なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

昼飯専門

男性

かれこれ10年以上、仕事に絡めて「好き」で毎日ラーメンでした。「勘で飛び込む」から、ここを知り、「ちょっと書こうか」でしたが、何とその一杯の説明やら評価が難しいかと思い知りました・・。 色々と頂いて、「次々と出来る新店・似た様な和風」に疲れて、しばしレビ等止めてましたが、忘れてはいけないお店等、又ボチボチやってみます。ただ「美味しい」だけで無く、本音を書きますので、長文嫌いな方は無視して下さいね。

平均点 77.438点
最終レビュー日 2012年6月14日
514 412 0 1,295
レビュー 店舗 スキ いいね

「黒醤油ラーメン(大盛り)」@らぁめん次元の写真 黒部経由氷見迄今日は出張・・。本来は「ます寿司」でも
食べたいのですが、ここで点数付けしている人間・・。
地方でもラーメン食べましょう。(苦笑)

 富山でも探せば、美味しそうな店はあるのですが、
やはり単線の氷見線の都合を考えても高岡駅付近での
昼食が必須・・。こちら<次元>に決まりです。
因みにこちらのお店には、3年程前に何も知らず入っていた事を
入店後、思い出しました。

 13時入店で8割の埋まり方、親子連れや一人で来る駅付近の会社員さんで
そこそこの賑わいを見せてますね。駅前の新し目のビルで、比較的綺麗ですが、
大阪の方程式では、こういった駅前で綺麗の立地の店舗は殆どがチェーン店か
バックに外食産業が付く店で、あまり美味しい店はまずありません。
ま、それは気にせず行きましょう。
 
 ただ、メニュートップはこの「黒醤油」と「やみつきにんにく」どちらも
¥650−です。変化球味を全面に打ち出しているので、ちょっと心配・・。
一般的な「醤油・塩・味噌」も同じ¥650−で
「大将、どれが一番の自身作やねん?」と聞きたくなります。

 しかし、ただ名前が付けられただけとは云え、金久右衛門の「大阪ブラック」を
知る人間、ここが本家では無いにせよ、「富山ブラック」の注文は必然。
ここのデータベース等から、「富山ブラック」の元祖と言われる何店かより、
ここの方がマイルドと言うか上品な味で「富山ブラック インスパイア」を
一人想像しております。当然、「黒醤油」を注文・・・。
 しかし、メニューに大盛り(麺2玉・スープ2倍)¥300−とある。
これには躊躇した・・。値段もそうだが、これだけ取るのだから、
麺、一玉でも多いんちゃうか・・。店員さんに「大盛りって麺何gくらいですか?」と
聞くと、「えーっと・・」って困ってるので、「いいわ、大盛りにしといて・・」と
注文完了。 

 ここで初めて自分が撮影したこの写真をご覧頂きたい・・・。
一目で「黒い・・・黒いやん・・」と思う筈。当然私も第一印象です。
黒醤油の上に結構な厚みの油膜もある為か、思いの他上品な香りはしております。

 さあ、食べます。知らずに入った前回でも確かにそうでしたが、
ここの麺は結構いけます。具体的には外周に固さを残す所謂「固目チヂレ麺」ですが、
その白く、腰というより固い食感を残す麺は、私は「イケてる」と思います。
 こういった麺の場合、中に「粉っぽさ」を残す事が多いのですが、
それもありません。大阪に持ち帰り、何処かのお店に分けてあげたい位です。
 
 この時点でこの店は前述の醤油の香り・麺で「昔ながら」の味を
提供する店では無く、最近のラーメンブームを富山に反映させるべく出した
「テクニック系」の店である事が推測されますし、まず間違いないでしょう・・。

 ただ、その一番の個性的スープが・・・最初一口、「ちょっと醤油辛い?」
二口「醤油ね〜〜」となり、テクニックを使われておりそうなその出汁の味が
殆ど判りません。そして、写真では分かりづらいですが、
ブラックペッパーが多めにデフォで振られており、その「胡椒味」があとくちを
支配し、「醤油辛さ&胡椒辛さ」が全面に出ているのです。
 少し調べると、「富山ブラック」と言われる店はもっと「黒醤油ショッパさ」が
大きいらしいので、「これ位でも一杯いっぱいっす。」と一人思う。

 麺は正直、良いと思うが、だんだんとこの「醤油辛い」スープにからめて
啜るうち、「もういい・・」感に包まれ始める。営業で来てるので無理だが、
このスープには多量にニンニク投入で結構旨くなるかも・・とは思う。
 ハッキリ言って、これはただの黒醤油スープだ・・。実はそんなに大した事ないと
思っていた<金久右衛門>の「大阪ブラック」の旨さが恋しくなった。
予想通り比較的麺の量が多い事と、「ショッパさ」で少しの麺と半分位のスープを
残してしましました。白葱と一緒にスープを啜った時が一番美味しかったので、
「葱」トッピング追加がきっと良しでしょう。

 やたらに「黒醤油のタレ」が強すぎるんだ・・。
私は、親善大使の様にここ富山に来て、<金久右衛門>の「大阪ブラック」を
皆に食べさせたくなった・・・。「テクニックとはこういう物だよ・・」
「醤油を美味しくするのは、ワインやイカらしいよ・・」と。
この付近の魚津あたりは「ホタルイカの町」なんだから、
<金久右衛門>の大将に醤油ダレにコクと付けるテクニックを少し教わって貰いたい。

 チャーシュー、メンマもそれなりの調理だが、まあ普通でしょう。
それなりのテクニックを駆使したこの辺りでは恐らく新しい目の味を提供してると
思われるのですが、どうにも纏まりを見せなかった。
 立地の都合からもこれは通りすがりや観光客にアピールする為、
「富山ブラック」風の「「黒醤油」や「にんにくやみつき」を全面に出している
と思われる。確かに、他地方から来た人が前を通ると、
「へぇ〜、富山ってこんなラーメンが主流なんかな〜?」と入ると思う。
 一人で来た近くと思われる会社員さん達は何れも普通の「味噌」か「醤油」で、
味噌が3人位いた事からも、この店では普通のラーメンで勝負してもきっと
良い味してるのだろう・・・。自分のオーダーミスかも知れませんが、
この日、この「富山ブラック風」に感じた点数とさせて頂きます。
御馳走様でした。  あ、大盛り+¥300ーは大きく減点でっせ。





 
 

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件