なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

昼飯専門

男性

かれこれ10年以上、仕事に絡めて「好き」で毎日ラーメンでした。「勘で飛び込む」から、ここを知り、「ちょっと書こうか」でしたが、何とその一杯の説明やら評価が難しいかと思い知りました・・。 色々と頂いて、「次々と出来る新店・似た様な和風」に疲れて、しばしレビ等止めてましたが、忘れてはいけないお店等、又ボチボチやってみます。ただ「美味しい」だけで無く、本音を書きますので、長文嫌いな方は無視して下さいね。

平均点 77.438点
最終レビュー日 2012年6月14日
514 412 0 1,295
レビュー 店舗 スキ いいね

「えび味噌麺」@支那そば 天下ご麺 淡海店の写真 「ガチンコとか佐野さんの写真貼られてもなぁ・・・」 
随分以前にこの周辺で探して伺った時の正直な初見印象。(笑)
その頃は開店後あまり経っていなかった様で未だ空いてましたので、
「こんな辺鄙な場所ではなぁ・・」とも思った物の、
食後には「割と旨いやんけ!」とその無粋な心が吹き飛びました。
気に入ったので1ケ月後に又訪店。少し客が多かったそれ以降、
休店や多人数の並びに2回程断念し、あっと云う間に増えた
その並びが証明する人気上昇には驚いたものです。

 都合2年振り位の再訪ですが、この日は「そろそろ沈静化してないか?」とは密に思うも、
時間調節の上、満を期して11:35入店。YES!!先客は1名のみ。「ふっ、予想通りやな・・・」とニヤけましたが、
直ぐに続々とお客さんが入り、11:45頃には8割方席が埋まる・・・。人気は定着している様でなによりです。
L字カウンター内の厨房では女性1名、男性2名が私語なく、黙々と下ごしらえ等を行っています。

 入口横の券売機を眺めると・・・以前から何種類もメニューが有りましたが、内容はほぼ同じに見受けます。
クオリティの高そうな「醤油・塩・鶏そば」の「そば」が付くヤツは「大盛り」が有りませんから、
必然的に「大盛り」をラインナップする「黒いの」か「えび味噌」となります。
 確か前訪の2回共「黒」を注文したと思い、「えび味噌麺 大盛り」をPUSH。お値段チョイ高の900円也~。
因みに他客の注文は全メニュー万遍無く通っておりました。隣の「塩そば」が崇高なムードでよさそうでした・・。
意外に早い出来上がりで待つ事5分程度で供された写真の一杯・・・


           
          確かに名前通り「海老・味噌」の香りがふんわり漂ってます・・・。


 ごくごくオーソドックスなビジュアルですが、その芳しい香りは「イケてる」と確信出来る程ですよ!。




===  麺  ===<緩やかなウェーブ残す中細ストレート>

 スープに比すと印象的にはどうしても弱めな麺。
オーソドクスな「黄色」と、やや丸めな断面、軽いウェーブが外見上てお伝え出来る事。
軽めな持ち上げ感ながら、少しのトロみ持つスープをしっかりとそのウェーブ間に纏わりつかせ、
噛み込めば


       外殻の張りが口内で少しの固さを伝えた後、

          「クチヌチっ」とした外殻破り後の粘り感が心地よい・・・。


 良い口当たりと言いましょうか・・・。固さでクオリティを伝えた後、優しめな粘りで弱モチモチ感が現れます。
この「強め」な味風のえび味噌スープには少し頼りないですが、奇を衒わない麺として、ツボを抑えた麺に感じます。
「大盛り」でも麺量が少ない位には感じたのは、その食べ易さの証拠でしょうか・・・。


 
         
=== スープ ===<マイルド味噌に海老の風味がしっかり乗る。基礎出汁の濃厚動物が肝>

 しっかりとした味噌・えびの風味をガッチリと濃厚な動物が支えています。
味噌ながら粒子の細かい「マローン」とした、白湯の利いた滑らかな口当たりも特徴でしょうか。
店内には「伊勢海老・オマール貝・野菜複数」を煮出した様な旨を見ましたが、

 
       豚骨・鶏等複数動物っぽい「滑らかで臭味無い濃厚動物重さ」が印象的。


 「味噌!」「えびぃ~」と云えるそれらの纏めやプラス風味はしっかりと利いてますが、
私は特にこの「動物のしっかり出汁」がこの店の「えび味噌が旨い!」と云う風評の実は根源では?と感じます。

 全体の味風はその存在感ある動物の上にこれ又「ハッキリ」とした味噌味・えび風味ですから、
「判り易くハッキリとした強い味」。「大盛り」を用意するこれらメニューのこのハッキリ味付けの方が、
より一般的な方々への心への訴求力は高いでしょう。
その「強い味風」は、当初「旨い!」と一発で思わせたものの、終盤にはやや重濃さに飽きが来たのは正直な所。
とは言え、


  動物、エビ、味噌がガップリ組み合った「出汁濃厚系まったりエビ風味味噌スープ」とお伝えしたい・・・。




===トッピング===<叉焼、メンマ、半分味玉、青菜、白髪ネギ、水菜、海苔>

 多種のトッピングが華やかさを添えてますね~。
まず叉焼は「巻き」が2枚。実はこいつが私には「・・・」外周部には炙りが入り、ホロホロと柔らかい・・・・
それは良いのですが、叉焼「らしい」味付けがシッカリと浸透しており、この「重濃い味噌」スープを飲んだ後には
更に「強い味」を押し付けられた様で、マッチングとしてどうか・・・と云う事。
個人的嗜好の部分でしょうが、私はこの濃味スープには素材感ある優しい味付けが合いそうに思いますが・・・。

 メンマはハンドメイド感のある薄い味付けで柔らか目タイプで中々良し。もう少し量があれば尚嬉しい。
半分味玉もニッチリとした食感と薄甘い味付けで、中々良く出来た物と感じます。
その他根菜類は想像通りながら、白髪ネギが丁度歯に挟まる(笑)太さなので、一杯詰まったのは「・・・」(笑)
他の客でも相当一生懸命に爪楊枝でホジっている方がおられました。


 トッピング類全般に中々に「丁寧さ」とセンスを感じますが、叉焼の味付けのマッチングのみ私には影を残した。




=== 総  評 ===<嘗てのテレビ人気に頼らず共、しっかりした出汁は本物>

 前述しましたが、麺量は「あれっ?もう無いの」だったが、たっぷりスープを少し残して御馳走様。
やはり「エビ・動物」の濃厚出汁をキメる濃い味付けの味噌等調味が一発目の感動から終盤やや飽きたのが勿体ない。
やはり一口、二口目は「少し薄い?」と弱く感じる方が終盤迄その旨さが持続する様に思う。
ただ、繰り返す通りその「濃味」の方が確かに特に一般層には訴求力が高いのでしょうが・・・。

 大抵の場合エビに合わされる「塩」やら「醤油」では無く、此処では「味噌」・・・・
上手く消化していると思います。その味噌・動物出汁の強さに対峙出来る「強いえび風味」を有しておりますから、
五月蠅めな味風なれども、これだけストレートに「味噌&えび」を伝えて来るのは称賛出来ると思います。


 「又、来るか?」「はい。」この近辺の国道沿いラーメン店は実は行き尽くしてますし、有難味が無い。(笑)
こちらの「そば」類が非常に気になりますので、丼辺りと一緒に一度食ってみたいし、
この「えび味噌麺」の強い味風も個性があって、又食べたいとも確かに思う。

 点数付けに当たっては、これは当然合格からの開始ですし、これ程の亜流味噌スープを飲ませてくれれば、
私の心情的に80点~となります。ただ、その終盤の飽きや叉焼のマッチングを考慮してこの辺でお願い致します。
大阪でこの「えび味噌麺」を出しても、市内北区は南森町辺りの人気の北海道風味噌ラーメンを考えると、
濃い動物、強い味噌、更に加わるエビ風味で人気とりましょうし、この一杯の方が遥かに旨いと私は感じます。

 



        しっかり濃厚感ある動物出汁がガッチリ支える


              味噌・えびのまろやかな味噌甲殻スープが素敵な一杯!
 




 御馳走様でした!、「そば」各種、「大盛り」が無理なら、せめて替え玉位はやって欲しいなぁ~~。


 

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

今日も滋賀・・さて、遅い昼飯・・13時半位・・。
「天下ご麺」へと・・・。ギョエ!!並んでる!!・・・。すごすごと退散。
しかし、この立地であの行列は凄いな〜〜又、いつか行きますわ。

 という事で、このパターンでは前回「来来亭」にしたので、
直ぐ横のここ「ラーメン藤」へ・・。(「藤」自体初めてです。)
実は「藤」という店、他県では知りませんが、ここ滋賀県では、
何店もありますが、なんか・・・地方(失礼)のローカルチェーン店っぽく
思え、今日迄外しておりました。店によって古びた看板が有り、
勝手に「薄〜い豚骨だろ?」って決め付けてました。

 店内に入ってビックリ!?やたらと芸能人の色紙が・・・
しかも、アイドル系やジャニーズ系とおかまいなし・・。
「これ・・絶対この店に来て書いてないよな・・・。」間違いないでしょう。

 そして、メニューはやたらと多く、基本と思われる「しょうゆ」を
注文させて頂きました。一応「麺固目」で・・。他に塩・味噌から何とかラーメン、
昼の定食は親子丼とキムチ、焼肉やフライ有りともう何でも来い!って
感じですな。滋賀から店舗の大増殖を始めた「来来亭」を思いだした。

 期待してなかっラーメンですが、カウンター前から出されてビックリ!!
「ここは来来亭か!!!」そう、関西定番の豚骨醤油スープ+湯がきモヤシ
+多めのネギ+薄いチャーシューが4・5枚そして、背油が浮いてる。
このスープの色と背油の感じが来来亭にそっくりに思えた理由ですな。

 私には見た目ではこの2点の醤油ラーメンの判別が出来ないです。
但し、麺はこちら「藤」の方が若干太く、黄ソバ風です。

 その麺以外はスープ他の味もソックリに思えてなりませんが、
私個人的にはこちらの方が好きな感じがします。
世間では来来亭の方が人気有る様ですが・・。ま、「藤」の他店は
知りませんが、従業員・接客・内装と全て昔のラーメン屋感がしますので、
その差では?と贔屓目に考えながら食べました。

 美味しかったですが最後、スープは残してゴメンナサイ。
もともと、スープがかなり多かったのが要因です。
(夕方、化調+塩分のせいか、喉が渇いたのは当然か・・・
同じ様なラーメンでも大阪の「旭屋」は渇かないけどな・・)
 しかし麺はこの店も「固目」オーダーなのに歯応えが乏しかったな・・・。
兄弟のような「来来亭」「藤」、滋賀県のラーメン屋は柔らかい麺が好きなのか?

 来来亭より好きに思えてこの点数です。
ある意味、良い方に期待を裏切ってくれて有難うございました。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

 仕事の関係で、滋賀県・・。前に行った「天下ご麺」を目当てに・・と。
あれ?閉まってる・・。

 仕方ないので(すみません)、この「来来亭」三雲店さんにお邪魔しました。
「来来亭」がまだ、2〜3店しか支店が無い頃、本店さんへ行かせて頂き、
私の直球の<豚骨ベースの醤油+ストレート細麺+薄いチャーシュー+たっぷりネギ>
に加えてアクセントの背油がそこそこ気にいった記憶があります。
これ程までに支店が増えるとは思ってもみませんでしたが・・。

 当然、こちらの店、他店問わず「来来亭」は何度がお邪魔してますし。
私的には「横綱」みたいな感じで、たまに食べたくもなります。

 さて、いつも通り「麺固い目&ネギ大盛り」でオーダー。
「いけてます。」チェーン店である以上、当然、それなりの観点で考えますと、
充分に美味しい本格派のラーメンですよね。

 薄い目のチャーシューも多いネギもスープも美味しく頂きましたが・・・、
麺が、、??私の感覚がおかしいのか???、
「やたらに柔らかい」・・・知ってますって。もともと柔らかい麺って事は・・。
だから固い目で毎回注文してますって・・。
そんな文句では無く、「前からこんだけ〜〜?!」です。
麺の中に芯も残ってますし、湯掻き過ぎとは思えません・・・。
 もしかして、小麦価格高騰のあおりでしょうか?
とにかく腰がまるでないんです。この店、もしくはこの時期たまたまだった事を
願ってやみません。(私の自宅のすぐ近くにもありますので・・・)

 とはいえ、スープはこういったお店としては美味しく頂けますし、
完食してますので、トータルバランスは良いし、安心して行けるお店ですよね。
化学調味料がどうとかは私はあまり美味しければ気にしませんが、
いつもの事ながら夕方からとても喉が渇き、水分補給中です。

 良くも悪くもこの点数です。ご馳走様でした。(麺、見直して下さ〜い!)

 

 
 

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件