なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

Dr.KOTO

男性 - 東京都 (1976年生まれ)

▼カメロンパンは、コモディイイダ亀戸店にて絶賛発売中でしたが、現在販売を停止している模様です。▼コトーじゃなくて、コートーです。えとう区民ですので。▼投稿(≠採点)は単なる備忘録なので、あまり突っ込まないで下さい。▼なお、90点台と80点台の間には、超えられない壁を設けているつもりです。

平均点 75.798点
最終レビュー日 2019年10月20日
2,514 1,332 4 7,472
レビュー 店舗 スキ いいね

「肉ダブル肉そば」@丸源ラーメン 高松上天神店の写真看板メニューの「肉そば」。煮込まれた豚肉の旨味が、そのままスープと馴染み一体化する事で、違和感なく全体の纏まりが得られる見事な味の設計。
豚骨や鶏がら、野菜から採られたスープには、風味の良さが穏やかに立ち上がっている。豚肉から溶けた脂の甘みがコクの深さを強調し、醤油だれの熟成感が旨味の広がりを後押しするため、穏やかなだけでは終わらない。飽きの来ない重ね味。
最大の特徴は、肉ではなくもみじおろしだろう。肉と共に頬張るのも良いが、早めにスープと馴染ませれば、生姜のような辛味と刺激が全体に広がり、食べ易さを加速させるはずだ。このさっぱり感と、ストレート中麺の相性がまた最高に良い。
歯触りの弾力と張り。コシに覚える粘りの強さ。香り素朴ながら、スープに劣らぬ漂いの濃厚さ。スープを絡ませ、肉と共に頬張る時間。実に贅沢だ。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件
95

「釜玉(小)」@うどん 一福の写真一見してうどん玉のみの状態で提供されるが、その下敷きに控える生玉子を潰し混ぜるのは少しだけ待った方が良い。適度に固まるのを待つべきだ。
一般的な讃岐うどんよりも細めの麺ではあるが、釜揚げであってもそのこしは失われる事がない。葱と生姜を適度に添えて、生醤油を垂らしかき混ぜる。写真はひと回しした程度の状態だが、この黄金色に食欲が抗う事など出来るはずがない。
円やかに広がる玉子の濃厚な美味しさは、うどんの甘さと抜群に合う。生姜の刺激はうどんの爽やかな香りと抜群に合う。葱の清涼感は全体の味に起伏を加えるが、時間経過で余熱を手にしてそれ自体も甘味を手にし変化の一翼を担ってくれる。
天ぷらも豊富で安価なため、特に相性が良い竹輪天と共に楽しむのがお勧めだ。油っ気が加わる事で、更に味に奥行きが生まれる事は間違いない。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「うどん(小)+オリーブ豚」@田村の写真家族経営のため回転は余り良くないが、その待ち時間の疲労を払拭する一杯が約束されている名店。玉数を指定し器を受け取り、さてどうしよう。
テボで10秒程度温度を与え、葱の上から温だしを注ぎ入れる。余熱で葱の酸味辛味が抑えられ甘みが強まるため、薬味と言うよりも良質な具として機能し始めるからだ。
実直にして素朴。だしはいりこと薄口醤油をベースにしたクリアで癖のない風味であり、その澱みない香りの高さに、麺を無視して延々飲み続けてしまう。変化を求めるのならば、天ぷらや生姜などで味に変化を加えるのも良いだろう。
麺はどっしりとした重量感に思わず頬が緩んでしまう。温める事で柔らかさを手に入れるが、こしの歯応えは適度に残るため、噛むたびに舞い上がる小麦の豊饒な甘みと喉越しの滑らかさに、気が付けば無心、程なくして最後の一滴まで飲み干した。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「2玉(冷)+生玉子」@松下製麺所の写真高松に来ると、この店に立ち寄らずにはいられない。最も愛している一杯は、間違いなく当店の冷(醤油)。讃岐うどんの個人的標準、それがこれだ。
2玉でお願いしたので、ボリュームは満点だ。セルフで葱と揚げ玉を放り込み、生玉子を溶き混ぜながら卓上の生醤油を適度に垂らす。醤油は魚介の癖が控えめで、薄口醤油に由来するような円やかな塩味が立ちうどんの甘さを強調する。何と言う相性。
大混雑の平日ランチタイム以外ならば、〆られたうどんの品質は磐石だ。こしの潔さと、僅かに感じるフワリとした柔らかさ。そのため甘みの膨らみが素晴らしく、爽やかな香りに箸が自然と躍動してしまう。涼感ある喉越しが堪らない。
満を持して生姜を投下すれば、一層引き立つうどんの甘さ。揚げ玉の油分が満遍なく玉子と醤油の味を馴染ませる。最後はかき込むように頬張り、店を後にした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「冷かけうどん(1玉)」@うどん上戸の写真海の見える街道に臨む店構え。無骨さを感じるが、接客やうどんは穏やかな情愛に満ち溢れる。こんなお店では、シンプルな一杯を楽しみたいものだ。
冷冷でいただく、かけうどん。訪問時間が閉店間際だったため、いりこの生臭さが少々立ち上がりつつある冷だしではあったが、水面に踊る薄切りのレモンが爽やかな酸味を醸し出し、結果魚介の臭みを旨味に転換してくれた。
クリアで清涼感のある冷だしは、塩味適度にしてうどんの甘味を引き立てる事に主眼が置かれているようだ。葱と揚げ玉を放り込むと、生姜は自重しつつ重量感のある極太麺を引き揚げる。箸越しに伝わるコシの強さに、期待は否応なく高まってしまう。
こしの逞しさに歯を突き立てれば、予想外の優しい歯触りに驚かされる。掛かりのない喉越しと同時に鼻先を抜ける、濃厚な小麦の甘い香り。これは、完璧だ。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「釜揚げうどん(特大)」@釜あげうどん 長田in香の香の写真釜揚げの専門店として県内随一の人気を誇る名店だが、休祝日は山越うどんと双璧とも言える大行列に見舞われる事必至。時間に余裕を持って来店したい。
着席を果たせば、後は釜揚げの魅力を如何に堪能するかだけを考えよう。茹で上げそのままで配膳されるため、温度を失う事なく甘みが抜群に高まったこの状態。粘りのあるコシの逞しさと、ぬめりを伴う啜り口の滑らかさ。とにかく甘味が素晴らしい。
いりこベースのだしは只でさえ透明感とキレ味に優れ躍動感に溢れるが、麺を潜らせるたびに溶け出すぬめりが粘度を与え、香りと味が伝わりやすくなって行く。途中で葱を入れて清涼感を手にしつつ、満を持して生姜を投下したい。
環境激変、とろみとだしと生姜が融合し、啜り上げる麺に絡み香りの遡上に遠慮はない。気が付けば完食、調和の進捗は余りにも見事だ。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「1玉(冷)」@池内うどんの写真あたかも親戚の家の勝手口に回りこむかのような印象を受ける入口の風景。所見の方は相当に驚く事だろう。裏手に回れば、ラーメンどんぶりを片手にうどんをかき込む人の姿。場合によっては立ち食いの場合すらある。
厨房に歩を進め、1玉でお願いする。基本は醤油うどん。生醤油は醤油独特の熟成感と塩味が強めで、いりこの生臭さが若干強めに感じられるが、その濃厚な旨味がうどんの甘い香りと抜群に合う。生玉子を落とせば更に美味しいはずだ。
颯爽とした甘い香りの抜けが良い、讃岐ならではのコシの強いうどん。しっかりと〆られ歯応えは抜群、ツルツルと滑らかに唇を通過すると、シコシコした食感から掛かりのない喉越しまでが一連の所作だ。これは箸が止まらない。
製麺所ならではのダイナミズムに溢れる、良質さが堪らない。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件