたい味だ。
あっさりとした醤油スープは、豚がらの穏やかな旨味に満ち溢れ、ひと口含めばホッとした心地良さに抱擁される。油や調味に頼らない味の組み立て。丁寧に、実直に。近隣との繋がりと、トラディショナルな調理を守り続ける姿勢。
手揉みで縮れた平太麺は、手打ちならではの不揃い感が食感に起伏を生み、こしの塩梅が左右される。全く同じものなど、自然の中にはまずあり得ない。爽やかな小麦の甘みと、滑らかな喉越し。日常の味がここにはある。
気を付けたいのは、あまりのん気に食べていると、スープを吸ってジワジワと麺が肥大化する点だ。適度な食速を維持して、品質変化を最小限に抑えたい。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「正油ネギラーメン」@ラーメンショップ 足利50号店の写真北関東のラーメンショップ。東京近郊のものとは違い、豚骨隆々にして旺盛であり、口当たりからしてその逞しさに迫力を覚えてしまった。若干残る豚臭さが鼻先を舞う度に、自然と箸が動き無心に次のひと口を求めてしまう。
背脂により厚みが付与されたスープ。やや量が多めなため湯面で膜となるため、スープの香りが霧散する事を防ぎ、温度の欠損を抑えてくれる。円やかな口当たりも、背脂あってものもだろう。ニンニクを足して、満足度の向上を図りたい。
中細のストレート麺。少し柔らかめの茹で加減のため、コシがやや緩く歯応えに頼りなさを覚えたものの、爽やかな甘い香りが堪らなく心地良い。胡麻油などで和えられた葱と共に思い切り啜り込めば、舞うスープの飛沫と容易に渾然一体が果たされる。
朝は小ライス無料とサービスも抜群。…朝からこんなの食べて良いのかなあ。

投稿 | コメント (7) | このお店へのレビュー: 3件
このレビューは移転前のものです。

「チャーシューメン+煮玉子」@田村屋の写真土曜の昼。家族連れが多く長蛇の流れが悪い中、さのまるに出迎えられ席を得る事さえ叶えば、そこからラーメンの配膳は予想を遥かに上回る速さだった。
手打ち麺ゆえに、まずその個性に注目してしまう。平打ち気味の不揃いな太麺は、引き揚げた際のどっしりとした重量感や歯触りの柔軟さ、粘りの強いコシに思わず魅了される。小麦ならではの甘い風味が大変芳醇で、物量多くも圧迫感は覚えない。
鶏と豚のがらを味の中心に据えたスープは、気持ち甘めの醤油だれで味を調えながらも、塩味は程々に抑えられているため、だしの旨味がジワジワと染み入るような仕上がりだ。油層も侮り難いが、麺の甘みと中和されスープの風味を邪魔しない。
濃厚な黄身と淡白な白身の風味が力強い味玉、手作りメンマの柔らかさ、そして2種類のチャーシュー。お店の心意気が強く感じられる、具の完成度も素晴らしい。

投稿 | コメント (3) | このお店へのレビュー: 1件