なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

コテハンアラシ

男性
平均点 75.623点
最終レビュー日 2019年8月27日
1,656 1,461 0 1,773
レビュー 店舗 スキ いいね

「冷つけ麺(小) 780円」@つけ麺 目黒屋の写真『ラーメンショップ 大神保店』さんを後にし、お次も長らくの宿題店でもあったコチラ『つけ麺 目黒屋』さんへ♪
開店20分前の到着でしたが先客さんは1名、その後暖簾が出されるまで後客はなし。これも時の流れでしょうかね?店主様に迎えられ、先ずは入口右手に設置された券売機にて食券を購入します。

メニューは売りでもある『つけ麺』を筆頭に『阿波尾鶏』の醤油に塩、さらには『信州味噌ラーメン』や『豚骨醤油ラーメン』など多彩なラインナップ。『ソース焼きそば』も非常に気になるところではございますが、今回は基本でもある『冷つけ麺(小)』のボタンをプッシュ!

茶褐色でドロリンとしたつけ汁は濃厚な動物系がしっかりと屋台骨を支え、乾物魚介がやや強めにサポートし非常に重厚感のある味わい。醤油ダレは甘めな設定で割らずに飲めるほど塩気は控えめ、飛び道具によるザラついた印象もなく白胡麻の風味がほんのりと追随。

麺は加水率高めで丸みを帯びた自家製中太ストレート麺。『冷』とは謳っておりますが温めの温度で提供され、コシを残した茹で具合で食感はムチもっちり。どこかの店で食べた事があるような麺ですが、未だに思い出せませんw

チャーシュー肩ロースタイプが数枚。低温調理されたモノでしょうか?調味具合も程好く実に高品質。
メンマは平たく太めなタイプで強めな食感を伴い中々の存在感。

いや~、美味しかったです。
元を辿ればあの人気店に行き着くパターンではございますが、どことなくクラシカルな味わいが楽しめるのも人気の理由でしょうかね?日曜定休と中々ハードルが高いので再訪は困難ですが、また機会があればお邪魔してみたいと思います。

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ねぎなん骨ラーメン 950円 ※麺硬め」@ラーメンショップ 大神保店の写真この日は以前より気になっていたコチラ『ラーメンショップ 大神保店』さんへ♪
大先輩からコチラの軟骨が美味いとオススメされ、いったい何年経過した事でしょうか?(笑)
店に到着しますと先ずは営業していてほっと一安心ですよ。何しろ下道二時間半かけての訪問ですからね。入店してみますとやや年季を感じる店内には先客が2名。熟れた女性店員さんと異国の女性店員さんに迎えられテーブル席を陣取ります。

メニューは『醤油』・『みそ』・『しお』・『つけ麺』の4本柱に加え、カレーラーメンやご飯物さらにはトッピング類も充実。価格は一般的な『ラーメンショップ』並みといったところでしょうかね?そんな中、当店人気セットとされる『ねぎなん骨ラーメン』をオーダー。

『ラーメンショップ』にしては透明度の高いスープ。豚感はかなり穏やかな印象で『ラーメンショップ』自慢の特製醤油ダレがビシッと強めに主張。背脂らしきモノは確認する事は出来ず表層には油玉がうっすら。千葉に来たって感じがしますよ…(爆)

麺は僅かにウェ~ヴした中細ストレート麺。麺箱は確認出来ませんでしたが椿系ではお馴染みの『○あ』って事でよろしいでしょうか?硬め指定しておきながらも期待はしておりませんでしたが、しっかりと硬めに仕上がっておりモチボソな食感で美味い!北関東系の麺よりも加水率が低いのかな?

メインのなん骨は大きめなモノが4つ。肉の部分はトロホロなやわらかさでしたが、太めななん骨部分は芯を残した歯応えのある食感で少々テンションダウン。

チャーシューは肩ロースタイプが1枚。ジュ~スィ~感は控えめで遠くには獣臭を感じますが、自慢のなん骨と一緒に頬張れば全く問題はなし。
あえネギはかなり強めに調味されており、少なめなクズチャーシューにシャキシャキとしたネギの食感が印象的。
その他の具材は海苔が2枚にワカメなど。

いや~、美味しかったです。
お土産なん骨が傷まぬようわざわざクーラーボックスまで準備して来たのですが、残念ながら今回は出番がありませんでした。
次回は『カレーラーメン』に『なん骨』をトッピングしてみたいと思います。

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「チャーシューメン・並 890円 ※かため/ふつう/多め」@杉田家 千葉店の写真この日は本物の家系が食べたくなりコチラ『杉田家 千葉店』さんへ♪
入店してみますと先客は7割くらいだったでしょうか?
男性店員さん5名に迎えられ、先ずは入口右手に設置された券売機にて食券を購入します。
メニューは『ラーメン』と『つけ麺』の二本柱に加え、豊富なトッピッグ類にご飯物少々といったバリエーション。トッピング類がお安いのは直系ならではといったところでしょうかね?そして今回は豪華に『チャーシューメン』をチョイスし食券を提示。店員さんから好みを訊かれ、うっかりラーショの呪文を唱えてしまうという凡ミス…Orz

スープは豚骨の旨味がしっかりと感じられ僅かな粘度感を伴い、昨今急激に増殖中の所謂『家系風』な店とは確実に一線を画した濃厚な仕上がり。表層にはたっぷりと鶏油が層を作り、マッタリとした甘さとコクを増幅し強めな醤油ダレがビシッと主張。
うまい 本物 うまい

麺は酒井製麵謹製の中太平打ちストレート麺。
しっかりと硬めに仕上げられもっちりとした食感で、濃厚なスープに負けじと存在感をアピール。
本来であれば『やわらかめ』でお願いしたかったのですが気付いたのは提供直前という…

チャーシューは肩ロースでしょうか?
直系ではお馴染みのスモーキーな風味が同居し、増さなきゃ絶対に損するほどの美味さに思わずうっとり。
海苔は何故か3枚ではなく4枚…(笑)
その他の具材は家系の証でもある(←ちょっと大袈裟w)ほうれん草に薬味ネギなど。
終盤に差し掛かったところで、卓上に配備された刻み生姜を添加。
何と言っても直系は卓上アイテムが豊富なのが嬉しいですよね。

いや~、非常に美味しかったです!
ぶっちゃけ総本山でもある『吉村家』さんでは肩透かしを食らいましたが、今回は直系らしい1杯が頂け大変に満足!
また早起きしてお邪魔します!

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「つけめん・小 850円 ※特選焼豚トッピング600円」@中華蕎麦 とみ田の写真朝の7時にお邪魔してみますと既に30名ほどの行列…
以前は何時間も待ったようですが、現在は食券を購入し指定された時間に戻るという画期的なシステムw
って事で、待ち時間はおよそ30分弱で12時40分のご案内。
メニューは『つけめん』と『中華そば』の二本柱に加え、ご飯物やトッピングといった構成。
お値段は少々強気な価格設定といったところでしょうか?折角なので豪華に逝っちゃいましょう!

見るからに濃厚そうなつけ汁は動物系の旨味がしっかりと屋台骨を支え、粘度感高めな仕上がりでパンチ力も充分!乾物魚介の風味もふくよかで雑味は一切感じず、豚骨魚介ならではの甘めなカエシダレが程好く主張。このバランスの良さはさすがですよ。

奇麗に折り畳まれた麺は全粒粉配合の自家製極太ストレート麺。
濃厚なつけ汁にねっとりと絡み、非常に歯応えのある食感で存在感は偉大。
沈まないけどな…(笑)

特選焼豚トッピングの詳細は割愛しますが、どれもが素材を生かした素晴らしい出来栄え。
正直なところ少々お高い印象でしたが満足度はお値段以上。

スープ割は煮干しの風味がより一層高まり柚子皮の清涼感が心地よく追随。

いや~、非常に美味しかったです!
これほど人気店になっても富田氏自ら厨房に立ちオペレーションをこなすという事に驚きですよ。
さすがは日本を代表する人気店ですね。

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (1) | このお店へのレビュー: 1件

「油そば(小) 730円」@兎に角 松戸店の写真本当は違う店に行く予定だったのですが、コチラの行列が目に留まりあっさりと予定変更…(笑)
行列は10名ほどでしたでしょうか?最後尾に接続しまずはメニューを拝見。

基本でもある『ラーメン』・『つけ麺』を筆頭に、『油そば』や『坦々まぜそば』などの汁なし系も存在。
トッピング類やご飯物も充実しており価格は一般的といったところでしょうか?
その他にも期間限定とされる『トマトと粗挽き肉のキーマカレーまぜそば』なるお品が提供されているご様子。
行列に並んでいる若者たちの話によれば『油そば』が人気なようですね。
知らなかったけど…(笑)
そしておよそ20分ほどで店内へと案内され、入口左手に設置された券売機にて食券を購入します。
あらかじめ店員さんにオーダーは伝えてありますので、着席して数分ほどで提供となりました。

どんぶりの底には油と醤油ダレが多めに忍ばせてあり、マッタリとした嫌味のない油っぽさと少々尖を感じる醤油ダレが強めに主張。背脂や刻み大蒜などの飛び道具がいらっしゃらない為かジャンクさは低めな仕上がりですが、ほぐしチャーシューによる肉の旨味と花鰹による和風感が全体を上手く纏め多めな薬味ネギの清涼感も抜群!

麺は僅かなウネリを伴った太麺。
小麦の風味もしっかりと感じられ、適度なコシを完備しており食感はもっちもち。
調味ダレとの絡みも良好で『小』にしてしまった事を少しだけ後悔…

チャーシューは脂身の少ないロースタイプ。
しっとりとした食感で香ばしい風味を伴い増す価値は十分にあり。
ほぐしチャーシューは麺・調味ダレとよく混ぜる事によりその美味さを発揮。
メンマの存在感も中々なモノ。

食べ進むにつれ若干飽きを感じてしまったので、早めに割りスープを所望。
醤油ダレの強さが全く気にならなくなり、激ウマな豚骨魚介ラーメンへと変貌。
これはぶっちゃけかなりの衝撃…(笑)

いや~、美味しかったです。
やはりターゲットはアタクシのようなオッサン向けではなく、確実に若者向けといったところでしょうか?
とはいえ、ピンの女性客やカップル客の多さも非常に印象的でした。

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
このレビューは移転前のものです。

「らーめん 650円 ※粉おとし・きくらげ100円」@博多長浜らーめん もりやの写真以前は足立区に店を構えておりましたコチラ『博多長浜らーめん もりや』さん♪
松戸市に移転されてからは中々訪問する機会に恵まれず、今回やっと願いが叶いました…(笑)

午後1時近くの訪問でしたが、行列はおろか暖簾も出ておらず営業時間を再度確認…
よく見たら営業中の札が出ておりほっとっ一安心ですよ…(笑)
入店してみますと先客は2名、男性店員さん3名に迎えられカウンター席を陣取ります。

メニューは基本でもある『らーめん』を筆頭に、トッピングやご飯物といったシンプルな構成。
当然麺の硬さも指定可能で、大好きな『きくらげ』をトッピングし『粉おとし』を所望。

非常にサラリとしたスープは凝縮された豚の旨味がしっかりと感じられカエシダレとのバランスも絶妙。ズッシリとした重みを感じる事もなく濡れ犬臭は僅かに感じる程度に留まり、豚骨が苦手の方でも十分許容範囲と思われ非常に食べやすい仕上がり。

麺は長浜系ではお馴染みな低下加水極細ストレート麺。
バッキバキな食感に加え粉っぽさ満載で非常に好みな仕上がり。

チャーシューは肩ロースでしょか?
しっとりとした食感で肉の旨味も適度に感じられ厚みも申し分なし。
大量に増された『きくらげ』はコリコリな食感で、こちらも文句なしの美味さ。
その他の具材は青ネギに海苔が1枚。

替玉するつもりはなかったのですが、気付けば100円玉を財布から出しておりました…(笑)
卓上には辛し高菜や紅生姜など味変えアイテムも充実しておりますので、最後まで飽きずに頂けました。

いや~、美味しかったです!
足立区にあった頃はもう少し濃厚だったような気がしましたが、訪問した時間帯の関係なのでしょうか?
それにしても何故これほど空いているのか不思議でなりませんよ…(笑)

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ねぎチャーシューメン 760円」@手打ラーメン 長八の写真やはり流山市といえばコチラ『手打ラーメン 長八』さんが有名でしょうか?
同行者様からの強いオヌヌメもありお邪魔してみましたよ♪

店に到着しますと駐車場は当然満車で長蛇の列…Orz
最後尾に接続し並ぶ事およそ50分…(苦笑)
やっと入店が許可され小上がり席へとご案内。
メニューは『ラーメン』と『つけ麺』の2本柱で、ご飯物は『おにぎり』とシンプルな構成。
味だけではなく価格も非常にリーズナブルなのも魅力のひとつでしょうか?
人気メニューを調べてみたところ『ねぎチャーシューメン』がオヌヌメのようですので、今回はそちらをチョイス!

スープは動物系がしっかりと土台を作り、炒められたネギの油が非常に香ばしく作用し堪らない美味さ。
醤油ダレは少々濃いめな設定ですが甘味を伴い、僅かながらも細かい背脂が浮きコクも充分で非常に好みな類。

麺は平打ちでちぢれを伴わない極太ストレート麵。
我が地元の手打ち麺とは一線を画す仕上がりで、非常にコシが強く噛み応えは充分。
スープも美味けりゃ麺も美味いと来たもんだ…(笑)

チャーシューは脂身が少なく肉の旨味をしっかりと完備し秀逸!
デフォルトよりも160円増しですので、増さない理由が見つかりません…(笑)
炒められたネギは香ばしい風味を伴い甘ウマ!
ネギ増しが存在するのであれば確実にお願いしたいほど。

いや~、非常に美味しかったです!
回転の悪さが少々気になりましたが、結果どんなに待ってでも食べたくなるほどの美味さで再訪は間違いなし!
次回は『ねぎチャーシューつけめん』を頂いてみたいと思います。

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「らぁ麺 700円」@The Noodles & Saloon Kiriyaの写真入店してみますと先客は2名。
テンス様ご夫婦(でしょうか?)に迎えられ、テーブル席を陣取ります。
白を基調とした店内はカウンターが3席とテーブル席が2卓。
元々は和菓子屋さんだったそうですが、その面影はなく非常にオサレな造り。
メニューは『らぁ麺』と『油そば』の2本柱で何れも醤油味のみ。
その他には限定の『niboshiらぁ麺』や『納豆らぁ麺』・『納豆油そば』がありましたが、納豆系は既に売り切れ…
えいようドリンク系も多彩に取り揃えられ、夜は飲み屋さんとしても機能している模様。
そんな中『油そば』と非常に悩みましたが、初訪問ですのでデフォルトをチョイス!

スープは動物系がしっかりと土台を作り、煮干しや節系などが強めにサポートし非常に厚みのある味わい。
僅かなビター感を備えつつもあと味は思いのほかスッキリとしており、旨味も十分に感じられバランスも上々。

麺は強めなちぢれを伴った自家製の極太麺。
加水率は高めに感じられビジュアルこそ手打ちライクな印象ですが、実に個性的な食感でこれは美味い!
小麦の風味も十分に完備しており、啜り込む楽しさったらありゃしませんよ…(笑)

チャーシューは厚みのある肩ロースタイプ。
やや肉感を残した食感で調味具合も程好く臭みは皆無で美味い!
その他の具材はメンマに千切りされたネギにバラ海苔・カイワレなど。

いや~、非常に美味しかったです!
さすがはラーメンフリークなテンス様なだけあり、新店とは思えぬクオリティの高さにびっくり…(笑)
この個性的な麺で是非とも『油そば』を頂いてみたいですね。
開店おめでとうございます。

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「かいざんラーメン 800円 ※麺硬め」@かいざん 西船橋店の写真西船橋駅から徒歩数秒の立地に存在するコチラ『ラーメン かいざん 西船橋店』さん…
『かいざん』さんといえば元々はニューラーメンショップ系って事でよろしかったでしょうか?
当然 『愛』 などございませんが、折角ですのでお邪魔してみましたよ♪
入店してみますと店内は満席の待ち客2名。
男性店員さん3名に迎えられ、まずは入口左手に設置された券売機にて食券を購入。
メニューは基本醤油味ですが、100円増しで味噌味も可能な模様。
ネギ丼やギョウザなどのセットがオススメのようですが、本日3軒目ですので人気No1の1杯を…

スープは非常にライトな豚骨をベースに、香味野菜などが中心と思われサラッサラのサ~ティ系。
オリジナルと思われる醤油ダレは思いのほか強めに主張しますが、ショッパクドさは控えめな印象。
所謂ラーショの味を期待してしまうと若干物足りなさを感じてしまうので、そこは覚悟が必要かも…(笑)

麺は緩やかなウェ~ヴを伴った中太ストレート麺。
硬め指定でお願いしましたが、オペを拝見した限りデフォと然程時間差なく麺上げされ中庸な茹で具合。
北関東系の『生きてる麺』の素晴らしさを改めて実感w

チャーシューは厚みのある肩ロースタイプが2枚。
しっとりとやわらかく臭みは皆無で調味具合も良好。
あえネギは調味ダレが控えめなのでネギの風味が強めで、刻みチャーシューは少なめ。
その他の具材は少なめな鉄男ちゃんに海苔が3枚。

いや~、美味しかったです。
15時過ぎの訪問でしたが退店時まで常に満席状態を維持するほどの人気ぶりには正直驚き。
地元密着型の良店ですね。

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ワンタンメン 830円 ※塩・小盛り50円引き」@支那ソバ 小むろの写真行徳駅から歩く事10分くらいでしょうか?
店に到着しますと10名ほどの行列が出来ており、かなりの人気店である事が窺えます。
なんでもテンス様は『支那そば かづ屋 五反田店』ご出身との事で、伺う前からもう美味い…(爆)
しかしながら小さいお子様連れいらっしゃったからでしょうか?
非常に回転が悪く、待つ事およそ1時間強でのご案内となりました。

店内はL字型のカウンター席のほかにテーブル席が3卓。
奥には製麺室が設けられており自家製麺である事をアピール。
『たんたん亭系』といえば、やはり醤油と思われますが、塩の評価もよさそうでしたのでそちらをチョイス。

スープは鶏・豚の動物系がしっかりと土台を形成し、煮干しや節系が強めにサポート。
尖りのない塩ダレが素スープの美味さを底上げし、昆布由来の旨味が追随する純和風スープ。
ひと口啜った瞬間に『支那そば なかじま@高崎市』を思い出しましたよ…(笑)

綺麗揃えられた麺は自家製の中細ストレート麺。
茹で具合はしっかりと硬めに仕上げられ、加水率は高めなセッティング。
滑らかな啜り心地でスープとの相性に申し分なし。

この系統でワンタンを外すわけには参りません…(キリッ
餡は大きくジュ~スィ~で生姜の風味がふわりと香り秀逸。
焼豚は周りが赤く輝いたモモ肉タイプ。
ミッシリとした食感で香ばしい風味を伴い文句なしの美味さ。
メンマは強めな食感を伴い中々の存在感。
その他の具材は海苔1杯と薬味ネギが二種。

後半戦に差し掛かったところで、卓上に配備された揚げネギを添加。
また違った味を楽しめその美味さに終始ニヤケっぱなしでしたよ…(笑)

いや~、非常に美味しかったです!
今まで食した『たんたん亭系』といえば…
支那そば いしはら
支那そば たんたん亭
支那ソバ かづ屋
支那そば 八雲
支那そば 幸雲
支那そば なかじま
などでしょうか?
経験値は十分とは言えませんが、その中でも間違いなくトップクラスの美味さでした。
わざわざ来店する価値は十分にありかと思います。

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件