なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

コテハンアラシ

男性
平均点 75.676点
最終レビュー日 2019年10月12日
1,683 1,488 0 1,840
レビュー 店舗 スキ いいね

「八重山そば 626円」@八重山そば本店 夢乃屋の写真730交差点の角に存在するコチラ『八重山そば本店 夢乃屋』さん♪
入店してみますと先客は疎らで男性店員さんと女性店員さんがお出迎え。
メニューは『八重山そば』や『ソーキそば』『アーサーそば』など石垣島らしいラインナップ。
『カレーそば』も非常に気になるところではございますが、今回は『八重山そば』をチョイス!

八重山そばとは言いましてもスープの製法は沖縄そばと一緒で、やんわりとした豚骨をベースに鰹がふわりと香り非常にあっさりとした後味が特徴的。表層の油分は奇麗に取り除かれておりますが、物足りなさは皆無で非常に間口の広い仕上がり。

麺は極太の沖縄そばとは異なり丸みを帯びた中太ストレート麺。
加水率は低めに感じられ麺肌はザラツキを感じ、ボソボソっとした独特な食感が印象的。

甘く煮詰められた豚肉は脂身がなくややパサな食感で少々残念。
蒲鉾も短冊状に切られ八重山そばである事をアピール。
その他の具材は青ネギのみと非常にシンプルな構成。

いや~、中々美味しい1杯でした。
如何にも観光客向けなお店ではございましたが、本場の八重山そばを食べられたので良しとしておきましょうか。
個人的には本土で食べた沖縄そばの方が好みだったけど…(爆)

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「八重山まぜそば 800円」@八重山STYLEの写真気になる『まぜそば』が提供されているとの事でコチラ『麺屋 八重山style』さんへお邪魔してみましたよ♪
入店してみますと先客多数!店主様に迎えられ、まずは入口正面に設置された券売機にて食券を購入します。
メニューは『ぐるナイ』で紹介された『八重山まぜそば』筆頭に多彩なラインナップ。
お目当てでもあった『タコスまぜそば』はメニュー落ちなご様子…Orz
って事で、ここは素直に売りでもあろう『八重山まぜそば』を頂いてみましょうか。
店主様食券を渡すと説明書が手渡され精読。

豆乳仕立てとされるスープはやや塩気が強めながらもクリーミーな口当たりで、まぜそばというよりはクリーム系のパスタを彷彿させるオサレなお味。ビジュアルも色鮮やかで女性受けすること間違いなしといった仕上がりでしょうか。ま、店主様とアタクシ以外は全員外人さんだったけどね…(爆)

八重山そばの生麺を使ったとされる麺は丸みのある中太ストレート麺。
加水率はやや高めといったところでしょうか?適度なもっちり感を備えスープとの絡みも良好。

チャーシューはサイコロ状にカットされており、程好い味付けで臭みは皆無。
豚舌はやや強めな食感を伴い『まぜそば』のトッピングアイテムとしては中々おもしろい食材。
その他の具材は短冊状に切られた蒲鉾に輪切りにされたゴーヤ・青ネギなど。

終盤に差し掛かったところで、店主様おすすめとされる島胡椒を添加し味変え。
独特な甘い香りを放ち、こればかりは少々好みが分かれそうな予感…(汗)
堪らず別添のスープを添加…(爆)

いや~、美味しかったです。
お目当てのお品がなかったのは非常に残念でしたが、南国らしい1杯が頂け大変に満足。
名古屋ご出身の店主様が作る『台湾ラーメン』も非常に気になりますね。

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「石垣牛醤油中華そば 700円」@石垣中華そば ウシのカドデの写真石垣島ヴィレッジの1階に存在するコチラ『石垣中華そば ウシのカドデ』さん♪
入店してみますと先客は2名、お若い店主様に迎えられカウンター席を陣取ります。
メニューは『店主おすすめ!』とされる『特製石垣牛あぶらそば』が筆頭。
当然『醤油』や『塩』といった定番メニューも存在し、価格は安くもなく高くもなく一般的な感じでしょうか?(笑)
『特製石垣牛あぶらそば』も非常に気になるところではございますが、今回は『石垣牛醤油中華そば』をオーダー。

スープは石垣牛の出汁が非常によく出ており、独特な風味を纏い口当たりは柔らか。清湯とは思えぬほど厚みのある味わいで、醤油ダレの塩梅も程好く牛骨由来と思われるマッタリとした後味が特徴的でしょうか。牛骨といえば北千住にある『マタドール』さんが有名ですが、また違ったアプローチが楽しめて個人的には非常に好印象。

麺は黄色みを帯びた細ストレート麺。
茹で具合はきっちりと硬めに仕上げられパツンとした歯切れのよさ。
麺肌も非常に滑らかで啜り心地は抜群!

チャーシューはバラのストレートタイプが1枚。
しっかりと肉の旨味を完備しており厚みも申し分なし。
脂を衣で包んだような物体は何でしょうかね?
香ばしさを兼ね揃え噛むと口の中でジュワ~っと溶け中々面白いアクセント。
その他の具材は刻み玉葱と青ネギ。

いや~、非常に美味しかったです!
まさか(と言っては失礼ですがw)石垣島でこんなに美味い牛骨ラーメンが頂けるとは思ってませんでしたよ。
中々再訪問する事は難しいですが、機会があればまたお邪魔してみたいと思います。

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「そば小 500円」@きしもと食堂の写真実は先ほど伺った『宮里そば』さんの前にお邪魔したのですが、長蛇の列であった為に断念…
時間を見計らい16時過ぎにお邪魔してると、10名ほどの待ち客…
折角来ましたので最後尾に接続してみましたよ♪
15分ほどの待ち時間を経ていざ入店…
店内は非常に小ぢんまりとしており、テーブル席と小上がり席を完備。
偶々隣に座った方はどうやら地元の方な模様。
メニューは『大』と『小』に加え、ラード炊き込みご飯の『ジューシー』のみ。
既にジューシーは完売しておりましたので『小』をお願いしてみました。

スープは豚骨をベースに鰹出汁がビシッと効き、先ほど頂いた『宮里そば』さんよりも輪郭のある味わい。
醤油感は控えめですが塩分濃度がやや高めな印象で、じんわりとした旨味が口に広がり美味い!

手打ちとされる麺は平打ちの太麺。
茹で具合は割と硬めに仕上げられ非常に弾力があり、うどんや中華麺とは異なる独特な食感。
麺量は少なめとなっており、食べ歩きをするにはこの『小』の存在は非常にありがたいですね。

三枚肉は2枚で厚みがあり甘めな味付け。
少々硬めな食感ですが何ら不満のない美味しさ。
やはり『沖縄そば』といえば蒲鉾でしょうか?
まぁ~、特筆はございませんが…(爆)

いや~、美味しかったです。
観光客のみならず地元の方々からも愛される『きしもと食堂』さん。
創業100年以上となる老舗の味を存分に堪能する事が出来ました。

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ソーキそば 600円」@宮里そばの写真国道58号線から少し反れた立地に存在するこちら『宮里そば』さん。
15時近くの訪問でしたが店内はほぼ満席で、券売機の前には行列が出来ておりかなりの盛況ぶり。
メニューは沖縄そばのみならず、カレーやスパゲティー、さらにはトーストまでございますよ♪
左上の法則に伴い食券を購入したのはいいものの、店員さんからは何も指示もなく店のシステムに困惑…
仕方がなく見ず知らずのご夫婦に相席を申し出席を確保し、店員さんに食券渡して自分の席を伝えます。
これでよかったのか?w

スープは鰹と思しき魚介系がやや強めに主張し、昆布由来の旨味が優しくサポート。
おそらくは動物系も使っていると思われますが、非常にあっさりとしていながらも物足りなさは皆無。
お好みで卓上に配備されたコーレーグスを少量添加し味を変え、紅生姜はアクセントとして加えるのもよし。

麺は平打ちの中太ストレート麺。
ビジュアル的にはうどんをイメージしてしまいますが、ゴワッとした食感で中々個性的。
この辺が『沖縄そば』らしく、少々好みが分かれるところかな…?

メインのソーキは4つ。
甘めに調味されており、ビジュアル通りやや硬めな食感。
沖縄そばで昆布が載るのは珍しいでしょうか?
個人的にはレスでお願いしたい所存…(苦笑)

いや~、美味しかったです。
久しぶりに本場で頂いた沖縄そばでしたが、店の雰囲気共々実に独特で沖縄感を満喫。
機会があれば気になるスパゲティー(トースト付)を頂いてみたいですね…(笑)

ご馳走様でした

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件