なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

昼飯専門

男性

かれこれ10年以上、仕事に絡めて「好き」で毎日ラーメンでした。「勘で飛び込む」から、ここを知り、「ちょっと書こうか」でしたが、何とその一杯の説明やら評価が難しいかと思い知りました・・。 色々と頂いて、「次々と出来る新店・似た様な和風」に疲れて、しばしレビ等止めてましたが、忘れてはいけないお店等、又ボチボチやってみます。ただ「美味しい」だけで無く、本音を書きますので、長文嫌いな方は無視して下さいね。

平均点 77.438点
最終レビュー日 2012年6月14日
514 412 0 1,295
レビュー 店舗 スキ いいね

「豚骨味噌味玉ラーメン(¥600)+(麺大盛+¥50)」@哲麺 十三代目 岐阜羽島店の写真たまに訪れる、岐阜羽島IC付近、暫く前は「この辺なら味噌煮込みうどん」を
定番としてましたが、大阪に三十二代目 哲麺 道頓堀店の開店を知って(未訪)、
あのマンガ喫茶敷地内のラーメン店って、有名な関東発グループやったんか・・。
と知り訪店→「な~んや、豚骨やったんか・・」→食後、「中々エエ・・。」
大阪付近が主な私は「哲」って言葉から、豚骨を連想出来ませんでしたから。
しかし、さっき調べると、もう30何代目迄ある事に驚いたし、
初めて見かけた時は「〇代目って玉五郎のパクりかぁ?」(←関西ローカル)
でしたから、自分の無知さ加減を思い知りました(笑)。
(追記)しっかし、まさか、これ程のバリュー店、店舗登録せなあかんとは(泣)。


 この日、12時前に入店。先客1名のまったりさには、前訪時もほぼ同じ様な状態で、「もっと客多くもエエんちゃう?。」
その前訪時に「当店オリジナル」みたいな事を書いていた、有りそで少ない、「豚骨味噌」を券売機で購入。
必ず問われる麺固さは「固め」でお願いして於きます。

 表記の通り、ノーマル系な一杯は「醤油・塩・味噌」各タレ共通のワンコイン、前回醤油喰った私は、「安い!」と感じます。
この日はそのロープライス故いつもの「大盛り¥50」に加えて「味玉」もPUSH、でもトータル¥650・・素晴らしいCPですね。
こうなると、何となくネギやらこの味玉類の+¥100のトッピング価格に敏感になっちゃいます(笑)。なんせ麺は¥50ですから。

 しかし、+250でのセット類の量に始まり、特に「ごはん類」を頼めば無料となる、「カレーかけ放題」が羨ましい!。
「豚骨&カレーライス」・・・・学生時分に近所にあれば、確実に通っていた事でしょう・・・(笑)。
細麺らしい、5分以内のスピーディさで提供された写真の一杯・・・


         
          やけに濃過ぎる事の無い、丁度良い濃さって感、

             一度喰った上では、既に「安心」、はよ~スルスル食いたい・・。



 丼・スープ量等々、一目で判る全てのコンパクトさは前訪時から価格を想って納得済みですので、文句なし(笑)。
(初訪って場合には思う事有りましょうが、食後には「黙る」筈です。)




===  麺  ===<真っ直ぐに博多豚骨な、らしい低加水細麺>

 もう、誰もがイメージ出来そうな軽~いウェーブでストレートな「あの手」な低加水細カタめ、「白さ」が印象的。
切り刃の番手まで知らない上で全くの私見を言うと、


        豚骨用な細麺の中でも、まだ細い、と思える


          「極細麺」と呼びたいチクチクっと細カタ潰し感がイイ・・。


 ノビの早さは当たり前ですから、文句有りませんし、この細てライン、きっと「バリカタ」以上でも無理無く噛み込めそう。
ただ、その細さ故のトレードオフに「麺喰った感」がやや乏しいのも又事実ながら、私はこの日、人生で初めて、
「大(2玉)」を食って尚、ポケットから50円出して「替え玉」カタめを注文、豚骨で初めて計「3玉」頂きました!(笑)。


 豚骨の細麺、って普通さの中、「揖保の糸」的細さが食べ易くもスペシャル。「1玉50円」って良心価格が手放しに嬉しい麺。




=== スープ ===<あくまでも「豚骨」味メイン、「味噌は風味」として>

 写真の通りの色目故、言われなくば誰でも「豚骨スープでしょ?」って云う「味噌豚骨」とは思えないでしょう。
豚骨スープで括られる比喩、「こってり・ミルキー・クリーミィ・オイリー等々」の中で


             私は直ぐに「クリーミィ」、と直感します。


 それは、油分少な目な表面、透明度低いマットな白さ、滑らかでもミルキーな微粒子じゃない口当たり・・
から連想された言葉です。
故に「マイルド」って言葉が同居する、「獣感」を排除した攻撃性の低い「優しい」味ながら、決して「薄め」って訳じゃなく、

         
           敢えて重さのある「豚骨が欲しい」気分でも、程良く満足出来そな濃ゆさ。

 「濃厚ぉ~~!」っていちいち叫ばず共(笑)、全く普通っぽくても濃く美味しい、
この「優し濃さ」で食わせてくれる、「普遍」すら感じさせる所が、私は付き合い易くて好き・・・。
冒頭の通り、あまり際立たない「味噌」味も、「この優し濃い」豚骨スープが芯をブラさず、どのタレでも安心して頼めそう。



(追記)先程、店舗登録の為に本店HPを拝見しましたが、「魚介」INらしい・・・。
私個人、と謳った旨で書くと、「底に」な、特に意識する事の無い魚感と思う、「言われなくば・・。」な。
しかし、その「バック」迄含めて尚、「普通に旨い」と思わせ、本店の云う「あっさり」・・・それを見て「凄く上手い」と思った。




===トッピング類===<OP味玉・チャーシュー・キクラゲ・ネギ・四角海苔1枚>

 豚骨直球なトピング類、ただやはりこの小さな巻きチャにはこのプライスが想い出されます。
OPの味玉、全く普通価格な100円ながら、この全体価格の中ではどうしても「勿体無いモン頼んじまった」感が沸きますが、
いえいえ、黄身全体、にっとりゼリーなしっかり甘醤油な味付け、単体で普通以上にとても良く出来た逸品と思います。

 キクラゲやネギ、通常的で特に何も有りませんが、
カウンター上にはニンニク以外、フルキャストな「無料トッピング」が有り、この紅ショウガは綺麗ですし、
特に、私は「辛し高菜」が気に入ってます。普通に売ってる、「やっすい味付け風」と違い、「ピリピリ辛さ」が立つタイプ。
チビチビ足して、最後は前回同様「入れ過ぎたかも?」な辛い一杯に変身。


 トッピング類全般、ってより無料のも含めたトータルで「豚骨店の見本」の域では有りますが、トータルでの満足度高し・・。




=== 総  評 ===<価格を考えず共、良く出来たスープで「お得感」高し>

 文中の通り、3玉頂いて、お腹一杯満足!。多分、一玉100g~チョイくらいじゃないでしょうか?。
やはり、3玉となるとスープ量比が少なく感じられ(そもそも少なめ)、故に「細いつけ麺喰った」感(笑)かな?。

 スープ項に書いた、「程好い旨濃さ」ってのがキモで、イチイチ体調を気にせず、気楽に食えて且つ、物足りなさ無い点が、
やはりかなりの好感度ながら、やや「解り易い」豚骨味って部分はあまり「好き者」向けじゃないかも知れません・・。
が、こう云った肩肘張らず喰える一杯、私は好きなんです・・。
その満足感を、一杯ワンコインで「価値」を高めてますし、更に「追加麺50円」で「満足!」に気分が昇華致します!。


        所謂「まあ、この値段でこれなら・・・」と思案するのでは無く、

         「この味でこの値段・・」な、「先ず味」で私は納得出来ます!。



 又、来るか?・・・「はい。」・・・近隣には「花月」やら地元系?な他チェーンが有りますが、それらを頂いた上で、
私は「味噌煮込みうどん」を食ってた訳ですが、「ここ」を知った前回以降、「又ここで3玉」と既に議決しております(笑)。

 点数付けに当たっては、豚骨としての解り易さを持ちつつ、クセになるよな濃厚さ等「クサウマ」感少ない良い普遍感故、
グイグイとは上げれませんが、いえいえ!トータルこの大台OKでしょう!。


 


 御馳走様でした!。・・・大盛り、スープ等増加で+¥100、替え玉は¥50・・・だったら、尚嬉しいです。

投稿(更新) | コメント (6) | このお店へのレビュー: 1件