なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

コテハンアラシ

男性
平均点 75.676点
最終レビュー日 2019年10月12日
1,683 1,488 0 1,838
レビュー 店舗 スキ いいね

「味噌ラーメン(ハーフ) 660円」@ラーメン 東横 愛宕店の写真折角新潟市まで来ましたので、新潟5大ラーメンのひとつでもある新潟濃厚味噌ラーメンでも頂いてみましょうかね。
そんなわけでお邪魔したのは通し営業が嬉しいコチラ『ラーメン 東横 愛宕店』さん♪入店してみますと先客は2名。
先ずは入口右手に設置された券売機にて食券を購入します。
メニューは味噌ラーメンを筆頭に醤油・塩につけ麺や和え麺などなんでもござれ。さらには期間限定商品やサイドメニューも充実しており、家族連れには嬉しい豊富なラインナップとなっております。さてそんな中、迷う事なく味噌ラーメン(ハーフ)をチョイス!奥の小上がり席へご案内となりました。。

新潟濃厚味噌ラーメンといえば数年前に『ラーメン こまどり』さんで頂いておりますが、その『ラーメン こまどり』さんとは違いひと口目から味噌の塩っぱさが攻撃的に攻めまくり素スープの素材感は全くもって不明。
予習不足だった事もあり衝撃的過ぎる味の濃さに家族共々レンゲが止まり、すぐさま卓上に配備された割スープを添加するという予想外の事態に…(苦笑)ところがこの割スープを少しずつ添加し味を調整すると状況が一変。かなり後を引く味になり中々レンゲが置けないという始末ですよ…(笑)

麺は自社製とされる黄色いストレートの太麺。加水率は高めな設定で弾力のある食感が特徴的。終盤までダレる事はなくスープとの絡みも良好。

具材はキャベツともやしのみとなっており、コストパフォーマンスとしては低めでしょうかね。

いや~、美味しかったです。
ひと口目の味の濃さったらありゃしませんでしたが、結果として家族も大変気に入った様子で家長しての役割はどうにか果せた模様…(笑)
また機会がありましたら『つぶつぶ背脂』でも増してみましょうかね。もちろんトリプルで!

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ねぎラーメン 750円」@ラーメンショップ 中村浜店の写真この日は家族サービヌで新潟へ…
家族には美味い物を食わせアタクシはコチラ『ラーメンショップ 中村浜店』さんへ♪
入店してみますと先客は6名。少々お年を召された店主様に迎えられカウンター席の中央辺りを陣取ります。
メニューは醤油・味噌の二本柱に加え副食やえいようドリンクが少々。ライスに至ってはおかわり自由といった太っ腹さですよ。頼まないけど…(爆)
さてそんな中、変わり種はございませんでしたのでアタクシの定番でもある『ねぎラーメン』をオーダー。

スープの粘度感は低めながらも豚がしっかりと下支えしており、ほんのりと濡れ犬臭が香るというまさかの事態に思わずニンマリ。一般的なラーメンショップよりはクドショッパさは控えめな仕上がりですが、旨味やコクも適度に感じられこれと言って不満のない美味しさ。

麺は丸栄製麺謹製とされる平打ち状の中ちぢれ麺。加水率は高めな設定で麺肌はツルッっとしており、適度な弾力を備え仄かなかん水臭が追随。

メインのあえネギは調味具合が控えめでキマらない…(苦笑)
チャーシューはオーダー毎にカットされ、大判ながらも肉の旨味は抜け気味で出涸らしライク。
メンマは業務用の大きな缶詰が山積みになっておりましたが、何か?w
その他の具材はワカメに海苔が1枚。

いや~、美味しかったです。
前日に頂いた『的場店』さん同様ラーメンショップらしさは控えめな印象でしたが、微クサなスープは想定外の出来事で個人的には思いのほか好印象。
場所的に中々再訪は厳しいと思われますが、これからもお身体をご自愛し末長く営業を続けていただきたいものですね。

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「コーンラーメン 850円 ※大油・玉ねぎ50円」@中華亭の写真『杭州飯店』さんの行列の少なさに一瞬吸い込まれそうになりましたが、予定通りなコチラ『中華亭』さんへ♪
入店してみますと先客は数名…
テンス様の他、男性店員さんと女性店員さんに迎えられカウンター席を陣取ります。
メニューは基本でもある『中華』を筆頭に、塩味の『タンメン』や『みそ』も存在し豊富なバリエーション。
『燕三条系』といえば当然 背脂!
『鬼油』の設定がないのが少々残念ですが、『中油』・『大油』と無料で油の量が指定可能。
そんな中、目の前でひたすら玉葱を刻まれ(苦笑)、涙目になりながらオーダーしたのはコチラ!

スープは動物系をベースに煮干しがふわりと香り、ピリッとした辛さが追随し独特な仕上がり。
醤油ダレは強めなセッティングですが、背脂の甘みと上手く調和され中々好みなバランス。
気付けば額から汗が吹き出し雪国ならではの1杯とでも言いましょうか?非常に癖になる味わいで美味い!

麺は自家製とされる平打ちの極太麺。
茹で具合は少々やわらかめな印象ですが小麦の風味もしっかりと感じられ うどんライク!
ビジュアル通り存在感は絶大ですが、出来れば硬め指定でお願いしてみたいですね…(笑)

具材はたっぷりな挽肉と細かく刻まれたザーサイにコーン。
どなたが考えたのかは不明ですがこのコンビネーションが素晴らしい!
半ライスをお願いしようかと思いましたが、そこはグッと我慢…(笑)
トッピングした刻み玉葱の甘辛いアクセントも絶妙!

いや~、美味しかったです!
さすがは地元の人気店とあってか、あと客がひっきりなしに訪れメニューも見ずに即オーダー…(笑)
極太麺の『焼きそば』も非常に気になりますので、またお邪魔してみたいと思います。

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「味噌ラーメン 780円」@ラーメン こまどりの写真以前『杭州飯店』から海水浴場へ向かった時に非常に混雑していたコチラ『ラーメン こまどり』さん…
なんでも新潟4大ラーメン… ん?5大ラーメン?のひとつでもある『濃厚味噌ラーメン』の元祖だそうですよ。

店に到着しますと待ち客が店外にまで溢れ、予想以上の盛況ぶりにビックリ…
行列嫌いなアタクシではございますが、流石にここまで来て帰るわけには参りません…(笑)
ウェイティングボードを探しますが何処にも見当たらず、適当に並んで順番を待つシステム。
しばしの時間を経て小上がり席へご案内となりました。
店内はカウンター席の他に小上がり席がいっぱい!
入口左手にはテーブル席もあるご様子で、兎にも角にも広いったらありゃしない…(笑)
メニューは数多くの『味噌』が存在し『醤油』や『塩』は少なめ。
その他には一品料理や えいようドリンク も豊富に取り揃えられ、夜は居酒屋としても機能しているご様子。
そんな中、基本でもある『味噌ラーメン』を悩む事なくオーダー。

スープは動物系や香味野菜などが中心と思われ、炒め野菜の香ばしい風味と仄かなピリッと感が追随。
自慢のブレンド味噌がやや強めに主張しますが、割りスープを添加せずとも何ら問題のない濃さで中々美味い!

麺は緩やかなウェ~ヴを伴った自家製とされる太麺。
コシは控えめながらも非常にもっちりとしており、存在感のある食感を楽しめスープとの相性も抜群!

具材はキャベツ・もやし・キクラゲなど惜しげもなくたっぷりと使われ文句なしの美味さ。
中盤に差し掛かったところで、卓上に配備されたおろし大蒜を添加。
スープにパンチが加わりこれは非常にオススメ!

いや~、美味しかったです。
行列に並んでからラーメンが提供されるまでおよそ1時間…
時間に余裕を持っての訪問をおススメ致します。

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「中華そば 500円」@麺処 清水の写真この日はふと思い立ち新潟方面へ…
六日町インターからほど近いコチラ『麺処 清水』さんへお邪魔してみましたよ♪
なんでもテンス様は先日華麗にフラれた『柴崎亭』ご出身との事。

入店してみますと開店間もない時間帯とあってか先客はおりません。
お若いテンス様とウェルカム感が全く感じられない女性店員2名に迎えられます…(苦笑)
券売機は最新のタッチパネル式。
メニューは『中華そば』を筆頭に、『塩煮干そば』や『塩そば』『鯛塩そば』など非常に豊富なラインナップ。
『台湾まぜそば』と悩む事数秒、基本でもある『中華そば』の食券を購入。
店内は厨房前と入口付近にカウンター席があり、小上がり席も完備し小さなお子様連れでも安心w
そんな中、厨房前のカウンター席を陣取り女性店員さんに食券を提示。
直ぐ様オペレーションこなすテンス様でしたが、何故かお若い女性店員さんにスープを注がせるという珍事…
この時点でテンションだだ下がりですよ…Orz

スープは穏やかに感じられる動物系が軸と思われ、表層にはかなり多めな油が覆いしっかりとコクを完備。
醤油ダレは思いのほか強めに感じられ、シャープな味わいであと味はスッキリとしておりバランスは上々。

麺はエッヂのある中細ストレート麵。
加水率は低めに感じられ歯切れのよさも特に不満はなく、啜り心地も滑らかでスープとの相性は良好。

チャーシューは低温調理された肩ロースタイプ。
おもむろに冷蔵庫から取り出されスライサーでカットされペラペラ…
立体的に盛り付けてないので直ぐに変色し味も特筆はなし…
この1杯の致命的は兎にも角にもこのフライドオニオンの存在…
単に多過ぎるだけではなく油がスープを汚染しかなりマイナスなイメージ。
その他の具材はメンマ・カイワレ・薬味ネギ。
何れも特筆はございません。

いや~、中々個性的な1杯でした…(笑)
貧相なラーメンをドヤ顔して1,000円超えする店がある中、コチラはフルトッピングでワンコインと非常に良心的。
今回気になる点が随所に見られたのが残念でしたが、他のメニューも気になりますのでまたお邪魔したいと思います。

ご馳走様でした。


(味)72 + (CP)3= 75点 と、ご理解くださいませ。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「中華(麺少なめ) 570円 ※太麺・多油」@大むら食堂の写真新潟市を後にし燕市にやって来ましたよ♪
店に到着しますと待ち客で溢れ、老若男女問わずコチラも大変な人気ぶり。
ウェーティングボードに名前を記入し、しばしの時間を経て2階の席へとご案内。
メニューはラーメンのみならず、そば・うどんにご飯物と食堂らしい多彩なラインナップ。
ざるそばを食べたい気持ちをグッと堪え表記をオーダー。

スープは煮干しを軸とした魚介系がしっかりと感じられ、表層を覆う背脂の甘味が追随。
多油とはいえ背脂の層はそれ程でもなく、コッテリ感は思いのほか控えめで食べやすい印象。
やや甘めな醤油ダレも絶妙にマッチしており、全体のバランスも上々な仕上がり。

麺は緩やかなウェ~ヴを伴った丸みのある太麺。
茹で具合はやや硬めに仕上げられ、ムチもっちりとした食感で美味い!
本来細麺と選択が可能なようですが、何も言わないと太麺で出て来るらしい…(笑)

チャーシューはバラのロールタイプ。
肉質良好で味付けはやや濃いめ。
煮干しラーメンにはマストアイテムな玉葱。
玉葱由来の甘味とザックリとした食感が堪りませんよ。
その他の具材はメンマ・青菜・なるとに薬味ネギ。
何れも特筆はございません。

いや~、美味しかったです。
燕三条系といえば以前伺った杭州飯店が有名でしょうか?
そちらに負けず劣らずの人気ぶりには大変驚かされました。
機会があればまた家族と訪問してみたいと思います。

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「中華そば 600円」@ラーメン 三吉屋の写真青島食堂 東堀店から車で5分ほどの立地に存在するコチラ三吉屋さん。
大きな通り沿いに面しており、外観は昔ながらの中華そば屋といった様相。
店内満席につき、しばしの時間を経てご案内となりました。
入店してみますと先客は多数!
地元民なのか観光客なのかは不明ですが、大変な繁盛ぶり。
ワンタンはあってもワンタンメンは存在しないという不思議なメニュー構成…(苦笑)
それにしてもジュースが今時100円とは安い!
頼まないけど…(爆)

スープは穏やかな動物系を軸に、煮干しや香味野菜などが中心でしょうか?
醤油ダレは弱めに感じられまったりとした印象で、やや過剰とも思える旨味が追随。
これこそが新潟あっさり醤油の味ってやつでしょうか?老舗らしい味に大変満足。

麺は強めなウェ~ヴを伴った細麺。
茹で具合はやわらかめな仕上がりで、加水率は高めなセッティング。
啜り心地は抜群でスープとの相性も良好。

チャーシューは小ぶりな肩ロース辺りでしょうか?
同行者様が食された叉焼麺の肉とは明らかにビジュアルが異なり若干レインボー…(苦笑)
その他の具材はメンマ・なると・薬味ネギと非常にシンプル。

いや~、美味しかったです。
後客も引っ切り無しに訪れ地元でも人気なのも明らか。
回転も非常によく 『サッと来てサッと食べて帰る』 そんな印象を受けました。

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「青島チャーシュー 820円」@青島食堂 東堀店の写真青島食堂さんと言えば長岡市。コチラは新潟市の1号店との事ですよ。
車中で待機しておりますと、定刻より少し前にシャッターが開き開店となりました。
まずは外に設置された券売機にて食券を購入。
メニュー構成はとてもシンプルなので迷う必要は一切なし。

店内はカウンター席のみで非常に小ぢんまりとした造りとなっており、男性店員さん2名がお出迎え。
食券を渡すと即座にオペレーションが開始され、これがまた手際がよく絶妙なコンビネーション。
これを見れただけでも来た甲斐があったってもんですよ…(笑)

動物系が軸と思われるスープに生姜の風味がふわりと香り、コクを伴った醤油ダレがやや強めに主張。
表層の油も多からず少なからずと絶妙で、後味は非常にスッキリとしており青島さんらしいテイスト。

麺は緩やかなウェ~ヴを伴った中麺。
加水率は高めに感じられ茹で具合は中庸でツルモチな食感。

チャーシューは脂身の少ない部位が使用され、厚みは少々寂しいですが肉の旨味は十分。
デフォよりもプラス100円、増さなきゃ損ですよ。
その他の具材はメンマに青菜・なると・海苔1枚・薬味ネギ。
何れも特筆はございません。

いや~、美味しかったです。
秋葉原店・宮内駅前店と頂き今回で3店舗目となる青島食堂さん。
退店時には数名の行列が出来ており、地元の方にも愛されているようですね。

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「朝らぁめん 600円 + 生卵 50円」@手仕事 らぁめん 八の写真開店数分前に到着しますと、駐車場には車で待機されている方々でいっぱい…(驚)
新潟市も朝ラー文化が定着しているのは一目瞭然ですね。
ほぼ定刻に暖簾が出され入店です。
券売機にて食券を購入し女性店員さんに食券を渡し、テーブル席を陣取ります。

そしてまずは生卵がサーブ。
少々の時間を経てラーメンの提供となりました。

スープは動物系をベースに煮干しがふわりと香り、角のない醤油ダレが心地よく主張。
表層を覆う油がやや多めな印象ですが、オイリーさはあまり気にならず柚子の香りがふわりと追随。
早朝から頂く1杯としてはなんら不満のない美味しさですよ。

麺は自家製とされる中太ストレート麺。
茹で具合はやや硬めに仕上げられ、ツルシコもっちりな食感。
喉越し・食感共に申し分なし。

食べ進むとワンタンの皮が現れ粋な演出。
チャーシューは小ぶりな肩ロースタイプ。
臭みこそ感じないものの調味加減は控えめで、若干出涸らしライクな印象。
その他の具材はメンマ・海苔1枚・薬味ネギ。
何れも特筆はございません。

説明書き通り溶いた玉子に少量のスープを添加し頂いてみると…
予想通りの味…(爆)

いや~、美味しかったです。
年中無休で早朝から頂ける1杯としては中々のクオリティの高さ。
新潟に山岡家さんが出店されないのも納得です。(←あくまでも自論ですw)
いやいや、それにしても幸先のよいスタートとなりましたよ。

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「しおそば 730円」@麺の風 祥気の写真入店てしてみますと先客は7名ほど。
夕食にはまだ早い自家帯の訪問ですが、後客も多数来店し人気店である事を窺わせます。
男性店員さん2名に迎えられカウンター席を陣取ります。
やはり人気No1とされるのはしおそば。
間髪いれずにオーダーしますと、なんと大盛りが無料との事。
もちろん丁重にお断り致しました(笑)

【スープ】
スープは鶏のふくよかな出汁感が軸となっており鶏の旨味全開!
表層にはかなり多めな鶏油が覆い、マッタリとした甘さと柚子の風味がが追随。
塩ダレは然程主張はしませんので、素スープの味を堪能出来るセッティングです。

【麺】
麺は緩やかなウェ~ヴを伴った細麺。
加水率はやや低めに感じられ茹で具合は中庸。
小麦の風味は然程感じず、麺量はデフォでも十分多めな印象。

【具材】
チャーシューは鶏のモモ肉でしょうか?
調味加減弱めな為か鶏由来の臭みを伴い少々残念な仕上がり。
メンマは穂先タイプが2本。
味付けも程好く箸休めとしては十分な存在感。
小松菜は茎部分が使われシャッキリと強めな食感。

いや~、美味しかったです。
最近頂いた中では『麺屋こころ@小山市』の1杯に近い印象でしょうか?
残念ながらアタクシの好みとは違いましたが、かなりの人気店である事は間違いなし(笑)

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件