なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

まいける(休業、FBに友リクを)

男性 - 東京都 (1966年生まれ)

化学調味料などの食品添加物や、残留農薬や、遺伝子組み換え食品。そういうものをなるべく摂取したくないという食生活を続けて15年が経ちました。しかしながら、私が読者だった頃のRDBでは、化調がどうのこうの、と書いてくださる方は皆無に近い状況でした。私がRDBに投稿するようになった動機は、まさにそこにあります。この先も、その点にはなるべく言及していくつもりです。

平均点 79.299点
最終レビュー日 2018年8月31日
1,384 602 10 8,492
レビュー 店舗 スキ いいね

昨日はゴールデン・ウィーク気分を味わうべく東北道をすっ飛ばし、
本場の佐野ラーメンを初体験してきました。

うかがったのは、こちらのサイトで佐野市を検索するとランキング1位の「日向屋」さん。
午後1時の到着で、行列はなんと40名以上。
ご家族連れと女性客が多いせいか回転が良くなく、ご対麺まで90分という道のりでした。

薄いベージュ色をしていながら透き通っているスープを目の当たりにして、
長年あちこちで見かけてきた佐野ラーメンを実感しました。
トッピングは、大きな豚のバラ・ロールのチャーシューが1枚、
メンマ、一般の倍の面積をしたナルト、多めの刻み葱、というラインナップ。
お店の方にうかがったところ、麺量は170グラムと多めに設定されています。

まず憧れのスープからいただいてみますと、
あっさりとしていそうなルックスに反して塩分が強めです。
ベースは鶏主体に豚という様子だと思いますが、先行して感じられるのは節系の魚ダシです。
全体としてはスッキリなお味の部類に入るでしょう。

麺は、お店の中にある製麺室で青竹で打たれる自家製麺。
薄い平打ちなんですが、まさに手打ちの手切りといった様子で、
麺の1本1本が違う表情をしています。

茹で加減は柔らかめでした。
最初の頃は少しコシを感じましたが、食べ進むとスープの熱が入って
さらに柔らかくなり、スイスイとおなかに入っていきます。
ただし、170グラムありますから、食べ終わる頃にはしっかり満腹になります。

トッピングでは、こちらも柔らかめのバラ・チャーシューがいい感じ。
それなりに化調が利いていたのでスープは残しました。

<餃子>は、大ぶりのが5つ。
餡は野菜多めでニンニクのみじん切りがたっぷり、皮は厚めでモチ・パリ。
そのまま食べても美味しく、かなり好みのタイプです。

<ラーメン>に関しては、すべての点で想像していた通りのお味でしたし、同じ青竹手打ちなら
東京・大井町の「青竹平打ち中華そば 麺壱吉兆」さんの方がずっと美味しいと思います。
でも、小上がりの座敷で本場の佐野ラーメンを初体験することができ、十分満足です。

食後はお約束、「佐野プレミアム・アウトレット」を初訪して
ウィンドウ・ショッピングを楽しんできました。
高速料金が今の半分だったら、もう少し頻繁に足を運べるんですけどね。

投稿 | コメント (8) | このお店へのレビュー: 1件