なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

昼飯専門

男性

かれこれ10年以上、仕事に絡めて「好き」で毎日ラーメンでした。「勘で飛び込む」から、ここを知り、「ちょっと書こうか」でしたが、何とその一杯の説明やら評価が難しいかと思い知りました・・。 色々と頂いて、「次々と出来る新店・似た様な和風」に疲れて、しばしレビ等止めてましたが、忘れてはいけないお店等、又ボチボチやってみます。ただ「美味しい」だけで無く、本音を書きますので、長文嫌いな方は無視して下さいね。

平均点 77.438点
最終レビュー日 2012年6月14日
514 412 0 1,295
レビュー 店舗 スキ いいね

「酸辣湯麺」@8番らーめん 座光寺店の写真 長野迄来たんですから、いつもなら「地元」を感じる小さなお店を
探すので、国道沿いにあったこの店の他支店は見てスルー。しかし
その時、幟に「酸〇〇〇」が見え、まさかな・・。更に走ると
又この「8番」・・入った事無いし、地元チェーンってのもエエな・・
と思った瞬間、やはりまさかの「酸辣湯麺」の幟が沢山!。もうね、
酸ラー星人の私はUターンして迄入らせて頂きましたよ(笑)。長野で
そんなん食わんでも・・・と思いますが、大阪で食えないしね(笑)。
駐車場併設の店舗は、こんな時はとても助かりますね・・。

 やっぱりチェーンな、女性だけでの営業。オープン厨房内は年配の方、ホールは学生さん?な女性計4名程度。
12時過ぎながら空き気味の為、ファミレスみたいなテーブル席に一人で座らせてくれました。
バイト風な若い女性店員さんに、例のメニューを指差し注文。「大盛り」無しらしく、小ごはんをプラス。
この「酸辣湯麺」、お値段¥680は安いと思いますが、(税込)¥714・・今頃ハヤらねー税抜き価格でした(笑)。
5人程の後客の内、1人はこれを頼みましたからメジャーですやん!。厨房内の女性は、手際良く中華鍋を振っており、
「よーく掻き混ぜて下さい」とコメ付きで5分少々で到着した写真の一杯・・・


           確かに、スーラーな彩!・・でも、ちょっとキノコに違和感・・(笑)。
 

     
 いえ、具なんてどっちでもいいですよね。要は「辛さとスッパさ」がキモですから、きのこ・チンゲン菜おおきに!。
所で、東京の「揚州商人」さんで覚えたこの名は「スーラータンメン」、どっかで「サンラータンメン」って
呼んでた様な?・・。どちらが普通なのか最近判らなくなって来ました(笑)。



===  麺  ===<軽チヂレな中細麺>

 白い色目でフニュフニュっとした軽いチヂレな外観。持ち上げて直ぐ「サッポロ一番」の麺に似てる・・と思った。
しかし適度なエッジと、らしい部分的太さムラもあり、中々の作り込みの麺に見えます。

 この片栗粉のトロみが付いたスープを持ち上げ過ぎる程ですが、「酸&辛」以外はさっぱりスープですから丁度良し。
スープの味で食わせる故、強いてコシを感じない適当な麺ヤワさが食べ易く、「スープと一体の喉落ち」ぐらいが
この「スーラータンメン」には、丁度合ってる・・と思えますし。

 

=== スープ ===<さっぱり中華スープベースに「酸+辛」>

 「純正ゴマ油をベースに唐辛子、山椒、シナモンなどの辛味と香味を利かせた紅油。更に黒酢を加え仕上げました。」 
とメニューに表記。
家でインスタントラーメンを酸ラー化する参考にします(笑)。(今度サッポロ一番か中華三昧の「塩」を使うつもり)


 注文時の1杯~3杯の辛さチョイスは、真ん中の2辛を頼んで於きます。
カスターセットに自家製具入りラー油があるのを見逃してませんから、後で足せば良し(笑)。でも、酢はない(泣)。

 軽い白濁りのあんかけ中華的な色あいの基スープは、上品な味を予見させる薄白さですし、事実味自体もさっぱり系。
酸+辛がなければ、結構上等なヘルシー感だと思います。この酸辛を乗せるには「軽すぎ」かも?とは感じましたが。
そこに合わさる「酸+辛」、この「2辛」デフォでは


        軽くまろやかな酸味、ピリっと辛さ・・・多くの人が酸辛を楽しめそうな域。

 ですから私は、ラー油をサジ2~3杯追加して更に辛く・・でも酢が無いので、「すいませ~ん、酢、ないんですか?」
バイト風のネーちゃんは持って来てくれましたよ。「酸ラー用黒酢」とセロテープを貼った専用のんを。

 なんや、あるんか・・いちいち頼ませやがって!、普通の人は誰も「もっと酢くれ!」なんて言わへんねんから、
「こう云うもんはな~、良ければ追加でどうぞ・・って一緒に持って来るんじゃ!」・・・・・とは
うら若いネーちゃんに言える由も無く、「アリガト。」(笑)

 2~3周その「黒酢」を回しかけ、「ヒーっ、スッパぁ~、、辛ぁ~!」になって満足(笑)。
ただ追加した「自家製具入りラー油」が利いたのか、いつもよりドクドク汗が噴き出した。滴り落ちる程・・・。
鼻水も出るし、「戦った感」と「身体にイイもん食った感」を同時に満たしてくれて有難う・・・。


 季節限定メニューながら、さっぱりしたスープベース上に嫌味なく「酸+辛」をプラス構築出来ており、
こう云ったお店的、「中等」感な綺麗な仕上げながら、良く出来てると感じますし、スペシャリティもあると思います。
要は「スッパ辛」が味の主役ですから、それをどう嫌味なく伝えるか?がキモで、
まだイケる御方は、私同様に「ラー油&黒酢」をお好みで怖がらずにブチ込んで、「お好みスッパ辛」にして病み付き!。
この長野南部の街にも「酸ラー星人」が増える事でしょう・・・(笑)。




===トッピング類===<溶き玉子チンゲン菜、キノコ、タマネギ、ネギ他>

 野菜類が多く、スッパいヘルシー感を底上げしてくれます。
キノコも含めたそれら野菜は、適度な火通し感で文句有りませんし、歯応えのアクセントとして利いてます。
特に、イイ柔らかさの「フワフワ玉子」はスープと食べ飲んで良かった・・・。

 ただ、「来年はどう?」とお伝えする意味で、これら「具」全部、私が追味した「激サンラー」味に染まる、
食感以外に何も無い奴らですから、例えば、チャーシュー等、何か他の「味」を追加すれば尚良くなると思いますが・・。
現状では、終始「このスープ味」だけで全て食べる事になるんで・・。大きなお世話で失礼しました。



=== 総  評 ===<「酢+辛」・・好きな人はお好みに仕上げて皆満足!>

 この「サンラータンメン」、そもそも私は6~7年前に東京の店で覚えて以来の中毒患者ですが、
「スッキリしっかりスっぱさ」と「綺麗な赤辛さ&適度な香辛料」なスッパ辛さであれば、大概の場合、
「イケる!」となってしまってすみません。要は「変なサン味」や「しょーもないラー油」等を使わなくば、
大体の場合、私は「満足!」と言ってしまう筈です(笑)。(坦々麺辺りと違い、比較対象自体少ないし・・。)

 そしてその「スッパ辛」の土台となるスープベースに、「動物由来」とか「調味」での「甘み」等が前に出ない、
「中華スープ」的な適度な味や出汁コクスープの方が「酸辛」には私は合う気がしております。
ここ「8番ラーメン」のこいつは「さっぱり塩風中華スープ」っぽく、
この強酸辛を受け止めるにはやや軽い気もしますが、「追加出来るしっかりスッパ辛」でも嫌味ない味で留まり、
私の「この系統への望み」をしっかり満足させてくれました!。


 又、ここに来るかどうかは微妙ですが、この一杯は「又食いたい・・。」・・・酸ラー星人ですから(笑)。
点数付けに当たっては、私的な「好き」な感情を抑えきれず、合格の70点~となりますし、上手く出来てます。
「長野のこんな街で酸辣湯麺おおきに・・・。」もうね、「このスッパ辛」ですから、気持ちは80点~!、
しかし人に勧めるかどうか、味の出来云々、好みに非常に左右されましょうから、一歩手前なこれでお願いします。




          あつ~、スッパぁ、辛ぁ~~!なドロリあんスープ、


             ふわふわ玉子とチュルっと飲んで、汗かいて満足ですよ!。




 御馳走様でした!。大阪のふくちぁん辺りとコラボして、教えてやってくんない?。「黒酢」、先に出しといてね!。





 

投稿 | コメント (8) | このお店へのレビュー: 1件