なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

コテハンアラシ

男性
平均点 75.676点
最終レビュー日 2019年10月12日
1,683 1,488 0 1,838
レビュー 店舗 スキ いいね

「ラーメン 750円 ※普通/普通/普通」@よし家の写真『麺屋 蕪村』さんを後にし、お次はコチラ『よし家』さんへ♪
吉村家直系ではなく吉田家直系との事ですよ。なんだ吉田家って…(笑)
入店してみますと先客は6名。店主様と女性店員さん2名に迎えられ空いているカウンター席へ。
メニューは家系らしく醤油味一本。麺の硬さやアブラの量・味の濃さにも当然対応可能で、家系の店で替え玉が存在するのは初めての経験でしょうか。さてそんな中、本日4軒目ですので大人しく『ラーメン』をオーダー。今回は全て普通でお願いしてみました。

大きな寸胴でしっかりと炊かれたスープ。豚感は思いのほか控えめながらも醤油ダレがビシッと主張し家系らしい味わい。別鍋から添加された鶏油がマッタリとした甘さとコクを与え、素材の旨味をしっかりと底上げしており中々レンゲが置けない美味さ。

麺は僅かにウェ~ヴした平打ち状の中太麺。茹で具合はやわらかめでもっちりとした食感が印象的。

チャーシューは大判なモモ肉。ミッシリとした食感で味付けは控えめ。
ほうれん草は家系の1杯に欠かせないトッピングアイテム。
その他の具材はキャベツ・海苔3枚・薬味ネギなど。

終盤に差し掛かったところで卓上に配備されたニンニクを添加し味変え。予想以上にパンチが加わり一気にフィニッシュ!

いや~、美味しかったです。
それにしても長野は通し営業の店が多くてホント羨ましいですね~。
もう1軒行こうと思ったけどここでタイムリミットとなりましたとさ。

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「蕪村そば 740円」@麺屋蕪村の写真『中華そば 豊龍』さんで個性的な1杯を頂き、お次は長野屈指の人気店『麺屋 蕪村』さんへ♪
入店してみますと先客は2名。異国の男性店員さんと女性店員さんに迎えられ、厨房を背にしたカウンター席を陣取ります。
メニューは『蕪村そば』・『つけそば』を筆頭に、『あごそば』や1日20食限定とされる『塩そば』や『あさりそば』などといったラインナップ。さらには『信州味噌ラーメン』なる特別限定麺も存在しそちらも非常に気になるところ。そんな中、もっぱらデフォ派なアタクシは『蕪村そば』をオーダー。

僅かな粘度感を伴ったスープは凝縮された鶏がしっかりとベースを作っており、節の風味が思いのほか強めに主張。濃厚ながらもズッシリとした重さは然程感じず嫌みのない後味が特徴的でしょうか。ただ中盤以降になると醤油ダレの甘さが気になりペースダウン。そこで唐辛子を即座に添加しなんとか復活…(笑)

麺は中細のストレート麺。加水率はやや低めといったところでしょうかね?啜り心地は滑らかでスープとの絡みもよく不満のない美味しさ。

脂身のないチャーシューはややポソな食感で、肉の旨味は弱く控えめな味付け。
その他の具材は穂先メンマに海苔・薬味ネギなど。

いや~、美味しかったです。
どことなくKSKぽい感じがしたのと(←味ではないw)、古さを感じたのは気のせいだったのでしょうかね?
とはいえ、年中無休で深夜までの営業は非常に有難いですね。

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「中華そば 750円」@中華そば専門店 豊龍の写真『麺道 麒麟児』さんを後にし、お次は長野市の繁華街に存在するコチラ『中華そば 豊龍』さんへ♪
京都へ行った時に時間の都合でお邪魔する事の出来なかった『新福菜館 本店』さんの味を継承されているとかいないとか。入店してみますと先客は6名。店主様と男女の店員さんに迎えられカウンター席を陣取ります。
麺類は醤油味一本勝負となっており、麺の硬さや味の調整・小盛りや半盛りにも対応。さらにはご飯物や一品料理も充実しており一般的な価格設定といったところでしょうか。
さらには『黒二郎』とされるG系メニューも存在し、そちらも非常に気になるところ。そんな中、『コッテリ中華そば(背脂入)』と非常に迷いながらも、初志を貫き『中華そば』をオーダー。

ブラッキーなスープは動物系の旨味がしっかりとベースを作っており、継ぎ足して使っているかのような(←イメージですw)秘伝の醤油ダレが、ほんのりとしたビター感と味わい深さを演出し唯一無二の美味しさ。『生玉中華そば』にしなかった事を激しく後悔。

ブラッキーなスープを吸い込んだ麺は加水率低めな中太ストレート麺。茹で具合は中庸ながらも適度なコシを残し、ややボソな食感でスープとの相性は良好。

チャーシューはバラ肉でトロホロなやわらかさ。味入れも程好くライスが欲しくなる美味さ。
その他の具材はもやしにたっぷりの九条ネギなど。

いや~、美味しかったです。
こうなるとやはり本場で頂きたくなるわけですが、中々京都には行けませんのでアキバに行ってみます…(笑)
それから えいようドリンク も充実しておりますので、次回は泊まり込みの計画を立ててお邪魔してみたいと思います。

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「中華そば 750円」@麺道 麒麟児の写真この日は所用で長野市へ…
先ずは通し営業が嬉しいコチラ『麺道 麒麟児』さんへお邪魔してみましたよ♪
昼時をとっくに過ぎているにもかかわらず店外に溢れる待ち客。狭い駐車場に何とかねじ込みウェイティングシートに名前を記入。20分ほどで名前が呼ばれ店内へ入ると客席ではなく店内待ち席へとご案内…(苦笑)店員さんからメニューを手渡されます。
メニューは清湯系と白湯系の二本柱となっており、思いのほかシンプルなメニュー構成。
夏季限定とされる『冷やし煮干しそば』も非常に気になるところではございますが、気温が低かったので華麗にヌルー。って事で、『淡麗つけそば』と非常に悩みましたが今回は『中華そば』の塩をチョイス!しばしの時間を経てテーブル席へご案内となりました。

非常に透明感が高いスープは鶏の旨味がふくよかに感じられ、あっさりとした口当たりで柚子の香りがほんのりと追随。鶏油の甘さがマッタリと口に広がり、角の取れた塩ダレが素スープの美味さをきっちりと底上げ。女子ウケしそうな感じと言ってしまえばそれまでですが、正直何かが物足りない…(笑)

麺はエッヂの勃った平打ち状の中細ストレート麺。加水率は中庸でやや硬めな仕上がり。啜り心地はしなやかでスープとの相性は抜群。

レアチャーシューしっとりとした食感で、肉の旨味がしっかりと感じられ完璧な仕上がり。
鶏チャーシューは端っこゲット!(`Д´)
と言っても特に嬉しくはないのですが(苦笑)、鶏特有の臭みは一切感じず程好い調味具合。
その他の具材は穂先メンマに浅葱など。

いや~、美味しかったです。
コチラ出身とされる栃木の人気店の味を思い出しましたよ…(笑)
また機会があれば『淡麗つけそば』を頂いてみたいと思います。

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「鶏白 900円」@麺心 風見鶏の写真以前は軽井沢町にて『JENGA』という屋号で営業されていたコチラ『麺心 風見鶏』さん…
店はパチンコ屋さんの敷地内に存在し、昼はラーメン屋で夜はBARという移転前と同じ営業スタイル。
早速入店してみますと先客はおらず(汗)男性店員さん2名がお出迎え。
先ずは入口左手に設置された券売機にて食券を購入します。
メニューは基本的に鶏白湯をベースにしたものがメインで、デフォルトが特製仕様で少々強気な価格設定。
麺の変更や硬さ、味の調整が可能だった事には全く気付きませんでしたよ…(汗)

スープは粘度感低めながらも鶏の旨味がしっかりと凝縮されており、近年主流のペタペタな物とは一線を画し後味は非常にスッキリ。カエシダレとのバランスも素晴らしく、鶏白湯をあまり得意としないアタクシではございますが非常に好印象。

麺は加水率低めな細ストレート麺。
特に硬さは指定しませんでしたが、ボソボソッと粉っぽさ満載な仕上がりでスープとの相性は抜群!

チャーシューではなく鶏の手羽元が載った1杯を頂くのは初めてでしょうか…(笑)
もちろん作り置きですのでジューシーさはあまり感じられませんでしたが、具材としてはかなりのインパクト。
標準装備の味玉は黄身がゼリー状調味具合も完璧。
その他の具材は姫竹・海苔2枚・青ネギ・糸唐辛子など。

いや~、美味しかったです!
ただやはりネックとなるのはお値段でしょうか?
味玉を別料金のトッピングアイテムにすれば、もう少しお安く提供していただけそうですけどね…(笑)

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「塩らーめん 780円」@麺処 くれしづきの写真この日は所用で藤岡市へ…
少しだけ?足を延ばしコチラ『麺処 くれしづき』さんへお邪魔してみましたよ♪
なんでも店主様は上越市の人気店『麺屋 あごすけ』さんご出身との事。

入店してみますと開店間もない事もあり先客はおらず男性店員さん2名がお出迎え。
店内は真っ直ぐに伸びたカウンター席とテーブル席が2卓で、思いのほか小ぢんまりとした造り。
メニューは『塩らーめん』を筆頭に醤油・背脂・白湯と中々多彩なラインナップ。
昼夜限定10食ずつとされる『わんたん麺』も非常に気になりましたが、今回は初志貫徹で『塩らーめん』をチョイス!

スープは鶏ガラを基軸とした動物系に和出汁を加えたWスープとの事ですが、双方とも突き出た印象はなくバランス重視な仕上がりで、ややシャープな塩ダレがじんわりと主張。加えて焦がしネギ由来の独特の風味がやや強めに香り、この辺りは少々好みが分かれるところでしょうか?

麺は緩やかなウェ~ヴとウネリを伴った平打ち状の中太ストレート麺。
加水率はやや高めに感じられ麺肌はツルリとしており非常に滑らかな啜り心地。

チャーシューは豚肉ではなく鶏のムネ肉が3枚。
調味具合は非常に控えめな印象で若干パサついた食感ですが、臭みは皆無で基準以上の美味しさ。
コローチャーも豚肉ではなく鶏のモモ肉。
ムネ肉とは対照的にしっかりと味付けが施され個人的にはコチラの方が好み。
筍は旬のお野菜という事でよろしいでしょうか?
ビジュアル重視な印象は否めませんが、もう少し厚みがあると嬉しいですね…(笑)
その他の具材はラーメンの具材としては珍しいポテトに・青菜・薬味ネギに豆苗?といったところでしょうか?

いや~、美味しかったです。
すっかり出身店の味は忘れてしまいましたが、中々個性的でクオリティ高さは流石!
他のメニューも気になりますので、またお邪魔してみたいと思います。

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「台湾まぜそば 702円 ※小盛りで100円引き」@おおぼし 上田本店の写真長野市を後にし『らぁ麺 こむぎ』さんへ伺うも、体調不良の為長期休業の案内が貼られ華麗にフラレンジャー…Orz
そんなわけで比較的ご近所且つ県内では人気のコチラ『おおぼし 上田本店』さんへお邪魔してみましたよ♪

入店してみますと店内は満席で待ち客が7名。男性店員さん4名の女性店員さん1名での切り盛り。
ウェーティングボードに名前を記入し、しばしの時間を経てカウンター席へとご案内。
メニューは4種類から選べる『ばりこて』を筆頭に多彩なラインナップ。
9月の限定商品でもある『枯れ節中華そば』も非常に気になるところ。
そんな中、今回は変化球で攻めてみましたよ…(笑)

どんぶりの底にはやや多めな調味ダレが忍ばせてあり、かなりシャープな味わいで塩分濃度は高めなセッティング。辛挽き肉の辛さは然程でもなく卵黄によるマイルドさが加わり、魚粉や刻み大蒜もきっちりと作用し全体のバランスも上々。ただ個人的にはもう少し何らかの甘さが欲しいところでしょうか。

麺は僅かなちぢれを伴った自家製の太麺。
適度なムチもっちり感を備え具材との絡みも文句なし。
気弱なアタクシは小盛りでお願いしましたが、普通盛りでよかったみたい…(汗)

今まで食した『台湾まぜそば』の中でスープが付いたのは初めてでしょうか。
イメージといたしましてはチャーハンに付属するスープといったら分かりやすいでしょうかね?(笑)
スープを投入しますと塩っぱさが気にならなくなり、サクッと完食。

いや~、美味しかったです。
無料のサラダバーがある事や従業員の接客も素晴らしく、リピーターになられる方も多いではないかと思料。
また機会があればお邪魔してみたいと思います。

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
このレビューは移転前のものです。

「つけ蕎麦 松 1,000円」@つけ蕎麦 尚念の写真『中華そば 鍾馗』さんで美味しい1杯を頂き、徒歩にてコチラ『つけ蕎麦 尚念』さんへ♪
店に到着しますと6名ほどの待ち客がいらっしゃり、『中華そば 鍾馗』さんで前に並んでいた方がまた…(苦笑)
ワンオペで席数は5席と少ない為か非常に回転が悪く、およそ50分ほど待ち店内へとご案内。
メニューは『つけ蕎麦』と『杏仁豆腐』のみと非常にシンプルな構成。
せっかく長野市まで来ましたので豪華に『つけ蕎麦 松』をオーダーです。
薬味は赤玉ねぎ・長ねぎ・青ねぎが別皿で提供されます。

ややとろみのあるつけ汁は動物系の旨味がしっかりと土台を支え、魚介の風味が強めに香り非常にバランスのよい仕上がり。個人的に動物系魚介といえば荒々しいイメージですが、上品さすら感じるほど洗練された味わいで甘めなカエシの効かせ方も絶妙!

麺は長野・群馬・福岡の小麦粉に蕎麦粉を加えたとされる自家製の太麺。
最初はつけ汁に沈ませずに頂くのが礼儀でしょうね。麺肌は非常に滑らかでコシが強く抜群の啜り心地と食感。
小麦の風味が非常に豊かに香り文句なしの美味さ。

チャーシューはローストされた鴨肉に、低温調理された豚バラと肩ロースが1枚ずつ。
どれも調味具合は控えめで素材の旨味がしっかりと生かされおり、溜め息が出るほどの美味しさですよ。
海苔にも店主様の拘りがあるご様子で産地の違う海苔が1枚ずつ。味玉も完璧な仕上がり。
もうここまで来ると食材ヲタク以外の何者でもないわけだが…(笑)

スープ割は上品な和出汁が加わり非常にスッキリとしたあと味へとシフト。
残しておいた薬味と深煎七味を加え香りを楽しんでフィニッシュ!

いや~、非常に美味しかったです!
兎にも角にも店主様の食材への拘りの凄さったらありゃしませんよ。
また長野市に来た際にはお邪魔させていただきますよ。

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「鮪節塩そば(肩ロース) 820円」@中華そば 鍾馗の写真この日はふと思い立ち長野市へプチ遠征…
市内を観光し開店40分前に伺ってみたところ、既に7名の待ち客がいらっしゃり出遅れ…(笑)
そして定刻にシャッターが開き、まずは入口左手に設置された券売機にて食券を購入します。
メニューは『中華そば』を筆頭に『鮪節』・『荒節』・『枯本節』など、中々多彩なラインナップ。
チャーシューも肩ロースとバラ肉から選べ、背脂入りも非常に気になるところ。
そんな中、『中華そば』と非常に迷いながらも頂いた記憶のない『鮪節』を選択。
しばしの待ち時間を経てご案内となりました。

デフォルトのスープを1杯毎小鍋に移し、鮪節をたっぷりと入れて追うというスタイル。ひと口啜ってみますれば動物系の出汁感がきっちりと土台を形成しており、芳醇で非常にまろやかな口当たりのファーストインプレッション。鰹とは明らかに違うタッチの鮪節が独特な風味を与え、角の取れた塩ダレと共に素スープの美味さをしっかりとサポート。

麺は非常にしなやかな自家製中細ストレート麺。
加水率は低めに感じられパツパツっと歯切れがよく、小麦の風味もしっかりと感じられ美味い!
啜り心地も非常に滑らかで喉越しも抜群!

チャーシューはローストされた肩ロースが3枚。
僅かな肉感を残した食感で、香ばしい風味に加え肉の旨味きっちりと完備。
チャーシューがこれだけ美味けりゃ余計な具材なんて要りませんよ…(笑)
その他の具材は千切りにされたネギのみですが、これはちょっと多かったかな…(苦笑)
ちなみにネギ抜きはキャッシュバックされる模様。

いや~、非常に美味しかったです!
少々強気な価格設定にも思えましたが、クオリティの高さと素晴らしいセンスに脱帽。
他のメニューも非常に気になりますので必ず再訪します!

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「らーめん 670円 ※粉おとし」@狼煙 諏訪店の写真入店してみますと先客はおらず、男性店員さん2名がお出迎え。
カウンター席を陣取りまずはメニューを拝見。
メニューは16時間煮込んだとされる豚骨スープがメインのご様子…
ご飯物やデザートまで取り揃えられ、割と豊富なラインナップ。
その他には諏訪店だけの夏の限定品『梅つけ麺』なるお品も存在しますが、中々立派なお値段…(苦笑)
今回初訪問ですので迷う事なくデフォルトをオーダー。
当然麺の硬さも指定可能ですので『粉おとし』をチョイス!

長時間煮込んだとされるスープは、そこそこ濃厚ながらも髄の旨味は然程感じられずマイルドな仕上がり。
豚骨特有の濡れ犬臭も皆無に等しく、万人受けを狙ったと思われ癖のない後味が印象的。
スープの少なさも多少気になりましたが、そこは独り言としておきましょうか…(苦笑)

麺はこの類の1杯ではお馴染みの低加水細ストレート麺。
ボソボソっと粉っぽさ満載な食感で、やや強めに香るアンモニーな風味。
替え玉は160円と少々強気な価格設定。

チャーシューは肩ロースでしょうか?
パサついた食感に加え獣臭が強めに感じられ非常に残念な出来栄え。
キクラゲはこの類の1杯には欠かせないトッピングアイテム。
その他の具材は薬味ネギのみとCPは低め。

いや~、中々美味しい1杯でした。
濃厚好きな方には若干物足りなさを感じてしまうかも知れませんが
誰でも気軽に豚骨が楽しめ特にファミリー層にはオススメ。
また機会があればお邪魔してみたいと思います。

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件