なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

コテハンアラシ

男性
平均点 75.676点
最終レビュー日 2019年10月12日
1,683 1,488 0 1,838
レビュー 店舗 スキ いいね

「おためしラーメン 100円」@くどうラーメンの写真入店してみますと先客は6名。
テンス様と女性店員さんに迎えられ、まずは入口右手に設置された券売機にて食券を購入。
なんと券売機は最新のタッチパネル式!
金掛かってます…(笑)
メニューは醤油味のみとなっており、小・中・大・特大といったラインナップ。
さらには『満腹ラーメン』や『おためしラーメン』なるメニューも存在し、気になる商品が目白押しwww
そんな中、『おためしラーメン』の食券を購入し、恐る恐る女性店員さんに食券を渡します。

焼き干しを使ったとされるスープは、比較的酸味が強く感じられるのが特徴的でしょうか?
煮干しの出汁感は非常に控えめな印象で、表層にはまったくアブラが浮かずスッキリとした後味。
このスタイルこそが当地域で長年愛され続けた味なのでしょうか…

麺はやや強めなウェ~ヴを伴った中細麺。
茹で具合はやや硬めに仕上げられ、加水率は高めな印象で啜り心地は良好。
麺量としましては行こうと思えばひと口で行ける…(笑)

チャーシューは脂身の少ないタイプが1枚。
遠くに僅かな獣臭を感じましたが基準以上の美味しさ。
その他の具材はメンマ1本に薬味ネギ。

いや~、中々美味しい1杯でした。
たったの100円でチャーシューやメンマまで付き、何だか申し訳ない気持ちでいっぱい…(笑)
おみやげの『おでん缶』も気になりますので、またお邪魔してみたいと思います。

ご馳走様でした。

65点(味) + 5点CP = 70点 とご理解くださいませ。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
このレビューは移転前のものです。

「こく煮干し 730円 ※中太麺」@長尾中華そば 青森駅前店の写真前日に頂いた『長尾中華そば 西バイパス本店』さんが好印象でしたので、宿泊施設からほど近いコチラへ…
入店してみますと先客は2名でテンス様がお出迎え。
店内は厨房前のカウンター席と厨房を背にしたカウンター席のみ。
まずは入口左手に設置された券売機にて食券を購入します。
本店とは若干商品が異なり、コチラもライスが無料と嬉しいサービス。
麺は本店同様自分好みに選択可能で、『津軽そば』や『ごぐえぎ』なる青森駅前店限定メニューも存在。
そんな中『ごぐえぎ』も非常に気になるところですが、昨日『あっさり』と非常に迷った『こく煮干し』をチョイス!

スープは動物系をベースに煮干しがガッツリと主張し、こちらも早朝から頂くにはとても贅沢な1杯。
前日に頂いた『あっさり』とは対照的で、濃厚でありながらもビター感は控えめでバランス重視。
これを並ばずしていただけるこのありがたさったらありゃしませんよ…(笑)

麺は緩やかなウェ~ヴを伴った中太麺。
麺肌はつるっとしており非常に滑らかな啜り心地でもっちりとした食感。
スープとの相性もよく個人的には好印象で、中太麺を選択したのは大正解だったようです。

チャーシューは異なる部位が1枚ずつ。
バラストレートは適度な肉感を残し臭みは皆無。
もう一方のモモ肉はやや繊維質を感じる食感で調味具合も良好。
その他の具材はメンマに薬味ネギ。

終盤からはお約束でもある一味唐辛子を添加し味変え。
あ~…、青森に引っ越したい…(爆)

いや~、非常に美味しかったです!
次の予定がなければ店内連食必須でしたが、今回は泣く泣く断念し退店…
また来年伺える事を願います…(笑)

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「こいくち・中 650円」@中華そば ひらこ屋の写真店に到着しますと駐車場は満車で大変な盛況ぶり…
ウェイティングボードに名前を書くシステムかと思いましたら、オーダーと車のナンバーを告げるシステム。
雪国ならではのサービスって事でしょうか?店員さんがわざわざ車まで呼びに来てくれます…(笑)
メニューは『あっさり』・『こいくち』・『せあぶら』・『バラそば』といったラインナップ。
『鬼あぶら』の文字に非常に心惹かれますが、さすがに4杯目ともなると正直キツイっす…(爆)
『あっさり』と『こいくち』で煮干しを使い分けるという拘り様…
そしてカウンター席に案内されるや否や即座に提供となりました。

見るからに濃厚そうなスープはガッツリと煮干しが主張し、豚骨がしっかりと支え非常にワイルド!
先程頂いた『たかはし 中華そば店』さんにビジュアルこそ似ておりますが、甘さは控えめで強めなビター感が追随。
さすがに3日間かけてだ厚みを出したとされるだけあり、その濃厚さと味わい深さは伊達じゃありません。

麺は丸みのある自家製中太ストレート麺。
つなぎには山芋を使っているそうで、非常に個性的な食感でソフトな口当たり。
少々食べ慣れない麺なだけに若干の戸惑いは隠せません…(笑)

チャーシューは異なる部位が1枚ずつ。
バラ肉は厚みは寂しいものの大きさは十分で、しっかりと肉の旨味を完備。
モモ肉は小ぶりながらもそこそこな厚みがあり、肉々しい食感を伴い美味い!
その他の具材はメンマに薬味ネギ。

いや~、非常に美味しかったです!
やはり地元でもかなりの人気店のようで、退店時も駐車場では多くの人が待機されておりました。
これはまた無理にでも伺う機会を作り、気になる『鬼あぶら』を頂いてみたいですね…(笑)

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「中華そば 750円」@たかはし中華そば店の写真入店してみますと待ち客こそいらっしゃらないものの、店内は満席とかなりの盛況ぶり。
まずは入口左手に設置された券売機にて食券を購入。
メニューは『中華そば』・『チャーシューメン』・『ざる中華』に『ライス』と非常にシンプルな構成。
『ざる中華』も非常に気になるところではございますが、冒険はせずにデフォルトな1杯を頂いてみましょうか。
そしてしばしの時間を経てカウンター席へとご案内。

まずは着丼と同時に煮干しがふわりと香り食欲をそそります…(笑)
豚骨がベースとされるスープですがあくまでも土台に徹し、主役でもある煮干しがガツンと主張!
煮干し粉や煮干し油の存在も手伝いかなりインパクトがある仕上がりで、甘味が強めなのはカエシ由来でしょうか?

麺は緩やかなウェ~ヴを伴った自家製の中太麺。
かん水は不使用との事で非常に独特な食感で個性的な仕上がり。
個人的には『ざる中華』の方が相性よかったのではないのかと思料…

チャーシューは肩ロースでしょうか?
厚みは然程ではございませんが、肉の旨味はしっかりと感じられ美味い!
その他の具材はメンマに薬味ネギ。

終盤に差し掛かったところで唐辛子を添加し味変え。
ピリッと味が引き締まり美味いったらありゃしませんよ…(笑)

いや~、非常に美味しかったです!
目の覚めるような煮干しの効いたスープに大変満足!
地元では中々味わう事の出来ない1杯なだけに、非常によい経験をさせて頂きました。

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「しじみらーめん 700円」@しじみ亭奈良屋の写真入店してみますと当然先客はおらず女性店員さんがお出迎え。
店内はテーブル席と小上がり席からなり、お蕎麦屋ライクな佇まい。
メニューは十三湖名物でもあるしじみ料理がズラリと並び、セット物の『しじみづくし』が人気の模様…
貧乏人なアタクシは『しじみスパゲッティ』と悩む事数秒、基本の1杯を頂く事に…(笑)

やや白濁したスープはしじみの出汁感がじんわりと感じられ、非常にスッキリとしたあと味。
個人的にはお吸い物ライクな1杯を予想しましたが、思いのほかラーメンのスープとして成り立っておいでw
少々残念に感じたのはワカメの風味が強過ぎてしまっている事でしょうか…(汗)

麺は強めなちぢれを伴った中細麺。
加水率は高めに感じられ、茹で具合は若干やわらかめな印象。

メインのしじみは多くもなく少なくもなく…(苦笑)
殻入れもございますのでちゃんと食べましょうねw
その他の具材はメンマに多めなワカメと薬味ネギ。

いや~、中々美味しい1杯でした。
素晴らしいロケーションで頂く1杯は別格!(←景色は見えなかったけどw)
次回お邪魔する機会がございましたら、『しじみづくし』を頂いてみたいですね。

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「あっさり 600円 ※細麺」@長尾中華そば 西バイパス本店の写真この日は念願だった東北遠征…
一気に青森県まで北上し、まずはコチラ『長尾中華そば 西バイパス本店』さんへ訪問♪
入店してみますと先客は6割くらいだったでしょうか?
店内はテーブル席と小上がり席がメインで、男性店員さんと女性店員さんがお出迎え。

『中華そば』はあっさり系のスープと濃厚系のスープとに分かれ、各数種類の中から自分好みの麺が選択可能。
『つけ麺』は何故か各スープによって麺が決まっており、この辺はお店の拘りとしておきましょうかね…(笑)
その他にも『津軽こく味噌ラーメン』や煮干し不使用な1杯も用意されており、あらゆる客に対応可能で
トッピング類も非常に充実しており、ライス・おしんこ は無料と嬉しいサービス。
夏季限定とされる『冷やしラーメン』も気になりましたが、如何せん外気温が低めでしたので今回はパス…(笑)
まずは『長中定番の味』とされる1杯を頂いてみましょうか。

煮干しオンリーとされるスープは、表層に油分は浮かず煮干しの風味がじんわりと主張しあっさりとした味わい。
丁寧な下処理が施されているのか煮干し由来の生臭さは皆無で、ほんの僅かな酸味が追随するのが印象的。
早朝から頂く1杯としては非常に贅沢に思え、全種類を食べてから帰りたいくらい…(笑)

麺は細麺・中太麺・手打ち麺から選択可能で、今回は細麺をチョイス。
加水率はやや低めといったところでしょうか?
非常にしなやかで歯切れもよく啜り心地は良好で、スープとの相性も抜群!

チャーシューはモモ肉とバラ肉でしょうか?
何れも適度な肉の旨味を完備しており臭みは皆無。
その他の具材はメンマに薬味ネギのみと非常にシンプル。

中盤からは卓上に配備された一味唐辛子を添加し味変え。
やっぱり唐辛子の合うラーメンて好きだなぁ~…(笑)

いや~、美味しかったです!
早朝から並ばずして頂けるこのクオリティの高さったらありゃしませんよ。
地元に存在したら間違いなく毎日通ってしまいますね…(笑)

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (1) | このお店へのレビュー: 1件