なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

コテハンアラシ

男性
平均点 75.667点
最終レビュー日 2019年9月16日
1,669 1,474 0 1,791
レビュー 店舗 スキ いいね

「濃厚つけめん・並 920円」@松戸富田麺絆の写真『中華そば 和渦 TOKYO』さんを後にし、お次は濃厚な1杯を求めコチラ『松戸富田麺絆』さんへ♪
行列が長かったら諦めようかと思いましたが、到着時は6名程度で迷う事なく最後尾に接続。店員さんから先に食券を買うよう促され、先ずは入口正面に設置された券売機にて食券を購入します。
超最新式の券売機にドキドキですよ…(笑)
メニューは『濃厚つけめん』・『もりそば』・『中華そば』の三本柱に各種トッピングといった構成。本来であれば『柏幻霜ポーク焼豚濃厚つけめん』を頂きたいところですが、キャパシティの問題で『濃厚つけめん・並』の画面ににタッチ!しばしの時間を経てご案内となりました。

見るからに濃厚そうなスープは凝縮された動物系がどっしりと構えており、乾物魚介はサポート役に留まらずガッツリと猛アピール。またたっぷりと添加された飛び道具にてさらなる追い打ちをかけ、甘めな醤油ダレが強めに主張し柚子の風味が心地よく追随。

やや濃いめなベージュ色をした麺は自家製の極太ストレート麺。先ずはスープに浸けずにそのまま頂くのが流儀。富田さんらしいムッチリとした独特な食感で喉越しも申し分なく、豊かに香る小麦の風味が印象的。

チャーシューはバラのロールタイプが半分。やや肉感を残した食感で基準以上の美味しさ。
メンマは極太タイプで十分な存在感。
その他の具材は海苔・なると・薬味ネギなど。

いや~、美味しかったです!
『中華蕎麦 とみ田』さんで頂いた時ほどの感動はございませんが、さすがとしか言いようのないクオリティの高さで満足度は非常に高め。
また機会があれば元祖とされる『もりそば』を頂いてみたいと思います。

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「三位一体 900円 ※煮干し×渡り蟹×海老」@中華そば 和渦 TOKYOの写真『麺屋 まほろ芭』さんで濃密な1杯を頂き、お次も気になるコチラ『中華そば 和渦 TOKYO』さんへ♪
入店してみますと先客は7割くらいだったでしょうか。先ずは入口左手に設置された券売機にて食券を購入します。
メニューは『醤油そば』・『塩そば』・『昆布水つけ麺』に日替わり限定品とされる『三位一体』の四本柱。狙いでもあった『三位一体』は煮干し・渡り蟹・海老との事で迷う事なくそちらのボタンをプッシュ!すぐさまカウンター席へとご案内。

見た目がオレンジ色っぽく見えるのは海老油を使っている影響でしょうかね?序盤から渡り蟹や海老の香ばしい風味が強めに主張し、煮干しはややマスクされてしまっている印象にも思えますが、旨味の相乗効果により全く不満はなし。

麺は僅かなウネリを伴った自家製の中ストレート麺。加水率は高めに感じられツルもちで弾力のある食感が特徴的。

チャーシューは低温調理された肩ロースが1枚。しっとりと肉感を残した食感で火入れ・調味共に完璧で秀逸な出来栄え。
その他の具材は穂先メンマに薬味ネギなど。

いや~、美味しかったです。
初訪問でいきなり日替わり限定品を頂いてしまいましたが、その完成度の高さに魅了され気付けば姦淫寸前。
自家製麺も非常に好印象でしたので、また機会があれば『昆布水つけ麺』を頂いてみたいと思います。

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「濃厚牡蠣煮干そば 950円」@麺屋 まほろ芭の写真『宍道湖しじみ中華蕎麦 琥珀』さんで素晴らしい1杯を頂き、お次はコチラ『麺屋 まほろ芭』さんへ♪
なんでも『麺屋 ねむ瑠』さんのセカンドブランドという事で、蒲田まで来たならそりゃ行くしかないっしょ…(笑)
当然人気店ですので行列を覚悟しておりましたが、入店してみますと店内はほぼ満席ながらも二席ほど空きがあり。先ずは入口正面に設置された券売機にて食券を購入します。
メニューは『海老煮干』・『濃厚煮干』・『淡麗醤油』・『淡麗塩』の四本柱に、昼20食・夜15食限定とされる『牡蠣煮干』に各種トッピングといった構成。狙いでもあった『牡蠣煮干』がなかったらどうしようかと思いましたが、まだ提供可能な様子でほっと一安心。

鶏白湯がベースとされるスープはペッタリと粘度感が高く、意外にも初動で攻めて来るのはビター感を伴った煮干し。牡蠣独特の旨味は後から攻めて来る感じで、鶏や煮干しと全く違和感なく馴染んでおり、他店では中々味わう事の出来ない個性的な1杯。

麺は菅野製麺謹製の中細ストレート麺。適度なパツパツ感と粉っぽさを備えており、濃厚なスープをしっかりと受け止め相性のよさは言わずもがな。

レアチャーシューはしっとりとした食感で、非常控えめな味付けながらも臭みは皆無な仕上がり。
その他の具材は牡蠣の身が1個と海苔1枚・刻み玉葱・青ネギなど。

いや~、非常に美味しかったです!
さすがは『麺屋 ねむ瑠』さんのセカンドブランドとあって安定感のある美味さに大満足!
『替え玉(油そば風)』も非常に気になりましたが、次回の楽しみにしておきましょかね…(笑)

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「宍道湖しじみ中華蕎麦<塩> 800円」@宍道湖しじみ中華蕎麦 琥珀の写真この日はお上りさん…
上野で軽く1杯引っかけお邪魔したのはコチラ『宍道湖しじみ中華蕎麦 琥珀』さん♪
開店17分前の到着でしたが既に10名ほどの先客さんがいらっしゃり完璧に出遅れた模様…(苦笑)
強い日差しの中で45分ほど待ち、ようやく店内へご案内となりました。
メニューは塩と醤油に各種トッピング・ご飯物が少々といったシンプルな構成。さらには夏の限定麺とされる『鶏魚貝の淡麗つけ麺』なるお品も存在しそちらも非常に気になるところ。かなり暑かったのでつけ麺にしようかと思いましたが、初志を貫き『宍道湖しじみ中華蕎麦<塩>』のボタンをプッシュ!

ギラギラと多めな油が表層を覆ったスープは、ひと口啜った瞬間に蜆の旨味がじわじわっと口いっぱいに広がり、鶏は僅かに感じる程度に留まりながらも上品に広がる豊かな香り。尖りのない塩ダレは過度な主張はせずきっちりと素材感を引き立てており、店主様の素晴らしいセンスに思わず脱帽。

麺は菅野製麺謹製の細ストレート麺。加水率はやや低めといったところでしょうかね?適度なボソ感に加え歯切れの良い食感でスープとの相性は抜群!

チャーシューは低温調理されたものが2枚。しっとりとした食感で味入れは思いのほかしっかり目。迷わず増すべし。
その他の具材はメンマに細かく刻まれた赤玉葱・芽ネギなど。

いや~、非常に美味しかったです!
今まで何度か蜆系を頂いた事がありますが、蜆自体が載ってないのは初めての経験でもあり、そして半端ないこの美味さ。
こうなると醤油も非常に気になりますので、また必ずお邪魔したいと思います。

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ごくにぼ 900円」@長尾中華そば 東京神田店の写真『塩生姜らー麺専門店 MANNISH』さんを後にし、お次は煮干しを決めるべく向かったのは『長尾中華そば 東京神田店』さん♪
入店してみますと店内は満席。男性店員さん2名の迎えられ、先ずは入口右手に設置された券売機にて食券を購入します。
メニューは非常に豊富なラインナップとなっており、後客もおりませんでしたので券売機の前でしばし睨めっこ。『西バイパス本店』さんでは『あっさり』、『青森駅前店』さんでは『こく煮干し』を頂きましたので、今回は裏メニューとされる『ごくにぼ』のボタンをプッシュ!

粘度感は然程高めではないものの動物系がしっかりとベースを作っており、濃厚な煮干しの旨味が初動から炸裂!チャーシューの上に添加されたペースト状のようなタレ?や粉砕された煮干しがさらに追い打ちをかけ、煮干し好きには堪らないマニアックな仕上がりに。

麺は平打ち状で強めなウネリを伴った中太麺。加水率は高めな印象でもっちりとした食感が特徴的。この類では低加水細ストレート麺が定番ではありますが、本場青森では中太麺が主流。

チャーシューはバラ肉でしょうか?少々厚さは寂しいものの標準で2枚装備され不満のない美味しさ。
その他の具材はメンマに薬味ネギなど。

いや~、美味しかったです。
少々やり過ぎてしまった感は否めませんが、怖いもの見たさもあり『ごくにぼMAX』も非常に気になるところ。
それはさておき『長尾中華そば』さんの味が青森まで行かなくて楽しめるのは有難い事ですね。

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「塩生姜らー麺 850円」@塩生姜らー麺専門店MANNISHの写真都内での諸用を済ませ少しばかりの空き時間に伺ったのはコチラ『塩生姜らー麺専門店 MANNISH』さん♪
入店してみますと店内は満席でしたが待ち客はなし。店主様と女性店員さんに迎えられ、先ずは入口右手に設置された券売機にて食券を購入します。
メニューはコチラの売りでもある『塩生姜らー麺』を筆頭に、限定ボタンは『塩生姜つけ麺』・『冷たい塩生姜油そば』さらにはTwitterで告知のあった『流我胃夢つけ麺』など。当然初訪問ですので冒険はせず素直に左上の法則に従います。

思いのほかクリアなスープは鶏の旨味がじんわりとベースを作っており、生姜の爽やかな風味が心地よく追随。個人的に生姜と言えば一辺倒になりがちなイメージですが全くやり過ぎた感はなく、塩ダレと共に調味料としての役割を存分に果たしており非常に後を引く美味しさ。

麺はしなやかな中細ストレート麺。加水率は然程低くは感じず弾力があり歯切れの良い食感が印象的。

チャーシューは豚ではなく鶏のモモ肉が2切れ。味入れは控えめながらも鶏臭さは感じず非常にやわらかい食感。
その他の具材は青梗菜・スプラウト・薬味ネギなど。

いや~、美味しかったです。
さっぱり&スッキリで女性客が圧倒的に多いのも納得!
また機会があれば『塩生姜つけ麺』を頂いてみたいと思います。

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「らーめん 680円 ※アブラ多め」@千石自慢らーめん 王子店の写真入店してみますと先客は2名。店主様と男性店員さんに迎えられ、先ずは入口左手に設置された券売機にて食券を購入します。
メニューは醤油・塩・つけめんの三本柱に各種トッピングといったバリエーション。当然デフォルトのボタンをプッシュし食券を店員さんへ。無意識にアブラ多めと言ってました…(笑)

スープは大量に添加された背脂と液体油が層を作りひと口目からギトギト感全開!そのお陰もあってか豚感に全く不満はなく、背脂の甘さとコクのある醤油ダレが見事にマッチング。

麺は軽めなウネリを伴った中太麺。茹で具合はそこそこ硬めな仕上がりでもっちりとした食感が印象的。
チャーシューはバラのロールタイプが1枚。少々スカスカな印象ではございますが、特に獣臭さは感じず不満のない美味しさ。
もやしは湯煎が甘く食感はシャキシャキで、やや青臭さが口に残り少々残念。
その他の具材はメンマに薬味ネギなど。

そして終盤に差し掛かったところで、卓上に配備された万能辛みそとニンニクを添加しクサ辛でフィニッシュ!

いや~、美味しかったです。
久しぶりにこの系統を頂きましたが、やっぱり背脂っていいですよね…(・∀・)
翌日まで何も食べられなかった事はここだけの話にしておきましょうか…(笑)

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「チャーシュー麺 900円」@中華そば 竹千代の写真宴のあった翌日、朝から上野で軽くひっかけ(笑)『中華そば 竹千代』さんへお邪魔してみましたよ♪
なんでも店主様が5年をかけて全国から最高の食材を探して出来上がった1杯という事ですよ。
入店してみますと先客は数名。店主様とお若い女性店員さんに迎えられ、先ずは入口右手に設置された券売機にて食券を購入します。
メニューは『中華そば』・『チャーシュー麺』の醤油味一本勝負となっており、トッピングに至っても非常にシンプルな構成。もっぱらデフォルト派なアタクシではございますが、美味そうなお肉に目を引かれ『チャーシュー麺』のボタンをプッシュ!

豚骨や鶏ガラは不使用との事で昆布や干し椎茸などが主導でしょうか。特に椎茸の風味が強めに感じられ、スッキリとした後味ながらも物足りなさは皆無。醤油ダレにも拘りがあるようですが、素材の旨味を生かす為なのか主張は控えめ。

麺はまさかまさかの小林製麺謹製の細ストレート麺。非常に滑らかな啜り心地で喉越しもよくスープとの相性に不満はなし。

チャーシューはバラ肉が6枚。コチラも群馬県産との事ですが、切り置きされているのか仄かに香る獣臭さ。
その他の具材はコリコリ食感のメンマに九条ネギなど。

いや~、美味しかったです!
兎にも角にも店主様の拘りが随所に感じられ、ラヲタが泣いて喜びそうな1杯といったところでしょうかね?
今回は えいようドリンク を飲んでおりましたので採点は若干甘めで…(笑)

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「とんこつラーメン 650円 ※ばりかた」@とんこつラーメン博多風龍 北千住店の写真宴を終え『風龍行きましょ!風龍!』との言葉に流され、お邪魔したのはコチラ『とんこつラーメン 博多風龍 北千住店』さん♪
入店してみますと先客は7割くらいだったでしょうか?先ずは入口左手に設置された券売機にて食券を購入します。
メニューは『とんこつラーメン』を筆頭に『黒マー油』・『辛味噌』・『あごだし』や冷やし系など多彩なラインナップ。以前デフォはワンコインで替玉2玉まで無料だったと記憶しておりますが、いつの間にやら値上げされたご様子。迷う事なく『とんこつラーメン』の画面をタッチし、ひとり寂しくカウンター席へ。店員さんに食券を渡し『ばりかた』と伝えます。

白濁したスープは豚感は非常にライトな印象で、表層を覆うラードは多めながらも豚骨臭は皆無。カエシはやや強めな設定に思え非常にあっさりとした味わい。このサラッとした軽さが受けてるのか深夜でも大盛況!CKだからと言って舐めたらイケマセンヨ…(笑)

麺は加水率低めな極細ストレート麺。粉の風味は控えめながらも食感はバッキボキで、スープとの相性もよく特に不満のない美味しさ。

チャーシューはロースタイプが1枚。獣臭こそ感じないものの肉の旨味はあまり感じられず、ややパサな食感で少々残念。
その他の具材はキクラゲに薬味ネギのみ。

食わなきゃ損すると思いましたのでそりゃ替玉するでしょう…(笑)
卓上に配備された辛子高菜とおろし大蒜をたっぷりと添加しフィニッシュ!
しっかし2玉まで無料ってのは有難いですね。

いや~、美味しかったです。
腹は存分に満たされましたが心は全く満たされず…。
終電の事など何も考えず北千住の路地裏へ消えて行きましたとさ。

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「酒粕濃厚そば 1,100円」@銀座 風見の写真『銀座 八五』さんで美味しい1杯を頂き、お次は交通会館の地下に存在する人気店へ…
しかしながら背後霊がいっぱいおりましたので早々に諦め、路地裏にひっそりと佇むコチラ『銀座 風見』さんへお邪魔してみましたよ♪
店に到着しますと店内は当然満席で、待ち客は7名ほどだったでしょうか。店内からお若い女性店員さんが出て来られ、先に食券を購入するよう促されます。
メニューは『酒粕濃厚そば』を筆頭に、『塩そば』・『醤油そば』・『酒粕濃厚つけそば』などにトッピングといったバリエーション。オヌヌメであろう『酒粕濃厚そば』は1,100円と目玉が飛び出そうな価格ではありますが、少々躊躇しながらもそちらのボタンをプッシュ!しばしの時間を経てご案内となりました。

乳化の進んだスープは動物系がどっしりと構え、粘度感が非常に高く重厚感に溢れた仕上がり。口に含んだ瞬間は動物系の旨味がグイッと攻めて来ますが、その後酒粕の風味が喉から鼻へと抜け独特の甘さが口に広がり、どことなく甘酒ライクな味わい。

麺は麺屋棣鄂謹製とされる丸みを帯びた中太ストレート麺。茹で具合はしっかりと硬めに仕上げられ、歯応えのある食感が印象的。

チャーシューは異なる部位・調理法の物が1枚ずつ。豚バラは非常にやわらかくて肉の旨味もしっかり。
レアチャーシューはロースタイプ。コチラはしっとりとした食感で控えめな調味具合。
栃尾揚げこんがりと焼かれ、濃厚なスープをたっぷりと吸い込み芳ばしい風味がほんのりと追随。
半味玉も付いてこのお値段なら納得でしょうかね?ザギンだし…(笑)
その他の具材は青菜・三つ葉・海苔・糸唐辛子・薬味ネギなど。

いや~、美味しかったです!
序盤はやや疑問を抱きながら頂いておりましたが、終盤になるに連れ個性的な味に魅了されレンゲが止まらず…(笑)
また機会があれば『酒粕濃厚つけそば』を頂いてみたいと思います。

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件