なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

さぴお@腰痛により機能停止

男性 - 東京都 (1991年生まれ)

前振りが長いので『⚫実食 』から読むと便利です。RDB 2017/2/16~

平均点 79.393点
最終レビュー日 2019年10月15日
871 576 6 6,525
レビュー 店舗 スキ いいね

「ワンタンメン」@西屋ラーメンの写真フレンドパークに出たとしたら、ダーツに変えず全て換金する。
どうも、さぴおです。

宮城へ帰省。
祖母お手製の「さっぽろみそラーメン」を頂いた後に、暇なので買い物に追随。

そうするれば、行列のあるラーメン屋があるではないですか!
慌てて、停めてもらい皆が買い物をしている間にワタクシは麺活を。

寒さ対策からか、引戸2つを開けて入店。

会計カウンターがありましたが、スルーしてカウンターへ。
口頭注文、後会計。

極上のワンタンを探し求めていたワタクシは「ワンタンメン」を。
中華そば(細麺)ラーメン(太麺)塩、味噌、豚骨… なんでもござれな豊富なメニュー、

店内はテーブル席がほとんどが
季節柄か、家族連れ。

⚫ジッ食
鶏ガラ醤油の香りがふわっと漂い配膳。

トラディショナルな中華そば。
ワンタンメンとなるとチャーシューレス。

スープは鶏ガラ醤油ですが、醤油の濃いめの味わいがガツンと来て、鶏は支え。
鶏油も多く、塩気はそこそこ高くて、中華そばらしい。
カエシと鶏オイルで喰わせるラーメンですね。

語弊がある言い方をすれば「古くさい醤油の風合い」がヒキとなってるんでしょうね。

麺は、しなやかな中華麺。
足の早そうなしっとりとした舌触り。
麺を引き上げると、スープの乗りはよくて、
少し素朴さのあるような食感ですね。

ワンタンは、ちょっと粉っぽい皮が好みから外れます。
肉餡は塩気が高くてしょっぱめ。そこに生姜の香りがありました。

さらさらっと食べまして、完食。

滅多にこない宮城県は築館の土地で、ラーメンを食べられて良かったです。

ご馳走さまでした。

投稿(更新) | コメント (12) | このお店へのレビュー: 1件

「塩」@拾八番亭の写真好きな場所は布団の冷たい所。
どうも、駄肉です。

店内連食です。記録用なのでレビューはそこそこに。
醤油と構成は同じな鶏ガラ清湯ベースに塩ダレを合わせてますね。
なんとこちらには半玉が付くようです。

塩のほうが、味の輪郭がハッキリとしているので、醤油よりもこちらが軍配かな。

ただ、やはり麺がダマりまくりのダマエッティになっているので、テボで揚げたあとに多少はトングで持ち上げて、麺を整えてくれたりすると嬉しいゾ。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 2件

「塩ラーメン ¥600-」@ラーメンショップ秋桜の写真親戚の男子に「面白いことやって」と振られた時のネタを教えておきました。
どうも、駄肉です。

このレビューは記録用。
はい、こちらは実は店内連食で塩もいただいておりました!!

連食コールした時、親戚一同からあからさまに引かれました。ラオタと一般の方々には埋めようもない壁があるのかもしれません。

以前、レビューした醤油と基本構成は同じですね。
違いは塩ダレになったことと、白ごまがパラパラと振りかけられていることでしょうか。
煮豚が細かくなってますが、これは…仕様…??

たぶん、違うと思います。

おじさんは、ラーメン&チャーハンでしたが、
僕はラーメン&ラーメン。HUNTER×HUNTERみたいですね。

スープは鶏ガラ清湯ベース。
塩ダレは一応、日本酒的なサムシングを入れてたのかな?
醤油よりも、こちらの塩のほうがスープの輪郭があって好みでした!

麺は多加水のぷるぷるした中細麺。
麺のねじれがスープをよく纏いますね。
こちらも勿論完食です。

ちなみに、この後親戚の中学生男子が少食のため残したチャーハンも平らげてました。

このチャーハンがヒット!!
ラーメンよりもチャーハンがおすすめです!笑

投稿(更新) | コメント (3) | このお店へのレビュー: 3件

「チャーハンセット(醤油)」@拾八番亭の写真65キロまで痩せたら、親戚の19歳女子に美人ラーメン女子を紹介して貰えることになりました。
どうも、駄肉です。

宮城帰省第2段のラーメン活動といたしまして、親戚ぞろぞろ7人でこちらにやってまいりました!!
地元では隠れた名店と知られ、芸能人の来店も多いとか。
水森かおりの色紙はじめ、多くの色紙が飾られています。

店内はイッツノスタルジック。
古びた建物に昔ながらのビールのポスターなどが貼られていて、ナイス旅情感。
お客さんにおばちゃんの知り合いがいたようで、ビールを分けて貰っていてワロタ。これがジモッティーの空気。

こちらワンオペ。
カウンター横に注文用紙が置いてありますので、そちらに記入して待ちます。
結構待たされましたねぇ。

はとこたちとアホなやり取りをしながら、ひたすら待ちます。
だいたい僕がMCよろしく、各々をいじりながら話を進行させてますね笑

【配膳】
麺顔もイッツノスタルジック!!
人によって、丼と蓮花が違うのは仕様かな?笑
1センチほどの豚バラチャーがゴロッと入り、メンマ、海苔、ネギ、ナルトちゃんが搭載されております。

【🍜🍥じっ食🍜🍥】
スープを一口啜ると強烈なかんすいの味が!!!
一瞬「小麦かな?」と思うも、完全にかんすい全開です!

おお、これは"純然たる昔ながらの中華そば"ですね。
鶏ガラ清湯ベースですが、出汁の押し出しは弱め。それをカエシで補填。オイリーさは適度ですか、とにかくかんすい臭いですね。
まぁ、これはこれで新鮮でした。

麺は中細玉子麺。緩くウェーブがかっかストレート麺を啜ると、かなりのデロリアン。
そして、ダマがはんぱないって!!

持ち上げると、一気に4、5口分が固まって引き揚げられます。そのため、麺をすする時間が長くなり、不快感が募ってしまいますね。

親戚の叔父叔母に奢られてる分、文句は言いませんでしたが
「駄肉、美味しいか?」と振られたときは口をつぐんでしまいました。

という訳で!
久しぶりにこういうラーメンをいただき、ラーメンの進化に思いを馳せられました!
志波姫には残り2店舗ほどTVにも出た有名があるようなので、次の帰省のときには必ず。

さよなら、宮城…。まだ帰りたくないよ…。

投稿(更新) | コメント (7) | このお店へのレビュー: 2件

「醤油ラーメン ¥600-」@ラーメンショップ秋桜の写真親戚から「太った」「太った」と言われまくり「それが鳴き声か?」ってレベル。
どうも、駄肉です。

親戚のはとこ達と、ひっっさしぶりにこちらへ。
15年ぶりの訪問ですか。少なくとも、最後に僕が行ったのはこちらの移転前です。
小学生だったあの時、夏休み中は駅前のプール付きスパ施設に毎日のように通ってました。
サウナが大好きで、サウナの常連の一人にこちらの店主がおりまして、よく話相手をしてくださいました。懐かしいなぁ…😌

思い出ぽろぽろ状態で8月12日(日)12時46分着。
店の前の20台ほど停められる駐車場はなんと満員!アルティメット混んでます!!
志波姫でこれほど賑わうお店は現在過去未来において、こちらしかないでしょう。
RDBで僕しかレビューしていないのが信じられません。

満員ですので、番号札を受け取りまして、ひたすら待ちます。
6人で伺いましたので、桟敷席が空くまで結構待ちましたね。
配膳されたのは13時45分ごろなので1時間は待ちました。
ただ、久しぶりに会う親戚のキレイになった19歳の長女。
中3になったのに、あんま小学生から変わってない長男。
いつの間にか小4になった次女の話題やら何やらを語ったのでそこまで待たされた感はないですね。

長女には、ラーメン好きな友人がいるらしく、すかさず「紹介して!!!」と迫ったところ「体重が65キロになったらね」とのこと。
が、がんばります…

そんなアホなやり取りをしておりましたら配膳。

器は大きく麺量は220gほどありますでしょうか。
大きめな煮豚、メンマ、海苔、さやえんどう、葱というメンバーです!

【🍜🍥じっ食🍜🍥】
スープは鶏ガラ清湯ベースで香味野菜も加えているでしょうか。
醤油感はいい意味でほんのりとした味わいで、動物出汁の押し出しは穏やか。
優しい染み渡るようなスープですね。
塩気はジャスト、油も適量。
後半は乾物系の押し出しもじわじわと。
昔ながらのラーメンを、ブラッシュアップした優しい優しいスープでした。

麺は多加水ちぢれ麺。
つるつるぷるぷるとした啜り応えで、歯切れは、ぷにっとした食感。
昔ながらの東京にあるちぢれラーメンの麺のようです。
スープの持ち上げは上々で麺に絡み付きまくりです!

豚は何気に巨大です。
ホロッとしたチャーシューがゴロゴロと咲いていて秋のコスモスのごとく!
肉質はしっかりとしており、塩気はやや高め。
スープが優しいのでいい刺激ですね!

メンマ、葱はアベレージですが、さやえんどうはなかなかにその香りをスープに落としこんでました。
スープに野菜の旨味を更に追加させてました!

連食でしたので、固形物のみ片してフィニッシュ。
ご馳走さまでした!!!

ちなみに、僕がきっちりラーメンを撮影している様子は若干引かれてました笑

投稿(更新) | コメント (8) | このお店へのレビュー: 3件

「小豚+キムチ+生姜」@ラーメン二郎 仙台店の写真きたぜ、東北!
どうも駄肉です。

祖父母の家が宮城なので、せっかくだからと仙台で途中下車。
途中下車すると3000円ほど余計に取られるのですが、絶対にセンジを食うんだ!!!という強い気持ちを持っての途中下車🔥😆👍❤️

初の関東圏外二郎です。

こちらは野猿や小金井の系譜を継ぐ二郎なんですね。
11時10分到着で、待ちがな、ななな、なんと!40人越え!!!!!げげげっ!!!おったまげ~~~!!!!!ばたんきゅ~~😵🙅🆖⤵️
思わずぷよぷよで12連鎖くらいされたときの声が漏れます。

新幹線🚄もラッシュでしたが、こっちもラッシュ!!🚄🚅🚄🚅💨
東北数少ない直系ということで、こぞっているんでしょう。
並んでる常連の会話が東北ナイズな訛りがあり、旅情感を得られます😌

滅多に来られないので、大豚にしようかと悩んだのですが、完全に睡眠不足。
しかも若干熱中症気味。遭難保険の小豚です。

店内待ちに昇格。食券とともに現金50円で生姜トピされます。着席とほぼ同時に配膳されました!!

【配膳】
生姜は文化!
それを感じる夥しい量の生姜!生姜!あんど生姜!!
二郎には生姜!と標榜して止まない私はこの見た目でメロメロ💘

豚は5枚。最初「えっ?ない??」と思いましたから、野菜の舌に仕込ませる仕様だったんですね。
おかげで二郎専用醤油をたぁっぷり吸ってますよ…。

【🍜🍥じっ食🍜🍥】
《ド乳化スープに豚醤効いたハードパンチャード豚骨二郎!!》
スープは開店直後でド乳化でとろんとろん。
そして、かなり濃いめの二郎専用醤油のカエシが効いていて、舌に灼りつきをビリビリと感じるハードパンチャー👊😠
二郎で最も味が濃いかも…??

しかし、それがいい!!!!
身体に悪いものは魂に響くんだ!!
引き算の美学なんえクソ食らえ!すべてフルマックスでいきまっせ!というような力強いスープでした。

後半になるとトピのキムチ由来の酸味と生姜の香りが渾然一体となって更にうまぁ…😋🍴💕

麺は少しデロリアン。
しかし、このトロッとしたスープにはジャスト!!いつもバカの一つ覚えで固めの茹で加減が好きな僕ですので、これは珍しいですよ!
二郎の中でも太っちょな麺がこれまたナイス!
モチっとしていながらも低加水なので麺にスープが絡み付く!!
絡みつく旨みがありました😆⤴️💓

スープに浸された豚は、しっとりとして柔らかくウマウマのウマ!!蘇我馬子!!
味染みは勿論抜群!!!小豚は早い時間に行かなければ無くなってしまうというのも頷けます。
できるなら、絶対に豚増しがオススメです。

ンメェ!ンメェ!っていいつつ無心でがっつきました…。
終盤、体調不良から遭難が一瞬過りましたがなんとか完食です。

もう一軒仙台のラーメンを周りたかったですが、体調がかんばしくなく見おくりました。
もう一杯食べてたら確実に一日行動不能に陥ってましたね!

明日は、宮城の思い出のラーメン屋にやく15年ぶりに行く予定です!!

投稿(更新) | コメント (8) | このお店へのレビュー: 1件

私が子供のころに宮城の祖父母を訪れては味わった思い出のお店。
思えばこのお店から私のラーメン好きは始まった。

最後に訪れたのは、ざっと15年前。
ぼんやりとですが、どこのラーメンよりもおいしいと思っていた記憶があります。
店名はラーメンショップとありますが、
いわゆる”ラーショ”ではありません。
宮城の志和姫では有名店で、いつもにぎわっております。

麺が弾力のある中太ちぢれ麺で弾けるようなおどるような食感は今でも記憶にこびりついております。
本店は正月休みやお盆休みをきっちり取るため、休暇で宮城の行ってもなかなか再訪できないのが辛いところであります。

点数は思い出補正。

投稿(更新) | コメント (4) | このお店へのレビュー: 3件

父と帰省した際に立ち寄ったお店。

名前の通りに薄く黄色かかった
黄金清湯スープ!

あっさり鶏ガラが香りながら
昔ながらも洗練された一杯。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件