なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

HASH-ROYAL

男性 - 岐阜県 (1977年生まれ)

ロックバンド・JUNKY WALTZのヴォーカル&ギター担当▽東海三県 自家製麺活性化プロジェクト 代表▽「メシコレ」ラーメン担当キュレーター▽ぴあ 究極のラーメン東海版「究極のラーメンAWARD」選考委員(2015年~)▽2017年9月にラーメン食べ歩き47都道府県踏破を達成

平均点 79.564点
最終レビュー日 2019年10月14日
714 543 0 843
レビュー 店舗 スキ いいね

「みそラーメン…650円」@手打 焔の写真2017.12.6昼2 胃袋絶好調につき連食。
数日違いで火風鼎でも同品を食べたが、見た目の違いはワカメの有無とスープ表層の油の状態のみ。
しかし口にしてみると両者の違いはかなりハッキリと出ており、若き店主が自身のルーツとの差別化を図っているのがよく分かる。

「寒いから味噌でも食って温まりたい」という原始的な欲求を漏れなく満たしつつ、ベースと油脂の一体感を高める事で、白湯ベースに見劣りしない濃密さを実現。
故に、ザラボコ手打麺との一体感は見た目を遥かに上回る程に緊密。

そこに、薫香芳しいチャーシューが寄り添うのだから、頬を緩めるなという方が無理な話。
味噌ラーメンのステージを一つ上の次元に押し上げるだけの力を秘めた逸品。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「チャーシューワンタンメン…1000円」@手打 焔の写真2017.10.6昼1 ‪言わずと知れた栃木県北を代表する実力店にして、火風鼎の小白井店主のご子息の店。‬
‪昨年8月以来、1年4ヶ月ぶりの再訪。‬

‪近年の店なら特製にあたる本品、ずっと実食を切望していたが、念願叶った事もあってかその美しい味に言葉を失った。​‬

‪その美しさは決して着飾った物ではなく、寧ろ懐古の念を抱く部分すらあるような、醤油ラーメンとしての基本部分の逞しさにある。‬
‪手打麺とスープが共に美味く、チャーシューもワンタンもきっちりと華を添える。‬

‪作り手の意識・技術が格段に向上した現代においても、ここまで均整のとれた品と出会える事は極めて貴重。‬
‪ネオクラシカルという簡単な言葉では言い表せない、親子2代に亘る情念が凝縮された一杯。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件