なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

ももも

男性

自分のページにお越しいただきありがとうございます。

平均点 83.055点
最終レビュー日 2019年10月22日
2,725 1,066 1 29,631
レビュー 店舗 スキ いいね

「限定 天草大王清湯ー醤油ー(880円)+和え玉100円」@特級鶏蕎麦 龍介の写真10月17日(木)20時頃訪問。先客中待ち4人へ接続。

この日は臨時営業される龍介さんへ久々の訪問です。
丁度、特龍さんでも、浅野さんがワンオペで営業されていたようです。
お店に到着すると、割と並びも穏やかでラッキーな感じです。
鶴さん中心に男性3人で切り盛りされていました。
メニューは2種類で、蛤清湯か、天草大王の清湯。
今回は天草大王の醤油を頂くことにしました。
順番でボックス席の方に通されました。
程なくしてご対麺となりました。


早速スープから。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12537714263-14619581690.html

動物系はメニュー名の通り、天草大王の清湯タイプ。
上品ながらも、力強いうまみがダイレクトに伝わってきますね。
あわせる醤油もびしっと決まっている感じで、最高ですね。
つくばの催事でもこの天草大王は使われたみたいですね。
このスープは是非塩でも頂いてみたいですね。


続いて麺を。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12537714263-14619581693.html

中太麺は加水率やや低めの平打ち系ストレート。
茹で加減ほど良く、つるりと喉越しの良い麺ですね。
やや存在感強めの麺も、風味良くスープを良く拾ってくれます。
洗練された自家製麺をこのスープに合わせた感じですね。
麺量は150g前後。

具材はチャーシュー、メンマ、刻み葱、三つ葉。

チャーシューは鶏の低温系のタイプ。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12537714263-14619581695.html

しっとりと柔らかくいい仕上がりですね。

メンマは穂先タイプがのっています。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12537714263-14619581700.html

白髪葱が添えられており、
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12537714263-14619581697.html

三つ葉は彩りも良く、その香りを楽しむことが出来ます。

そして現金で和え玉をお願いします。

先ほどと同じ麺に、醤油のカエシと鶏油がかかって登場です。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12537714263-14619581703.html

早速混ぜ混ぜしていただきます。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12537714263-14619581712.html

そのままでも美味しいですが、残しておいたスープをかけると
より一層美味しくなりますね。


美味しく頂き完食です。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12537714263-14619581713.html


天草大王を堪能させていただきました。
台風の影響で催事は最終日の1日だけで、色々ご苦労されたと思います。
都合で伺うことが出来ませんでしたが、お店でこのVerをいただけました。
密かに特龍さんへの連食を狙いましたが、時間的に間に合わずでした。

今年食べたチャーシュー885枚/258杯
今年食べた唐揚げ 135個


ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (7) | このお店へのレビュー: 31件

「タンメン(790円)+唐揚げ690円」@珍来 ひたち野東店の写真10月16日(水)19時半頃訪問。先客12人くらい。後客多数。

この日は休店日のお店も多いので、久々にひたち野うしくの珍来さんへ。
前回は開店して間もない頃?だったので、だいぶ前と思います。
黒を基調とした建物で、ドラゴン系などと比べると派手さは控えめですね。
入店すると券売機はなく口頭注文、後会計制となります。
悩んだ挙句、タンメンと唐揚げをいただくことにしました。
店員さんは男女合わせて5人くらいで切り盛りされていました。
程なくしてご対麺となりました。


早速スープから。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12537405808-14618819350.html

動物系は鶏がらあたりが使われているでしょうか。
やや表層のアブラも多めで、非常にアツアツに仕上がっていますね。
まろやかな塩だれで、万人受けするチューニングですね。
さっぱりながらも、コクのあるおいしいスープです。


続いて麺を。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12537405808-14618819354.html

中太麺は加水率やや高めのストレート系。
ゆで加減普通で、茨珍系共通の太麺タイプですね。
麺量は170g前後。

具材は豚肉、白菜、もやし、ピーマン、ニンジン、玉葱、木耳、筍。

炒め具合は申し分なく、ボリュームもあっていいですね。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12537405808-14618819356.html

そして唐揚げ。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12537405808-14618819364.html

お値段も高めですが、7個と非常にボリューミーです。
野菜にはドレッシングもかかっていてそれなりの量が。
ここにマヨがあると完璧なのですが。
今回もこの塩をかけていただきました。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12537405808-14618819372.html

後半はペッパーをかけて変化をつけてみます。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12537405808-14618819360.html

ぐっと引き締まる感じでいいですね。


おいしくいただき完食です。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12537405808-14618819378.html


偶にはタンメンもいいいですね。
茨珍系のお店はメニューが共通ですし、唐揚げもありますね。
お楽しみ券が溜まってきたので、10枚でもやしそばを狙いたいです。

今年食べたチャーシュー883枚/257杯
今年食べた唐揚げ 135個


ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (9) | このお店へのレビュー: 2件

「赤担々麺(880円)+唐揚げ330円+替え玉10円」@江戸味噌ラーメン 二代目てらっちょ 牛久店の写真10月15日(火)20時過ぎに訪問。後客10人。

この日は肌寒い日なのに、半袖にしてしまったので、夜は寒いですね。
そんなこんなで味噌が食べたくなり、久々に二代目てらっちょさんへ。
周辺には、田所さんや、ボリュームーな元さんもありますね。
ちょうど対向車が途切れたので右折で駐車場へ?と思ったら???
一つ手前に入ってしまいましたが、そちらにも3台分あって結果オーライ。
お店の前の方が広くキャパもありますね。

入店すると券売機はなく口頭注文の後会計制となります。
メニューをチェックすると、限定で担々麵が出ているようですね。
写真もおいしそうなので、いただくことにしました。
また、こちらでは唐揚げもあるため、すかさず3個もオーダーします。
厨房では女性の方がオペレーションされているようでした。
ホールは若い男性店員さんがこなされていました。
程なくしてご対麺となりました。


早速スープから。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12537140981-14618117300.html

動物系は下支えに使われている感じでしょうか。
ゴマはガツンと濃厚で、ヘビードロンジョな仕上がりですね。
表層には結構辛さのあるラー油もかけられており、さらに少し痺れ系も感じます。
予想していた以上に濃厚なスープは担々好きには堪りませんね。
辛いですが、後を引くおいしいスープです。


続いて麺を。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12537140981-14618117305.html

中太麺は加水率高めの少しウエーブを伴うタイプ。
ゆで加減しっかり気味で、気持ち柔らかめな仕上がりです。
個人的にはもう少し固めが好みですが、この食感もなんだか悪くないですね。
麺量は150g前後。

具材はミンチ、もやし、刻み葱、揚げ玉。

ミンチはすこしぱさっとした仕上がりですが、濃密なゴマと融合すると美味。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12537140981-14618117310.html

うまみが凝縮されている感じで、ジューシーでスープを薄めるより有りかと。

もやしは程よいシャキッと感で、途中のお口直しにもいいですね。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12537140981-14618117317.html

揚げ玉の意図はよくわかりませんが、スープでとろんとした食感がいいですね。



ゴマ主体の強い風味に、少し変化を与えてくれるのもいいですね。

そして唐揚げ。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12537140981-14618117324.html

大き目のものが3個で、カラッと&ジューシーでいいですね。
マヨネーズも多めなとこがありがたいです。

そして更に気になるPOPを発見。

なんと替え玉が10円でいただけるようです。
店員さんに聞いてみると、追加注文もOKのようです。
固さは「カタメ」でお願いしました。

あっという間に登場です。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12537140981-14618117327.html

早速濃密なスープへ投入し、絡み合わせます。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12537140981-14618117332.html

コリコリの細麺でいただくのもいいですね。

最後は蓮華でミンチをすくうようにしていただきます。


おいしくいただき完食です。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12537140981-14618117335.html


予想以上に濃厚、ドロ系でおいしい担々麵でした。
ちょっと辛さは強めでしたので、気になる方は、ラー油控えめコールもよいかと。
唐揚げも安定のうまさでしたし、何とも10円で替え玉ができるのがいいですね。
替え玉は無くなり次第終了となっていましたし、レギュラーサービスではないようです。
気になる方は、お早めにその恩恵に預かるとよいかと思います。

今年食べたチャーシュー883枚/256杯
今年食べた唐揚げ 128個


ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (7) | このお店へのレビュー: 3件

「こもんそば塩(750円)+カレー丼200円」@麺ゃこもんの写真10月13日(日)12時頃訪問。先客10人、後客多数。

この日は午後から用事があったので、比較的近場でお昼を。
丁度お昼時の訪問でしたが、空席残ラス2でギリギリ滑り込み出来ました。
その後も続々と来店され、待ちが出来ていました。
塩が食べたかったので、表題メニューをぽちっと。
本日の気まぐれ丼はカレー。これもそそられるので頂くことに。
案内されたカウンター席へ。
店主さんと女性店員さんの2人で切り盛りされていました。
程なくしてご対麺となりました。


早速スープから。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12535755004-14614778241.html

動物系は鶏が中心の清湯系のタイプ。
しっかりとした複雑なうまみと、塩ダレがマッチしていますね。
提供された時は別丼のカレーの香りがMAXでしたが、汁そばが登場し
丼に顔を寄せてスープを啜ると、不思議とカレーがかき消されていきます。
そのポテンシャルの高さが体感できますね。

続いて麺を。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12535755004-14614778253.html

中細麺は加水率中くらいの平打ち系ストレート。
茹で加減やや固めで、風味の良い美味しい麺ですね。
改めてこの麺がより好きになりました。
麺量は150g前後。

具材はチャーシュー、メンマ、刻み葱、三つ葉、針生姜、バラ海苔、揚げネギ。

チャーシューは鶏の低温系のタイプと
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12535755004-14614778268.html

豚の低温系のタイプ。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12535755004-14614778263.html

どちらもいい仕上がりですね。

メンマは細いタイプで、コリコリの食感がいいですね。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12535755004-14614778273.html

バラ海苔も風味が良く、いいですね。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12535755004-14614778278.html

揚げネギがまた風味の変化をもたらしてくれていいですね。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12535755004-14614778287.html

三つ葉の茎の部分と針生姜がX状に盛り付けされていますね。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12535755004-14614778293.html

そしてこの日はカレー丼。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12535755004-14614778297.html

肉やチャーシューも多めに入っていて、実に美味しいカレーです。
ご飯も多めで、このクオリティーとボリュームで200円は神ですね。


美味しく頂き完食です。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12535755004-14614778303.html


複雑系のうまみが充実した美味しい塩ラーメンでした。
休日のお昼時は人気で混雑しますね。
気まぐれのカレーも非常に美味しく、好印象でした。
前回少し前に3周年を向かえた際は、滑り込み失敗で限定逃しましたが、
今後の更なるご活躍に期待しております。


今年食べたチャーシュー874枚/253杯
今年食べた唐揚げ 125個

ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (8) | このお店へのレビュー: 10件

「中華ソバ(800円)+和え玉200円」@煮干中華ソバ イチカワの写真10月10日(木)13時ころ訪問。先客待ち10人くらい。

この日は市役所に用事があったので、午後から有休を取得しました。
12時過ぎには職場を出れたので、久々にイチカワさんへ向かってみました。
テナント駐車場も少し空きがありましたが、止めにくいポジションで断念。
こんな時は軽自動車での行動がよいですね。
少し離れたコイパにボロ車を止めて、お店まで歩きます。
到着時点で待ちは10人くらい。まだ営業中でホット一息。

順々に食べ終えた方と入れ替わり、お店の前一番手に昇格。
その時点で丁度定員となったようで、営業中の木札が返されました。
入店すると、前回は味玉ありかなしで、と声がかかりましたが、
今回は中華そばとかけが選べるようになっており、生卵などのOPも。
ちょっと戸惑いましたが、中華そばをコールして配膳を待ちました。
店主さんと奥様の二人三脚はお変わりありませんね。
少し待って待望のご対麺となりました。


早速スープから。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12534855497-14612419567.html

動物系は未使用でしょうか。
使われているのは香油の方だけのような感じです。
煮干しのスープはものすごく厚みのあるうまみが真っ先に押し寄せてきます。
煮干しが濃すぎる訳でもなく、やはりこの辺りは素材の良さもあるでしょうが
炊き方や抽出の仕方で変わってくるものでしょう。
久々にいただきましたが、感動的なおいしさで、気持ちも昂ります。


続いて麺を。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12534855497-14612419568.html

中細麺は加水率低めのストレート系。
ゆで加減やや固めで、コリっとした噛み応えが心地よいですね。
噛み進めると同時に口の中に広がるスープとの融合が堪りません。
また、茹でている間も、テボをゆする程度で、混ぜていない様子。
この辺りも麺の特徴を引き立てるためのテクニックでしょうが、
それ用に麺を打ち、打ち粉なども使わないと真似できなそうですね。
麺量は140g前後。

具材はチャーシュー、オニオンスライス。

チャーシューは豚のバラタイプ。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12534855497-14612419570.html

大判で程よい厚み、肉質もよく、安定の美味しさですね。

そしてオニオンスライス。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12534855497-14612419574.html

薄くスライスしてくれており、清涼感を与えてくれます。

そして麺が残り少しのところで、和え玉をお願いします。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12534855497-14612419577.html

麺にコロチャー、オニスラ、魚粉、カエシ、香油がかかっています。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12534855497-14612419580.html

早速混ぜ混ぜして。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12534855497-14612419583.html

麺は前述のとおりの特徴的なもので、差別化されていますが、
やはり、カエシと香油の利かせ方がポイントですね。
後半はスープを少しかけてみると、煮干感がアップして最高ですね。
あっという間になくなりました。


美味しく頂き完食です。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12534855497-14612419588.html


8周年おめでとうございます。
煮干の美味しいお店も数多くなりましたが、やはり聖地は別格ですね。
駐車場問題等もあり、現在は不定休となってしまいましたが、
1年ぶりに頂いて、改めて素晴らしさを感じられました。
次回はかけを頂いてみたいと思います。


今年食べたチャーシュー871枚/252杯
今年食べた唐揚げ 125個


ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (8) | このお店へのレビュー: 43件

「まぜそば ゴマ味噌(750円)+関脇+小豚」@明神角ふじの写真10月9日(水)19時半頃訪問。先客7割くらいの混雑ぶり。

この日は久々につくばの角ふじさんへ。
うおまつさんの交差点から回り込むと、お店の前の駐車場に空きが。
車道から歩道を超えて入庫までアップダウンの差があるので注意です。
入店すると左手の券売機で食券を購入します。
汁なしな気分でしたので、前回いただいて好印象だった表題メニューを。
せっかくですので、小豚と麺増しのボタンもぽちっと
ナイスマダムな女性店員さんへ食券を渡し、辛さは5段階の2でお願いしました。
厨房では店長さんがオペレーションを担当されていました。
ほどなくしてご対麺となりました。

まずは標高のチェックから。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12534851940-14612406243.html

野菜の盛りはまずまずですが、これ以上多いと混ぜにくいので、
適量でありがたいですね。

具材のチェックから。

チャーシュー、ミンチ、もやし、キャベツ、刻み玉ねぎ、卵黄、マヨ、一味。

チャーシューはデフォルトはサイコロ上のころチャーが。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12534851940-14612406246.html

そして小豚の分は大判のバラチャーシューですね。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12534851940-14612406245.html

タレで加温してから載せてくれているところがポイントですね。

そしてミンチも程よく辛さがあって、多めなところもいいですね。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12534851940-14612406250.html

ざく切りの刻み玉ねぎがまたいいですね。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12534851940-14612406256.html

野菜はもやしとキャベツで、ゆで加減もちょうどいい塩梅です。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12534851940-14612406271.html

そしてありがたいのがマヨネーズ。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12534851940-14612406258.html

これが絶大な効果をもたらせてくれます。

そして定番の卵黄も載っています。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12534851940-14612406252.html


では、少し麺を引っ張り出していただいてみます。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12534851940-14612406267.html

極太麺は加水率やや低めの経ちぢれタイプ。
ゆで加減固めで、この噛み応えがこの麺の特徴ですね。
あらかじめタレとは絡めてくれていますので、おいしいです。
小結で麺量は400gになります。

少し減らしたところで、マヨ以外をしっかりと混ぜ合わせてみます。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12534851940-14612406265.html

ゴマ味噌でテイストはまさに担々麵風でおいしいですね。

辛さは前述のとおり2ですが、あらかじめミンチについている分と、
調整されるのは、マヨにかかっている一味の量とのことです。
個人的には、程よいピリ辛を感じる2くらいがジャストです。

後半はマヨネーズを絡ませていただいてみます。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12534851940-14612406273.html

これが最高で、マイルドに味わいが変化して、いいですね。

最後はころチャーやミンチを蓮華で救うようにしていただきます。


おいしくいただき完食です。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12534851940-14612406276.html


このゴマ味噌の担々のような味わいが最高ですね。
ピリ辛度合いもよく、半ライスあたりをぶち込んでも合うでしょうね。
次回は久々に基本のラーメン系をいただいてみたいと思います。
それも、デフォか、味噌か、辛い系か、悩みどころです。

今年食べたチャーシュー870枚/251杯
今年食べた唐揚げ 125個


ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (8) | このお店へのレビュー: 12件

「ネギ味噌チャーシュー麺(890円)+中盛+チャーシューダブル」@ラーメンショップ 牛久結束店の写真10月8日(火)19時半頃訪問。先客8割くらいの混雑ぶり。後客多数。

この日は肉の日ではないのですが、ガッツリと肉が食べたくなり・・・
超有名人の仮称○カタツさんの派手な味玉トッピングを真似るファンも多いですね。
確かに味玉で埋め尽くされたビジュアルも映えますよね。
入店すると2台ある券売機の片方で食券を購入します。
久々の味噌を選択し、ラーショ系と言えば葱も必須ですね。そしてチャーシュー。
ということで、味噌葱チャーシューをいただくことにしました。

券売機付近で店員さんへ食券を渡し、カウンター席へ。
相変わらずきれいな女性店員さんが働いているのも、たのしみの一つです。
程なくして、厨房とカウンターの仕切りの関係で、隣の女性客の前にご対麺です。
失礼して、自分の前に移動させますが、ちらっちらっと丼への視線が・・・


早速スープから。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12534221913-14610942940.html

動物系は豚が中心のタイプ。
結構いい感じに詰まっている感じで、しっかりと豚の感じも出ていますね。
そしてしっかりと濃いめに溶かされた味噌だれが、よりボルテージを上げてくれます。
適度に背脂も浮いており、濃密な感じと表現するのがいいでしょうか。
上振れもあるかも知れませんが、非常に好みの味わいです。


続いて麺を。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12534221913-14610942945.html

中太麺は加水率高めのストレート系。
茹で加減程よく、スープをしっかりとまとって美味しいですね。
中盛だと220g位あるでしょうか。

具材はチャーシュー、メンマ、わかめ、葱、板海苔。

チャーシューは豚のタイプ。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12534221913-14610942949.html

ホロホロに煮込まれていて、気持ち濃いめの味付けもいいですね。
ラーショさんの丼は大きめですので、その表面が肉で覆われています。
重なっている部分もあるので、まさに肉パラダイス。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12534221913-14610942952.html

メンマは平たいタイプが。
そしてわかめが乗るところも特徴ですね。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12534221913-14610942959.html

そしてやはりこの葱がもう一つの主役。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12534221913-14610942956.html

ですが、肉が多すぎるので、葱が少なく感じてしまいます。
増した方がより楽しめたかも知れません。


美味しくいただき完食です。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12534221913-14610942966.html


肉モード全開でしたので、しっかりと満足させて頂きました。
また、スープも可也の好印象で、あらゆる面で満足させられました。
程よく空席もあって、待たずに入店できましたし、ラッキーでした。
帰り際は、一気にお客様が増えて、券売機待ちで大渋滞でした。
やはり、日本一のラーショは健在ですね。
※節目2700でした。

今年食べたチャーシュー866枚/250杯
今年食べた唐揚げ 125個


ごちそうさまでした。

投稿(更新) | コメント (11) | このお店へのレビュー: 8件

「海老香味つけ麺大盛(950円)」@麺や 蒼 AOIの写真10月4日(金)20時40分頃訪問。先客10人位。

この日は大きな仕事も一段落して、一杯頂きに。
21時閉店にギリギリ間に合いそうでしたので、久々にAOIさんへ。
ボロ車を止めて入店します。
入口すぐの券売機で食券を購入し、案内されたカウンター席へ。
女性店員さんへ食券を渡し、配膳を待ちました。
O総店主さんはいらっしゃらないようですね。
厨房は男性店員さんがオペレーションなどを担当されています。
程なくしてご対麺となりました。


まずは麺を一本。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12533252656-14608545733.html

太麺は加水率やや高めの平打ち系ストレート。
しっかりと晒されており、つるりと喉越しの良い麺ですね。
噛み応えへはそんなに強くなく、ややピロピロっとした感じがいいですね。
麺量は大盛で330gくらいあるでしょうか。


では早速つけ汁につけて。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12533252656-14608545737.html

動物系は豚が中心のタイプ。
魚介系も合わせられている感じで、しっかりとしたうまみが。
そして味噌の風味も良く、AOIさんらしいテイストも健在ですね。
個人的にはもう少しとろみがあると嬉しいところ。

麺リストアップの様子。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12533252656-14608545740.html

具材はチャーシュー、メンマ、もやし、刻み葱、小エビ。

チャーシューは大き目のサイコロ状タイプ。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12533252656-14608545744.html

トロトロで美味しいですね。

メンマは平たいタイプのものが。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12533252656-14608545747.html

もやしはさっと炒められておりシャキッといいですね。
葱の切り方も良く、麺と一緒に頂くとより美味しいですね。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12533252656-14608545750.html

海老油の他に小エビも入っており、程よい海老の主張がまたいいですね。


美味しく頂き完食です。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12533252656-14608545754.html


デフォルトのつけ麺も美味しいですが、海老つけもいいですね。
麺量大盛も普通盛と同料金ですので、連食でないときは大盛にしちゃいます。
本来であればスープ割まで楽しむとより一層楽しめますが、
今回はダイレクトに味わいを焼き付けて終了としました。
最近限定は出ていないようで、そろそろ何かやっていただけると・・

今年食べたチャーシュー844枚/246杯
今年食べた唐揚げ 125個


ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (7) | このお店へのレビュー: 29件

「汁なし(850円)+豚増し200円」@茨城豚そば 特龍本店の写真10月2日(水)19時過ぎに訪問。先客7人くらい。

この日は家系モードで土浦方面のお店に向かおうと出発しました。
すると特龍さんの駐車場に空きを発見。外待ちもないようです。
しめしめとばかりに回り込んで、裏手から今回は斜めに止める方にピットイン。
入店すると数席空きがあり、すんなりと着席のラッキータイミングでした。
つけも気になりますが、リリースされたばかりの汁なしをいただくことに。
折角ですので、豚増しして、他は比較的デフォルトでまずは行きましょう。

食券を渡すと、野菜とアブラを聞かれたので、ちょい増しコール。
ニンニクは少な目でお願いしました。
カリカリ等の無料トッピングは、提供時に聞かれるシステムの様です。
浅野さんはいらっしゃらず、男性2人での切り盛りでした。
提供時のコールはカリカリで。(フライドオニオンチップです)
待望のご対麺となりました。

まずは標高のチェックから。
ヤサイちょいましで、丼は大きめですので、標高は控えめです。
混ぜやすくていいですね。

具材はチャーシュー、アブラ、もやし、キャベツ、ニンニク。

チャーシューは豚のタイプ。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12532918368-14607684293.html

柔らかく炊かれており、アブラも多めでとろける感じです。

アブラも結構固形の部分が乗っており、プルンプルンを楽しめます。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12532918368-14607684295.html

そして安定のクタ野菜が堪りませんね。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12532918368-14607684306.html

ニンニクは少な目コールでもそれなりに入っています。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12532918368-14607684301.html

無料トッピングのカリカリ。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12532918368-14607684302.html

では早速まぜまぜしていただきます。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12532918368-14607684312.html

太麺は加水率中くらいの平打ち系のうねりを伴うタイプ。
茹で加減よく、この特龍用の自家製麺も実に美味しいですね。
麺量は300gの様ですが、するすると入ってしまう印象です。

タレはややしょっぱめの醤油ベースに、アブラも結構多めに入ります。
この辺りがうまみや程よい甘みにもつながっていますね。
しっかりと麺にまとって、実に中毒性がありますね。

後半はブラックペッパーを。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12532918368-14607684314.html

重めのアブラに清涼感がアップして食が進みますね。


美味しくいただき完食です。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12532918368-14607684319.html


非常に中毒性の高い、ジャンキーなマルジ系ベースの汁なしでした。
今回は無料トッピングはカリカリのみでしたが、他にもありますし、
有料トッピングでのカスタマイズも楽しみですね。
アブラはちょいましでも結構ヘビーに感じたので、次回は少な目コールで。
あと、つけも是非頂きたいと思います。

今年食べたチャーシュー843枚/245杯
今年食べた唐揚げ 125個


ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (10) | このお店へのレビュー: 2件

「限定 海老塩ラーメン(840円)+味玉+唐揚げ」@極煮干し本舗 荒川沖店の写真10月1日(火)20時40分頃訪問。先客6人くらい。後客3人。

この日は久々に長めの残業になってしまったので、遅くまで営業の極煮干しさんへ。
この時間帯になると道路も混雑せずに、スムーズに到着できますね。
右折入店もタイミングよく、入口近くにボロ車を止めて入店します。
正面のハイテク券売機で食券を購入します。
デフォルトと悩んだ挙句、限定が出ていましたのでいただくことにしました。
そしてお気に入りの唐揚げはもちろん3個でなく5個をチョイス。

カウンター席で女性店員さんへ食券を渡します。
厨房は店長さんでしょうか、切り盛りされていました。
程なくしてご対麺となりました。
なお、追加トッピングのPOPにマヨネーズ(無料)の文字を発見。
すかさず女性店員さんへ渡して、いただくことにしました。


早速スープから。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12532678201-14607056148.html

ベーススープには煮干しの清湯系が使われているようです。
そこへ海老オイルやペーストなど、海老を融合させている感じです。
ペーストは極僅かに辛味もある感じでしょうか。
出来るだけ溶かさないようにして、後半に楽しみました。


続いて麺を。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12532678201-14607056150.html

中細麺は加水率やや高めの僅かにウエーブのあるタイプ。
茹で加減程よく、プリッとした感じの食感の麺ですね。
3日間熟成した麺と説明に書かれていました。
今はこの麺が(汁そばは)デフォルトの様ですね。
麺量は150g前後。

具材はチャーシュー、味玉、メンマ、刻み葱、刻み玉葱。

チャーシューは豚のバラタイプ。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12532678201-14607056153.html

厚手で軽く炙りも入っていて食べ応えがありますね。

味玉はややしっかり気味のゼリー状タイプ。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12532678201-14607056155.html

メンマは平たいタイプ。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12532678201-14607056157.html

刻み葱は白身の部分で、その上に海老ペーストが乗っています。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12532678201-14607056158.html

万能葱も散らしてくれていますね。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12532678201-14607056162.html

そして唐揚げ。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12532678201-14607056165.html

無料のマヨネーズの存在を知り、言うことナッシングですね。
アツアツで周りはさくっと、中はジューシーで最高です。


美味しくいただき完食です。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12532678201-14607056168.html


前回の限定の蛤は可也の好印象でしたので、ハードルを上げましたが、
海老も悪くないですが、ちょっとバランスが良くないと言いますか、
煮干し感も残しつつなので、ガツンと海老が好きな自分には少し物足りない感も。
定期的に限定も提供してくれていますし、サービス券もいただいたので、
また定期的にお邪魔したいと思います。

今年食べたチャーシュー840枚/244杯
今年食べた唐揚げ 125個


ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (9) | このお店へのレビュー: 8件