なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

HASH-ROYAL

男性 - 岐阜県 (1977年生まれ)

ロックバンド・JUNKY WALTZのヴォーカル&ギター担当▽東海三県 自家製麺活性化プロジェクト 代表▽「メシコレ」ラーメン担当キュレーター▽ぴあ 究極のラーメン東海版「究極のラーメンAWARD」選考委員(2015年~)▽2017年9月にラーメン食べ歩き47都道府県踏破を達成

平均点 79.502点
最終レビュー日 2019年10月19日
729 557 0 853
レビュー 店舗 スキ いいね

「焼ラーメン…840円&酒盗ご飯…+200円」@麺屋 白神の写真2019.10.16夜 台風19号のため中止になった、同市の恒例行事・刃物まつりの 「ご当地&関うまいもの祭り」。その出店メニューとして予定していた、「ウル得マン」いけや賢二氏監修の品。埋もれさせるのは勿体ないと、10/15(火)~18(金)の各日夜のみ限定で登場。

同店の「焼きラーメン」と言えば2007年5月の初登場以降、レシピや提供店舗を変え様々なバージョンが過去に登場。その中でも今作が最も「焼きそば」感が強いが、紅ショウガやキャベツのせいだろうか?

タレ・麺・揚げニンニクが三位一体となったちょいジャンクな味わいに、ついつい箸が止まらなくなる。

止まらないと言えば、酒盗ご飯ってのは相当ヤバい。コイツも当然のように箸が止まらない上、読んで字の如く酒が欲しくなってしまう。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 10件

「ざる中華 スペシャル…990円」@ニボチャチャ!!ラーメン あらき軒の写真2019.10.14昼3 選べる麺量は大盛(茹で前240g)で。東海三県 自家製麺活性化プロジェクト【新章】昨年のお題目メニューが今年も登場。完全冷やしメニューなのに昨年9月から提供というスロースタート、しかし蓋を開けてみれば11月中旬まで売れ続けたというロングセラー記録を持つ品。

まずは昨年と塩の仕様が異なる「燻製塩胡椒」を軽く麺に添えて手繰ると、もうこれだけで十分だと思わせる味・香り・食感の楽しさ。それを更に魅力あるものに仕立てる塩ダレつゆも健在、旨みと塩気のバランスは完璧の一言。

個人的には久々の月曜訪問だったため、プレミアム特権の味玉は「燻玉」コールで燻たMONDAYを満喫。スープ割はそれこそ臓腑に染み入るような滋味に満ちており、和のテイストを全編で感じる事ができる一品だ。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 14件

「鶏白湯…800円&チャーシュー丼…350円」@ラーメン翼の写真2019.10.13昼 約3か月ぶりの再訪にして、本品オーダーは何とオープン日以来の約1年3か月ぶり。訪れる度に辛い系が共通化されたり、新メニューが登場したりと、なかなか再食する機会がなく。しかしコレはもっと早く再食しておくべきだったと激しく後悔!

上品ではあったがヒキに欠けた、ちょい物足りないと感じた初期のベースとはほぼ別物。口当たりの良さはそのままに、荒々しい旨みまでをも内包しグイグイ麺を手繰らせる。その麺も初期とは仕様変更され、軽快な啜り心地&スープとの親和性も上々。折り畳んで乗っける大判のレアチャーシューの食べ応えも、全体の満足度の高さに寄与。

あとほんの一息で、東海エリアを代表する鶏白湯の一角を担える勢いだ。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 8件

「ラーメン…500円、五目入りやきめし…650円」@中国料理 一心の写真2019.10.11夜2 名鉄名古屋本線「加納」駅の程近く、城東通り沿いに店を構える老舗中華料理店。

19時過ぎの入店だったが慌ただしく配達注文を捌いている一方、客席には「チャーハン、半分くらい」なんて高等なオーダーをする常連客1人というギャップ。

純度100%・混じりっ気ナシの王道中華スープに、ちょっと多加水気味のちぢれ麺。ここにたっぷりのモヤシなんつーのはよく見るタイプだが、チャーシューとハムのダブル肉ってのは今ドキのネオ清湯を見ているよう。

焼き飯の具はピーマン、玉ねぎ、チャーシュー、ハム、玉子、人参、ネギと、具だくさんな中でもダブル肉という設計は健在。チャーシューとハムの合わせ技、何か味的に効果があるのだろうか?

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「淡麗つけ麺…700円+店主の気分盛り…300円」@麺坊 炗の写真2019.10.11夜1 選べる麺量は280gで。

価格からメニュー説明のポップまで、全てにおいて謙遜しまくりの限定メニュー。つけ汁は旨みも油脂感もキチンとあるし、量的な食べ応えもあり。清湯つけ麺というだけで本品を理解できないモグリはほっときゃOK、十分に強い訴求力を有した一品だと思う。

それより麺の扱いに課題がある。1本1本が弱い細麺のため、この器の形状だと上部の麺とトッピングが下部の麺を押し潰してしまう。

加えて、下部の麺が吸水し過ぎて、上~中部にある麺と比べ明らかにダレている。製麺会社の麺のかん水量だと、冷水で〆た後でもグングン吸水するので仕方ないかな。

せめて角度の浅い皿にするだけでも、幾分か解消されるのではないか。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 6件

「中華そば…500円」@丸デブ 総本店の写真2019.10.9昼1 やらかめコール。

【支那そば】の始祖『浅草来々軒』での修行を経た初代が大正6年に創業、多くの岐阜市民にとってのソウルフードとして根付く百年食堂。

私の初訪時は220円だった本品が、増税に伴い10/1に遂に500円に値上がりし、ジャストワンコインに。『丸デブ』を食い過ぎたせいで、『スガキヤ』がソウルフードと言えるほど染み込んでない身にとっては驚天動地の事。

ただ、麺量200gでこれまでワンコイン以下で踏ん張っていた事を考えると、寧ろ当たり前だと考えるべきか。

大正・昭和・平成を経て令和に入っても、相変わらず臓腑にやさしく染み入る味わいに嬉し涙。超久々(多分10年以上ご無沙汰)にチャーシュー4P乗ってきたのも嬉し涙。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件
70

「中華そば…550円」@丸美の写真2019.10.8夜 仕事繋がりのパイセン方と、昔ながらの鉄板ロースターを囲んでの鼎談。

昭和43年創業の老舗にして、岐阜市の中華料理店『泰山』とご兄弟という間柄。焼肉店にも関わらず看板に中華そばと掲げたり、他に焼きそば等も取り扱うのはその流れ故か。

豚&鶏のみをラインナップした焼肉はいずれもタレの加減が絶妙で、めし大を2杯ペロリと食わせるヒキの強さ。個人的に気に入ったのは「きも(レバー)」で、鮮度バッチリなのでレア気味でも良いが、よく焼きで旨みをしっかり引き上げてOTRすると悶絶必至。

麺ちょいカタのプリプリとした仕上がりの焼きそばも、過ぎない味付けで食べやすい。

そして〆の本品、やはり血縁に中華店を持つ者ならではの王道中華ベース。特に茹でモヤシが入るあたりは完全にソレで、麺類食堂ではなく町中華の系譜である事が明白。実際に食べてみて一層感じたが、焼肉の〆にラーメンって最高だわ。

この日のオーダー。
◇ホルモン…380円×2人前
◇きも…380円×2人前×2回
◇カルビ…480円×2人前×2回
◇ロース…530円×2人前
◇かしわ…430円×2人前
◇めし 大…280円×2回
◇豆もやし…価格不明
◇野菜いため…550円
◇焼そば…550円

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「鶏白湯麺 塩…913円」@麺屋 美鶏の写真2019.10.4夜1 『焼肉Butcher』⇒『STEAK BUTCHER』と経営は同じままで2度目の業態変更という形で8/29にオープン。いずれも短命に終わっている上、テーブル席には焼肉店の時の無煙ロースターがそのまま残されており、足元が狭くて邪魔くさい。

今や全国どこでもお目にかかる事ができるようになった量産型鶏白湯スープ、トップからヌルいというオマケ付き。そのおかげで麺の臭気は大人しめだったが、ヌルい鶏白湯って結構な設定。

パリパリの水菜をどれだけスープに沈めても馴染まないはずだわ。トッピングの鶏チャ、別皿のレアチャがいずれも低温なもんだから、スープの温度低下がノンストップリミックス。

ヌルい=悪というほど熱々信者じゃないし、何ならスープの構成によってはヌルめの方が好きな私。八幡屋@山形市の「ぬるめ中華そば」なんかマジ最高!っていう身なんだが、ヌルい鶏白湯は合わなかった。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「博多ラーメン…780円、明太子ご飯…150円」@二代目 白神の写真2019.10.1夜2 『麺屋 白神』のセカンドブランドとして2009年にオープン、ぴあ東海ラーメン本「究極のラーメンAWARD」豚骨部門で過去3度の1位を含む常連店。

増税に伴い50円値上げしたとは言え、替玉1回が付いてこの価格なのだから寧ろまだ安いと言っても過言ではあるまい。

油脂分少なめで、ちょっと和テイストな後味が余韻に残る、オリジナリティ溢れるスープ。そこに啜り心地最強の自家製極細麺が隙なく寄り添う、私史上最好の豚骨ラーメン。地味というか見た目で分かりにくいんだが、新製麺機導入以降この極細麺がむちゃくちゃ良くなっとるんだよな~。

そこに今なら生キクラゲが乗るという特別仕様で、これが驚くほど美味。キクラゲの固定観念を覆す、チュルリとした口当たりは昇天必至。プレミアム特権で別皿でも供して頂いたが、どんだけでも食べられそうな滑らかさは是非一度体感して欲しい。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 10件

「岐阜らうめん…880円」@らうめん つけめん 一徹の写真2019.7.23昼 岐阜らうめん…880円、麻辣カレー…380円
JR岐阜駅改札階から直結する「アクティブG」内にある唯一のラーメン店で、オープンは2010年。元々は、今や『ERICK SOUTH』でお馴染みとなった「㈱円相フードサービス」の店舗だったが、昨年4月に同社従業員へ暖簾分け譲渡した様子。ちなみに店の場所は、そもそも先述の『ERICK SOUTH』の前身である『erick curry 岐阜駅店』の跡地だ。

JR岐阜駅の利用頻度は極めて低い私なので、2015年3月以来と久々の再訪。しかし天候に左右されない施設内&通し営業で、近隣での会議の際には重宝する存在。

うどんダシのような節系が効いたスープは、麺を啜ると溜まり醤油のコクが届く、確かに岐阜人が好みそうな作り。粘度のないサラリとした状態だが、適度な長さのツルモチ麺との親和性も高い。飛騨牛を大きく謳っている割に量が少ないのが玉に瑕。

辛さも香りもしっかりと刺さる麻辣カレーが強烈に美味い。この辺りは、元が『三日月バル』や『SPICY CURRY 魯珈』を輩出した円相グループであった事が大きく寄与しているのではないか。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件