なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

コテハンアラシ

男性
平均点 75.676点
最終レビュー日 2019年10月12日
1,683 1,488 0 1,838
レビュー 店舗 スキ いいね

「ラーメン 630円 ※麺硬め」@麺屋 てつの写真『麺屋 鶴と亀』さんで美味い煮干しラーメン頂き、お次はコチラ『麺屋 てつ』さんへ♪
入店してみますと家族連れ多数の大盛況!店主様と女性店員さん2名に迎えられカウンター席を陣取ります。
メニューは醤油と塩の二本柱にトッピングといったシンプルな構成。『ワンタンメン』と少しだけ迷いましたが、人気№1とされる『ラーメン』を麺硬めでオーダー。

スープは穏やかな動物系を主軸に香味野菜などが中心と思われ、表層に油は殆ど浮かず非常にスッキリとした後味。調味料による旨味の底上げはやや強めながらも、醤油ダレの塩梅も程好く不満のない美味しさ。

麺は超が付くほど不揃いな青竹手打ち麺。那須塩原の人気店お思わせるボコボコな麺肌が特徴的で、硬め指定が功を奏し粉っぽさ満載のすいとんライク。この麺を食べに来るだけでも十分価値あり。

チャーシューはバラのロールタイプが2枚。しっかりと肉の旨味が感じられ味入れ加減も絶妙!
その他の具材はメンマになると・薬味ネギなど。

いや~、美味しかったです!
こんな唯一無二の麺が食べられて、しかも630円というバーゲン価格!
塩も気になりますのでまたお邪魔してみたいと思います。

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「煮干し中華そば 700円 ※細麺」@麺屋 鶴と亀の写真この日は以前より気になっていたコチラ『麺屋 鶴と亀』さんへ♪
入店してみますと先客は5名。『お好きな席へどうぞ~』との事で、入口右手のテーブル席を陣取ります。
メニューは『煮干し中華そば』を筆頭に、『つけめん』や『油そば』と思いのほか豊富なラインナップ。さてそんな中、『富田ブラック』が非常に気になるところではございますが、初志を貫き『煮干し中華そば』を細麺でオーダー。大盛りが無料との事でしたが丁重にお断りしました。

初動から煮干しがガツンと主張し動物系は下支えに徹しているご様子。炒ったような芳ばしさは煮干し油由来でしょうか?キレのある醤油ダレがやや強めに主張し、細かい背脂のようなものが適度なコクを演出。どこかで食べ覚えのあるこの味。えーっとどこだっけ?w

麺は中沢製麺謹製とされる細ストレート麺。加水率は低めな設定で小麦の風味も仄かに香り、スープとの相性に違和感はなし。

チャーシューはデフォルトで3枚と大盤振る舞い。食感はトロホロで味入れも程好くお得感満載!
その他の具材は穂先メンマにカイワレ・薬味ネギなど。
ビジュアルの問題だとは思いますが、個人的にカイワレよりも刻み玉葱が欲しいところ。

いや~、美味しかったです!
今年の5月に突然閉店された『つけめん らーめん ブータン』さんの『煮干しそば』にクリソツ… かな?w
しかしながら厨房内を覗いても、あの店主様はおりませんでした。って当たり前か…(笑)

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「らーめん 611円+税」@青竹手打ちラーメン 麺や大山の写真昼時を外しての訪問でしたが、店内は満席で外待ちは10名ほど。強い日差しが照りつける中、最後尾に接続。ウェイティングシートの設置を強く願いますよ…(苦笑)
メニューは醤油と塩の二本柱に加え、各種トッピングにサイドメニューが少々。出自を思わせるラインナップといったところでしょうかね?さてそんな中、一人ゆったりと小上がり席へと案内されデフォルトをオーダーです。

スープは動物系が主軸と思われ佐野らーめんとしては中々力強い仕上がりで旨味も充分。表層には厚めなOILが層を作っており、スープに厚みとコクを与え醤油ダレの塩梅も絶妙!出身店に負けず劣らずの美味さといったところでしょうかね。しばらくお邪魔してないけどw

麺は不揃いな自家製青竹手打ち麺。混雑していた影響なのでしょうか?茹で具合は少々やわらかめに思え麺肌には滑りを感じ少々残念。しかも一本一本が短く終盤はレンゲに集めて食べるという事態。。。

チャーシューはバラ肉が2枚。ビジュアル的には少々アレですが(苦笑)、肉質は良好で味入れも完璧。
その他の具材はメンマ・なると・ほうれん草・薬味ネギなど。

いや~、美味しかったです。
まだオープンされて2ヶ月足らずですが、14時前には暖簾が仕舞われるという驚異的な人気ぶり。
よってアタクシのように行列が苦手な方は、それなりの覚悟が必要かも知れませんね。

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「鶏しおらーめん 700円」@ら〜めん剣豪の写真入店してみますと先客は8割くらいだったでしょうか。店主様と男女の店員3名に迎えられ、カウンター席を陣取ります。
メニューはあっさり系と濃厚系に煮干しの三本柱。季節限定メニューは『冷やしサバサバつけめん』との事でそちらも非常に気になるところー。さてそんな中、先ほど『煮干しらーめん』を頂いてしまったのでメニュー筆頭の『鶏しおらーめん』をチョイス!

非常にクリアなスープは凝縮された鶏の旨味がグイグイと押し寄せ、鶏油のマッタリとした甘さがポワ~ンと追随。塩ダレは角がなく素材の旨味がしっかりと引き出されており、あっさりとした味わいながらも物足りなさは皆無。竹末譲りのバランサーな仕上がりはさすが!

麺は自家製の細ストレート麺。パツパツっと歯切れがよく非常にしなやかな啜り心地で、小麦の風味も豊かに香り抜群の美味さ。

レアチャーシューは少々小ぶりながらも臭みなどは一切感じず控えめな調味具合。
バラチャーシューは味入れも程好くほろりとしたやわらかさで絶品!
その他の具材はめんま・青菜・薬味ネギなど。

いや~、美味しかったです。
ぶっちゃけ竹末系の店とはあまり相性がよろしくないアタクシですが、今回は思いのほか満足度は高めで非常に満足!
次回は『煮干しらーめん』を頂いてみたいと思います。

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「煮干しらーめん 810円 ※濃いめ」@麺処にっ田屋の写真なんでも『麺処 にっ田屋』さんで『煮干しらーめん』を提供されているとの事でお邪魔してみましたよ♪
ちょうど開店時刻の訪問でしたが駐車場は早くも満車になる勢いの盛況ぶりですよ。入店してみますと先客は多数で完全に出遅れた模様…(苦笑)
コチラの店主様は大平町の『小三郎』さんご出身との事で、人気NO1はやはり『しょうがらーめん』。その他にも『担々麺』や数量限定とされる『濃厚らーめん』・『みそらーめん』・『煮干しらーめん』と思いのほか多彩なラインナップ。『冷やしらーめん』も非常に気になるところ(棒)ではございますが、狙いでもあった『煮干しらーめん』をチョイス!

動物系などが主軸と思われるデフォルトのスープに、三段階から味の濃さが選択可能な煮干しスープを加えたWスープという事でしょうかね。動物系は下支えに徹しておりますが煮干しの主張は非常ににふくよかで、ネガティブな部分はきっちりと排除されておりバランスは上々。また千切りにされた生姜と刻み玉葱のアクセントもgood!

麺は強めなちぢれを伴った自家製の手打ち麺。コシはしっかりと感じられ食感はもっちり。ザラツキのある麺肌が特徴的で非常に好印象。

チャーシューはバラ肉タイプが2枚。味入れも程好くトロホロな食感で肉質も良好。
メンマはコリコリな食感で存在感あり。
その他の具材はなるとに薬味ネギなど。
どんぶりの底からは煮干しが…(笑)

いや~、美味しかったです!
まさか佐野らーめんを売りとする店でこれだけ高品位な煮干しらーめんが頂けるとは思ってもみませんでしたよ。
次回もこれだな…(笑)

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「こってり正油 830円」@さのらーめん 唐沢亭の写真この日は気になる1杯を求めて『さのらーめん 唐沢亭』さんへ♪
入店してみますと先客は8名。店主様ご夫婦(でしょうか?)とご子息(?)に迎えられ、相席用の大きなテーブル席を陣取ります。
メニューは『手打ちらーめん』を筆頭に、塩・味噌・こってりなど中々豊富なラインナップ。『極塩&あさり』も非常に気になるところではございますが、初志を貫き『こってり正油』をオーダー。

スープは動物系が主軸と思われ出汁感は穏やかながらも、魚介系がほんのりとサポートしておりバランスは上々。たっぷりと添加された背脂が甘さとコクを演出し旨味も充分。予想を遥かに上回る美味さに序盤からグビグビが止まりませんよ…(笑)

麺はちぢれを伴った自家製の手打ち麺。粉の風味が豊かに香りしっかりとコシを残した食感で抜群の美味さ。
うまい 手打ち うまい

チャーシューは厚みのあるバラのストレートタイプ。肉質良好で味入れも程好くトロホロな食感。懐に余裕のある方は迷わず増すべし。
その他の具材はメンマに浅葱・長ネギ・水菜など。

いや~、美味しかったです!
今まで何故に未訪問だったのかと考える事小一時間…(笑)
再訪を誓い店を後にしました。

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「背脂煮干ラーメン 780円」@麺処いろ葉の写真『中華そば つけ麺 村岡屋』で迫力のある1杯を頂き、お次は少しばかり車を走らせ『麺処 いろ葉』さんへ♪
なんでもコチラの店主様は荻窪にある『二葉』さんご出身だとか。まぁ、行ったのは10年前ですけどね…(爆)
早速入店してみますと先客は6割くらいだったでしょうか。先ずは入口右手に設置された券売機にて食券を購入します。
メニューはラーメン・つけめん・汁なし系にトッピングといったラインナップ。当然左上の法則に従い『背脂煮干ラーメン』のボタンをプッシュ!

スープは動物系が穏やかにベースを作っており、煮干しの風味がやんわりと追随。表層には細かい背脂がびっしりと覆い甘さとコクがプラスされ、キレのある醤油ダレとのバランスも上々。

麺は自家製とされる強めなちぢれを伴った平打ち麺。加水率は高めな印象で適度なもっちり感を備え小麦の風味も豊かに香り非常に好印象。

チャーシューはバラ肉が2枚。やや肉感を残した食感で味付けは控えめ。
その他の具材はメンマに海苔が1枚。

いや~、美味しかったです。
悔やむはアブラ多めにしなかった事でしょうかね。(←どこにも書いてなかったのでw)
麺が抜群に美味かったので次回は『つけめん』を頂いてみたいと思います。

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「つけ麺(小) 850円 ※メンマ」@中華そば つけ麺 村岡屋の写真この日は美味い豚魚を求めコチラ『中華そば つけ麺 村岡屋』さんへ♪
開店数分前の到着でしたが店舗前の駐車場は既に満車で第二駐車場へ。店外には10名以上の待ち客がおり流石は栃木屈指の人気店といったところでしょうか。先に食券を購入してから並ぶシステムという事で先ずは店内へ。
メニューはつけ麺と中華そばの二本柱に加え、巷で話題の(?)『TKM』も存在しそちらも非常に気になるところー。そんな中、少食なアタクシは『つけ麺(小)』のボタンをプッシュ!店員さんに食券を渡すと『小』はメンマか味玉がサービスとの事でメンマをチョイス!

スープは豚骨を主とした動物系の旨味が非常にふくよかに感じられ、粘度感が高くズッシリと重厚感溢れた仕上がり。また乾物魚介とのバランスも素晴らしく、柚子の風味と清涼感が非常にマッチしており序盤からレンゲが止まらない美味さ。

麺は自家製とされる極太ストレート麺。きっちりと冷水で〆られ非常に弾力のある食感で、もっちもちのうどんライク。

チャーシューはバラのロールタイプが1枚。しっとりとしたやわらかさで味入れも程好く増す価値は十分にあり。
メンマは極太タイプで強めな食感を伴いかなりの存在感。

終盤に差し掛かったところで卓上に配備された唐辛子を添加し一気にフィニッシュ!

いや~、非常に美味しかったです!
『またおま系』なんて言われた時期もありましたが、美味い豚魚はいつの時代でも美味いものですよ。
『中華そば』も非常に気になりますので、またお邪魔してみたいと思います。

ご馳走様でした。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「みそカミナリらーめん 800円 ※税別」@らーめん ペコペコの写真この日は元サヤに戻ったコチラ『らーめん ペコペコ』さんへ♪
入店してみますと先客は2名。男性店員さん3名に迎えられテーブル席へとご案内。白を基調とした店内は天井が高く、どことなくレストランチックな佇まい?
メニューは醤油・塩・味噌の三本柱に加え、ご飯物や一品料理などといったラインナップ。『納豆らーめん』と少しだけ悩みましたが(棒)、今回は『みそカミナリらーめん』をチョイス!

当然素スープの素材は判別不能ですがコクと旨味は充分で、味噌ダレに甘さは感じず塩っぱさが優先。また挽肉の旨味に加えて胡麻の芳ばしい風味がアクセントとして作用しており、ピリッとした辛さが舌を刺激しアダルトな味わいを演出。

麺はちぢれを伴った平打ち状の太麺。茹で具合は少々やわらかめな仕上がりで、偶々だったのか不明ですが麺の長さが短くちょっぴり残念。。。

もやしは思いのほかたっぷりでカイワレはマッハ食い…(笑)
その他の具材はメンマにワカメ・薬味ネギなど。

いや~、美味しかったです。
独身時代結構な頻度で通った『らーめん ペコペコ』さん。復活した現在も母体は焼肉屋さんなのでしょうかね?
兎にも角にも懐かしい味が楽しめたので採点は甘めで…(爆)

ご馳走様でした。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン 700円 ※ニンニク少なめ・アブラ」@ラーメン マブでの写真なんでも佐野市にG系の店がオープンしたとの事で、早速お邪魔してみましたよ♪
ちょうど開店時刻の到着でしたが入店してみますと先客は2名。店主様とお母様(でしょうか?)に迎えられカウンター席(しかないけどw)を陣取ります。
メニューは『ラーメン』と『まぜそば』の二本柱にトッピングといったラインナップ。先客さんから順に注文を訊かれ今回は『ラーメン』をチョイス!しばしの時間を経て店主様からトッピングのコールがあり、アタクシの定番となっている『ニンニク少なめ・アブラ』をコール。

スープは非乳化タイプとなっており豚感は思いのほか穏やかな印象で、この系統としては少々軽めな仕上がりといったところでしょうか。魔法の粉や醤油ダレも然程主張はせず、卓上にカエシボトルが完備されておりませんので個人的にカラメは必至。

麺は緩やかな煮ウェ~ヴした平打ち状の太麺。食感はゴワもちで茹で具合はやや硬めといったところ。この系統としてはインパクトが弱めですが、スープが軽めなので不満はなし。

ブタは肩ロースでしょうかね?ひと仕事終えた感は否めませんが、臭みは感じず基準以上の美味しさ。
肩ロースだけかと思ってたらバラ肉も発掘されるというサプライズ。感想は肩ロース同様としておきましょうか…(苦笑)
てんこ盛りのヤサイはもやしが8のキャベツが2の割合といったところ。茹で具合はやや甘く食感はシャキシャキ。

いや~、美味しかったです。
軽めなG系がお好きな方にはオヌヌメかも知れませんね。
次回は『まぜそば』を頂きに来ます!

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件