なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

HASH-ROYAL

男性 - 岐阜県 (1977年生まれ)

ロックバンド・JUNKY WALTZのヴォーカル&ギター担当▽東海三県 自家製麺活性化プロジェクト 代表▽「メシコレ」ラーメン担当キュレーター▽ぴあ 究極のラーメン東海版「究極のラーメンAWARD」選考委員(2015年~)▽2017年9月にラーメン食べ歩き47都道府県踏破を達成

平均点 79.579点
最終レビュー日 2019年10月16日
715 543 0 847
レビュー 店舗 スキ いいね

「汁なしマーボー麺…800円」@中国四川料理 喜京屋の写真2019.5.2夜1 汁なしマーボー麺…800円、大エビのチリソース…1580円、青菜あっさり炒め…1100円
GW遠征最後の呑みは、昼の食べ歩きから付き合ってくれている友人と長岡駅周辺でサシ呑み。

同店は明治28年に和食処として創業、現店主の先代の頃より中華料理店へとシフト。先代は『四川飯店 新潟』、現店主は『赤坂四川飯店』での修行を経ており、本格的な四川料理を提供。

本品は同店の看板メニュー・陳麻婆豆腐を麺が見えなくなるほどドッサリ乗せた品。下に敷いた中細麺は茹でた後に冷水で〆てあるのがポイント、ツルシコの歯応えで麻婆豆腐に負けない存在感を発揮。麺を食べ終えた後も、花椒がしっかり効いた麻婆豆腐がそのままビールのアテになるという優秀な一杯。

余談だが、自店の社訓と共に掲載された、店主をはじめとするスタッフ紹介がいちいち面白い。歴史のある店なのにこういう柔軟な事をやっちゃう辺りも、120年もの長きに亘って愛される理由の一つなのではないだろうか。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「追い煮干し中華…700円」@らぁ麺や 一晃亭の写真2019.5.3昼3 ご両親が営んでいた『どさん子』を引き継ぐと同時に屋号及び商品を完全刷新して2009年に創業。昨年11月に寺泊から長岡大島に移転した事で、格段にアクセスが良くなったため漸く初訪。

追いダシしてるから当たり前なんだろうけど、提供時からとにかく香りが良い。ただのダシ感によるフレーバーだけでなく香ばしさも伴っており、最後まで鼻腔をくすぐり続ける。

出しゃばらず支えに徹する豚骨の旨みと、キレの良い醤油ダレとのトライアドも黄金比的で絶妙。最後まで食感が弛緩してダレる事なく、弾性の強さが持続する自家製麺も秀逸。スープに埋もれない独特の香りを乗せた2種のチャーシューも白眉の出来。

醤油・煮干・自家製麺という決して珍しくない組み合わせながらも、各々のパーツに確固たる個性を持たせる事で、世に埋もれる事のない独自性のある一杯に仕上がっている。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「月見つけめん…880円」@中華そば 市松の写真2019.5.3昼2 月見つけめん…880円、焼売…300円、焼き豚おにぎり…200円
4/16にオープンしたばかり、燕市の名店『酒麺亭 潤』の新ブランド。同じ屋号の店を新潟市で出店していたが(2017年5月に既訪)メニューは完全刷新。うどん用製麺機「真打」で切り出したばかりの自家製麺を、即座に羽釜で茹でるという大胆なコンセプトを実践。

麺を羽釜に投入後、木製の蓋を閉めて蒸気も一緒くたにして茹でた後に冷水で〆た麺は、美味いうどんに見られるH形の断面に。その形状が物語るように、理想的な水分勾配が生むツルツル&モッチリの仕上がりは、全麺類好き必食の代物。

懐かしさと今っぽさが同居するつけ汁に潜らせれば、デフォで茹で前300gという太っ腹な麺量もあっという間に胃袋へ。卵黄を潰して溶かしたまろやかな味わいに移行すると、もうそこには幸せしか待っていない。

粗めに挽いたミンチの肉感がワンパク指数MAXな焼売、肉とタレの味が米粒ひとつひとつに行き渡ったおにぎりも男心くすぐりアイテム。

調理風景から出来上がりの品まで、とにかく全編に「楽しい」が詰まった店の爆誕だ。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
65

「塩…850円」@いち井の写真2019.5.3昼1 ‪平成10年創業、生姜醤油王国の長岡において屈指の知名度を誇る超人気店。‬

‪個人的に2年越しのリベンジとなるが、その2年前は単に前日のしらすサン&テキーラ君との呑みが予定していた起床時刻まで及び、到着したら予想を上回るDGRのため回避しただけというヘタレエピソード。‬

‪新潟・佐渡産の焼きアゴと豚骨がベースとなる豚骨魚介スープは、互いの旨みが拮抗した絶妙なバランス。‬‪ただ、豚骨の匂いがアゴの香りの邪魔をしており、少々勿体ない気が。‬

‪歯ごたえの良さが印象的な麺は仕上がりが少しカタめ、個人的にはもっとしなやかなでスープに寄り添う茹で加減の方が合うと思う。‬

‪トッピングはいずれも丁寧な仕事ぶりが伝わるが、さすがにキクラゲは刻んだ方が麺との絡みが楽しめるのではないかと。‬

‪全体にイメージを損なうほどの不満はないけど、随所に必然性に疑問を感じる点がありちょっと残念。‬

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「白ゴマ担担麺…780円」@ことぶき屋の写真2019.5.2夜2 白ゴマ担担麺…780円、焼き餃子…470円
新潟呑みの〆は、昭和24年創業の老舗中華店。町中華の店にしては珍しく担担麺が充実しており、タレ違いやトッピングなどを含めてカウントすると全部で8種類。逆に担担麺以外のラーメンの方が少ないくらいで、担担麺推しなのが明確だ。

四川テイストはほとんど見られない、胡麻と辣油を軸にした昔ながらの担担麺。個人的には酒が入っているにも関わらず塩気が少々強めに感じたが、たっぷり入った茹でモヤシがそれを和らげる。

チリチリと細かくちぢれた中細麺も含めて、見た目通り懐かしの味わい。今やこの手の担担麺を地元で食べる機会はめっきり減ったが、改めて食べると白飯が欲しくなるね。

ニンニクがしっかりと効いた餃子も、ビールが進んでたまらない。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン…550円」@食堂 寿美吉の写真2019.5.2夜1 夜のハシゴ酒3軒目は、屋台期から数えると50年超という老舗食堂。但し一般的な食堂とは異なり、麺類食堂+焼肉店というかなり謎な業態。実際この時も上ミノやらレバーやらをアテにビールを呑んだにも関わらず、撮影自体を失念するという酔いっぷり。

いわゆる「新潟あっさり醤油ラーメン」に分類相当な、煮干や昆布を動物系が支えるじんわり系のスープ。アテンドしてくれた友人が「焼肉の後にこそ食べて欲しい」と仰った意味がよく分かる、脂っ気を洗い流すような味わいだ。

柔らかくも程よく弾力を残した、ツルリとした口当たりの良い中細麺との相性もバッチリ。黎明期・屋台時代に使用していたという貴重な器も見せて頂いたりと、呑みに麺にと楽しい時間を過ごさせてもらった。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件