なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

HASH-ROYAL

男性 - 岐阜県 (1977年生まれ)

ロックバンド・JUNKY WALTZのヴォーカル&ギター担当▽東海三県 自家製麺活性化プロジェクト 代表▽「メシコレ」ラーメン担当キュレーター▽ぴあ 究極のラーメン東海版「究極のラーメンAWARD」選考委員(2015年~)▽2017年9月にラーメン食べ歩き47都道府県踏破を達成

平均点 79.579点
最終レビュー日 2019年10月16日
715 543 0 848
レビュー 店舗 スキ いいね

「ラーメン…750円」@八ちゃんラーメン ラーメン博物館店の写真2019.7.15昼3 あの「薬院八ちゃん」の愛称で知られる、昭和43年創業の福岡市が誇る老舗が、今年3月にラー博に電撃出店。個人的には2013年11月の福岡公演の終演直後に訪れ、老舗とは思えないあまりのヘヴィネスに理性が吹き飛んだ印象が、今も強く脳裏に残る。

スープ表層にクレマが全く浮かんでいない時点で疑問だったが、実際に口にしてもその疑問は晴れず。濃厚な純豚骨ではあるが、あの「超濃厚で超オイリー」な酔客垂涎の八ちゃんの面影は感じず。

ハリがある細麺との相性に特に文句はないが、「薬院八ちゃん」を掲げるにはあまりに一般的すぎる豚骨ラーメン。屋号さえ違えば問題なく受け入れられたのかも知れないが、実店舗のイメージとはかけ離れまくり。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ざる中華…900円」@支那そばや 新横浜ラーメン博物館店の写真2019.7.15昼2 選べる麺量は並で
言わずと知れた「ラーメンの鬼」と呼ばれた故・佐野実氏の店、ここラー博店には通算7~8回は訪れているはず(うろ覚え)。遠征のタイミングでちょうど本品が提供されており(6/17~8/末まで)遂に食べる事ができた。

『支那そばや』と言えばやはり麺、同店専用粉を主軸に独自のブレンドをした本品専用麺は、低温でも風味がハッキリと出た流石の出来。

加えて、まずは塩で食べさせるイントロ、本編の鮭節使用のつゆの気品高さ、別添の山わさびとの相性の良さなど、プレゼンからディティールまで全てにおいて超好み。

最後はラーメン専門店らしくスープ割があり、これが美味いの何の。スープ割のために薬味を追加投入してくれる心配りも嬉しいじゃないか。

全編を通して、各食材の飾らない美味しさをほぼそのまま生かした、和の心が感じられる気高き一杯。こんなの出してる店が生活圏内にあったら、毎日通ってまうぞ(笑)。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「らーめん塩…780円」@川の先の上の写真2019.7.15昼1杯目 横浜・上大岡を中心に店舗展開する『G麺7』の5店舗目として6/20にオープン。『啜磨専科』『ロ麺ズ』などユニークな屋号が続く中、同店は京急&市営地下鉄の上大岡駅から大岡川の先にあるビルの2階にあるからという、極めてシンプルな理由との事(笑)。

見るからに厚みのある動物系ベースに、たっぷりの貝の旨みが融合したスープ。そこに踊る自家製中細麺、茹でる前に店主が半分にちぎっていたのが惜しまれる。

絶対長尺の方が啜り心地が良くなるし、スープの口中での爆発力も跳ね上がるはず。短い方が良いという声に応えた形なのだろうが、啜るスキルが低い食べ手側の問題だ。

吊るし焼きチャーシューの香りも芳しく、じわじわとスープに香りが移るので、余計に長尺で啜った時の香りの広がりに期待してしまう。

とは言え、全体を見渡すと他所のどこにも似てない仕上がりを創り上げる構成力は流石の一言。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン小…700円+身入り券2枚」@手打ち中華そば 酒田 平間店の写真2019.7.14夜2 こい口・油ぽくコール。

山形・庄内地区を中心に山形県と秋田県で愛されている『ケンちゃんラーメン』インスパイア店。店主は『ケンちゃん』本店がある酒田市の出身で、独学であの味を研究した猛者。今年5/1に登場した八戸店を除く10店舗既訪な初級ケンチャニスト(自称)としては訪れない訳にはいかない。

そもそも「身入り」券がある時点でもう最高なのだが、味も相当なモノ。煮干の効き具合、極太ちぢれ麺の弾力など、本家よりもヘヴィな作りで食べ応え満点。強いて言えば遊佐店が方向性としては近いと言えるだろうが、ベースの厚みを含めて良い意味で別物。

ケンちゃんを知らない方でもドハマりする事請け合いで、特にガッツリしたラーメンを好む方には無条件でオススメ。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「醤油 普通…700円+チャーシュー…200円」@ラーメン マキタの写真2019.7.14夜1 川崎と尻手の両駅からほぼ同距離の場所で、怪しげな雰囲気を放つ店。今は亡きイレブンフーズ@新馬場の系譜を継ぐ店と知れば、出張時の朝食にイレブンを注入していた身としては訪れない訳にはいかない。客がセルフで会計するシステムも、ザルではないものの一応は継承している。

デフォで少しニンニクの効いたライト豚骨スープは、ジャンク度はイレブンより幾分低め。麺は酒井製麺ではなく大橋製麺だが、あのユルい雰囲気はほぼ忠実に出ており満足。

イズムの根幹の一つであるチャーシューは、ほろほろジューシーな出来で思わずニヤリ。デカいキクラゲも同じくイレブンな雰囲気の醸成に大きく貢献、ボクたちの正義・ワカメは言うまでもなく最高だ。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「らーめん正油…770円」@G麺7の写真2019.7.14昼4 2009年に創業、以降は2号店『啜磨専科』、3号店『ロ麺ズ』と、ユニークな屋号の店舗を展開する横浜の一大勢力の本拠地。上記2店舗とも既訪なのに、本店であるココが初訪なのも今更こっ恥ずかしい話。駅から結構離れた住宅街の中にあるが、14時半過ぎでも客足の絶えない人気ぶりは流石10年選手といったところ。

郷愁を覚える軽めの豚鶏ベースに醤油のコクと程良い甘さを加えた、親しみやすくもキチンとヒキのあるスープ。啜り心地の良い丸い断面の自家製麺も良い意味で懐かしさを助長し、さらに背脂の甘みが援護射撃する手厚さ。肉感のある吊るし焼きチャーシューまでもが、全体が持つコンセプトに添う快作。

この「ありそうで他にない」スタンダードを知ってこそ、他のブランドの面白さが一層際立つというものだ。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「細切牛肉そば…900円、シューマイ(3個)…400円」@中国料理 萬宝の写真2019.7.14昼3 しらす兄ぃと2軒食べ歩きした後にソロで向かったのは、横浜駅から歩いて行けなくもない住宅街にある町中華。大通りから外れた場所にあるが、13時半頃入店でも満席という人気ぶり。尚、そのしらす兄ぃが食べていたランチメニュー目当てだったのだが、日曜・祝日はランチ無しとの事。

肉絲麺の牛肉版といった趣の本品は甘辛くキャッチーな味わいながら、タレでの味付けは最小限に抑えた品のある作り。中~終盤にかけて炒め具材の椎茸や牛肉から旨みがスープに移り、グングン旨みが増してくる。麺よりほんの少し太い程度に切り揃えた筍の軽快な歯ざわりも良い。

粗挽きミンチのしっかり立った肉味と、挽かずにそのまま入った海老の食感との共演が楽しめる焼売も絶品。2品とも価格に大いに納得の出来、これならバリエーション豊富な他のメニュー群も美味いだろうなぁ。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「つけ麺 塩…1500円、つけ麺専用 お出汁割…200円」@らぁ麺 飯田商店の写真2019.7.15昼 先に食べた「らぁ麺」の王道っぷりにニンマリとした後、ここまで驚かされるとは予想だにしなかった。

まず皿の手前に盛られた厚手のきしめん的な幅広麺、自重によって啜る時に感じるアシの伸びやかさ、噛んだ時の香りの広がりは驚愕必至。

その奥の挽きぐるみ然とした褐色の中細麺は、蕎麦切りを彷彿とさせる強い風味と、中華麺ならではの弾力が絶妙なバランスで共存。つけ汁に浸しても当然合うが、蕎麦猪口風の器に入った鰹つゆにチョイ浸けして手繰ると最高。麺肌が少し乾いた頃に黄金色の昆布水を和えれば、その口当たりは官能的に変貌。

これだけでも十分値打ちだと感じたのに、時間差で供される極薄切りの豚しゃぶをつけ汁に投入してからが真骨頂。麺と共に手繰れば新たな口当たりとなり、麺・昆布水・肉の旨みが文字通り三位一体に。それが口中でハラリとほどける様は、まるで鮨におけるシャリとタネの関係性のよう。

食べるだけで誰もが雀躍必至、細かい事を考えずともとにかく食べる事が楽しくなる逸品だ。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 4件

「わんたん入りしょうゆらぁ麺…1350円」@らぁ麺 飯田商店の写真2019.7.15昼 4月下旬以来約3か月ぶりの再訪、その間に大胆なメニュー刷新を敢行、6/16の営業再開以後は初となる。

醤油と鶏の2要素を極限まで引き出し、荘厳なまでの完成度を誇った前作とは一変、良い意味で身近に感じる全体像。

角から丸断面になり、かん水も微量ながら増やす事で、ラーメン特有の「中華麺を啜る悦び」を手繰り寄せた自家製細麺。啜り甲斐のある長さも相俟って、いつまでも啜っていたくなる中毒性すら垣間見える。

『支那そばや』をバックボーンに感じる骨太な旨みのスープ、とろけるようなチャーシューをはじめ隅から隅まで絶品のトッピング群と、全てがカンペキ。

前作の「和」で統一した世界観も十分すぎるほど良かったが、今作の「ラーメンを磨き抜いた」方向性の方が私好みである。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 4件

「チャーシューワンタンメン…1050円」@味の大西 本店の写真2019.4.20昼4 神奈川県西部のご当地ラーメン【小田原系ラーメン】の始祖。元は肉屋を営んでいた故のスタイルらしいが、思い返せば同店が面する県道75号線沿いには精肉店が多い。但し、それと同品のとんでもない肉の量とが直接結び付く訳ではないが。

同県東部・横浜市のご当地【家系ラーメン】と同じく、スープを構成する主軸は豚骨と醤油の二本柱。しかしこちらは清湯で、色合いの割には醤油カドはほぼ無く、加えて不思議な事に白湯と負けないくらい豚骨の風味が強い。

東北~北関東の手打麺文化圏を想起させる、室伏製麺所謹製のピロピロとした口当たりの麺は私好み。

腕とバラを均等に混ぜて乗せてくれたチャーシューは、これでもかという爆盛りっぷり。その上、餃子並に餡が詰まった【ワンタン】と呼ぶには巨大過ぎる代物も4つほど入る。

一般的な成人男性ならコレ一杯で1日持つんじゃなかろうか…コレで1050円ってのはお得過ぎるにも程がある。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件