なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

Dr.KOTO

男性 - 東京都 (1976年生まれ)

▼カメロンパンは、コモディイイダ亀戸店にて絶賛発売中でしたが、現在販売を停止している模様です。▼コトーじゃなくて、コートーです。えとう区民ですので。▼投稿(≠採点)は単なる備忘録なので、あまり突っ込まないで下さい。▼なお、90点台と80点台の間には、超えられない壁を設けているつもりです。

平均点 75.800点
最終レビュー日 2019年10月19日
2,513 1,332 4 7,467
レビュー 店舗 スキ いいね

「ラーメン」@博多ラーメン しばらく 西新店の写真久々に訪問した暖簾、変わらぬ歓待に胸を撫で下ろす。一瞥したメニュー表は、結構ハードな値上がりが確認出来たが、その分クオリティは守られており、質の良い品物の提供に軸足を置いた経営方針が伺える。正しい姿だ。
豊かに膨らむふくよかな豚の旨味。抜ける香りに若干の野趣を残しながらも、ツンと来るような癖は一切ない。円やかに味覚を包み込み、厚みのあるコクで食べ手の頬を緩ませる。じっくり煮込んだ、博多豚骨の醍醐味は申し分ない。
やや縮れた細麺は、張りと腰のバランスが良く、弾けるように香りが抜けた後、じっくりと甘みが広がって行く。個性的で、古くからのしばらくファンからは賛否が分かれる麺だが、絡むスープとの渾然一体感は特筆に価する。
気になるメニューも登場しており、折を見て食べてみたいなあ。超遠いけど。

投稿 | コメント (3) | このお店へのレビュー: 27件

「ラーメン+味玉」@博多元気一番!! 春吉1丁目1-1店の写真濃厚でクリーミー。複数部位の豚骨を時間を掛けて炊き込み、特に豚足と豚頭の存在を強く感じる中、見た目こそ元々のお父さん店である元気一杯に近いが、味は寧ろ一幸舎に近い仕上がりだ。豚のどっしりとした旨味は十分だが。
元気一杯はもっと野趣があったものだが、権利売却で提携も解消した今、高菜の味を含めて全く別の店になってしまったようだ。但し、元気一杯のような御笠川の東岸に対抗可能な接客のタフさは全くなく、居心地は大変良好。
ストレート細麺は粘り腰が光る小麦の芳醇さを前面に漂わせる品質で、絡みまくるスープに全く負けない。キクラゲとの食感差は絶妙、増量も視野に入る。
総じて、元気一杯のようなある意味クールな面倒臭さは皆無ながら、最早別物と考えるのが適切だろう。食後喉が渇きまくるので、水分の準備は必須だ。

投稿 | コメント (5) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン(ネギ盛り)」@元祖ラーメン 長浜家の写真店に入った瞬間、余りの豹変ぶりに戸惑いすら覚えてしまった。本当に、ここは旧家2なのか。男臭さは相変わらぬ中、ホスピタリティに富んだサービスレベルの高い事。面倒なオーダーにもにこやかに対応。思わず二度見した看板。
スープは豚骨、荒々しくも臭さはなく、油にも余り依存しない。テキトーに炊いて水で薄めたりとか、多分ここへ移転後は行っていないのだろう。総じてチープな味なのだが、躍動感の高さと醤油だれとのシナジー、流石は元祖系。
ストレート細麺は腰の粘る硬麺で。葱盛りにすると、湯面は葱グリーンで鮮やかに染まる。離れの良いスープに風味豊かな麺の甘さ、そして青葱独特の甘みが繋ぐ三重奏は、長浜の風そのものだ。超塩っぱく薄い豚肉も欠かせない。
長浜市場から博多川端へのモデルチェンジは完全に成功、再訪は必至だ。

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 1件

「天然とんこつラーメン」@一蘭 福岡空港店の写真【オーダー】味の濃さ基本、こってり度普通、にんにく1/4片、青ねぎ、チャーシュー有、秘伝のたれ1/4(目分量)、麺かため

B787の点検ラッシュで機材繰りに苦労する、愛すべきANA。出発20分前に苦渋の延発アナウンスは、一蘭に足を運べと言うお告げだろうか。ラウンジを飛び出し店頭に向かう。場所は旧第三ターミナルの端っこ…遠い、実に遠い。
クオリティは盤石そのもの。若干湯温高めながら、滑らかで力のある豚骨の旨味が詰まったようなスープは、食欲を刺激して已まない。葱が大変合う味。
ストレート細麺の香り高さも格別。普段から少しお高めなお値段も、空港ながら据え置きだ。当然だが、アプリのポイントを貯めるも使うもOKだ。

投稿 | コメント (5) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン」@名代ラーメン亭 博多駅地下街店の写真チープで大衆的な博多ラーメン。価格が安いのは当然として、豚頭、ゲンコツをじっくりと、粗雑さも含めて一緒に煮込むワイルドな調理工程が目に浮かぶようだ。丁寧とはひと言も言っていない。筑前姉御肌な接客も居心地が良い。
豚の油が煌めく白い湯面、凄い旨い訳ではないが、長年駅前(ほかは天神と大橋)で愛される味がここにはある。決して安いから繫盛している訳ではないんだ、たまにどうしても食べたくなる味、即ち魂に訴える味だ。
細麺は、何も言わずともやや硬麺。これもお店の気分だが、まあ概ね硬い。スープを束の力で存分に引き揚げるため、何も考えず衝動的に貪り食えば、勝手に小麦の風味と豚さんがセットで楽しめるという算段だ。素晴らしい。
一応末筆に、旅客にオススメする店ではないため、何卒ご理解のほどを。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 3件

「ラーメン(ネギ大盛)」@元祖ラーメン長浜家の写真千代流が29分00秒と歴史的な好タイムで2連覇を達成した後、恵比須流の山崩しまで見学を果たす。完全に出遅れたが、地下鉄と徒歩よりバスが速い…観光客行列が出来る前にと中洲のバス停から大濠行きのバスに乗り込む。
当店前に15人程度の行列、見かねて踵を返し向かった元祖 長浜屋の前は、更に倍。どっちでも良いので人数が少なめなこちらへGO、回転は劇的に良いため5分で入店、カタネギ2つと呟き妻のも勝手に注文すると、配膳は30秒後だ。
薄い、豚が激烈に薄い。水でも足したんかと訝しむレベルで薄いため、たれを追加し調整を掛ける。粘りのあるストレート中細麺は品質抜群で申し分ない仕上がり、結局麺とスープのバランスが良いので最終的に不満はない。
前回のポスト見ても薄かった模様なので、今はこれが標準かも知れない。

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 6件

「わかめうどん」@ウエスト 渡辺通り店の写真Good morningウエスト。24時間営業にして天かすとねぎは入れ放題、かけうどんでも十分ニッコリだが、ワカメば入れて更にニッコリするったい。
腰のありそうな太めのうどん、箸で引き揚げれば侮れない重量感。その見た目を裏切るかのように、残念なほどに腰がない。そう、こればい。この柔らかめなうどんが旨いんばい。この喉越し、滑らかにも程がある。ああ旨か。
黄金色の澄んだだしの特徴は、鯵煮干を使っている事だろうか。煮干(いりこ)、鯖、鰹、昆布。福岡のうどんだしではスタンダードな組み合わせに、鯵が入る事で独特のコクと切れが生まれ、芳醇な風味に魅せられて仕方ない。
酸味も辛味もない青葱が入れ放題、天かすが入れば油が馴染んでコクが増す。一味を入れて味に起伏を加えれば、これ以上ない最高のうどんが完成だ。

投稿 | コメント (5) | このお店へのレビュー: 1件

「ごぼう天うどん+丸天(中めん)」@牧のうどん 博多バスターミナル店の写真この味が、何と博多BTで食べられる…値段がロードサイド店より少し高めではあるが、まあ基本的に安いけん気にする必要もなかろう。食券制やけん、不慣れな人は券売機に触れる前にある程度メニューを決めておくと良か。
無限に増えるうどんとの戦いを回避すべく、中めんを指定。ほぼ満卓ながらも3分足らずでの配膳、適度に角の取れた太めなうどんは腰がほぼ無く大変柔らかい。これが軟めんだと、ほぼ離乳食状態である事も明記したい。
うどんは増える、だしを吸って。昆布、鰹、ウルメ、鯖。若干甘めながらも魚介ならではの切れがあり、卓上のネギを無限に放り込みたくなる。
ごぼう天は魅惑の歯応え、丸天は魚のすり身感が凄まじい。一緒に頼んだかしわご飯は神の贈り物。まあ、四の五の言わんと食べてみたらよかろうもん。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
80
このレビューは移転前のものです。

「ラーメン」@よつば屋の写真クオリティへの信頼が、2年ぶりの訪問を後押しした最大の要因だ。そして、その隙のない完成度に魅せられる。この味が500円、やはり福岡は恐ろしい。
どっしりとした濃厚なスープは、コラーゲン質まで乳化させながらも、豚の臭みや癖は殆ど感じられない。ただ旨味だけを徹底して凝縮し、塊のような逞しさを以って味覚嗅覚へとアクセスさせる。実に頼もしく、そして円やかだ。
長浜ラーメンならではのストレート細麺。硬麺による歯切れの良い食感に、箸が軽快に躍動する。スープの絡みは抜群に良く、その渾然一体感は筆致に難しい。分厚い味だ、丁寧かつ大胆に炊き上げた力強い拳骨や豚頭の旨味。
具も潤沢で、大判肉厚なチャーシュー下から、キクラゲやメンマが顔を覗かせる。辛子高菜や紅生姜にも呑まれない、スープと麺のバランスを堪能した。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 7件

「源流博多ラーメン(1/2サイズ)」@うま馬 祇園店の写真カリカリ鶏皮串、ジューシーな豚バラ串、牛サガリ串、一口餃子、酢もつ、もつ鍋…博多のB級グルメが一通り揃った夜営業、当然ながら〆のラーメンまで楽しむ事が可能だ。しかも、ハーフサイズ。罪悪感もハーフサイズ。
可愛らしい小振りな器で配膳される一杯は、通常サイズと何ら構成が変わらない。豚骨のダイナミズムが遠慮なく躍動する、ワイルドな口当たり。どっしりとした旨味と口当たりの柔らかさ。源流の名を汚さぬ貴重な博多の味。
平たい細麺は滑らかに唇を駆け抜け、喉越しに至る。歯応えに少々弾力があり、加水の高さが伺える。トラディショナルな博多ラーメンの麺だ。
「濃まる」とは異なる、旧き良き博多の麺。スープの絡みが全く違う。出張者に伝えたい、博多の〆は是非「源流」で独特の文化を堪能いただきたい。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 5件