なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

Dr.KOTO

男性 - 東京都 (1976年生まれ)

▼カメロンパンは、コモディイイダ亀戸店にて絶賛発売中でしたが、現在販売を停止している模様です。▼コトーじゃなくて、コートーです。えとう区民ですので。▼投稿(≠採点)は単なる備忘録なので、あまり突っ込まないで下さい。▼なお、90点台と80点台の間には、超えられない壁を設けているつもりです。

平均点 75.798点
最終レビュー日 2019年10月20日
2,514 1,332 4 7,470
レビュー 店舗 スキ いいね

「青島チャーシュー」@青島ラーメン司菜 南万代店の写真豚ならではの骨太な逞しさと、醤油の凛とした締まりのある芳醇な香り。
両者の繋ぎとして生姜や香味野菜の風味を効かせる事で、動物的な癖が抑えられ、醤油の角が取れ口当たりの良さが醸される。荒々しさや粗雑さを活かしながらも、バランス良く重なる素材の旨味は、蓮華の停止が大変困難だ。
大釜でゆったり泳ぐ中麺は、茹で時間が短めでこしをしっかり残しながらも、火の通りは申し分なく、小麦の爽やかな甘みが堪能出来る。束の張力に期待が出来るため、思い切り啜り込めばスープとのシナジーも計り知れない。
脂身と赤身の塩梅が絶妙なチャーシュー、贅沢な物量が盛り付けられる。青菜やメンマは脇役の彩り、決してスープや麺を邪魔しない。上品さとは相反する仕上がりだが、大衆性を昇華させた完成度の高さは、圧巻のひと言だ。

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン+ゆで卵」@めんどころくら田‎の写真やや深酒した早朝の訪問には、あっさり味の醤油ラーメンが相応しい。
豚がらを丁寧に優しく煮出したスープが、重たいなんてあり得ない。透き通った、柔らかく浸透力のあるスープ。御礼申し上げたい、この胃腸への気遣いに。仄かに漂う煮干の香りも心地良く、ほっこりとした気分にさせられる。
細麺は若干腰が残る茹で加減で、束の張力でスープを逃さず摑み揚げる。麺の香りや味に癖がないため、スープと麺、両者の主張が和を以って融合し、自ずと渾然一体が図られる。経験と緻密な計算に基いた、味の設計だろうか。
油が抜けやや硬めのバラチャーシューを含め、具も一切尖りがなく麺とスープを邪魔しない。老若男女誰にもアジャストしそうな完成度、旨味やインパクトが強いラーメンも良いが、思わず頬が緩む一杯は贅沢にして貴重な存在だ。

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「普通カレーライス」@名物 万代そばの写真お盆の昼時、多湿酷暑の中150人近い行列でUターン。翌日朝は8時開店より10分程度遅れて訪問で15人程度の行列ながらも、その後は落ち着きを見せたため、恐らくシャッター組が流れれば、厳しく長い待ちは回避出来そうだ。
さて、カレー。左がミニ、右が普通。ライスはミニでも300g近くありそうで、普通なら500gと言われても驚かない。やや柔らかめだが、カレーがどっしりとした小麦粉と油(たぶんラード)の半液状タイプなので相性が良い。
カレーは甘みの中にスパイスが眠る、日本人なら誰もが親しんできたであろうトラディショナルなもの。良い意味で安っぽく、ベーススープが重過ぎないため大変食べ易い。豚だろうか。具は大ぶりな人参、玉葱、豚肉が入る。
超B級グルメゆえ過剰な待ちは回避すべきだが、懐かしい味で満足度高めだ。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件