なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

昼飯専門

男性

かれこれ10年以上、仕事に絡めて「好き」で毎日ラーメンでした。「勘で飛び込む」から、ここを知り、「ちょっと書こうか」でしたが、何とその一杯の説明やら評価が難しいかと思い知りました・・。 色々と頂いて、「次々と出来る新店・似た様な和風」に疲れて、しばしレビ等止めてましたが、忘れてはいけないお店等、又ボチボチやってみます。ただ「美味しい」だけで無く、本音を書きますので、長文嫌いな方は無視して下さいね。

平均点 77.438点
最終レビュー日 2012年6月14日
514 412 0 1,295
レビュー 店舗 スキ いいね

「黒豚ラーメン(¥700+大盛り¥160)」@金田家 さくら亭の写真<<<<<<<< R2制覇シリーズ 其の28 >>>>>>>>
新規開店されて直ぐくらいに一度訪問し、「旨い、けど濃過ぎる・・。」と一度きり・・。
単に「濃い・薄い」では無く、大阪では珍しい「味」の印象ですので、もう一度確認してみます。
 この日、平日のお昼11:30頃入店。どうも私がトップの様です。(前訪時はもっと多かった)
後客に近隣会社員風1名が来られましたが、12時~からが勝負ですしょうか。
この時、店員さんは男女1名。開業時は無駄に6~7名いた人数を想うと、随分スリムになった様子。
注文は、ご自慢の「黒豚」を使ったと云う「とんこつ」、替え玉コールが面倒なので、
1.5玉と少ないけど「大盛り」で。その代わりチャーシュー1枚増量されます。


 後、聞かれる麺固さには「カタめ」でお願い。前訪時は「バリカタ」くらいが合いそうとも思ってましたが・・。 
メニュー構成は「1種の豚骨スープにネギやら辛味噌追加載せ物」ですので、大抵の人は、このノーマルタイプを注文されるでしょう。
って言うか、この平日の昼時であればご飯やおにぎり等のセット物が有りますので、そちらが主力かとも思われます。
ファーストロットの為か?スープの温めに時間が掛った様で10分弱で供された写真の一杯、



           相変わらず・・・、な、すんごい泡立ちのエスプレッソスープ。


 「泡」が偉いのかどうかは、何とも言えませんが、濃厚さの象徴と受け取るなれば、有難いとも言えそうです・・・。
長時間煮込みの「高濃縮粘度」だけではこんなに泡立たないんじゃない?とも思ったりもしますが。




===  麺  ===<豚骨定番ウェーブ細麺>

 所謂、この系統のスタンダードなあのタイプ。マットホワイトな肌色目が綺麗です。
特に、何をと言う事もない低加水細麺、

       「芯の渇き」が「固さ」になる、プツっと噛み込めば「あー豚骨の麺」

 っと思える。(時々私はこのタイプの麺が無性に欲しくなります。)

 敢えて言うなれば、「やや」柔らか目で「極細なカッチリ」とは違いますので、スープ濃度を思うと、
「バリカタ」でバランスが取れそう・・・とは思った。(初訪時に「バリカタ」替え玉を3回して旨そうに食う豪傑パパもおられた。)



=== スープ ===<確かに濃厚。で、遭遇しないタイプ>

 確か「金田家」って九州辺りの名店で、ここはその系統店なんですよね?・・。(開店フレ込みで見た)
やはり、特徴となるのは「トロみ」とか「濃厚」よりも、誰もがこの「「泡」」に目が行く筈で、それは確かに「クリーミィ」なのですが、
私の感覚は、何故か

              「ぽってり」とした濃さ・・・で「甘重濃い」


 と云う、「ぽってり」感。軽いザラみもある故、恐らく「まるでポタージュ」もハマりましょうか。
悪く言うつもりもなく、豚骨出汁由来のコク甘みに、それを「増幅」させた様な甘みが有り、


          醤油等の塩分由来のシャープ方向の味辛さはかなり希薄。


 「濃さに対峙するしょっぱい塩や醤油味」とは違う故、
ある種の健康感も感じちゃいますが(笑)、直感、私は「甘重濃い」・・となる訳です。
 
 濃厚豚骨出汁重み、漂う甘みを泡まみれで飲む、臭みやクセがどうこうじゃない「独特の重量感」は食べ手の好みを切り分けましょう。




===トッピング類===<チャーシュー、海苔、キクラゲ、ネギ>

 オーソドックスな顔ぶれの中、パっと見て特徴的なチャーシュー。
私には部位迄は判りませんが、赤ピンクな赤身部に「サシ」的な脂が混じり、少しだけ肉厚、そして外周が黒い。
正直、全くの私見では、その「赤黒さ」に見た瞬間「旨そう!」は無いのですが、現実の食べ味はトロける~迄言わず共、
「ホロホロ」としたかなりの柔らかさが特徴的で、デフォでは1枚しか入ってなく共、この一杯の「個性」を彩ります。

 その他トッピングに「特に」は有りませんが、たっぷりのキクラゲは嬉しく、「トンコツ食ってる」感を盛り上げてくれて私は好き。



=== 総  評 ===<この「泡スープ」の濃さと味への好み次第>

 スープ増量は有難いのですが、それをちょっぴり残して、お腹一杯。それは1.5玉の「麺量」では無く、「スープの重量感」からです。
やはりこの一杯は、スープ項に書いた、


             私見の、「甘重濃さ」


 がキモで有り、正直、私的にはその「甘重濃さ」で押して来るスープに対峙する、シンプルな「赤唐辛子」等が欲しくなった。
確かコショーはあったけどそれは無く・・。(確か、「てっぺい」って店も甘かったけど、そんな人工感とは違うから悩ましい)
ただ、この味も「ご飯と一緒に前提戦士」な人なら、「おかずになるスープ」としてかなりの印象違いを持たれるかも知れません。

 兎に角、「この泡」から想像出来る、「独特の濃厚&味付け」、豚骨好きな・濃厚好きな方は、一度体験して欲しい、
今、関西にある「濃厚豚骨」のどれとも違う食感・食味ですよ!。


 「又来るか」・・・・「多分いいえ。」・・いえ、特に嫌いではないのですが、どうも私は休日に濃いのんをあまり欲さ無い様で・・
又、初訪時に同伴した嫁が再訪を拒む上、子供は豚骨を嫌う・・故に私は、この採点の為、わざわざ大阪から帰って来たんですから(笑)。

 点数付けに当たっては、その甘み等に文句を言いつつ、特に「騙し」や「妙な」って訳では無く、その手合い好きな人向けに
勧めれる80~とはなる。しかし、どうしても私の嗜好にややそぐわない「甘重み味」を勘案して、間を取ったこの辺でお願い致します・・。








 御馳走様でした!。開店当初と変わらぬ個性ある甘重濃さ、早く地元に根付けて下さいね!。もし、これの「軽味」あったら好き!です。

投稿(更新) | コメント (8) | このお店へのレビュー: 1件

「麻辣担々麺(¥880+味玉¥100)」@TAOMENの写真「旨いタンタン麺奢ったる」と嫁を付き合わせ、とある休日の13時過ぎに訪店。
落ち着きのあるいいムードの街、の中、「タンタン麺」の幟で店は直ぐ判ります。
先客3名程、後客2名程のゆったりムードはピーク過ぎだからでしょうか?。
しかし、「ラーメン屋」らしからぬ洒落た店内ムードにはこのゆったりさが似合います。
 注文は、「黒ゴマ・・」っと思いきや嫁に取られたので、表記を。白いヤツは
万一、「ゴマ甘」が利き過ぎな場合も有りますし、少し前に阿波座で嫁の味見した
「黒ゴマ」を気に入ったので、写真映りが「黒ゴマベース」に見えたコレにした訳。
大盛りは無く、「替え玉¥150」を後から頼む旨も予告して於きます(笑)。

 店奥側全てテーブル席で、中華メニューが豊富に有りそうですが、セット物を押しはしても、意外にも「麺類」のみが完全中心。
先レビュワーさんが採点しておられる、普通のラーメンも有り、「出汁を知る為に先ず・・」とか考えましたが、
いえいえ、この「タンタン」類で押す、色鮮やかなメニュー写真を見ると、そんな気持ちは失せてしまいます(笑)。
10分程度で配膳された、写真の一杯・・・


        タンタン専門店らしい、「真っ直ぐ」な香り・・。でも、複雑怪奇な色スープ・・。

        で、「味玉、エエ加減に放り込んどんな・・。」(笑)

          


 大き目な丼に、しっかりあるスープ量も嬉しく、まるで夜の洒落た居酒屋的テーブル席の酢やラー油等カスターセット類も
綺麗に手入れされており、そのムードごこの麺が重なり、「高級中華屋」で出た一杯・・・そんな風に思えて来ます。


 
===  麺  ===<軽いチヂレの細麺>

 ラーメン店では殆ど見かけない、例えば中華の麺とか台湾とか、である半透明で軽い灰色の様なチヂレた細麺。
この、モニョモニョと縮れたラインに、スープはもとより、スパイス粒やらオイルを絡め上げ、麺食ってしっかり味。
その食感は

         そのラインとエッジで接点少ないモシャっしたドライな口内タッチ。が、噛み込めば

         透明感が示す通りの、「クッチリ」とした、今度は多め加水の密度潰し感が心地良い。


 何れにせよ、大そうな「麺」では無く共、しっかりスープ絡め上げの目的を達成し、口当たりと潰しがスペシャルな、「合ってる麺」
・・・とお伝えしたい。



=== スープ ===<ゴマはもとより、様々なスパイスやオイルの複合感>

 ご覧の通り、赤やら黒やら粒々やら・・ラー油&白辺りとは違う得体の知れない感が楽しいですね。
実際には、スパイシーな香りを立ち上げてますから、得体の知れない、ってより「凄く旨そう」なんですが(笑)。
当然ながら、「滑らか」って言葉とは無縁ですが、

       キリっとのった山椒・胡椒当たりのスパイス抜けた良く、
         
         黒ゴマらしい軽甘みとラーな辛さ、マーな辛さ・・を
          
           ニャクニャク。ジョリジョリと渾然一体で食べ飲む・・・トータル、複雑辛みが巧い・・。


「辛さ」の落とし所は「みんなが辛い」って云う感で、大袈裟な物では有りませんのでご安心を。
そして「ズッシリ感」は希薄。薄い訳ではないけれど、しっかり底出汁と綺麗に利いたスパイスで爽やか余韻が食べ易いくらい。
勝手に「マーラータンメン」の「マー=マー油」「ラー=油」でしょ?(嫁の黒ゴマに赤と黒の油を足した感ですし。)
と思いつつ、

 黒ゴマの香ばし甘さに載る、スパイスや油の辛み・旨みを纏めてジョリジョリ食べ飲む、食感ある「黒甘・赤辛・粒爽やか」一体スープ
・・・とお伝えしたい。



===具・トッピング===<ミンチ・ネギ・水菜・OP味玉>

 スープ内蔵のミンチ肉は最後迄しっかり掬い飲める、沢山の量が有難い。上記スープと噛み飲む感じがこう云った系統の醍醐味!。
よってこのミンチ量が少ないと、どうも心象悪くなりますが、心配有りません(笑)。

 水菜・ネギはこの「ヤワ肉」食感の対比で良い。けど、それは普通に当たり前の載せ物ですな。
もう少し、華やかさも加える為に「量」があったらイイな・・・とは思った。ま、「歯休め」としての普通的仕事はOKです。

 OPで追加した味玉は、その適当な放り込方、気味の固まり方、色の無い=味付け薄い・・・等々、
普通に他で採点しているラーメン店のを思うと、正直、「頼む価値なし」(すんません)としか言えない。



=== 総  評 ===<ラーメンとは違う、「本格中華」を想う満足感>

 ジワジワっと汗吹き出して、替え玉してお腹一杯、満足です!。スープ量が多いのがとても嬉しく、故に少し残したくらいです・・。
日頃食べてる、「ラーメン・つけ麺」とは又違う、「出汁がどうこう」と言わせない、
巧みなスパイス類の調合感が織り成す、「この手」としての完成度は、

   

     「ゴマペーストとミンチと唐辛子」で出来ちゃった、

       な「1メニュー」としてのタンタンとは違う「これでヤる」プライドの結実、

        「イイ中華麺食った」感をしっかりと植え付けてくれます・・。



 鍵となるのは、他にもっとゴマやら出汁のしっかりしたタンタンを思い出しましたが、こいつは、「軽め」かな?出汁が・・。
故に「爽やか」な辛さをしっかりと楽しめます!。(女性も食べやすい筈。)
妙に頑張った風でもないのに、「サラっとピリ辛」を食わせてくれる、何とも神戸らしい、スマートな旨辛さ光る一杯でした!。



 「又来るか?」・・・・・「はい。」
因みに嫁も頷いており、「阿波座のんより薄くて好き」とのコメントも・・。流石、某部長さんが複数回訪問してるだけあります。

 点数付けにあたっては、これはもう、「この中華系、タンタンメンに特化したメニュー」を
特化させただけの仕上げを持っており、単に「激ウマ辛!タンタンメン」なんて云うそこらの客引き幟を出す店との違いは決定的で、
何げにサラリと本格感を味あわせてくれる、だけで勧めれる80~、本音ズバリ、で味玉で心象マイナスなこれでお願いします。






 ご馳走様でした!。「酢」入れまくって「ラー油と黒胡椒」、「溶き卵」ブチ込んで、「サンラータンタン」如何でしょうか?(笑)

投稿(更新) | コメント (8) | このお店へのレビュー: 1件

「ごま味噌ラーメン おさえ (¥750)(大盛り無料サービス)」@希望軒 西宮店の写真<<<<<<<< R2制覇シリーズ 其の27 >>>>>>>>
「ごまみそが食いたい・・。」ある午前中、突然どうしても食いたい病が発症。
その日の希望は、「甘くない、シャープな味噌」で、何故かその名称は「ごまみそ」。
思案して思い出したのが、嘗て芦屋ラーメン戦争終盤に圧倒的人気を博した、
「ホープ軒」と呼ばれていた頃に有難く頂いたこのメニュー・・・。「あれや!」。です。
そう言えば4・5年前にも今は無き「夙川レトロ館」迄わざわざ大阪からこのメニューを
食いに行った事を想い出し、どうも私は数年置きにこのメニューが食いたい病らしい(笑)。
この、「希望軒」のある場所が、私は大阪では知らず、わざわざ地元迄帰って来ました。

 正直、このJR西宮駅傍、R2沿いのこちらの店舗には一生入る事ないだろう・・っと、思いつつのこの発症、我ながら驚きます(笑)。
しかし、「昔食って好きになった一杯」・・それが「今でもある」事って大事ですね・・・。
もうね、わざわざ来たんですから、開店1分後に入店ですよ(笑)。当然、私独り。後客は無し・・・。

 当初、素直に「ごまみそ」を注文しましたが、激しく「ピリカ」と心が揺れ、結果、間を取ったこのメニューを注文。
良くメニューを見ると、少し辛くなるだけで、どんどん値段が上がるのは、「昔」、超強気だった頃の面影を感じます。
ただ、平日の「大盛り無料」が嬉しく、この日は数年前にもした「替え玉」の必要が無かったのは有難い・・。
5分少々で到着した写真の一杯・・・


              ・スープ少なくない?・・・ 
              ・ネギ、割と多かったのね・・・



 っと、何ともドライな印象を心で羅列した「再会」です・・・。
因みにこの写真は、例の「無料入れ放題」のカット海苔を丼端に入れてメイクアップをした上でのサービスショットです。



===  麺  ===<極めて細いチヂレ麺>

 一発啜って、「あ、これ、正にホープ軒で食ってる感じ・・・。」
と想った、極細とも云える麺太さに、ウニュウニュとチヂレたライン。「豚骨用」宜しく、渇いた「軽さ」のある持ち上げが外観印象。
チヂレてますが、軽い故に楽に吸い上げれるその食感は、

       
          モシャモシャッとか、フサフサっとした・・と言いたくなる

           チヂレた細麺の渇いた潰し噛み込み感が楽しく、そしてこの店独特・・・。


 もう、既食な方も多いでしょうから、この辺で・・。
 
 昔、夙川で大行列を作っていた頃の「替え玉400?か500円?」だった頃は「はぁ?!、ボケかぁ!??」でしたが、
今、冷静に見れば、確かに「ここにしかない」とも云える、渇いたチヂレの軽やかさと固さが独特タッチがイケる麺・・とお伝えしたい。



=== スープ ===<甘み抑え・辛み抑えでシャープな味噌味>

 しっかり茶色に「溶き豆辛味噌?」みたいな奴が辛み追加トッピング。トロンとした軽い粘度感です。
基スープ、ごまみそな、仄かに香るゴマ、そして濃過ぎず薄過ぎずな「味噌味付け」はゴマと重なりつつ、「甘みは仄か」。


         ピリリっと来る少しの辛さが乗って、

          シャープなミソ味としてキレ良く飲めます。


 当然の様に魚介が利いたり、やたらに凄いお味では有りません。
でも、私は何故かこの「程好い重さの動物出汁の甘みに乗る、味噌とゴマの軽甘み。でもトータル、シャープでキレ良い味噌にピリ辛・・
判り易いけど濃過ぎないトコがきっと好きなんでしょう・・。



===トッピング類===<叉焼、モヤシ、メンマ、ネギ>
 
 通常、最も目立つのがチャーシューでしょうが、こいつは、「薄い」。第一旭系とかでポンポン載せてくれるヤツくらい・・・
と言えば判り易いでしょうか・・。外に味がしっかり付いていて、しっとり柔らかで良いんですが、やはり薄くて・・それが2枚。

 他、特に目立つのはモヤシ&ネギが結構多い事でしょうか。そのネギは「横綱」リメンバーな質感(笑)ですが。メンマはチっこいかな・・。
ネギ&モヤシ根菜類の質はともかく、そのしっかり量は有難い・・・・。この味付けには。



=== 総  評 ===<一般的、と言えばそうだけど、私には魔力有り>
 
 大盛り1.5玉、もう少し欲しいかな・・。な余力残して完食・完飲。好きだからかも知れませんが、スープはも少し沢山欲しかった。
どうこう言わず共、やはり私にとっては「丁度良い味噌」、そして「好きな味噌」の一つ・・なんでしょう。
昔、商的な事情でホープ軒と名乗り夙川で爆発して頃、その行列と裏腹に「化学の味ビンビン」なんて酷評も見受けましたが、
この日、特に私はそう云ったビンビンな、と云う「過ぎた」味は感じませんでした。
      
     
      適度に「味」の乗ったゴマ甘ピリ辛な味噌スープ、

        麺の軽い啜り上げでライトに食える、構えず食える普通に旨い一杯・・・


 難しい事どうこう言わず、この先も、私にはたまに「アレ食いたい・・」な魔力を発揮する一杯でしょう。
ですから、「又来るか?」・・「その内、身体が欲っした時に。」・・・っとなる、発病待ちが答えとなります(笑)。
 
 
 点数付けに当たっては、これはもう、私個人が「又食いたい」って来たんですから合格の70~は当然ですが、
トータル、一般的には「この辺でしょうか。」なこれでお願い致します。所謂、この辺の点数が「食える」一杯ってヤツですね。






 御馳走様でした!。この「ピリカ系」、絶対守り続けて下さいネ!。チャーシュー、・・・もう少し「力感」があったらイイのにな・・。

投稿(更新) | コメント (10) | このお店へのレビュー: 1件

「大盛しょうゆ(¥750)」@浜っこラーメンの写真ここの「味噌」を嫁に知らしめる為、土曜日の13時頃訪問。丁度私達で満席です。
良く此処へ来る的な人ばかり、入れ換わりの丁度良い混みっぷりに「地元に愛されてる」と
感じますし、その、混んでても和んだムード、これぞ街のイイお店に思います・・。
これを見ると、妙に五月蠅い挨拶やら個人経営の旨い店の殺伐としたのも要りません・・。
 この日、実は「親子」辺りの変わったメニューを注文するつもりでしたが、
隣で年配の御方のブラックな醤油に気移りした、やはり私は根性無しです(笑)。
累積オーダーも有り、おおよそ10分少しは待って到着した写真の一杯・・・



     ○〇ブラック、と形容したくなる様な「濃いくち醤油」な色・香りです・・・。


 実際に、シンプルな醤油香りで、例えば、「高井田系」をも連想する様なタイプです。
味噌では判りづらかった、恐らく全て共通出汁であろう、この店の「軽めウマみ」基出汁が、より判り易い、そんなクリアさです。
(「味噌」を既に採点してますので軽めにいきます。)


 
 肝心のスープ味、「出汁」の深みやらコクを抑え込んだ、「醤油」でキリリとしたキレある味。大人なニガみすら感じる程です。
しかし、「妙な」と云ったドギつさや、中途半端な場合に感じる「薄い出汁」とかってのとも又違い、
全く、普通に「濃い醤油」、その実、スッキリと飲める醤油・・と云えましょうか。
いちいち「魚」の味がしないのもイイ(笑)。(←それが私にとって本来のラーメン)


 味噌にチューニングを合わせた様なこの中太麺では、ややスープの味が負けっぽいですが、
それでもこの「醤油」感で特に味がヌケる様な事も無く、しっかりと麺を頬張れます。
中付近のサックリ感とつるりとしたスベり、太さ故のボリューム感であっさり系のスープでも「しっかり食った感」を植え付けます。

 最近、見かける事の少ない、レトロな外甘カラなチャーシューは「この店・大将」を感じる、今となっては貴重品ですし、
変わりダネ的この茎ワカメ?芽コンブ?みたいな海鮮類も、「まあ」的で、昔あった「ワカメラーメン」とかを想い出します(笑)。
しかし、この中に「モヤシ」が入って、ニャクシャキとした食感は、味噌で味わう「ニャクニャク・濃い」とは違う
一面を魅せており、これはこれで中々飽きさせない為の大将のセンスだな・・・っと独り思った。



 これら、何処か「懐かしい」と思えるトッピングや食べ易い麺、その、「ややニガ」でも何度も手を出させる「醤油」スープ、
既述の通り、「あっさり濃口」な味わいは、頑張った創った○〇ブラックなんて味わいと云うより、
やはり提供当初に香った風味通り、


         「食べ易い、ノーマライズドした高井田系」と連想致しました・・・。


 やたらに濃くしっかりした出汁じゃなく、あっさり濃い口醤油、・・フっと「アレ食うか?」な「地元」に欲しい味わいでしょう!。
「味は濃いけど重くない」って所がキモでしょうか。



 あまり高くない点数付けに見えますが、「大いなる普遍感」=「でもそれは合格」とは言えるこれでお願い致します。
私個人的には、やはりここは「味噌」がスペシャルで次以降はお決まりです。ただ、この出汁なら塩もシンプル味で良さげです。
(因みに同伴者は「濃い味噌味なのに、最後迄ダダ辛くならないし、甘くないし、美味しい・・。一番好きなのより美味しいかも。」
 と、「ほれ見ろ!。」っと私は目的を達成出来ました(笑)。)






 
 御馳走様でした!。この先も、この味で末永く街に愛され続けて下さいね!。私の休日のセミマイローテ入りですから、又来ます。

投稿(更新) | コメント (8) | このお店へのレビュー: 2件

「ごまつけ麺(1.5玉)(¥810)」@中華そば つけ麺 中村屋 尼崎本店の写真<<<<<< R2阪神間制覇シリーズ 其の26 >>>>>>
開店を見つけて訪問→中々エエぞ→ここRDBの登録・採点見て同意。
→営業時時間含めてトータルで私に合い、めでたくマイローテ入り(笑)。
と云う、凄い!は無く共、個人的に使い勝手良さが好きなこちらのお店。
実は初訪時には「又、名古屋発のチェーンかぁ・・。」と、下げながらの
訪店でしたが、いえいえ、R2沿いと言わず阪神間で希少な「気楽に食える最近系」、
そして後述の「個性ある麺」、更に昼時は「おにぎりサービス」
・・・どれも合格と思う各メニュー味、色んな意味で、私には助かる店です。


 既に、「釜上げ」含めたあつもり系・「油そば」と、この「ごまつけ」以外は複数回食ってます(笑)。
この日は開店直ぐ入店で当然トップ。「いつでも」直ぐ座って食える、って事は、
「仕事中の昼飯」な私にはその安心感がローテ入りの、とっても大事なファクターなんです。
「つけ麺、お好きなんですか?」なんて聞いて来る事の無い、適度な距離の接客感もいちいち面倒臭くなくてイイ(笑)。



※訪店予定の無い方飛ばして下さい 
<参考:他メニュー味の私見>==================

折角、こちらのお店の「つけダレ」味をフルコンプしたんですから、この場を借りて感単に他のヤツを書いて於きます。

●つけ麺
 所謂、良く出くわす「オイル浮く茶色」そしてこの店唯一の「オイリーでサラリ粘度」。最近、多いタイプには感じますが、
 巷に多い、「甘辛酸バランスタイプ」に比してかなり「酸」が強く出ており(だから好きと思う)、
 結果、オイリーと思いつつもひつこくない重さ。その重過ぎないバランス感と、「スい」茶色で私を再訪させた味付け。

●海老辛つけ麺
 通常つけ麺と同じくドロさながら、この「ごまつけ」と被る「擦りゴマ」MIXなドロドロ、そして表面赤い海な直球赤辛仕様。
 正直、私は「海老辛」ってより、エビより目立つ辛さとゴマのコンピに「担々つけ麺」・・の方が似合ってないか、と思ってる。
 スープ割では、普通に旨い担々麺のスープになるし(笑)。 
 密に通常つけ麺と違う「穂先」なメンマに変わる妙技有り。 但し、チャーシューは小さく少ない・・・。

●(ついでに)中華そば
 麺量200g。所謂、関西で急速に増えた「豚骨魚介」ってな「動物&魚介」少し野菜感もあるかな・・。
 つけダレと違って「好き者」からは絶対に「シャバい!」って言われる、「重濃さ」やら濃厚出汁由来粘度の少ないタイプ。
 その「程好い重さ・出汁感」が これ又私には「東京で其処らにあるヤツ」って感で、「まだまだ関西では少ない。」 その
 「シャバさ」と「チュルチュル細い黄色麺」でストレス無い食べ上げ感。気楽に食える関東ライク風味故、何度も食える。
 ただ、「大盛り」が無く麺量が倍化する「特盛り+¥300」しかないのは小さなネック(笑)。

=======================================


 別メニュー語って失礼しました・・・。
この日11時過ぎ入店。当然、私がトップ入店ですが、こんな時間でも「いつも」チラホラと後客が入り、
そこそこに根付いた人気が伺えます。(CPはイイですから、近隣・いつも店前通る人に人気有りそう。)
この日は男性、女性2名で営業していましたが、(ご夫婦かどうかは謎)、最近若い男性2名のパターンも有り、会社感が伺えます。
2回程、本店の人?らしき人が黙って仕事を観察して試験?みたいなのをしていたのを見てますし。

 今日は、つけダレのフルコンプを目指してまず頼む事ない「ごまつけ麺 1.5玉」、4種のお勧めデカボタン最後の1種です。
お値段は通常「つけ麺」+¥30-の¥810-。いつも的な10分位の待ちから、
何故かいつも関東を想い出す、大きな水色のザルでの入念な水切りして供された写真の一杯・・・



        「確かに、「ゴマ!」な香り・・、けどやはり他同様の酸な香り・・・。」



 麺は、密に私のお気に入りの「いつもの」感で、ある意味予想通りな他と一緒のつけダレ碗大きさ、
そして、他メニューから予見されていた「ドロドロ」感・・・そして意外にも一味がデフォでご覧の通り。




=== つけダレ ===<オイル感弱めながらのドロドロ粘度に散るゴマ>

 表層には白ゴマが沢山浮いてますが、それ程「ザ・ごまごま」って程には私は思いません。
白色目と、浮く油分、それに載る赤い一味で、結構複雑な「色々混ざり感」が予見されるルックスです。
そして、こいつも他ラインナップつけダレ同様、「麺がまるで沈まない。」(笑)ドロり粘度。
しかし、しっかり濃い味付け&ドロドロ絡み故、この、麺が上に乗っかった程度くらいで、私的には味の塩梅は宜しいんです。
端的なお味は、


       立つのはやはり酸味・・・仄かなゴマ甘で凝った風には・・。

             底に利くよな出汁感はやはり「味付け」勝ちな濃厚さ。


 当初予見した「ゴマ甘重濃い」じゃなかったのは、私的には嬉しんですが、正直な所、「仄かなゴマ甘」以外は
こちらの「標準つけ麺」と共通する「酸味」が目立っており、このメニューらしいゴマスペシャリティは希薄かも。
しかしそれ故、ドロドロしてても「うッ」と来る重濃さなく軽やかに食べれるのも又事実・・・。
兎に角、

 ごまつけ麺ってより「甘酢ごま」ってな味は「ごまマニア」より、万人がイケる「酸ごまドロつけダレ」・・・
・・とお伝えしたい。




===  麺  ===<2種混合、細て麺の「長さ」が個性>

 各つけダレに合わせられる共通混合麺。この標準的「1.5玉」で自分推定「300~340g」でしたが、最近券売機に300gの表記有り。
2種混合が特徴で、細てで□な麺:全粒粉ブレンドの太平打ち 混合比率は細6:太4~って風に感じてます。
かなり大きな寸胴での泳がせ湯掻き、平ザルでの掬い上げは、素直に褒めれる麺茹でのコダワリではないでしょうか。
各々の麺を謳うと、


・細て麺:こいつが兎に角長い。持ち上げによっては箸が軽く肩以上の高さに達する、その長さで既に個性充分(笑)。
     あまり角のないエッジで優しめつるつるタッチ、少し柔らか目ながらの均一なやわゴム的な潰し&爽やか風味系。
     程好い硬さと喉越しが醸す少しのスペシャルで、故にとっつき易い食べ易さ併せ持つ、太くなく共高バランスな麺。
 
・太平麺:もしも「平打ち」で無くば、極太以上な幅と、その太さが不均一、全粒粉ブレンドなプチ豹柄が特徴な麺。
     やや「細て」に似たタッチを示すも、こちらの方が「モンニリ」とした、これ又芯のない均一な柔らかプンニリ感。
     それが「コシ」等「麺硬さ」は希薄でも、ビジュアル重視で邪魔にならず、その太ラインが華やか。


 これら異種麺混合でも、どちらも似た様な加水率感でどっちかが固い・とか有りませんので、太さ違いのタッチだけを楽しめます。

    両麺一度に食べても、「ビットリ」とした、重みすら感じる存在感がヨシ!。

店内の「食べ方」にしっかりと
   
      遠慮せず、「音を立てて豪快にすすった方が見ていても旨そうに見えます。」

とあるのですが、その様に「一気すすり」をすると、正直「しんどい」程の長さ(笑)。
最初、その麺の長さに驚きつつ、途中で噛み切るのが嫌な私、たった4、5本だけでもブボボ~・・ボボっ~~ボボ、
って「1回啜りでは無理」、必然的に複数回となる吸上げに少々疲れますし、予想以上にお口の中パンパン(笑)。
つけダレのドロリが絡まって繰り出す「ボボっ」ってのが五月蠅さくて恥ずかしいですが、いつも他客と離れてるから遠慮しません。

 ですから、一般的には、持ち上げる前、もしくはつけダレ内で麺を畳んでコンパクトにしてから再持ち上げがお勧め。
私が気に入る、この「長さ」が逆に「食べ難い」となってネガに思う人もおられる事も十分想像出来ます・・・。
 
  
 唯一、気になる点は、太平、細て、両麺共に提供当初は綺麗に輝く肌で、「つるり」タッチで喉越し良いのですが、
特に、「太平」の方が終盤になると毛穴が開いた様な「ピトっ」とした風に変わり、麺同士がヒッツキ絡まり出す事・・。
これからの夏場のヌルい水〆が心配です。ですから私は「細て麺」支持派。「細麺だけで頂戴!」と言ってみたい(笑)。
長くなりましたが、兎に角、


 ビジュアル良し、一気すすりで、食感・喉越し・頬張りが楽しい、「2種混合タッチと長いすすりで麺食った感充足麺」・・
・・とお伝えしたい。



     
===  具  ===<チャーシュー、コーン、ネギ、白ゴマ>

 他つけダレと同じく、「全て」つけダレの中に沈んでます。
最も「意外」だったのが、「コーン」。結構、沢山入っておりますし、この味付けにもアンマッチにも思えませんが、
ただただ、私個人は、100円の缶詰に沢山入ってるので、特にこれを入れてもらっても、「どうと云う事はない・・・」な感(笑)。
ノーマルならメンマ、「海老辛」では、穂先メンマですので。 コーン<<<メンマ な、単なる私の嗜好ですが・・。

 他つけダレと共通に見受ける「棒長サイコロバラチャーシュー」。
個体差・ブレかも知れませんが、確実に他つけダレ種に入るものより大きく、立派に見受け、その太棒のしっかり感ヨシ!。
「もしかしたら、コーンの安い分をこのチャーシューで補填してんのか?・・。」と邪推した私は嫌なヤツ(笑)。


 具類に、これ又「特に」は無く共、この「ごま」に限っては「コーン好きは嬉しい筈」な、凝ってなく共ごく普通に満足・・。




=== スープ割 ===<コールして碗を返す>

 どれも同じく、的、そして多いタイプの「軽やか魚介出汁割」。
出汁なのか、魚粉かどうなのかの判別は難しいながら、本音は「良く出くわす魚感」。普通に「味」が薄まって満足な最後です。




=== 総  評 ===<オール7~8点みたいな味でも、CP迄含めた全てのバランスが魅力>

 この日は、サービスのおにぎり(三角で周囲ゴマまぶし、塩味付け)も頂いて、お腹一杯満足、いつも他店より満腹感有りです。
つけダレ上の一味唐辛子の辛さはそれ程目立たず、途中追加した程ですので、


      やはり支配する余韻はスープ割でも立った「酸勝ちプラスごま甘み」感・・。

     
 出汁濃さ・重さよりも、その目立つ味付けが好みを分けましょうが、私は「甘重い」よりこんな風が嗜好に合うのですが。
そして、前述の個性光る「食った感」ある麺はやはり、満足感をきっちりと残しております。

 本音を書くと、標準+30円のこの「ごまつけ麺」、たった30円プラスですから文句は無く共、
標準の「つけ麺」より、かなり色目は白くて違うのですが、しかた無く共例の「酸味」が味の雰囲気に「共通性」を感じる故、
私個人は、これなら「普通のつけ麺」でイイ。
で、他メニューを知る私の心は「つけ麺・中華そば」でイイ。でも「海老辛つけ麺」の辛味が一番好きかも。(2回食ってる)


 「又、来るか?」・・・「はい、当然です。」(笑)。既に何度も、ってのが事実ですから。
この、オール8点的な程好い旨さから来る安定感、オール6点や7点とは違う域ですし、
「作んのが遅い」・「行ったら閉まってた。」・「しょっちゅう味変わる」等々の、いらぬ心配の無さはデカい(笑)。
冒頭に書いた通り、「いつでも食える(多分満員は無い)・早い時間から開いてる」ってのも、とても大事なポイント。
ですが、この「尼崎」周辺、いえ、R2沿いで括れば、西宮・芦屋・神戸迄走っても
量・CP込みでのこれ程のバランス」なヤツ、「無い」でしょう。(張れるのは西宮の新しめ店「我○庵」のつけ麺くらいかな?)


 点数付けに当たっては、たまたまこの「ごま」での採点となってお店側に申し訳ない・・・。
私的にチャーシュー、先述の「コーン」にどうしても、上向きな気持ちになれず恐縮です。
それでもこの、合格以上、後何かで80に載せれるこれでお願い致します。。
個人的には「他メニュー」ならジャスト80以上は出せてましたので恐縮です。(他メニューは写真撮ってないので・・。)

      


           2種混合、長い麺と太くて柄麺の「独特」さ、


             良い喉越し、程好い噛み感で本格風でも「気楽に」喰えますよ!


               後は最大60円差のつけダレ味をお好みでどうぞ・・・。




 御馳走様でした!。卓上、一味以外に何か欲しいなぁ~。お昼、おにぎりだけじゃなく、茹で玉子サービスと選ばせて欲しいなぁ。

投稿(更新) | コメント (14) | このお店へのレビュー: 1件

「ひやあつ(¥780)」@長寿饂飩 つるかめの写真嫁がここの「ぶっかけ」系を好きになり、付き合わされてます(笑)。
感単にこちらのお店の特徴を言うと、「最近流行りのコシ饂飩系」は
当然として、「ボリューム感」がキーワードでしょうか。
出来た頃は当然まばらな客でしたが、最近では特に土日は昼頃から
数名の待ちが発生する人気っぷり、トータルな内容で頷けます。
カウンターだけの店内、12時頃迄ならあまり待ちも出来ませんから、
この日狙って11:30入店。先客2名ですが、帰る頃には外待ち3名・・。


 今回は、敢えて暫く以前に頂いた、いかにもラーメン系つけ麺ブームから??なメニューな「ひやあつ」¥880を再度。
ここで「大盛り」を頼むと、トッピング類効果で「半死に」なるのでヤメてます(笑)。
因みにこの店オリジナル&お勧めなこの「つけ麺」は「ひやあつ・あつあつ・ひやひや」と、
麺とつけダレの「冷温」が選べます・・。「あつひや」・・・がもしあったら試したいけど・・・何かヤだな(笑)。
あと、「限定」のご飯の上にヤマイモ、カレーうどんな「豊橋カレーうどん」はこの辺では珍しいメニューでしょうか。
(因みに私はここのカレーはS&Bの赤い缶を駆使したモノと知ってるので一回のカレーうどん注文以来頼んでません。)




== 麺 ==<北海道と九州産の国内産小麦ブレンド>(店内表記)

 所謂、最近系な「讃岐」を連想するしっかりした「踊り」と「噛み切り・潰し」を楽しませる麺。
この店の麺は、こう云った「冷」なら後述ワイルド、「温」なら太さあっても食べ易さと優しさある自然派タイプ。
特に「冷l系で急増したタイプの麺ですが、ここの特徴は、

     ・太くて長い  ・やたらに喉越しや固さ重視では無い 

 の2点に感じます。普通に持ち上げて、一度に吸い込むと、口内がパンパンとなる「太長さ」。
故に、2~3本掴む感じで丁度良し。さもなくば、直ぐ「噛み切り」となり、切れた麺が終盤沢山に・・私はそれ嫌(笑)。

 そして、やたらに「透明な」と云った喉越し売り肌では無い「自然感」のある白マットに保水輝き持つ麺は
「しっかりコシ」ながら既述の通りウケ重視な「やたら外固」食感では有りませんから、


    その「太さ」で満たすモグモグ頬張り踊り、奥歯押し返す「ワイルド」感、

       その後のグチモチとした粘りを楽しめば「アゴがダルい」程。


 要は、「麺帯」時点でやたらにコシがある麺、って云うより「太長さ」による食感と〆による骨太感って事です。
国産小麦を標榜してますが、特に加水が多い様な感は無くとも、「風味」はまあ・・・で、「食感系」な麺でしょうか。
「ブビュボボボボ~」吸上げ、「ブリュブリュモグモグ」口内、「グニモチ」潰し・・・、そんな比喩食感(笑)。

 兎に角、その太さと長さ、量まで含めて、ヤケにコシをアピらず共、「ワイルドな強太麺」・・とお伝えしたい。




==つけダレ==<化調・砂糖類を使用せず赤・白ワインで作る甘み>(店内表記)

 この店のスターンダードな出汁はいりこのしっかりした黄金色なこれ又最近増えた素朴派。
ただ、このメニュー「つけ麺 ひやあつ」に限れば、ストレートに感じるのは

    ・ワイン系の軽甘みが引っ張る薄醤油味。トータル、「薄甘タレ味」。

 当然ながら「出汁」ってよりも、ワイン勝ちなタレを感じる味わい故、初めて食べる人には新鮮に感じると思います。
ただ、私的には「この店」の出汁が活きる他の通常品の方が好きかな?・・・。
そして「麺」と「つけダレ」なら、「狙い通り」かも知れませんが、この太い麺が勝つ、あまり「濃さ」ない飲める物。
この「薄めタレ勝ち」味。以前もそうでしたが、コールする根性が無いのですが「スープ割り」が欲しくなった(笑)。

 「ざるうどん」とは違う、ラーメン系?新しいうどん?と思える人には「つけ麺」・・どうぞ。ワイン甘みが新鮮です。




==トッピング類==<ミニカキ上げ野菜・餅の抱き合わせ天ぷら、鶏肉、白ネギ、玉葱等>

 普通に「うどん」を思うと、これらトッピング類が「麺量」と相成り、かなりお腹を満たします・・・。
麺上に写真の野菜&モチ天ぷら二つと、つけダレ内に鶏モモ2キレ位。
小さい「モチ」が二個も有って嬉しい人もいましょうが、正直私は1個でも多いくらい。

 この店でも「天ぷら」を何かと載せてくれるのですが、ラーメン店での「味付け」から来る、「店の個性」を思うと、
多くのうどん店で出される「野菜類を揚げた」な天ぷら類サービスの「豪気」に私は特に何も感じません(失礼)。
いえ、この店のはダレる衣では無くサクサク感ある茶色な微味付け衣は確かにそれで美味しいのですが・・・。でも、
全部食べ切る為に「麺大盛り」が出来ない故、「餅天ぷらレスで麺大盛り」と本当は私はしたい・・・。




== 総 評 ==<「CP」を考慮すると、特に最近のうどん系では退店時の満足度が高い>

 そのトッピングと麺で「お腹一杯」ですよ(笑)。(ランチサービスの+100円のかやくご飯も好きで頼んでますが。)
私個人は、今回「敢えて」頼んだ「つけ麺 ひやあつ」ですが、本来ならこの店の「麺スペック」を楽しめる
「ざるうどん」や出汁も楽しめる「かけうどん」「卵あんかけ」(←ややトジ過ぎだったけど)が好きかな・・。

 点数付けに当たっては、「個人的」な欲求と噛みあわない部分も有りますが、いえいえ、
充分にこの「太長麺」だけで「勧めれる」領域のこの点数でしょう!。冷やし系なら単純に食感だけで楽しめます!。


 「又、来るか?」・・・「はい。」・・・これからの夏、「冷やし」なメニューを求めるのは確実ですし、
この他に何軒も「最近流行りなうどん」を食わせた嫁に言わせて、
「ここが一番」らしいので(笑)。(←理由を語れないけど「お腹一杯になるし安い」とは言う。(笑))

 

     「長寿」な名前がイメージされる、「太長いワイルド麺」と

        多彩なメニュー構成が飽きさせず、100円の「麺大盛り」で大満足ですよ!。




 御馳走様でした!。まだまだ人気が出そうですが、「堅実」なナチュラルで太い麺をこの先もずっと食わせて下さいネ!。

投稿(更新) | コメント (10) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン中 (ニンニク入り&全部普通)」@自家製太麺 ドカ盛 マッチョ 三ノ宮店の写真 休店日とも知らずに、又ある店にフラレた結果、先日、近日開店を
知ったこちらか北野坂 奥を狙います。13時過ぎ、予想通り
この店が開店しており、あの楽天の星野さん、阪神の選手や藤井フミヤさん
の祝花を道行く人が興味深そうに眺めながら通り過ぎて行きます。
余談ですが「魔法のレストラン」で5/4紹介されると店内告知が有ります。
この日13時半頃到着。食券は折角なので「並」では無く「中」をPUSH。
¥700-は、315gの「麺量」を考えると、今更ですが、安く感じますね。
ニンニクの確認時には、「入り」と、初めてなので「全部普通で。」

 嫌がってるのに「一回ネタに食っとけ」(笑)と無理矢理連れ込んだ嫁には「並」にして渡す時に「小盛り」とします。
店内は2ケ所程折れるカウンター席のみ。その中の厨房はやや若めな男性一人で営業中。
入店時は先客2名でしたが、この後一気に満席になり、少し待ちが出たりしており、まあまあな人気っぽいです。
おおよそ10分少々で到着した写真の一杯・・・


          !!・・・・「ヤサイくらいはマシ」にしときゃあ良かったな・・・。



 この系統は久し振りですし、開店直ぐ故の「頑張り」があってやたらとモリが多いかも知れない・・。
と予想しての「全普通」コールでしたが、予想外にヤサイが少なく思えました。




===  麺  ===<不規則にウネり、ネジれる太麺>

 上記のライン等でブリグニュっとしたビジュアル、持ち上げては「外固」な感もあって「ゴワっ」と感じるもので、

             
              ブリュゴワタッチな弱平打ち太麺

 「つけ麺」にしても面白くない?・・とフっと思いましたよ・・。この色、不規則感・・。
噛み込んでも「外の固さ」が頑張る潰し感で、喉越し等も悪く無く、恐らく狙い通りのワイルドさと言えましょう。
普通なラーメンと違う「らしさ」やがあって、改めて頂いても雰囲気的にまずまずイイ麺と思います。

 ただ、私的にはやや外の固さが目立ち、「淡泊」な「ポッキリ」固さに思えた故、
もう少し柔らかでもイイから「モッチリ」とした粘りが有ったらいいかもな・・・とは思った。
故に、ちょっと馴染んでヤワさが出た途中から私は塩梅良く感じました。
(因みにヤワな顎の嫁は、「ゴワゴワやし、麺がヒッツいて固まってて・・」とえらく不服だった様です(笑)。)




=== スープ ===<しっかり醤油タイプな「例の」味>

 正直、思っていたより「脂・油」感は少なく感じます。それでも普通のラーメンとは比べものになりませんが。
中盤から掬い飲めば

        醤油のカラさ、ハッキリした「アレ」の化学旨み・・・

        ショッパさの際立つこの味、「カラさマシしてへんけどな・・。」


 この麺にはしっかり味付けで「飲む」スープより「麺に味付けするスープ」と思えば
大枠で「この系統の味」とは言えましょう。「濃厚」とは違う「カラ濃い味」・・・。
ただ、「こんな味」と用意しつつも、そのショッパさに負けて半分は残した私としては
「動物の出汁が弱過ぎねーか?。」・・・それ程何軒も関東のジロー系名店で頂いた訳では有りませんが、
やはりジャンクでも「旨い」と思えるヤツはカネシが立っても「出汁旨み」の基礎がしっかりしてた筈・・・。

 こいつは、その出汁ボディが弱い分、どうしても味に立体感が無く感じて「単にショッパい課長味」っと感じた訳です。
「たまたまこの日」と願いたいし、しっかりと「底深さ」をもう少し作り込んで欲しい。
(因みに嫁は「出汁がどうこうじゃなくってただ醤油辛いだけ!」・・・私、「・・そう云うもんや・・。」(笑)。)




===トッピング類===<豚、モヤシ、キャベツ>

 作製開始時、レンジで温めていたチャーシュー、・・ってより「ブタ肉」。
まあ赤身や脂身等のバラっぽいやつの少しカラメな醤油味付けですが、兎に角「量」はデフォでしっかりあって、
このボリュームは普通に「有難う」・・。ただ、私はこの強めな味付けなら沢山は要りませんが・・・。

 モヤシ・キャベツは普通にシャッキリ。「普通」ではこの量ですからどうこう感じる程の存在感では有りませんでした。

(「お前、チャーシュー好きやしゴッツくて良かったやろ?」の問いに 
 嫁曰く「脂身ばっかりで胸悪なりそうでイヤ・・。」勿体無い事に半分以上残しおりました。すみません。)





=== 総  評 ===<「この日」としても、やはりスープ(出汁)を何とか・・>

 スープは半分位残しましたが、同時提供ロットの中で私達がブッチ切りに早く、綺麗にテーブル拭いて「御馳走様」。
「待ち」が出てましたしね。(嫁は麺は全部食べてそれ以外は半分以上残してたな・・。)
他客、「解って」いて来ていたのかどうか判りませんが、皆さんの食べ上げを見ると「苦戦」を感じます・・・。
入店後に帰ったお一方は「半分」は残しており、食前にビビらされましたし(笑)。

 麺のスペックは私的に「合う」様で、この表記315gながら、特に無理なく頂け、丁度お腹一杯感。
この店のイメージと重なる、「麺」はまあ置いておいて、やはりスープで感じたボディの弱さが私は気になり、
京都発の「語れ」系は私は未訪ながら情報からの想像、「笑〇」と比べると、多分「これが一番化学ショッぱい」筈。
久し振りに自家製太麺 ドカ盛 マッチョ 近大前通り本店行って、「全店こんなん?」と確認したくなりました。
とは言え、


 「こう云った食い物」として、「これが好き」な人とそうで無い人をスッパり切り分け、
「ジロー」どうこう言わず、大らかに「好き」な人がガッツリと癖になって楽しむ一杯でしょう!。



 「又、来るか?」・・・「いいえ。」・・・すんません。ただただこの日のスープには厚みも丸さも無かった故・・。
「新店」故の色々な「馴染んでない」で、もし「馴染み」が出て変れば、「食いたくなったらネ」なんですが。
横で首をイヤイヤと激しく横に振る(笑)同伴者がいなくばここ「三ノ宮店」は厳しくなりますし。

 点数付けに当たっては、おおよそ普通な素晴らしいラーメン等で考える一般論を無視して、
「こう云った食い物」として考えて・・・も、文中の通りの「出汁」の弱さ、「脂甘み・丸み」の無さは「新店故か?」
と思うも、どうしても「合格」に出来ない本音68点。その本音に新店祝い+2点の、見える点数これでお願い致します。



         太い麺をワシワシ頬張れば、

          ショッパ濃いくらいのスープで丁度良し!  

            味付けレスの「野菜マシorマシマシ」が真価を発揮しますよ!。



御馳走様でした!。しっかりと三宮にファンを作って下さいね~。お水じゃなくってウーロン茶とか、無理でしょうか?。

投稿(更新) | コメント (14) | このお店へのレビュー: 1件

「味玉つけ麺(麺2玉)」@北野坂 奥の写真 IKEA神戸へお買い物。こちらのお店とらーめん 会 神戸本店どっち?と嫁に
選択させた結果、らーめん 会 神戸本店へ向かうも13時で何故か半開き扉で
閉店(泣)。無精な私の、近くのラーメン みなとや行こーや、を却下され
こちらへ・・。何気に停めたコインPの直ぐ傍に近日開店の「マッチョ」
三宮店が有り、「ふ~ん、ここに出来るんか・・。」そして先ず入らない
広域ラーメン店3~4軒の近接激戦を見つつ当店のビルに13時過ぎ到着。
テーブル席2卓に家族連れ、カウンターは1名、と云うアンバランスな状況
ですが、後続は単独客4名程でカウンターが埋まって行きました。

 食券機・・・最初、「意味不明」(笑)。確か、「ランチサービスつけ麺」とかの表記で、「大盛り」ボタンも
「麺一玉」ボタンも×印・・・。「麺が残り少ないんかぁ?」とか思うも、
厨房内で頑張る男性一人にいちいち聞くのもアレなので「ランチサービス味玉つけ麺」¥850をPUSH。嫁は味玉なし。
カウンター着席で食券回収時に「麺、1・1.5・2玉から選べますが?。」「!!それか?!、有難う!。」と
心で叫びつつ、「2玉」で注文。そして嫁には多い1.5玉をパクるつもりで頼みます(笑)。
食券機前で物足りなさに怯えない様、その麺量チョイス、「判り易く」してくれたいいのになぁ~。ま、結果オーライ。

 着席後、「これ満席になったら一人はしんどそうやな・・。」とか
この店内広さで新調内装や新品らしき厨房機器・製麺機に「えらい資金調達力やな・・。」とか下世話な事を考えつつ、
待つ事10分程で到着した写真の一杯・・・



            京都の親店を想い出す、「品」を感じる佇まいです・・・。


 実はむか~しに麺や 高倉二条に初訪時頂いた「つけ麺」の、たまたまっぽくとも「ショッぱ過ぎ」な記憶が有り、
「ラーメン」にしときゃ良かった・・。と後悔してましたが、このビジュアルが全て忘れさせてくれました(笑)。




===  麺  ===<太めなホワイティストレート>

 白く、保水良さそうに輝く肌、太過ぎない麺線、緩めなエッジ・・いちいち粒々や派手さ無く共、
見るからに「気品」とか「上品」を感じる、野暮さの無い、そしてこのムードに合った訴求力ある見た目に感じます。
「太さなり」な、しっかりした重み感じる吸上げながら少しだけザラある肌目ながら滑りは良く、


        しっとりとしたタッチ、優しめな潰し感で

          ゴム感等、過ぎた強さの無い優しいしっかり噛み味・・。


 写真見てイメージされるタイプ通りの、頑張り過ぎない優しさから「幾らでも食える」タイプ。
そして、「確かに・・。」と思ったのは偉大な先採点者が書かれていて記憶に残っていた「無かんすい」。
「これ、ラーメンじゃなくない?」とツッコみたくなりますが(笑)、なる程・・な「美白」であり、確かに


       「もっちりしたひやむぎ」とか「芯のある細うどん」を連想します・・・。


 紙ナプキン引き出しにあった通り「山椒」や「七味」、ついでに「黒胡椒」迄かけて麺だけでも何度か頂きましたが、
所謂ラーメン界の「つけ麺の麺」として「麺がぁ!」と絶賛されるタイプとは違う既述のおしとやかな雰囲気に
それら「和」なスパイスを堪能出来、麺自体の過ぎない、柔らかな味風が「何でも」受入れそう。そんな東北女房的。
兎に角、

 
 「無かんすい」=ラーメンんの麺らしくない「和」な食べ味、それが楽しくなるハンドメイド感ある「美白麺」
                                          ・・・とお伝えしたい。



       
=== つけダレ ===<バランス型豚骨魚介醤油>

 立ち上げる醤油・魚介香り、そして軽めな粘度に「甘すぎない・重すぎない」が予見されます。
量は、私には「少ない」と思うボリューム。絶対必要量、より「気持ち」の問題なんですが・・・。ま、そこも上品(笑)
お味は、

        豚骨~、より鶏?と感じさせる程の丸い動物感に

          軽い酸味ある醤油キレと節を感じる魚介の風味・・。


 一般的に讃辞を受ける「濃厚ぉ~」とは違う、動物・魚介・醤油のバランスを取られた、
強いて言えば醤油と魚介、が目立つ味付け。駄舌な私は帰りに店の提灯の「豚骨魚介」を見る迄、「鶏じゃねーの?。」
とすら思ってた動物感の、過ぎた重さや甘さの無い、さっぱり、とも言える飲める濃度な味わいがアダルティ。
麺が更に強ければ別でしょうが、この太過ぎない、優しい麺を活かすバランスが計られてるな・・と感じます。



===トッピング類===<棒サイコロ叉焼、メンマ、ネギ、糸唐辛子、OP味玉>

 この一杯で最も弱点になりそうなのが、チャーシューの、「量」。
そう太くない、長くない脂・赤身サンド状バラで、そこも又上品とも言えましょうが、
巷では結構チャーシューを楽しみにしている方が多いと思いますので・・。好きな人は叉焼トッピング必須では?。

 その代わりに、と言っては何ですが、デカい材木メンマ。この手で「最大級」でしょう(笑)。
焦げ茶色な色目程辛さ無く、和な風味でスッキリ醤油味。ニャックリ部とゴリっと部のある、部分食感違いが楽しい。

 OP味玉も、軽い甘みに爽やか醤油味って感で甘さ抑えた仕様。中トロリで今や及第ながらその味付けがこの店らしい。
最後、結構ネギが残りましたが、ネギだけ頂いたり、スープ割りに入れたり、とこの量は重宝します。
「わざと残してるんか?」とすら思うネギ辛みも又、アダルト(笑)。
ただ、確か和醸良麺 すがりであった様な?「焼き白ネギ」とか、「変った何か」があれば、更に「洒落た」って
感じを更に加速出来そうな気はするのは「欲」ってもんでしょうか。


トッピング類全般、と云うかOP無しでは否が応でもメンマが脚光を浴び(笑)、一般的に驚きと讃辞が贈られるデカさ。




===スープ割り===<コールすればポットから入れてくれる>

 提供時にスープ割りの有無は確認してます。コールするとカウンター上に置かれたポットを持って来て注いでくれます。
・・・・もしかすると、「ご自由にどうぞ」だったのかな?・・・。ただ、私達には遠すぎてそれに気付けなかった・・。

 魚介割り出汁の様で、この、節系の香る風味が増し、お決まり的なサッパリ仕上げ。
ここで柑橘類など、「最後の一押し」があれば・・と思ったのと、その割りスープが温かったのが残念ではあります。




=== 総  評 ===<店内ムード含めて楽しむ、トータルバランス型一杯>

 「こりゃ、3玉イケるな。」とか食中に呟いてた、「もっとくれ」感(笑)。しかし・・・・、
店舗を出て歩いて気付いた結構な満腹感。この場合「旨かったから」こその「もっと」だった事は間違いない。

 京都の、親と呼べる店の内、古民家を改造して作ったあのお店とは又違う、確かに「北野坂」にある店、
しかもビルの近地下2階の扉を開けて漂う、明るくムーディな照明が醸す小洒落た店内、更にヌカりない備品類・・・・


 「つるつる」とか「ガッシリ」と云った判り易さと違う、「優しさ」を感じさせる麺、 
それに合わせた、重すぎない、軽すぎない、「バランス」の取れたつけダレの味わい、&メンマでじっくり楽しむ一杯!。
「濃厚&強麺」とは違った、これがこの店主さんの「センス」だと思ったし、店舗含めて「作りたい物」ってのが
ストレートに伝わる、お味は勿論、何とも先述の洒落たムードとバランスを楽しめる一杯でしょう!。



 「又、来るか?」・・・「はい。」・・・同伴者も激しく同意しているようです(笑)。


 点数付けに当たっては、これはもう「勧めれる」領域の80点~の開始。
何度も書いた「バランス」の取れた味わい故、バーンと点数を上げ難い、ともすれば「ハッキリしない」味・余韻とも
感じたフシ、そしてそれは「スペシャル」と言える様な魚介感や醤油感では無かったのも正直なところで、
「本音」なこの辺でお願い致します・・・。上手くヤラれた感コミでね!(笑)。
(先採点者様達・・・みんなおんなじ感覚でしょうか?点数が近接しますね。)



        「和」な優しさ醸す麺と、食べ易く旨いつけダレの


          ナイスコンビネーション!。「この店のセンス」を楽しめますよ!。




 御馳走様でした!。これからも、この隠れ家なファンを増やして下さいね!(並ばない程度にお願いします。)

 

投稿(更新) | コメント (10) | このお店へのレビュー: 1件

「酸辣湯麺(麺大盛り)」@幸楽苑 尼崎下坂部店の写真 某レビュワーさんに囁いて頂いて、ここで「酸辣湯麺」が
供されている事を知りました。有難うございます!。
ここ「幸楽苑」、確か枚方のお店で3年近く前に頂いて
「390円でこの味、何も言う事ないわ・・。」と、未採点。
レビューを書く意欲を削ぐ程の「何か」が有ったんでしょうね(笑)。
 この日お昼真っ只中の12時半頃過ぎ到着。当然のほぼ満席っぷり。
徹底されたオペにより、待つ事なくカウンターへ案内されます。
店内入って直ぐ「スっぱい」臭いがしましたので、このメニューを
食べてる人がいるんですね(笑)。関西へ普及して欲しいもんです。

 注文は当然表記のヤツの大盛り。こちらでの呼称は「スーラータンメン」。
「絶妙な辣油の辛味と酢の酸味!椎茸、キクラゲ、筍、玉子などの具材にとろみをつけた餡は一度食べたらクセになる味!」
とメニューで謳ってます。特にオリジナルブレンド酢だの黒酢とか特別なラー油って事は無さそうですが、
巧くスープと馴染んだスッパ辛さあれば私はイイ(笑)。


 しかしこちらのメニューの「税抜き」価格は今時腑に落ちませんね~。税込みお値段¥619+大盛り¥105=¥724。
スペシャルメニュー、しかも大盛りにしては安いと思いますが、「この店で」としてはやや高でしょうか(笑)?。

 久し振りのこの系列店ですが、「餃子」を推すらしく、殆どの方がセット注文?凄い注文率ですね・・・。
どんどんと出来上がっては並べてます。麺を作る女性はマシーンの様に凄い手速さでラーメンを仕上げています。
決して多いとは思えない従業員さんの数ながら、さながらファクトリーの様にラーメン完成→配膳→食べる→会計、
合間の新規入客への対応含めて、昼飯に滅多にこういった大手チェーン店に入らない私は、
「ラーメン店の形した工場やな・・・。」とこの値段実現の為の効率化に物凄く感心致しました。余談失礼。
流石に累積してるオーダー故、待つ事10分少々・・



             「らしい」白ネギと餡状の具、

              でもスープはサラリで「赤い中華そば」って感・・。


 期待していた「ドロドロっ」とした餡の&ふんわり玉子とじでは有りませんが、醤油色したスープに散るラー油と
真ん中の具入り餡が「らしく」見えてまあ雰囲気OK。

 カウンター上にはラー油が有りますが、「酢」単品が無い事は確認済みですので、
提供と同時に「酢、ちょーだい。」と伝えると、「はい、直ぐお持ち致します!」と10秒で普通の「穀物酢」が供されました。
(米酢とか、フルーツ酢、〇〇酢とかよりそれがエエ(笑)。)




=== スープ ===<醤油ベースに酸辛味&トッピング餡>

 この店の、個性迄は無く共良く出来た万人にウケる、問題の無い醤油ベースの味に「酸辛」を乗せます。
提供状態では


          立つピリ辛&酸味は軽~くって感で対等な柔らか醤油スープ味


 控え目ですね(笑)。軽甘みのある醤油スープをが解らなくなる程の「スッパ辛」では有りません。
ただ万人にはウケそうですし、「クセ」とか「個性」のある醤油味では有りませんから、一般的に強い「酸辛」を
難なく受け入れ、ちゃんと一体化。そんな所にもこの店のこの値段の通常スープの当たり触り無さに感心します。
当然私は酢を2週、最後には3週程回し入れラー油は少し、辛味噌も少し・・・と「スっぱさ増し」重視チューン(笑)。

 麺上中央の盛られる椎茸、キクラゲ、タケノコ、玉子。
折角玉子溶いてるんなら、も少し餡を多くして玉子を増やして欲しかったな・・・。
少しここだけ味見しましたが、まあ中華丼みたいなもんですから、途中からなるべく混ぜる様に心がけると、
徐々に全体に行き渡り、ほんの少しのトロみが付きました。「後混ぜ」でもこれ位トロむんなら、もっと欲しかったな~。

 
 キモのスープ、デフォでは遠慮勝ちな辛さで食べ易い酸辛。イケる人は追加必須!。
基醤油スープの重さレスさが奏功して旨く「味の追加」になっていると思います。




===  麺  ===<勝負を優位に持ち込む「オリジナル多加水熟成」>

 御存知の方も多いウニウニっとした不規則軽ウネり&ウェーブの平打ち。
少しの透明感に謳い文句の「多加水熟成」を感じ、故にウネるラインながらに滑り良い為啜り上げは苦になりません。

 外が固めに感じる様な均一密度で「ヌチっ」とする歯応えは素晴らしいコシと迄は言えなく共、
その口内タッチと食感だけで一般的な人は其処らの中細ストレートと違うスペシャルを感じるのではないでしょうか。

 「瑞々しさ」もある様なタイプ故、風味は弱く共、この系統として充分に良いと思いますし、
私個人、好きな麺と思えます。麺量もきっちり多く、この値段でこの麺出されるとね・・・と黙ってしまいますね・・。




=== 総  評 ===<こう云った店で気楽にスーラー食えるだけで私は嬉しい>

 麺量、しっかり通常量もしくは以上有り、この多分2玉量とスープも完飲で満足!。ちゃんと汗も噴き出しました(笑)。
私が「酸ラー」を覚えた関東の店と違い、「餡かけ具載せ」時点であくまでも「醤油スープにプラスアルファ」的な味故、
スペシャリティは弱めですが、いえいえ、この値段も含めたお手軽感、旨い不味いと云うより「文句言えません」。
私には酢とラー油追加が必須となりますが、


     今の所私が大阪圏で知る「酸辣湯麺」の中で色々な意味で最も食いたくなる一杯だと感じました。
                                   (トマト入りは反則だから抜きでネ。)    


 余談ですが、私の隣の少し年上の御方は慣れた風に「野菜ラーメン、大盛り、コーントッピングで。」と注文。
コショーをシパシパ沢山振って、ラー油をズバズバ(2週位)投入・・・。ここのん好きなんですね・・・。
この店内で私だけが握っていた筈の「酢」、「これ入れるアルか?合うアルよ。」と薦めたくなりましたよ(笑)。



 「又、来るか?」・・「はい。」・・家族でとかは当然で、私的にはこの「酸辣湯麺」の再食も希望します。
ここの支店は私の活動域では少ない事がネック、ってだけでしょうか。

 点数付けにあたっては、最初、シャバいスープと玉子少ない感で「まあこんなもんか・・。」でしたが、
意外な程の餡の馴染み、心象の良い麺を買って、これはもう「合格」の70点~。
ただどうしてもこう云った店舗の一杯故、スペシャルが弱めですから、この辺で・・CPはとってもヨシ!ですけど!。
(やはり私は「酸辣湯麺」にドロドロ、玉子に拘ってる様で、最初に頂いた東京の刷り込みがある様で恐縮です。)



          食べ易い辛勝ち酸みな、「みんなのスーラー」!。

 
            更に辛く、更にスッパくして尚旨し!・・是非一度どうぞ・・。




 御馳走様でした!。卓上に「酢&黒胡椒」が欲しいなぁ。これ、通年無理ですか?、夏でも汗流して食べますから!。
(黒酢とかあったら尚嬉しい!)



 

投稿(更新) | コメント (6) | このお店へのレビュー: 1件

「大盛みそ」@浜っこラーメンの写真 ずっとマークしてましたが、どうしても「地元系」と云う事で
おざなりにしていて恐縮です。某レビュワーさんの一言で長年の宿題を
想い出し、且つ近場の所用を抜けて訪問です。スーパーの向かい側の
店舗は、小さいけど小ざっぱりとしてます。店前は何度か通っていても
この小奇麗さに「普通」と思っていた事も又確かで、逆にサビれた
食堂っぽければ変態の私はもっと早くに訪問していたと思います(笑)。
 入店そうそう、その近場の所用からわざわざ来たらしい知人が独りで
食べてます。ラーメン屋なのにチャーハンだけ(スープ付)を(笑)。

 臨港線沿いからこの場所に移転する10年以上も前からここの「焼飯」ファンとの事です。スゲーな・・・。
確かにここの焼飯は、「お持ち帰り」も有り人気有りそうですし、550円なりに量も多く旨そうでした。
 
 注文はメニュートップの「味噌」の大盛り。メニュー名「大盛みそ」。
この時迄「醤油」がトップと思ってました・・・(泣)。
お値段、デフォ¥550の安価っぷりに対して大盛りは+200円の750円。でも合計は普通なプライスですね~。
味噌・醤油・塩と変わり種がメニューですが、やはり殆どの客は「みそ」を頼み、この日この時「味噌9:醤油1」。
先入店してた知りあいの「焼飯」単独注文は抜きでネ(笑)。面白いのは塩は塩「バター」が標準って事・・・。
私的に他客注文の「味噌バター」のバターのデカさが気を惹きつつ、その知人も「味噌バター」がお勧めらしい(笑)。

 この休日昼真ん中の12時過ぎ、8割に満たない程度を維持してパラパラと近隣客が入れ換わって丁度良い混み加減。
「駐車場有りませんか?」といちいち聞きに来る客には「店前横付け」を推奨しておられました。イイね~(笑)。
初老の御夫婦と娘さん?くらいな女性計3名で節度ある接客風景に安らぎを覚えつつ、
変に胡麻化さない清潔感ある「白くて明るい照明」と「白いテーブル」が「小奇麗な食堂風」感を加速させます。
 高い位置のテレビのBGMを聞きつつ待つ事10分弱・・・



         うおっ!・・・又、「田舎味噌鍋」風やんけ!、

            否、「味噌煮込みうどん」風スープにも見えるな・・・。


 つい先日高得点を付けた麺一盃の「魚介味噌系」を想い出す、鍋みたいな「泡立ち」と「具」の混ざり具合。
そして、「赤味噌オンリー」ってカラーから名古屋名物の「味噌煮込み」を連想した次第です。




===  麺  ===<中太ストレート>

 軽いウェーブある麺、ミソスープの黒い色目に染まってます。やや短めな麺長でしょうか。
端的な食風は


         クッシリとした「やや固め」を感じさせる外固破り感。


 こう云った「アツアツ」スープへの耐性が考慮されたやや固=少し乾いた食感です。最初は。
故に「街の麺=ソフト」では無い、味噌味の強さと麺太さ&固さの強さバランスが拮抗する様な程好さで、
食べ易くも「味噌に合う」と言える麺です。「レトロ」とか「街」なイメージの沸く、懐かしい風味も漂います。

 先採点者様も触れていますが、「敢えて麺だけ」取ろうとしないと後述のモヤシ類やミンチも大抵一緒に絡み上がり、
麺と具のムニシャギとしたMIX食感を遺憾なく楽しめます。



=== スープ&具 ===<モヤシ・玉ネギ・ミンチの具&赤味噌全開スープ>

 真っ先に印象付くのは「赤みそ&具沢山」。
甘みを抑えた「赤いみそ味」でズリズリと推して来る、嫌いな人も多そうな「味噌ダレ」中心の味わいですが、
白い「甘み」が殆ど無い「シャープな味噌」味は他にない!?と思え、単なる「茶色い味噌」と違う素晴らしい個性です。
写真の「泡立ち」でイメージされる「粘度」は有りませんが、「これは煮込みの灰汁」とか言うのは野暮ですって!。
端的なお味は


         赤い味噌濃い味~~、でも重さレス・・・「濃厚~」なのは味噌味だけ。


 その「味噌勝ち」な味わいを支える「出汁」は、恐らく「塩」も共通であろうラーメンオーソドックス系らしく、
豚骨等の重さや解り易い風味感が弱く、「赤味噌味」を直感付ける味に一役買ってます。
が、その代わりに「余韻」が乏しいのも又確かながら、油が入っていようともミソ味が抜ければさっぱり感抱くのは
この「過ぎない出汁支え」によるものか?・・・う~ん、もっと深みも欲しいけど、このザ・赤味噌味も捨て難い・・。

 具類は柔らかく黒く染まった玉ネギ、そしてちゃんと時間差煮込みを感じるシャッキリ感残すモヤシ、
「麺より具食ってる方が長かった・・。」そんな気がする多さとラフな散りが何だか嬉しい・・。
スープを飲んでもいつもミンチが流れ込み、
単調な具ながらにこれだけドッサリ入れて貰えると素直に嬉しいし、大盛り+200円、意味が有りますね!。


 トータルでスッパリと食べ手の好みを切り分ける赤味噌主体味、
このタイプがイケる人には「この味」が魔力になる事でしょう・・・。「他で食えない」感も「気楽に食える」感も有る。
私は、好きです。そもそも白味噌より赤味噌の方が好きですし、濃いのは赤ミソ味だけの、
トータルで味噌濃いだけのバランス感故、気楽に食えますから。
 

 

=== 総  評 ===<こんだけ「赤味噌」で食わせる味噌ラーメンは貴重>

 麺量はやや少な目に感じる、文中の通り「赤味噌味スープと具」食った感が余韻を支配(笑)。
正直、かなり以前から「浜っ子」って名前を知りつつ、イコール「赤味噌」なんて事を見聞する事が無かったのが
不思議な程の独特とも言える赤味噌仕様!。きっと「いっつも」な人しか来ないし、場所的にも「局地的人気」故
ネット上でも・・と思って於きます・・・。これ食うと、西宮って「赤味噌の名産地かぁ?」って思いますよ(笑)。

 大阪の味噌と云えば麺屋 彩々 昭和町本店味噌らーめん みつか坊主 大阪空港本店が私は閃きますが、これら2軒が醸す
「渾身」とか「洗練」な最近の出来のイイ一杯とは御察しの通りこいつは違い、ラフさのある「街の味」・・・。
「街」と云えば神戸のみそラーメンさつきを想い出します。確かに地元中心な「立ち位置」は似ている気がします。
全力で作り上げた一杯ってより、大将のセンスと長年の営業で纏まった、昨日今日では出せない様な「味」って所が・・。
ただ、あちらは出汁も含めて一発で判り易い「甘重濃い」濃厚仕様ですから、
こいつの「赤味噌突き抜け感」を比喩するものを私は今は知りません!。

 この、どっかに有りそうな街仕様脱力味噌を「赤」で推す、個性輝く一杯は西宮の保護対象な一杯でしょう!。



 「又、来るか?。」・・・「はい。」・・・このオリジナリティ溢れる味噌の再食はもちろんですし、
他客の頼んだ「醤油」のブラックさも気になる・・・。家族で来てバラバラに頼んだら楽しそう!。

 点数付けに当たっては合格の70点は固い。敢えて落とす部分はないし。
で、やはりこの輝く個性は「勧めれる」「80点~」となります。実は食後直ぐは「出汁が弱いな・・。」と
心中、コクの浅さに文句有りましたが、いえいえ、だからこそ光る「赤味噌味」!。ズバリ本音これでお願いします。
(今日迄放置していた事を悔んだし、大将に詫びたくなった・・。)

 
          
            滅多無い、「具沢山<赤>味噌」ラーメン!


              馴染めるムードでほっこり街の味わいですよ!。
 


 
 御馳走様でした!。この先もずっとこの味を守り続けて下さいネ!。もうちょっと西宮の北の方に支店如何ですか?。

投稿(更新) | コメント (10) | このお店へのレビュー: 2件