なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

トンゴ氏投薬中

男性 - 千葉県 (1958年生まれ)

こんにちは。難しいことは解らないバカ舌おぢさんです。なので蘊蓄は語れません。ラーメンを取り巻くバックグラウンドも味のうちと感じておりますので、内容はそっち寄りです。行動範囲が狭くほぼ千葉県のお店ですが、暇潰しに読んでいただけると幸いです。宜しくお願い致します。

平均点 80.648点
最終レビュー日 2019年10月20日
253 159 1 1,651
レビュー 店舗 スキ いいね

「爺ラーメン」@ラーメン爺の写真竹岡調査隊(埼玉編)
何故か埼玉に~♪ 何故か~竹岡~♪
我が街の川向こうの三郷のお隣で近いだろうとたかをくくっていると、思った以上に遠かった。江戸川に架かる野田橋のたもとは東に筑波山·西に秩父を望む風光明媚な地ながら4方向大渋滞。渋滞の中に赤い屋根に白い暖簾のお店を発見。対向車に進路を譲って頂きハンドルを切り駐車場へイン。
お店に入ると鰹の臭いと古い家屋の臭い混ざった独特な臭い。厨房と爺は見えず、ご高齢な奥様?に表題とセットの豚バラ丼(150円)をお願いします。元々魚介ラーメンをメインとしてやられてきたそうですが、苦手なお客さんの為に面白そうなので竹岡式を導入したそうです。今では注文は半々となる程の人気メニューに成長したそうです。チャーシュー煮汁以外にも何か使っているので「竹岡式風」と控えめに謳っているのでしょう。
着丼したラーメンは紛うことなき竹岡式でした。出汁感の薄いぷ~んと匂って来るブラックさは弱めな醤油ファーストのしょっぱスープ。うん、これよこれ。煮出しされた薄いバラチャーシューに丼一面が覆われれていて、これで600円とは!。スープで茶色く染まった丸い中細麺は、もちっと、つるっと房総の平均を越える旨さでした。竹岡式=乾麺と思われている方もいらっしゃると思いますが、ほとんどのお店は生麺を使っています。私が訪れた15~6軒中、乾麺は2軒だけでした。乾麺を使っているお店もあると捉えた方が良いかも知れませんね。ちょっとライトでしたが、やはり体に染み込んだ旨さはたまりませんね。千葉県人(生まれは都内ですがほぼ千葉)で良かったー。ってここ埼玉なんですけどー(^_^;)

ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (8) | このお店へのレビュー: 1件