なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

ももも

男性

自分のページにお越しいただきありがとうございます。

平均点 83.042点
最終レビュー日 2019年6月24日
2,621 1,020 1 28,637
レビュー 店舗 スキ いいね

「冷やし担々麺(950円)」@南国酒家 広東麺飯房 守谷サービスエリア店の写真6月22日(土)16時頃訪問。フードコートは座席の1割程度。

この日はすーさんのところで刺激的な担担麺をいただき、次の店へ。
と、おすすめのお店も聞いたのですが、昼営業が14時まで。
すーさんのところを出たのが、13時55分を過ぎてしまい、滑る込みを狙うか
迷った挙句に、調刺激的な直後に中華そばも何かと、断念しました。

色々考えた挙句、家でやりたいこともあったので、帰路につくことに。
帰りも嫌な渋滞があり、はたまた睡魔にも襲われるし。
うーうーうなりながら、何とか守谷まで戻ってきました。

休憩ついでにフードコートのお店をチェックすると、こちらのお店が。
麻婆豆腐の写真が美味しそうで、メニューをチェックすることに。
そんなにお腹も空いて居なかったので、さっぱりいただけそうな冷やしメニューを。
席はガラガラでしたが、とりあえず場所を確保し、お店に。
先に会計を済ませ、ベルを受け取り待機します。
冷やしの為か、ほんのちょっと待って呼び出され、ご対麺となりました。


まずは麺を一本。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12485819986-14479887589.html

中細麺は加水率やや高めのストレート系。
水切りは悪くないのですが、なんか晒した水の風味でしょうか?
ちょっと違和感がある感じで、不思議な感じでした。
色白の麺は、何か小麦粉以外の材料も使われていそうな感じでした。
麺量は150g前後。


では早速つけ汁につけて。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12485819986-14479887598.html

芝麻醤とラー油が主体な感じで、オーソドックスなタイプ。
その中に、少しエスニックな感じの風味も加わっているような仕上がり。
器ごとキンキンに冷やされており、暑い日にはピッタリな感じですね。
個人的にはもう少し辛さがあると嬉しい気もします。

麺リフトアップの様子。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12485819986-14479887605.html

具材は肉味噌、白髪葱、水菜。

肉味噌はそれ自他は辛くなく、つけ汁に入れいると風味アップに貢献。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12485819986-14479887617.html

白髪葱と水菜は彩がきれいで、シャキッとした食感がいいですね。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12485819986-14479887608.html


美味しくいただき完食です。 
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12485819986-14479887626.html


原宿のお店はやや高級な感じのお店なのでしょうか。
よく存じていませんが、この一杯であれば、もう少し価格を抑えて欲しいかも。
やはり、昼に頂いたすーさんの担担麺がかなり中毒性のある仕上がりでしたので、
オーソドックスな仕上がりでは、物足りなく感じてしまったのかもですね。

今年食べたチャーシュー558枚/156杯
今年食べた唐揚げ 63個


ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (9) | このお店へのレビュー: 1件

「Bセット(牛すじカレーライスと中華そば)830円+煮卵」@煮込み食堂 まるしばの写真6月21日(金)19時過ぎに訪問。先客2人。

この日は仕事を終えて、営業時間が延長されたまるしばさんへ。
今までは18時半ラストオーダーで、いつもの仕事帰りでは難しかったですが、
19時半ラストオーダーなら、可能性が高まりました。
同僚2人はまだ仕事してましたが、先にお暇させていただき、到着です。

現在は3つのセット、もしくは単品のメニュー構成のようですね。
日によっては限定もあるのかも知れません。
今回はカレーのセットを頂くことにしました。
店主さんらしきからのオペレーションとホールは女性店員さんが。
券売機はなくメニューを見て口頭注文、後会計制となります。
程なくしてご対麺となりました。


早速スープから。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12484846081-14477239763.html

動物系は鶏が主体と思われるタイプ。
このスープがシンプルなようで、なかなか味わい深いですね。
活龍さんの手揉み中華にも近いようなスープで
じんわりと美味しく楽しませてくれます。


続いて麺を。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12484846081-14477239767.html

中細麺は加水率やや低めのストレート系。
茹で加減固めで、少しコリッとした食感が特徴の麺ですね。
このあたりも、しっかりと洗練して選ばれた感じで、いいと思います。
麺量は130g前後。

具材はチャーシュー、なると、メンマ、刻み葱、板海苔。

チャーシューは一口サイズのものが2切れ。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12484846081-14477239773.html

なるとは中華そばを象徴する感じでいいですね。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12484846081-14477239778.html

平たいメンマに、刻み葱、板海苔。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12484846081-14477239786.html

そして牛すじカレーライス。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12484846081-14477239803.html

ちょっとスパイシーな感じもあり、牛すじのうまみも出ている感じ。
やや固めのライスがカレーには合いますね。
そして福神漬けではなく、甘酢のガリが結構相性いいですね。

追加した煮卵はその名のとおりの煮卵。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12484846081-14477239789.html

黄身がホクホクで、時にはこの煮卵もいいですね。


美味しく頂き完食です。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12484846081-14477248320.html


ラーメンメニューはワンコインの中華そばのみですが、
このスープと麺は洗練された感じで、なかなかの仕上がりですね。
カレーも美味しく、セットで1K以内でいただけるのもありがたいですね。
煮込みも是非いただきたいですし、是非また再訪したいと思います。

今年食べたチャーシュー553枚/154杯
今年食べた唐揚げ 63個


ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (7) | このお店へのレビュー: 1件

「八宝うま煮らーめん(918円)+若鳥の中華ソース572円」@こだわりらーめん ゆきむら亭 荒川沖店の写真6月20日(木)21時頃訪問。先客6人くらい。

この日は早く帰れるとパソコンを閉じようとした瞬間、かかってきた電話。
お察しの通り、緊急対応を余儀なくされ、結局遅くなってしまいました。><
もう、滑り込めるお店も限られるので、安心のゆきむらさんへ。
今回は荒川沖のお店に伺いました。

券売機はなく、メニューを見て口頭注文、後会計制です。
入口に大きな写真がディスプレイされており、うま煮に即決しました。
そしてゆきむらさんと言えば、唐揚げも。
オペ中心の方、ホール中心の方、補助の方の3人での切り盛りの様です。
程なくしてご対麺となりました。


早速スープから。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12484317662-14475719000.html

動物系は鶏ガラなどが中心の清湯系のタイプ。
具があんかけにされていて、味付け濃いめでしっかりの餡です。
そこからコクのある醤油とうまみがガツンとくる仕上がりですね。
ベーススープ自体は他のメニューとも共通かもしれません。


続いて麺を。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12484317662-14475719007.html

中細麺は加水率高めの縮れタイプ。
茹で加減固めで、心地よい噛み心地を残してくれていますね。
しっかり餡がまとってきますので、やけど注意な感じです。
麺量は150g前後。

具材は豚肉、ハム、海老、烏賊、うずら、白菜、人参、青菜、木耳、ヤングコーン、レンコンなど

具だくさんで、前述のとおり濃いめの餡をまとっていてアツアツです。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12484317662-14475719017.html

レンコンあたりは、この手の一杯では珍しいかもですね。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12484317662-14475719025.html

そして若鳥の中華ソースは唐揚げが5個に中華ソースがかかっています。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12484317662-14475719031.html

程よい酸味と辛味もあり、お酒のつまみにも最高なアイテムです。


美味しくいただき完食です。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12484317662-14475719042.html


ナンバーワンうま煮はドラゴン系珍来さんで変わりませんが、この一杯もいいですね。
今回は中華ソースでしたが、普通の唐揚げもありますし、もう一種類の唐揚げも。
更にはチャーきゅー(チャーシューときゅうりのからしあえ)もおすすめアイテムです。
15年くらい前、毎週の様にゆきむらさんへ通った頃が懐かしいです。
参考情報:会計は別税です。22時以降は深夜割増料金適用です。

今年食べたチャーシュー551枚/153杯
今年食べた唐揚げ 63個


ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (8) | このお店へのレビュー: 1件

「辛味焼肉ラーメン(1250円)+半ライス160円」@楽生の写真6月19日(水)19時半頃訪問。先客4人。

この日は約27年ぶりくらいに、会社の近くの楽生さんへ。
前回訪問した時は、会社の先輩に連れてきていただいたのを覚えています。
あれから可也の年月が過ぎで、内装なども変わっていると思いますが、
そこまで詳しくは思い出せませんでした。
割と広々とした駐車場が完備されていて、訪問も安心です。
というか、バス通りでもなく、車でないとアクセスは難しいかも知れません。

店内へ入ると券売機はなく、メニューを見て口頭注文、後会計制となります。
塩、味噌、醤油、カレー、つけと一通りそろっている感じですね。
ちょっと辛いスープの欄に「焼肉」なる文字を発見。
気になるので、いただいてみることにしました。
また、想像して、半ライスもつけてみました。

BOX席からは厨房は見えませんが、店主さんらしき方と女性従業員さんの
3人はいらっしゃるようでした。
程なくしてご対麺となりました。


早速スープから。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12483878618-14474437491.html

動物系はひき肉由来のうまみが主体のタイプ。
ピリ辛の塩梅が絶妙で、辛いのが苦手な人でも行けるレベルですね。
焼肉ってメニューな訳ではありませんが、焼肉屋さんのスープにも近いような、
万人受けしそうな美味しい仕上がりですね。


続いて麺を。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12483878618-14474437498.html

中細麺は加水率高めの少しウエーブを伴うタイプ。
茹で加減普通な感じで、幾分足も速そうな感じですね。
汎用性の高い感じの熟成麺と言った感じです。
麺量は200g前後ありそうでした。

具材は焼肉、なると、メンマ、わかめ、刻み葱。

焼肉はにんにくか生姜を選べるようで、今回は生姜でお願いしました。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12483878618-14474437500.html

また、切ってもらうか、そのままかもコールというか、確認が入りました。
今回は切っていただいたので、一口サイズで食べやすいですね。
ロース肉が3枚分のっていて、いい焼き加減で美味しい肉でした。
でも、残念ながら、チャーシューではないので、カウントはなしです。

焼肉屋さんのスープを連想させる「わかめ」も乗ってきます。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12483878618-14474437507.html

メンマは焼肉の下に隠れていました。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12483878618-14474437509.html

そして半ライス。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12483878618-14474437515.html

大きめの器ですが、深さはそんなにありません。ちょどいい量です。

お約束の焼肉オンでいただきました。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12483878618-14474437520.html

食べ進むと、スープの中に結構大量にひき肉が入っていました。


美味しくいただき完食です。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12483878618-14474437522.html


焼肉がのったピリ辛の美味しいラーメンでした。
ボリュームも多めなので仕方ないかも知れませんが、全体的にやや値段が
はる感じですね。
夏季限定で、味噌の冷やし中華もあるようですので、機会があれば次回。

今年食べたチャーシュー551枚/151杯
今年食べた唐揚げ 58個


ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (10) | このお店へのレビュー: 1件

「限定 昆布水つけめん(900円)+特級TP+他」@特級鶏蕎麦 龍介の写真6月18日(火)20時過ぎに訪問。先客中待ち満席。後客多数。

この日は大きな仕事(億単位ではありません)がひと段落したのでほっと一息。
そんな時は、龍介さんで英気を養って、次のステップへ。
相変わらずぶりの混雑ぶりですが、回転も素晴らしいですね。
先に食券を購入し、少し外待ちしていると、店内昇格、カウンター席へ。
浅野店主さんはじめ、鶴さん、男性店員さんの4人で切り盛りされていました。
程なくしてご対麺となりました。


まずは麺を一本。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12483357450-14473061634.html

中細麺は加水率中くらいのストレート系。
きれいに整列されて、昆布水に浸かっていますね。
ばっちり決まったと浅野さん一押しの麺はそのままでも最高です。
特に別皿の塩をちょっと麺に添えていただくとこれが絶品です。
新しく製麺所も開設されたそうで、是非見学に行きたいものです。
麺量は大盛りで300gちょっとあるでしょうか。


では早速つけ汁につけて。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12483357450-14473061640.html

動物系は鶏の清湯系のタイプ。
天草大王使用と思われ、相変わらずの上品且つ力強いうまみが。
合わせる醤油も非常に風味の良いもので、厚みもある感じです。

麺リフトアップの様子。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12483357450-14473061646.html

具材はチャーシュー、味玉、肉団子、刻み葱、薬味の茗荷や生海苔、レモンなど。

チャーシューは鶏の低温系のタイプと
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12483357450-14473061655.html

豚のロースタイプ。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12483357450-14473061662.html

共に仕上がりが良く、しっとりと美味しい仕上がりですね。

味玉は幾分日焼けしたガングロ系に近いタイプ。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12483357450-14473061671.html

ゼリーな感じがいいですね。

肉団子はつけ汁の中に入っています。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12483357450-14473061688.html

塩のみも最高でしたが、茗荷やわさび、海苔の薬味も最高です。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12483357450-14473061675.html

レモンとライムでしょうか、柑橘系も相性いいですね。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12483357450-14473061682.html

そしてご厚意で塩ダレのつけ汁もいただくことに。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12483357450-14473061694.html

こちらもしっかりと鶏の風味が出ていて、塩の感じもいいですね。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12483357450-14473061702.html

今までの塩だれ系とは、少し構成等を変更された感じでしょうか。

更には餃子もいただいちゃいます。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12483357450-14473061712.html

アツアツでうまうまな肉汁がやばいですね。
はふはふしながら、頂きました。


最後は昆布水でスープ割を施し完食です。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12483357450-14473061717.html


昆布水のつけ麺、最高でした。
醤油も塩も甲乙つけがたいですね。
やはり、麺の仕上がりが良いので、より引き立つ感じでしょうね。
大きな仕事は一旦片付きましたが、まだ続きもあるので、頑張ります。
次回は台湾でニンニク補給したいと思います。

今年食べたチャーシュー551枚/151杯
今年食べた唐揚げ 58個


ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (9) | このお店へのレビュー: 29件

「限定 冷やしラーメン(750円)」@北海道らーめん ひむろ 龍ヶ崎店の写真6月16日(日)15時頃訪問。先客6人。後客6人。

この日はここ数ヶ月同様ですが、休日の午前中は活動できない体に。
休養をとった後に、午後になりようやく外出します。
昼の部は難しいので、通し営業のお店を探すことに。
そんな時、ヒムロックが「ここは龍ヶ崎だぜ。オーライ?」と
言った気がしたので、ひむろさんへ。

お店の前の駐車場にボロ車を止めます。
入店するとピークを過ぎた時間帯でも賑わっていました。
店主さんお一人での切り盛り、大変そうですね。
夏季限定の冷やしをオーダーしました。
程なくしてご対麺となりました。


早速スープから。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12481325012-14467421868.html

動物系は未使用と思われる、冷たいスープです。
昆布のうまみが中心で、生姜や少し節等も使われているでしょうか。
一口目は結構オイリー?とも思ったのですが、食べ進むにつれて
いい感じにスープと融合していきますね。
さっぱりとした中に、心地よいうまみを感じる、美味しいスープです。


続いて麺を。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12481325012-14467421875.html

中細麺は加水率やや高めの縮れタイプ。
しっかりと〆られており、コリコリとした食感が特徴的ですね。
前回頂いたつけ麺の冷やしよりは、少しコリコリが緩和されています。
ちょっと少なめですので、大盛でもいいかもですね。
麺量は140g前後。

具材はチャーシュー、メンマ、刻み葱、玉葱、カイワレ、板海苔。

チャーシューは豚のバラタイプ。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12481325012-14467421885.html

一口サイズのきれいなロールタイプ。
冷やしでも美味しくいただけますね。

メンマは平たいタイプが、
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12481325012-14467425162.html

新玉葱の刻みと葱の刻みがいいですね。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12481325012-14467421891.html

カイワレも彩りに華を添えてくれます。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12481325012-14467421896.html


美味しく頂き完食です。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12481325012-14467421902.html


昆布主体の冷製スープが美味しいコリコリの冷やしラーメンでした。
香油の利かせ方も良く、暑い夏にピッタリの一杯ですね。
是非、○星。でも、この夏チャレンジしてみたいと思います。
次回は、未食のオロチョンあたりを狙ってみます。

今年食べたチャーシュー545枚/150杯
今年食べた唐揚げ 58個


ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (9) | このお店へのレビュー: 4件

「大めんじろ(830円)+豚増し200円+炙り豚W他」@めんじろの写真6月15日(土)14時半頃訪問。先客10人位。後客多数。

この日は午前中いっぱい寝てしまい、13時頃にようやく家を出ました。
間に合うお店も少なそうで、15時半まで営業のめんじろさんへ。
雨の常磐道をボロ車で時速60kmで爆走し、北上します。
概ね予定通りに到着しました。

左手の券売機で食券を購入します。
椅子で待っていると女性店員さんがオーダーを確認に来ます。
麺増しの麺量とお好みはヤサイ、アブラ、ニンニクにお願いしました。
めんじろさんオペ、助手さん、女性店員さんの3人で切り盛りです。
程なくしてご対麺となりました。


まずは標高のチェックから。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12480827711-14466041720.html

ヤサイに肉も増したので、物凄い凶暴な山になっていますね。
 

ヤサイから食べ進み、可也削ったところでスープを。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12480827711-14466041725.html

動物系は豚のタイプ。
表層には多めに透明系のアブラもあり、背脂も多めの仕上がり。
カエシもしっかりと効かせてくれていて、美味しいスープですね。
しっかりと炊き上げられているのがよく分かります。


続いて麺を。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12480827711-14466041729.html

極太麺は加水率中くらいの平打ち系のタイプ。
自然なうねりも伴っていて、時間が経っても伸びないですね。
噛み応えもあり、食べ進む途中でも可也満腹中枢を刺激します。
今回は400gでお願いしました。

天地返しの様子。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12480827711-14466041734.html

具材はチャーシュー、味玉、もやし、キャベツ、ニンニク。

チャーシューは豚のタイプ。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12480827711-14466041752.html

大判で超厚切りな感じで、非常に食べ応えがありますね。

この豚さんが、複数入っており、まさに肉祭り
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12480827711-14466041759.html

更には炙り豚。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12480827711-14466041742.html

デフォ豚よりも更に大きく分厚い仕様。

端豚の炙りも、女性の拳かそれ以上ある感じの巨大な塊です。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12480827711-14466041747.html

もう、一年分の肉を一回で食べたくらいの超絶肉祭りです。

味玉は絶妙なゼリー状タイプ。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12480827711-14466041763.html

増したヤサイもアングルによっては、断崖絶壁のような感じです。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12480827711-14466041772.html

ニンニクは程よい量が添えられていて、よりブーストアップ。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12480827711-14466041785.html


最後、もう少しの野菜を攻略出来ずフィニッシュです。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12480827711-14466041796.html


やはりめんじろさんは期待に応えてくれる素晴らしいお店ですね。
今回は調子に乗って豚増しに炙り豚もダブルにして、ヤサイも増したら
やらかしてしまいました。めんじろさんごめんなさい。
しみじみと以前の胃袋はもうないことを痛感しました。

私事ですが、2600レビュー目は、超絶肉祭りで飾らせていただきました。
余談ですが、もう一度、BNR32に乗りたいです。2600だけに。

今年食べたチャーシュー543枚/149杯
今年食べた唐揚げ 58個


ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (11) | このお店へのレビュー: 11件

「銀郎つけ麺(880円)+唐揚げ380円」@東京背脂 銀の豚の写真6月13日(木)20時半過ぎに訪問。先客5人。後客多数

この日は水戸で特龍さんがオープンしましたが、休みも取れず突撃できず。
SNSの写真や麺ともさんからの情報を得て、もんもんしながらもたんたんと仕事を。
とりまひと段落したので、つくば方面で麺活です。
豚魚系のつけ麺が食べたくなり、久々に銀の豚さんへ向かってみることに。

こちらでも右折入店ですが、信号待ちしている方が譲ってくださいました。
サンキュと入ろうとすると、大学生が歩道を自転車で通過し、危なくつっかけるところでした。
もちろん自分が歩道の手前で停止しましたが、みなさんも気を付けましょう。

入店すると券売機はなく、メニューを見て口頭注文、後会計制です。。
つけ麺のページを見ていると、何種類かあり、迷いますね。
すると隣のページに銀郎と銀郎つけの情報が。
銀郎つけをいただくことにしました。

麺量は200、250、300から選べたので、300gで。大盛りは別料金で450gも可能です。
無料トッピングは野菜とアブラでお願いしました。
男女店員さん3人で切り盛りされていました。
程なくしてご対麺となりました。


まずは麺を一本。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12480319425-14464642633.html

太麺は加水率高めの平打ち系の少しうねりを伴うタイプ
しっかりと晒されて、水切りもばっちりで、軽く整列してくれています
こちらのお店は千葉の福たけさん系ですので、麺が美味しいですね。
非常に噛み応えがあり、わしわしといただく感じです。
麺量はコールした300gです。


では早速つけ汁につけて。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12480319425-14464642639.html

動物系は豚が中心のタイプ。
透明系の部分がほとんどなく、白湯系という感じでしょうか。
テイストは姉妹店の銀のしずくさんと一緒と言いますか、こちらのは兄的存在。
卓上のすりおろしにんにくを投入すれば、もっとパワーアップしそうな感じです。
デフォルトではニンニクは乗ってこないです。

麺リフトアップの様子。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12480319425-14464642648.html

具材はチャーシュー、もやし、キャベツ。

チャーシューは豚のバラタイプ。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12480319425-14464642652.html

柔らかくてなかなかいい仕上がりですね。
豚増しや豚ダブルも対応されてますので、肉祭りにもいいかもです。

野菜はつけ汁の中に入っています。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12480319425-14464642659.html

このつけ汁の丼が可也大きいので、見た目以上に野菜はボリュームがあります。
その上には白い背脂が多めに投下されていますね。

そして、なんと、こちらでも唐揚げメニュー発見。
5個と6個があったので、様子を見て5個で注文。
これが結構大きめのサイズで、結構満足度が高いですね。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12480319425-14464642668.html

たっぷりのマヨもついてきて、更にブースト1.8までアップ。


美味しくいただき完食です
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12480319425-14464642677.html


噛み応えのある福郎系のつけ麺でした
後客の方も続々入店されますが、大学生がメインな感じでした。
銀郎を注文される方が多く、大盛りを頼まれる方も多かったです。
個人的には唐揚げの良いお店のレパートリーがまた増えたことです。
久々にカウントもアップできました。

今年食べたチャーシュー536枚/148杯
今年食べた唐揚げ 58個


ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (9) | このお店へのレビュー: 5件

「ファイヤーつけ麺(840円)+大盛100円+味玉100円」@味噌のジョーの写真6月12日(水)20時半頃訪問。先客1人。後客多数。

この日は仕事を終えて、つくば方面へ。
涼しい日が続いていたので、味噌ラーメン比率が上がっています。
この日も久々に味噌のジョーさんへ行ってみることに。
右折入店待ちしていると、対向車が譲ってくれましたが、歩道と駐車場の
段差が結構あるので、ボロ車のアブソーバだとちょっと衝撃が大きいです。
※譲っていただきありがとうございました。

入店すると右手の券売機で食券を購入します。
夏季限定?でつけ麺が出ているようですので、いただいてみることにしました。
ボタンをプッシュ、???反応してくれません
今回は粘り強く、途中間を空けたりして、7回目で反応してくれました。
でも、5千円を入れていたので、7枚の食券が・・・・出てこなくて助かりました。

食券を店員さんへ渡して、案内されたカウンター席へ。
ピリ辛と激辛が選べたので、ピリ辛でお願いしました。
程なくしてご対麺となりました。(つけ麺はゴングは鳴らないようです)


まずは麺を一本。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12479908367-14463507637.html

中太麺は加水率やや高めのストレート系。
茹で加減ややしっかり気味ですが、心地よいもっちり食感がいいですね。
大盛りにしたので、麺量は360g前後に感じました。


では早速つけ汁につけて。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12479908367-14463507645.html

動物系は豚が中心の思われるタイプ。
濃いめの味噌がガツンと効いていて、背脂も結構多めに入っていますね。
全体的に粘性も高めで、しっかりと麺に絡んで持ち上げてくれます。
唐辛子も多めに入っていますが、ちょっと痛辛い感じの度合いが絶妙でした。

麺リフトアップの様子。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12479908367-14463507656.html

具材はチャーシュー、味玉、もやし、キャベツ、玉葱、韮、刻み葱。

チャーシューは豚のバラタイプ。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12479908367-14463507664.html

やや厚みがあり、食べ応えがありますね。

味玉はデフォでついていたようで、増した分と合わせて2個に。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12479908367-14463507672.html

半分に切ってくれていて、プチニカタツさん仕様ですね。

野菜はアツアツに炒められており、つけ汁の中に。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12479908367-14463507678.html

ドロ系のつけ汁ですので、最後までアツアツを維持してくれていました。


美味しくいただき完食です。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12479908367-14463507683.html


ピリ辛で風味良く、しっかりと絡みつくつけ汁が堪りませんね。
自分はピリ辛の辛さや風味がジャストな感じでした。
食べ終わる頃には、ちょうどつけ汁もほとんどなくなる感じでした。
食べると少し汗がひょごりますが、暑い日にももう一度食べたい感じです。

今年食べたチャーシュー535枚/147杯
今年食べた唐揚げ 53個


ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (8) | このお店へのレビュー: 3件

「背脂豚骨チャーシュー麺(1050円)+中盛50円」@中華そば 蓮の華の写真6月11日(火)20時半頃訪問。先客7人。後客多数。

この日はまこと食堂さんで美味しいタンメンをいただき、新店の様子を見に。
ちょうどタイミングが良かったようで、駐車場も結構空きがありました。
入りやすいように回り込んだので、難なく左折で入ります。
ちょっと斜めになった土地ですので、空いていれば止めやすい位置がいいですね。

入店すると券売機があり、最初に食券を購入します。
先輩方のレビューの通り、昼は煮干し系、夜は背油豚骨系でメニューが変わりますね。
汁そばとつけとありましたが、まずは汁そばからいただくことにしました。
とりあえず、中盛のボタンもぽちっと。

女性店員さんに渡すと、ニンニクの有無を聞かれますので、少な目コールです。
カウンター席に案内され、配膳を待ちました。
厨房は2名で、店主さんは指令塔的な役割中心で回されていた感じですね。
少し待ってご対麺となりました。


まずは標高のチェックから。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12479274853-14461784074.html

オーダー時には聞かれませんでしたので、ノーコール。
野菜はそんなに多くありませんので、初めての方でもびっくりはしなそうです。
安心の山ですね。


では早速スープから。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12479274853-14461784080.html

動物系は豚のタイプ。
バシッとカエシも効かせてくれており、なかなか濃いめの仕上がりですね。
豚感も良く、背油もしっかりと炊かれている感じですね。


続いて麺を。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12479274853-14461784085.html

太麺は加水率やや高めの平打ち系ストレート。
もやしに隠れていたので、全体像は見えませんでしたが、麺線が揃っていました。
麺自体は角ふじ系とは異なり、どちらかというと雷本店さんなどに近いようなタイプ。
濃厚つけ麺などにも合いそうな感じの麺ですね。
麺量は中盛でも200gですので、デフォだとちょっと少ないかも。

天地返しの様子。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12479274853-14461784093.html

具材はチャーシュー、もやし、キャベツ、ニンニク。

チャーシューは豚のバラタイプ。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12479274853-14461784102.html

まずまずの大きさと厚さですね。
しっかりと温めてくれており、柔らかさと程よい噛み心地が同居。

野菜は程よい茹で加減で、キャベツも。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12479274853-14461784110.html

ニンニクは粗微塵な感じですが、結構効きめがありますね。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12479274853-14461784114.html

後半、卓上のブラックペッパーで変化をつけてみます。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12479274853-14461784119.html

これが中々あいますね。


美味しく頂き完食です。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12479274853-14461784124.html


開店おめでとうございます。
二郎系な一杯はなかなか美味しいですね。
出来れば野菜マシして楽しみたいと思います。
昼のみでハードル高いですが、煮干系もいただきたいです。

今年食べたチャーシュー534枚/146杯
今年食べた唐揚げ 53個


ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (11) | このお店へのレビュー: 1件