なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

まいける(休業、FBに友リクを)

男性 - 東京都 (1966年生まれ)

化学調味料などの食品添加物や、残留農薬や、遺伝子組み換え食品。そういうものをなるべく摂取したくないという食生活を続けて15年が経ちました。しかしながら、私が読者だった頃のRDBでは、化調がどうのこうの、と書いてくださる方は皆無に近い状況でした。私がRDBに投稿するようになった動機は、まさにそこにあります。この先も、その点にはなるべく言及していくつもりです。

平均点 79.299点
最終レビュー日 2018年8月31日
1,384 602 10 8,489
レビュー 店舗 スキ いいね

「中華そば 醤油  750円」@中華そば 飯村製作所の写真今月13日の茨城遠征、「はりけんラーメン 南店」に続く
2軒目は、つくばのお店でいちばん行ってみたかった
こちらへの初訪が叶いました。

こういうシンプルな醤油らーめんのルックスは、
きっと味も私の好み。
そう予想していたのですが、まさにその通りの味わいで
かなり嬉しくなりましたよ。

ベースになっている豚清湯と煮干しのダシのバランスがとても良好です。
自家製麺の朴訥とした粉の感覚もユニークですし、
チャーシュー2枚は分厚くて食べ応え十分。
特にバラの煮豚は相当に美味しいと思います。
家の近くにあったら間違いなく通っているお店です。

で、今回も、なぜ90点越えではないのかという理由を少し。

まず、低温調理の肩ロースのチャーシューが、やや肉質に難ありと感じたこと。
脂身が多く噛むのに少し苦労しましたし、肉自体の味も特に濃くはありません。
また、しっかり完食する頃になって、醤油ダレが強めに思えました。
丸い麺は、個性的ではありますが、このスープに合わせるには
もう少し細めにした方がシャープな作りになる気がします。

あ、これは、かなり贅沢な注文ですよ。
中華蕎麦 蘭鋳」とか「煮干そば 流。」とか
中華そば 榮じ」のような、今までに私が90点を付けてきた
超洗練系の煮干し清湯の醤油らーめんに比べると、という話。

その代わりに、もしこちらが、「中華蕎麦 蘭鋳」の肩ロースと、
煮干そば 流。」の麺と、「中華そば 榮じ」の醤油ダレを
参考にされたら、それこそとんでもないお店になると思います。

良好だった味玉は、連れて行ってくれたmakishiさんのカオで
サービスしていただいたもの、
makishiさん、ご主人、重ね重ねありがとうございました。

今回の茨城遠征で、ひとつ認識を新たにしたことがあります。
今まで私は“茨城のらーめんは値段が高い”と思っていたのですが、
こちらのらーめん屋さんはみんな、無料の駐車場を完備なんですよね。
東京23区内のらーめん屋さんでは、ほぼありえないことです。

“茨城のらーめんは値段が高い”と思うのはヤメることにしました(笑)。

投稿 | コメント (8) | このお店へのレビュー: 1件

「冷やし貝鮮丸 オマール海老の茶碗蒸しのせ  950円」@はりけんラーメン 南店の写真今月の13日に行ってきた、1年ぶり2回目の茨城遠征。

今回はmakishiさんの車に同乗させていただき、
North Coastさんとおゆさんと計4人でつくばに向かいました。
ほぼ最初からの渋滞で往路は3時間かかったのですから、
運転してくれたmakishiさんには感謝の言葉しかありません。
ほんとにありがとね!

こちらのお店には、店内行列ができる直前の11時40分に初訪となりました。
すでにたくさんのレビューが上がっていますので詳細は割愛しますが、
食べ進むほどに楽しい、と感じられる冷やしですよ。

最初にスープからいった時は「ああ、貝のダシね」という程度。
ちょっと鮮魚臭い?と思ったのは鯛が使われていたからでしょうし、
どんこが使われているというのは、食後に素材の一覧を確認するまで
わかりませんでした。

しかし、デコボコ気味の麺の美味しさに唸り、そこにトビコや
イクラやマッシュルームが絡んでくると、一気に気分がアガリます。
特にオマール海老の茶碗蒸しは、次第にスープに影響して
厚い味覚を描くのに十分な役割。
これだけの素材を揃えるだけでも大変ですよ、と思わされます。
食後のふくよかな余韻もとても好みでした。

ただし、貝やトビコやオマールを使えばこういう味になる
という点では、驚きのようなものは感じませんでした。
意外性という意味では、むしろ、
鶏のモモ肉の窯焼きチャーシューが素晴らしかったです。
食感、風味、肉自体の味。
これはちょっと他にないチャーシューでしょう。

なぜみなさんのように90点越えではないのかといえば、
それは私が、一期一会のインパクトよりも、もう1度食べたいかどうかを
重視するレビュワーだからだと思います。
こういう変わりダネは、もう1度食べて初回と同じかそれ以上の
満足を得られるか、という点に不安を覚えてしまいます。
音楽でも洋服でもらーめんでも、長く付き合えるやつが好きなのです。

いや、それでも、1度でも経験できてよかったと思える
冷やしだったのは間違いありません。
店内でピップさんとRAMENOIDさんにお会いできたのも、
らーめんの神様の思し召し。
山海の珍味を堪能できる、贅沢な冷やし麺でした。

投稿 | コメント (11) | このお店へのレビュー: 1件

「良温そば 塩味  750円」@良温(Ra-on)の写真13日のお昼に参加しました初めての茨城遠征、予定外のアンコール(?)に
なった3食めは土浦市のこちらでいただいてきました。

「良温」さんも初訪でしたので、壁のお品書きに"当店イチオシ麺"との
記載がある表題のメニューを口頭で注文。
塩味か醤油味を選べるという記述も<塩味>が先に書かれていましたから
塩味でお願いをしました。

同席されていたRAMENOIDさんとご主人のお話しを総合すると、
スープの素材は鶏と鯖節がメインとのこと。
確かに、鶏の厚みと、鯖節らしい品の良い魚系のダシが
バランス良く交わったふくよかな味が伝わってきます。

それだけに、ちょっと塩分が高いのが残念ですねえ。
先にうかがった2軒でいただいたのが繊細な味付けのらーめんでしたので、
こちらでも同様のスープになっているものと思い込んでいました。

私が「これは美味しい」と思うらーめんを80点とすると、
スープの塩分の高さでマイナス10点、
その他のパーツの質の高さでプラス5点、
よって上記の評点という感じです。

そうなんですよ。
スープ以外のパーツはとても美味しかったのです。

ベージュ色をした麺は、粉の風味が高く、弾力の強さも魅力。
スモークの利いた低温調理の肩ロース、正統煮豚のバラと、
2種類の豚チャーシューはかなり上質です。
また、細切りの筍も程良い味付け、ザクザクした歯応えもばっちりでした。

3軒目だから、という以上に、塩分が高いから、という理由で
スープは残してフィニッシュ。
多少残念な思いは残りましたが、いつもRDBで拝見しているだけのお店の
味を体験することができて、その喜びの方が勝ったのは間違いありません。

水戸市や行方市にも気になるお店がいくつかあります。
また茨城を訪れる機会がくる日を楽しみにしていたいと思います。

投稿 | コメント (24) | このお店へのレビュー: 1件

「塩そば  760円」@麺や 蒼輝 AOIKAGAYAKIの写真13日に参加してきた初めての茨城遠征、
2軒目はこちらの新店にお邪魔しました。

お昼の12時半頃の到着で、常時満席前後の着席率。
「蒼」のご主人はこちらの厨房で腕を奮っておられます。

同行のみなさんは鶏白湯のつけ麺を注文され、私は清湯気分だったので
券売機のいちばん下に用意されている表題のメニューをチョイス。
こちらでも4種類から選べるチャーシューは、今回は鶏でお願いをしました。

いや~、これはかなり美味しい塩らーめんですねえ。
現地でお会いしたRAMENOIDさんに教えていただいたところ、
スープは鶏がメインで魚系は不使用とのこと。
同じ清湯でも鮭節を利かせた「蒼」の<カムイ・シオユ>とは作りが違う
わけですが、この<塩そば>の方がなぜか複雑な味がするのです。

それも、これとこれの素材が感じられるから複雑、とは
言い当てられない作りになっている点に、ご主人の非凡な才を感じます。
飲み口はクリアなのですが、後味がとてもミステリアス。
塩ダレにひと工夫もふた工夫もされているのでしょう。

先の<カムイ・シオユ>が、食べている間はおとなしい味わいだけれど
食後のダシの余韻が長い、というスープなのに対して、
この<塩そば>は最初のひと口から「旨っ!」と感じるスープになっています。
その分、終盤には味覚が落ち着いてきますが、
丼全体の魅力が削がれるわけではありません。
最初の心弾む感覚のまま、ずっと食べ進むことができます。

白っぽい微ウェーヴの細麺もイイですねえ。
しなやかな舌触りと、その中に感じる粉の風味が、
琥珀色の塩スープと完璧なハーモニーを描きます。

鶏の胸肉のチャーシューは、しっとりとしていて肉自体の味が良好。
少し加えられている小さなダイス・カットの鶏チャーシュー
(こっちはモモ肉だったかな?)もナニゲに存在感があります。
あとは、穂先メンマと、白髪葱、青葱。
ヴィジュアルの美しさがそのまま味になったかのように思える1杯です。

2軒目でしたが、こちらも綺麗に完食してフィニッシュ。
券売機の最後尾に位置するメニューでも十分に美味しいということは、
東京・大塚の「鳴龍」さんのような存在かも、と思ったりもしました。

これからますます評判になっていくお店なのではないでしょうか。

投稿 | コメント (16) | このお店へのレビュー: 1件

「カムイ・シオユ  850円」@麺や 蒼 AOIの写真一昨日は、生まれて初めて茨城県のらーめんを体験してきました。

普段から魅力的な品々を食されている茨城在住のレビュワーのみなさんや、
今回もドライヴァーを引き受けてくださった右京さんとお付き合いがなかったら
きっと当分は体験することのない味になっていたと思います。
あらためて感謝です。

で、まず向かったのは、そんな私でも店名はよく知っていた「蒼」さん。
味噌らーめんが主役のお店のようですが、
清湯が好きな私はこの<カムイ・シオユ>を選択。

味付けは<塩>ではなく、醤油と塩のミックスである<シオユ>で、
4種類から選べるチャーシューは豚バラの炙りで、お願いをしました。
選べるチャーシューって、東京23区では1軒しか経験がないことです。
スープとチャーシューのヴァリエイションで
いろんなタイプのらーめんをいただけるお店なんですね。

このメニューのスープは鮭節がメインなのですが、
それはいわゆる鮭をダイレクトに感じさせるものではありません。
店内の説明書きがなかったら、いろんな魚ダシのミックス?と思うような味覚。
強いて言えば、鯖節にスモーキーな風味を加えたようなスープです。

でもって、<シオユ>による味付けはマイルドで、塩分控えめ。
なので、食べている間はとても穏やかでおとなしいらーめんなのですが、
お店を出た後になって鮭節のダシの旨みが身体の中で湧き立ちました。
これは、まさに私好みの、純度が高くて余韻の長いスープですよ。

配膳された時は「トッピングが別皿って好きじゃないんだよな」
と思ったのですが、この繊細なスープを味わっているうちに
別皿の意味が理解できました。
まずは純粋なスープを味わってほしい、ということだと思えたのです。

断面が7:3くらいの長方形の細麺も美味しいですし、
トッピングの中では味玉が極上。

反対に、メンマに感じた胡麻油の風味はちょっとクラシカルで、
洗練された今風の麺とスープには合っていないように感じました。
炙りチャーシューと鶏モモロールは、味付けが薄いのは素晴らしいですが
もう少し肉自体の味が濃いと理想的です。

もちろん、しっかり完食してフィニッシュ。
開店の10分前には到着しましたからすぐに座れましたが、
開店直後には店外に行列ができていました。

そんな人気店の実力が十分に窺える茨城らーめん初体験になりました。

投稿 | コメント (20) | このお店へのレビュー: 1件