なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

昼飯専門

男性

かれこれ10年以上、仕事に絡めて「好き」で毎日ラーメンでした。「勘で飛び込む」から、ここを知り、「ちょっと書こうか」でしたが、何とその一杯の説明やら評価が難しいかと思い知りました・・。 色々と頂いて、「次々と出来る新店・似た様な和風」に疲れて、しばしレビ等止めてましたが、忘れてはいけないお店等、又ボチボチやってみます。ただ「美味しい」だけで無く、本音を書きますので、長文嫌いな方は無視して下さいね。

平均点 77.438点
最終レビュー日 2012年6月14日
514 412 0 1,295
レビュー 店舗 スキ いいね

 さて、関東へ出張なので・・今日は京成津田沼での昼食。
事前に調べた結果、こちらの「栄昇ラーメン」に決めてました。
駅から地図を見て行きましたが、直ぐに判りました。
 しかし・・・、結構辺鄙な場所にあるにも関わらず、表で一家族待ちが
発生してましたが、丁度空き、ほぼ待つ事無く入店。丁度13時15分。

 Wスープの<栄昇らーめん>と<魚だしらーめん>と、
事前情報から悩んだまま着席。本当は心は<魚>に傾いていましたが、
メニューに書いてあった「豚骨・鶏がら・魚出汁のWスープ」というのを見て、
そちらの看板メニューの<栄昇ラーメン>にやっぱり変更。
そして大盛り&塩味玉を追加して注文。
 個人的に関東圏では、<魚味>に期待してしまいます。
関西では、まだまだ魚系の使い方の上手い店がそうそうありませんので・・。

 出てくるのを見ていると、確かに湯切りが物凄く、数えてみると
大体50〜60回位はザルで湯切ってます。
 5分位で完成→到着したラーメンは、Wスープといえど、凄く魚出汁の
香りがしており、期待度満点です。

 上に乗っている柚子もいい香りをしており、
邪魔という意見もあると思いますが、柚子と言えば良く、
皮の欠片を浮かべるというパターンに比べ、スープに馴染む様に
すりおろされているので、私的には良い香りを楽しめてOKです。

 食べてみてまず感じたのは、「??以外と麺がフツー」でした。
そう、あの湯切りを見ていると、もっとこだわりの麺を想像していましたが、
薄黄色のやや縮れ細麺は魚=太麺という勝手なイメージ(大勝軒?)を
持っている関西人には確かに普通に思えていました。
関西限定での表現では、「ふくちぁんラーメンの麺に少し透明感を+」
って感じでしょうか・・・。(注:見た目だけですので悪しからず)

 しかし、それとて、問題が有る訳では無く、私個人のイメージと違っただけで
適度な喉越しの良さと腰もある上、スープが絡む麺は一言「美味しい」となります。

 やはり感心したのはスープで、とにかく「上手いね〜」って思ってました。
こういった仕事のスープは関西では滅多・・いや・・殆どありません。
いや、あるにはあるが、大体の場合、あっさりし過ぎに振れてます。
 
 Wスープでも、豚骨・鳥といった動物系より、やはり魚系が前面に出ており、
関東でラーメンを食べてる感(←なんのこっちゃ)をたっぷり楽しめました。
思ったより、魚出汁が中心となってる為かあっさり/上品といった感を強く感じます。こうなってくるともう少しパンチが・・・という欲が出ましたが、
別メニューの<豚骨醤油>を食べたらどんなんだろう・・
と期待せずにはいられませんでした。
 油分も適当に有り、ただあっさりというより、上品なこってり感と魚出汁の
融合により、しつこさが無い為、あっさりに感じていると思われます。

 塩味玉の完全ゼリー状の黄身、柔らかいチャーシュー、
しこしこで柔らかいメンマと、どれも美味しく頂け、文句を言う必要は
何もありません。魚系の勝ったWスープは大阪では<洛二神>を真っ先に
思いだしましたが、すみません・・個人的にはこちらのラーメンの圧勝です。

 とにかく美味しかったと満足している中で、面白かったのは
<Dead or Alive>のBEST CDが流れ続けているその雰囲気も関西人には
滅多無い光景です。店主さん好きなのかな?

 しかし、この様な場所(失礼)でこれ程のラーメン屋があるとは・・
というのが正直な感想で、関西圏でいうなれば・・・
川西能勢口といった所でしょうか? 失礼ですが、本当に感心しました。
 しかも、大盛り¥50-、味玉¥50-ですもんね!
これも関西の美味しいお店では有り得ません。見習って欲しいですわ、正直。
 「又、来たいですか?」と問われると迷う事なく「はい!!」と言えます。
やたらに行列でない事も個人的に大評価しますし(平日昼)、(←不思議)
<豚骨醤油>と<魚だし>も食べたいし・・・<つけ麺>も・・。
久し振りに初訪問で美味しいと思える店で、大満足でした。
この系統の味では無理と判っていても自分の好きなガッツリ感・中毒感の無さを引いて
この点数を付けさせて頂きます。
ご馳走様でした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件