なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

Dr.KOTO

男性 - 東京都 (1976年生まれ)

▼カメロンパンは、コモディイイダ亀戸店にて絶賛発売中でしたが、現在販売を停止している模様です。▼コトーじゃなくて、コートーです。えとう区民ですので。▼投稿(≠採点)は単なる備忘録なので、あまり突っ込まないで下さい。▼なお、90点台と80点台の間には、超えられない壁を設けているつもりです。

平均点 75.798点
最終レビュー日 2019年10月20日
2,514 1,332 4 7,471
レビュー 店舗 スキ いいね
90

「砦」@らーめん砦の写真貝白湯。ムール貝などを使いオリーブオイルやバジルで仕上げたイタリアンに舌鼓を打った事はあれど、ラーメンのスープとなれば未体験の世界。まさか衝撃と感動に昂ぶらされる結末を迎えるとは、配膳時点では予想だにしなかった。
スープのベースはマテ貝で、比較的流通量の多い九州でも通常触れる機会の少ない品種であり、その爽やかですっきりとした癖のない濃厚な旨味には驚嘆せざるを得ない。他数種類の貝を使っていると予想するが、下処理の苦労が伺える完成度だ。
プリプリとした歯応えの奥に、確かな粘り腰が楽しめるストレート中麺。素直な風味がスープの魅力を底上げし、それを思い切り啜り込む事で、スープの香りが遠慮なく巻き上がり、陽射し眩しい西海の青が脳裏を所狭しと広がって行く。
燻製マテ貝、焦がし葱、アオサ。脇を固める強力な陣容も、全ては白湯に回帰した。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「爆弾チャンポン」@思案橋ラーメンの写真福山雅治御用達の店として知られる一軒。「ウチ、有名店なのよ」と言う雰囲気の接客さえ気にならなければ、癖になるメニューが満載の暖簾がここにある。
バクダン。ニンニクペーストとラードか何かを混ぜ合わせ、少々発酵を進めたような粘り気のある臭さが異彩を放つトッピング。ベーススープは少々甘い油分が支配的だが、だし自体はあっさりなため、バクダン投下で景観が激変する。
しかし、この街で「爆弾」と名付けるとは、何と言う大胆さだろうか。そして、尋常ではない油の量。スープを少々楽しんだら、早速バクダンとの一体化を図りたい。味以上にスープが乳化気味に進化を遂げるため、麺との一体感が一層進むからだ。
柔らかめのちゃんぽん麺は、イカ、アサリ、豚肉、野菜の旨味とバクダンが一体化したスープと抜群に相性が良い。一心不乱、我武者羅に貪り食う。既に、病みつきだ。

投稿 | コメント (5) | このお店へのレビュー: 1件
90

「ちゃんぽん」@共楽園の写真抜群、と言うか。半端ではない渾然一体感からは、やはり異次元の旨さを感じてしまう。
塩味、油分、鶏がらの強さ、具材から滲み出る旨味。全てが完璧(※あくまで私見です)な調和を保ち、渦のように舌先、鼻先を通り過ぎて行く。野菜増量は不可だが、この完成度を維持するためには妥当な決断ではないだろうか。
スープの諸元は鶏白湯。そこに牡蠣やイカ、野菜や蒲鉾そのものが一体化しているため、複雑多岐、濃厚多彩な味が遠慮なく押し寄せる。
ちゃんぽん麺のしなやかなストレート形状には、思わず専心してしまうだろう。箸を通して伝わる柔らかなフォルムに反し、しっかりコシが残っている点も見逃せない。特別な一杯だが、これが至極身近な一杯でもある現実。長崎のちゃんぽんは、正に街の象徴だ。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「ラーメン」@丸徳ラーメン 駅前店の写真外観から察する通り、年季の入った店構え。ラーメンの調理は予想通り抜群に手際が良く、他客注文の餃子などとの並行調理も、滞りなく配膳の時を迎えた。
蛍光灯を煌びやかに反射する湯面に反し、あっさり、おだやかな豚だしがスープの屋台骨となっている。豚臭さも相当抑えめなため、九州地方以外からの旅客にもフィットするのではないだろうか。豚頭を中心に、丁寧に仕込まれている印象だ。
肌白の中細麺は、穏やかなスープを邪魔しない。香りはあるが甘みの広がりは控えめで、歯切れの良い食感が箸の加速を促して仕方ない。
肉感優れた、硬い腿肉チャーシューの脇役感。歯応えが凄まじく、穏やかな調味ゆえ、旧態依然とした雰囲気も伴うが、個人的には大好きなタイプ。思わず、頬が緩んだ。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
85

「長崎ちゃんぽん」@香蘭の写真ベテランの風格漂う佐世保駅ガード下の暖簾をくぐれば、ベテランの威光煌めくカウンター席のみの環境が広がる。オープンキッチンと呼ぶに相応しい、どの席からも丸見えの調理光景。確かな技術がなければ、とても耐えられない環境ではないか。
劇的に円やかで雑みのない鶏白湯スープ。喉越しの良さが際立ったスープは、強火で手際良く炒められ、香ばしさが引き立った具材の鍋に注入される。豊富な野菜や蒲鉾、海老や牡蠣。地産品の良さを積極的に取り込んだ構成だ。これらのだしがスープと融合する事で、筆舌し難い複雑な旨味が完成を見る。
モッチリした食感のちゃんぽん麺は、山盛り具材との歯応えにメリハリを覚えない事はない。塩加減も適切そのもの。スープを残すのが、余りにも名残惜しい。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「チャンポン(大盛)」@天天有の写真徹底して貫かれた円やかさと滑らかさ。ちゃんぽんで、ここまで濁りを感じないスープがある事には、正直驚きを隠せない。
ちゃんぽんは、具を強火で炒めてから動物系のだしと一緒に煮込むため、自然と中華鍋に触れた食材の香ばしさが感じられるものだ。この焦げ目、旨いんだよね。しかし、このスープにはその香ばしさが存在しない。何とも不思議なスープだ。
とは言え、多彩な具の旨味が全てスープの中に封じられてるんだよね。そして、柔らかめな太麺の喉越しの良さと言ったら。食感が控えめな分、スープや具との融合性は抜群だ。
長崎ちゃんぽんについての造詣は決して深くないが、こういう一杯こそが日々の食事になり得るんだろう。本物の贅沢品って、こんな日常的な味なのかも知れない。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
90

「ちゃんぽん」@共楽園の写真これは、毎日食べられる。いや、毎日食べたい。
複雑に迫ってくる濃厚な旨味の渦。全てが完璧に一体化した絶妙な風味の完成度は、文字通り渾然一体と言う言葉が相応しい。
スッキリした口当たり。際限ない奥行きの深さと味の広がり。豊富な具材が手早く炒められ、鶏がらの優しいスープと共に煮込まれる事で、旨味の相乗効果が最大限に引き出されて行く。煮込み工程の最後に合わせられる太麺は、少し柔らかめに感じるかも知れない。でも、思いのほかコシが残っているので、野菜、魚介類、蒲鉾などの具と共に頬張ると、控えめな自己主張が融和性を高めてくれる。
ひと口ごとに異なる味と食感。手頃な価格。有名店じゃないけど、抜群にオススメだよ。

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 2件