なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

Dr.KOTO

男性 - 東京都 (1976年生まれ)

▼カメロンパンは、コモディイイダ亀戸店にて絶賛発売中でしたが、現在販売を停止している模様です。▼コトーじゃなくて、コートーです。えとう区民ですので。▼投稿(≠採点)は単なる備忘録なので、あまり突っ込まないで下さい。▼なお、90点台と80点台の間には、超えられない壁を設けているつもりです。

平均点 75.799点
最終レビュー日 2019年10月22日
2,515 1,332 4 7,480
レビュー 店舗 スキ いいね

「Sioチャーシューメン」@喜多方ラーメン 喜一の写真懐深さに余りある、非常にまろ味が強く奥深いスープ。程良い塩味、旨味を感じやすい温度、その結果あっさりだが骨太さも感じる仕上がりを果たす。悠然として角がなく、後味が良いため、蓮華の動きが止まらない。
器の主役は、一見すると柔らかくジューシーな肉感が強く残る、臭みのないバラチャーシューの豪奔さに思えるかも知らない。しかしそれは早計だ。
真打は、手打ちの縮れ太麺に他ならない。もちもちとした歯触り、麺の腰を楽しむたびに鼻先へ広がる、華のある香りの爽やかさと艶(あで)やかさ。当然だが、喉越しの滑らかさにも外連(けれん)は一切感じられない。
洗練と粗雑が交わり、味覚へダイレクトに触れてくる一杯。シナジーに比重を置き各パート単体での主張を抑えた味の設計には、無謬の賞賛を贈りたい。

投稿 | コメント (5) | このお店へのレビュー: 1件

「ワンタンメン」@手打中華 すずきの写真この旨味が芳醇なスープ。醤油が凛として濃厚、味の離れも見事なものだ。地域特有の個性だろうか、塩味の強さが気になるものの、蓮華を一度泳がせれば、その豚と鶏を中心とした旨味に魅せられ永久循環に陥りかねない。
麺は当然、手打ちだ。縮れのある太麺で、こしの弾力が咀嚼の楽しみを招き、滑らかな喉越しの心地良さが食欲を無限と誤解させる。香りと甘みが強く、鮮烈な小麦の風味は余りにも魅力的で、素朴さと贅沢さに頬が緩んで仕方ない。
何より見事なのは、ふくよかなスープの旨味が麺と重なった時、互いが互いの個性を引き立て合う点だろう。シナジーの魔法、この悠然さ、秘訣は何か。
ワンタンは全部が接着し餡が脱走兵と化していたため、普通の手打中華がベストな一杯かも知れない。麺量の多さを感じぬ完成度には、只々脱帽だ。

投稿 | コメント (5) | このお店へのレビュー: 1件