なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

Dr.KOTO

男性 - 東京都 (1976年生まれ)

▼カメロンパンは、コモディイイダ亀戸店にて絶賛発売中でしたが、現在販売を停止している模様です。▼コトーじゃなくて、コートーです。えとう区民ですので。▼投稿(≠採点)は単なる備忘録なので、あまり突っ込まないで下さい。▼なお、90点台と80点台の間には、超えられない壁を設けているつもりです。

平均点 75.798点
最終レビュー日 2019年10月20日
2,514 1,332 4 7,471
レビュー 店舗 スキ いいね

「豚骨つけ麺(大盛)」@風土記 千里中央店の写真注文を済ました直後、鎮座する熊の置物に熊五郎の支店である事を悟る展開。しかし、地場の文化を体験するには、この暖簾以上に相応しい環境は見当たらない。
唐揚定食が飛ぶように売れる中つけ麺は圧倒的なマイノリティだが、この魚介の風味が仄かに舞う豚骨スープは実に侮り難い。醤油だれの塩味はやや強めだが、スープ自体の粘度が控えめなため、塩味と旨味が麺に絡み過ぎる事はない。
かと言って、豚骨の臭みは十分に封じられている。逞しさと独特の野趣、そして背脂の厚みとケミカルな旨味の補填。バランスを保ちながらも、豚骨を軸に据えた味の設計。弾力のある太麺は、スープを十分に泳がせたい。案外に麺が強いからだ。
大盛りは270g。短めな形状ゆえ汁跳ねに注意ながらも、香りの素朴さから麺の高い品質が伺える。相性抜群な無料キムチも登用しつつ、スープ割まで堪能したい。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン」@しぇからしか 梅田店の写真まさか大阪で、しかも梅田で、本場そのまんまの濃厚豚骨が食べられるとは。いわゆる北九州で人気を博す「ド豚骨」とも謳われる強烈な個性。泡脂が漲る湯面と、骨髄まで溶かしこまれたかのような力強さ。ドロドロ加減も絶妙だ。
店頭や店内の豚臭さに怯む事はない。美味しさを阻害する要因は、換気扇から全て放逐されているからこそ、スープ自体には嫌な臭みが残っていない。醤油だれの影響か、若干甘みが効いており、オリジナリティを感じる点も見事なものだ。
硬麺でお願いしたストレート細麺は、小麦の香りが強烈な長浜で良く見られるタイプのもので、粘りの強いコシが食感の心地良さを演出するため、自ずと箸が踊るように動いてしまう。替玉は不可避であり、タフなスープが延々麺を受け止める。
東京には、こんな濃厚豚骨の店はない。大阪の懐深さを感じる一杯だった。

投稿(更新) | コメント (3) | このお店へのレビュー: 1件

「醤油らーめん(とんこつ)+味玉」@熊五郎 せんちゅうパル店の写真甘酸っぱい思い出しか残っていないせんちゅうに、また来る事になるとは思わなかった。何を食べるかで彷徨うも、どうせなら地場ならではの暖簾を選びたい。
醤油ラーメン。豚骨とあっさりから選べるが、当然豚骨に決まっている。ひと目見た瞬間に濃厚さが見て取れるビジュアル。劇的な量が入っていると思われる旨味調味料。豚の背脂にマー油(焦がしニンニク油)。何と分かりやすい味なのか。
そんな油性マジックで力強く描いたような一杯ながら、豚骨自体は円やかで口当たりが良く、醤油だれの分量も穏やかなのは面白い。もやしや葱の清涼感が、こってりした油の重さを緩和する。マー油の酸味が強めだったのは悔やまれる点か。
ストレート中麺の張力がスープを大胆に掴むため、プリプリした歯応えとの一体感が楽しめる。麺よりもスープをフォーカスした味の組立て。癖になる味だ。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「味玉辛味噌つけ麺」@麺屋 楼蘭 梅田店の写真目を奪われるのは、透明感のあるしなやかな太麺。ひとたび口に含めば、爽やかな甘味が嫌味なく広がって行く。ささやかな喜びを感じる瞬間だ。
そんな麺に絡まるスープは、焦がし味噌を冠する濃口の仕上がりだ。焦がし感は余りなく、味噌ならではの濃厚さや熟成感も控えめの調整。強めの塩味が全体を牽引するため、もやしのような水気のある具が抜群に合う。
計算しての事だろう、もやしの量は結構多めだ。しかし、普通のラーメンで使っているスープに、味噌の分量を増やしただけなのでは?と穿(うが)った見方をしてしまいたくなる。味の単調さを、具の豊富さでカバーする必要があるためだ。
スープ割、上品な魚介節の効いただし汁が徳利で提供される。スープ割を見送る事だけは、絶対に避けねばならない。滋味と余韻を堪能し、気分良く会計に移ろう。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「煮玉子ラーメン」@どうとんぼり神座 エキマルシェ新大阪店の写真個人的な見解だが、「美味しい」は素材由来の特性と風味を技術で昇華させた優しいお方で、「旨い」は問答無用に本能へアクセスしてくる気持ち下世話な輩を指す。
と言う事で、このラーメンが「おいしい」を名乗る事には違和感を覚えてしまう。「うまいラーメン」なら納得なのだが。尖りまくった旨味調味料と、味覇的な旨味。それらに加わる豚がらと微妙なピリ辛感を微妙な甘味が抱擁すれば、独特のスープが完成だ。
ストレート中麺も個性的で、弾性逞しい歯応えがシャキシャキした白菜と抜群の相性を誇る。香りや味は市販の中華生麺的なのだが、とても上質に感じるのは何故だろう。
味も濃いし残留感も侮れないが、後味は何故か悪くない。不思議だ。白菜がそう感じさせるのだろうか。甘味が苦手ならば、卓上のニラを大量投入し事態を解決させたい。

投稿 | コメント (7) | このお店へのレビュー: 1件

「中華そば」@新福菜館 KiKi京橋店の写真最初は左程旨さを感じないのに、何か癖になる系統のラーメンってあるよね。この一杯こそが、正にその系統の王道なんじゃないかと思うんだよね。
スープは見たまんま、味が超濃いしょうゆ味。しかし、それに慣れて来たあたりから、ジワジワとだしのシンプルな旨味が有無を言わさず迫って来る。圧迫感すら覚える程に抗(あらが)い難く、回避困難な旨味のがぶり寄り。コンソメのような豚や鶏のだしが、体内全体に染み込んで来るような感覚だよ。
ストレート中麺は、やや柔らかめの茹で上がり。硬め指定が支配的だけど、コシはしっかり残っているね。より歯応えを楽しみたければ、硬めでも良いかも知れない。
何より不思議なのは、後味のスッキリ感。騙されてるのは間違いないが、謎だ。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「醤油らーめん」@らーめん 弥七の写真これは、素晴らしい。鶏を丸々全部煮込んで、旨味を抽出し尽した感じの濃厚さ。油っこさや雑味を許される限り排除して、とことんまで鶏を食べ尽くす事に拘(こだわ)っているような印象だよ。モミジ由来っぽい癖が少し感じられたが、容赦なく盛られた薬味類の活躍により、爽快な口当たりに終始する事だろう。
滑らかな喉越しが印象的な中太麺。箸で湯面から引き揚げた段階で想起するであろう、豊かなコシと凝縮感。その食感は、頬張れば直ぐに楽しめるよ。遠慮なく絡みまくるスープ、豊富な薬味、全てが渾然一体となって、押し寄せるように味覚へ訴えかけて来る。
麺を食べ終えた後、スープを飲み干すべくレンゲの動きは加速の一途。思いのほか後味に残留感がある点だけが唯一残念だが、最後の一滴まで堪能したい一杯だね。

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件