なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

あたと_13号

男性 - 愛知県

愛知県在住の中高年です。RDB初投稿は2016年7月。だけど、味を判定する能力は・・・幼稚園生並みかも(^^;) 経験値低し、文章力低し。でも美味い麺を求めて、西へ!東へ!

平均点 83.200点
最終レビュー日 2019年10月22日
496 382 32 2,301
レビュー 店舗 スキ いいね

「大潮まぜそば 910円」@麺屋はやぶさの写真10月7日(月)、出張の新幹線待ちの時間にお邪魔しました。久しぶり。大好物の表題メニューを注文です。

具材は、ニボペースト、貝ペースト、節、ミル貝、あおさ、そして万能ネギとタマネギ。
スープも、各種煮干や節を大量に使っています。カエシや調味料も使っているのでしょうが、強く強く魚介を感じます。このスープが美味いんですよ。

個人的にはあおさが大好物なのですが、この一杯があおさだけになっていない所も好きです。節も強い、ミル貝の歯応えも強い、煮干も程よく香ります。

麺は柔らか全粒粉入りの太麺。モッチモチの柔らかさ。それほど太くはないけど、これがしっとりとした魚介のスープに合ってます。

後半、卓上のニンニクチップと「辛玉」なる辛味を多めに加えます。やや邪道な気はするのですが、この辛玉の辛さも大好きなんです。

最後は無料の追い飯を投入し、たっぷり残ったスープとかき混ぜて完食。ご飯も合うなー!そしてざくざく入ってるミル貝のツブツブが美味い♪

最近生活のリズムが変わって、少々足が遠のいていました。だけど頑張って定期的に通おうと思います。是非また来ます。ご馳走様でした。

投稿 | コメント (10) | このお店へのレビュー: 5件

「半熟台湾まぜそば 1000円」@究極の北京飯・らーめん 半熟堂の写真10月5日(土)、前から気になっていたこちらのお店に、ランチタイム開店直後に初訪。北京飯と言う、豚の唐揚げと半熟卵焼きを乗せたメニューが人気とか。今回、表題メニュー+北京飯(小盛)450円を注文しました。

麺は太麺ですが、はなびさん辺りと比べるとやや細め。だけど硬めで歯応えのある、しっかりした麺です。
スープはまさにザ・台湾まぜそばって感じの濃さ・辛さ。辛めのミンチとニラ、そして海苔・ネギがコラボして、これは美味い台湾まぜそばになってます。

そしてこの一杯を支配しているのは、その名の通り半熟の卵焼きです。写真では具材の下に隠れているのですが、甘辛く味付けされた卵が全体をマイルドにしていて、一風変わった、他で食べたことのない台湾まぜそばになってます。これは美味いなー♪

豚の唐揚げも良かった。やや衣が大きいですが、カリカリの衣とジューシーなお肉♪かなりいいワンポイントになってます。

北京飯も良かったです。上述の豚唐揚げと甘辛半熟卵。この上に片栗の餡がかかっていて、なかなか中毒性高い一杯ではないでしょうか。周りを見ると、フルサイズの北京飯+半ラーメンのランチを注文している方がたくさんいました。かなりな人気メニューのようです。

こちらのお店、厨房に男性2名+接客に女性2名のオペレーション。このうち、厨房の男性のひとりが素晴らしかった。調理の手捌き・スピードもさることながら、ありがとうございました!お待たせしました!の声出しがすごい。ほぼ絶叫です。このお陰で、店内は常に元気一杯・活気が満ち満ちています。

味よし・接客よし・そして店内は綺麗で清潔。これで流行らないわけがない。開店から15分後には既に待ちができていました。これは面白い店を見つけました。また来ます。ご馳走様でした。

投稿 | コメント (14) | このお店へのレビュー: 1件

「中華そば 魚醤 830円+半玉子 50円」@中華そば屋 華壱の写真9月28日(土)、醤油ラーメンが美味いと評判のお店。念願叶って表題メニューを頂きます。店内には限定麺のPOPも多くて目移りしますが、今回は初志貫徹。席に座って口頭注文から10分程度で着丼しました。

麺の上には、味噌のようなペーストが鎮座しています。これが魚醤って言うんですかね。それでは頂きましょう。

スープをひと口・・・。
魚介が濃い!醤油はあっさりとしていて、塩分さえほのかにしか感じない程度。それを上回る魚介です。それではお楽しみ♪魚醤を溶いて行きましょう・・・。
ん?あんまり変わらない・・・。もっと魚感と塩分がガツン!と来るのを期待していたのですが・・・。あっさり醤油ラーメンの印象のままです。魚醤って何?

麺は強めにウェーブした硬めのもの。これは好みの麺ですが、スープが極めてあっさりしているだけに、なんだか違和感を感じてしまいます。
強めの麺をズルズルと啜りながら、あっさりとしたスープをごくごく。だいぶ想像と違うかも。
よく見ると、丼の上の玉子が目玉、チャーシューはあんぐり開いた口。びっくりした顔してるじゃん!最初からこうなる運命だったのね。

チャーシューはホロホロ。トッピングした味玉も味が染みていて上手に半熟。どちらもよくできていました。

キャパ9席の店内は満席。待ちまでできています。皆さん何を頼むのかなーと思って見ていると、汁なし率が5割を越えている模様。こ、こりゃまぜそばで正解だったのかも?深読みしすぎたかも知れません。次回は本能の赴くまま、こってりしたまぜそばを頂こうかな。
リベンジしにまた来ます。今回はご馳走様でした。

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 2件

「清水次郎長まぜそば 920円」@麺屋いっちょう 東海店の写真9月27日(金)、この日はこちらでランチです。最近汁なしと言えば台湾まぜそばばかり食べていますので、今回は気分を変えてJ系だと言うこちらを。名前が少々個性的ですが、どういうこだわりがあるのかは分かりません。
注文から10分少々で着丼しました。それでは頂きましょう。

えいっと混ぜ進むと、太くて硬めの縮れ麺が持ち上がってきます。タレと言うかスープはシャバくて、醤油メインの味付けのようです。メニューには「ジロー系です」とありますが、麺上の山盛り野菜以外にはあまりJを感じません。
ただ麺は好きなやつでした。アゴが疲れるほどではありませんが、適度な歯応えとしっかりとした喉越しを楽しみます。
チャーシューも良かったです。肉厚でホロホロ。量もたくさんあって、満足度は高いと思います。

シャバいスープで野菜山盛りを食べ進むと、段々水っぽさが増していきます。後半になるとスープの味は更に弱まってきて、野菜本来の甘さを味わうかのようになってきます。これはいけません。卓上に豆板醤がありますので、えいやと乗せて辛く辛くします。この豆板醤は美味かったですが、もはやどうやってもJ系とは呼べない代物になってしまいました・・・。

悪くない。決して悪い訳じゃない。「野菜いっぱい健康まぜそば」と言ってくれれば、また違った評価だったでしょう。だけどJ系と言うなら、あと100倍くらいジャンクなやつを期待しちゃいますよねー。
Jとか台湾とかの形に捕らわれるのでなく、ジャンクで中毒性ある一杯を開発して頂きたいものです。近くに工場がたくさんあるこの辺りでは、きっとそんなのがウケると思いますよ。頑張ってください。ご馳走様でした。

投稿 | コメント (10) | このお店へのレビュー: 3件

「海老辛肉そば(ニンニク・卵黄サービス) 1050円」@ラーメン 月麺の写真9月23日(祝)、美味い油そばが食いたくなって、ランチタイム後に伺いました。2度目の来訪。キャパ15、マスター+女性の3オペ体制で、店内には昼のワイドショーが大音量でかかってます。まさに町の食堂な雰囲気。

入口近くの券売機でチケット購入して注文すると、ニンニク・卵黄トッピングの有無と、サービスご飯の有無を聞かれます。もちろん全部アリで。
5分程度で丼を配膳してくれたおばちゃんが、味変用のマヨネーズの使い方を親切に教えてくれます。ワタシはよほど素人に見えるのでしょう。親切ですけどね。

辛海老味噌?の中央に卵黄が乗ります。台湾まぜそばチックな麺顔。その周囲をぐるり取り巻くチャーシューが綺麗です。よーく混ぜると、辛味噌の赤が持ち上がって来ます。これはいい感じ♪それでは頂きましょう。

麺はかなり強めにウェーブがかかった硬めの太麺。最近硬めのウェーブ麺がお気に入りなので、この麺は気に入りましたよ。舌の上で・喉の奥で、麺を踊らせながら食べ進みます。
タレは醤油ベースに辛味を効かせたもの。最初は小海老を辛く味付けした辛味噌?が上手に混じらず、辛味に濃淡が付きます。これを上手に麺で掬いながら、辛いを楽しみます。なかなかキリッとしていて、インパクトのある味です。前に来たときより数段美味い。実に引き締まった油そばです。

チャーシューがホロホロ!こんな柔らかいチャーシューはいつ以来かな?味も染みていてなかなか上等です。
最後に茶碗ご飯を投入し、赤く色付けて完食。タレ量も十分でした。

立ち上がってご馳走様をすると、マスターと奥様(推定)がニッコリ笑ってありがとうございましたをくれます。明るく・美味しく・気持ちのいいお店です。限定麺もあるみたいで、飽きずに通えそう。是非また来ます。ご馳走様でした。

投稿 | コメント (12) | このお店へのレビュー: 2件

「とんこつベトコン 850円」@麺達 セントレア店の写真9月18日(水)、飛行機出発の遅れで、思わず時間が空いてしまいました。さてどこかで麺活でもと思いますが、はなびさんや味仙さんは他の店で頂いたことがあります。そこで今まで入ったことのない、麺達さんに伺いました。
チケット購入して、発券機で人数=1を入力して整理券を受け取ります。4組待ちとのことですが、ものの5分で着席。そこから更に5分で着丼しました。

ベトコンとはベストコンディションの略と言われ、名古屋・岐阜のご当地ラーメンです。炒め野菜とニンニク、そして辛味が特徴なのかな。ワタシは余り食べたことがありません。
麺顔はややのっぺりとした印象ですが、一面に散りばめられた唐辛子が彩りです。キクラゲもたくさん浮いています。それでは頂きましょう。

麺はお約束の極細ストレート。麺の硬さを聞かれませんでしたが、かなり柔らかめの仕上がりです。いつも北九州系の豚骨は硬めで頂くことが多いのですが、柔らかい極細面も悪くないもんですね。キクラゲを絡めてゴリゴリと食べ進みます。

スープはさらっとした無臭な豚骨です。ピュア豚骨を頂くのは久しぶりだなー。
ここにしっかりした辛さの唐辛子がききますが、激辛!とかではなくサラッと頂ける、辛味豚骨と言ったところです。
途中で卓上のおろしニンニクを投入。やっぱ豚骨にはニンニクが合うわ!この後飛行機で隣に座る方、ゴメンナサイね!

チャーシューは、大きさも厚さも、そしてお味もちょっと残念。ま、立地的になーとか、セルフ言い訳しながらぱくん。あっという間に完食・完飲。

場所柄、色んな国の言葉が飛び交います。大陸の方って、日常会話がフルボリュームじゃないですか。多分「オイシイ」とか「ウマイ」とか言ってるんでしょうが、まるでケンカしてるみたい。身振り手振りを交えながら、フルパワーで会話してます。まぁまぁ落ち着いて・・・。
食事の風景も国それぞれ。あたしゃ日本人で良かったな。ご馳走様でした。

投稿 | コメント (14) | このお店へのレビュー: 1件

「台湾まぜそば(マッスル麺) 830円」@つけめんや 泉の写真9月16日(祝)、限定のマッスル麺がまもなく終了と聞いて、台湾まぜそばを頂きに伺いました。マスターとお弟子さんの2オペです。
マッスル麺とは、動物性タンパクを麺に練りこんであると言う、林製麺さんの商品。こちらのお店では、夏の間の限定として提供されてます。

チケット提出して「マッスル麺」を口頭リクエスト。ものの5分で着丼しました。それでは頂きましょう。

麺はややゴワっとしてますが、何も言われなければちょっと硬めの普通の麺。ワタシはこちらのお店で台湾まぜそばを初めて頂きますので、デフォとの違いは分かりません。ただ少し茶色めに色付いています。動物性タンパクって、どうやって練り込むんだろ?

本来は汁なしのはずですが、かなりつゆだくです。ミンチもニラもゴロゴロ入っていて、麺に絡めてじゃんじゃん食べ進むのですが具材が減って行きません。しかもこの具材、ジュレに包んでありますね?欲しい時に濃厚で、上手に絡めると味と水分の濃淡を楽しめます。

麺を完食しても相当量が残ってますので、ランチタイム無料の追い飯をドボン。よーくかき混ぜて台湾リゾットにします。水分高めのスープは、ご飯への絡みがとっても良くて、まるで台湾リゾット用に作られているかのよう。美味い♪

ふと注文が途切れると、お弟子さんはすかさず外へ出て行きます。掃き掃除か何かをしているのでしょう。マスターはコンロ周りの清掃に余念がありません。こう言うスキマ時間に何をしているかで、店の善し悪しが見えますよね。ワタシがご馳走様をして立ち上がると、マスターあろうことか、出入口まで来てお見送りをしてくれました。
「ありがとうございました」イヤイヤそれはこちらのセリフです。いい気持ちで退店(^^) また来ますね。ご馳走様でした。

投稿 | コメント (10) | このお店へのレビュー: 6件

「韓流まぜそば(大) 800円」@龍龍食堂の写真9月29日(日)、ガツンとジャンクなまぜそばを食いたくなり、西尾市にあるこちらに伺いました。韓流食堂とかで、ご飯丼もの:定食:ラーメンが1:1:1でメニューに載ってます。
接客は韓流らしき男性ひとり、調理はもっと南の方と思われるYouな男性ふたりのオペレーション。満席+外待ちのお客さんを、てきぱきと捌きます。チケット渡して注文から、10分少々で着丼しました。

大盛の丼はでかいなー。麺量は目測で400g。ワタシにはかなりな量です。
麺の上には辛味噌・ミンチ・フライドオニオン・そしてキムチと韓国海苔。なかなか個性的なメンツです。それでは頂きましょう。

ワシワシとかき混ぜると、麺全体が赤く染まります。
麺はしっかりした歯応えを感じる硬めの弱ウェーブ。韓流だけにトウモロコシの麺とかだったらどうしようと思ったのですが、よくある小麦の中華麺でした。しかも結構美味いです。

タレは辛味噌ベースと思われます。甘くて酸っぱくて、そして辛い。キムチの影響を受けていると思われますが、かなり独特な風合いです。だけど美味いです。
途中、ここに卓上のコチュジャンをたっぷりと乗せます。ワタシは豆板醤も好きですが、コチュジャンも好きなんです。鍋料理にもたっぷり入れるくらい好き。このコチュジャンのお陰もあって、丼全体がすっごく好みの味になりました。ただ辛いだけじゃなく、甘みとコクが絶妙。そしてもはやキムチも渾然一体となり、タレと麺と絡み合っています。白菜のジャキジャキした歯応えも、いい変化になってます。

タレと具材の量も十分。麺に好きなだけ絡めて食べますが、最後にたっぷりと残りました。これをスプーンで掬ってご馳走様。お腹いっぱいになりました。

帰るときは、トレーに乗った丼を返却棚に返しに行きます。接客のぽっちゃりしたサモ・ハン・キンポーみたいな店員さんが、元気にありがとうございましたをくれます。なかなかいい店じゃない。また来ようっと。ご馳走様でした。

投稿 | コメント (10) | このお店へのレビュー: 1件

「汁なし台湾 830円」@つけ麺 丸和 尾頭橋店の写真9月15日(日)、かなり暑い日。麺が美味いと評判のこちらに伺いました。
昼前の到着で店内待ち4名様。待ってる間にチケット提出して、麺量並で注文。5分ほど後に着席すると、間もなく着丼しました。

結構深い丼です。たっぷりのミンチとプルプルの卵黄が美しい。それでは頂きましょう。

まず麺を1本・・・。うん、確かに美味い。モチモチ柔らかな平打ち太麺で、ツルツルの表面です。
よーく混ぜ混ぜすると、かなり濃いめなスープが持ち上がって来ます。しかもスープたっぷり。つゆだくな汁なしです。でも濃いから美味い。そしてやっぱり麺が美味い!この麺は一食の価値があると思います。

濃いめの味付けに、ゴリゴリ食感の肉粒が合います。ニラもたっぷり、ニンニクもたっぷり。口の中がピリピリしてきます。でも辛くて美味~い♪

麺を完食しても、かなりな量のスープと具材が残りました。ここに無料の追い飯を投入し、台湾リゾットにしてお腹いっぱい。汁なし台湾には追い飯が合うわ!

気がつくと、店内待ちは10名様程に増えてます。店員さんがてきぱき捌くのですが、食べ終わってもキャーキャー喋ってるお姉ちゃんたちや、いつまでもスマホいじってる兄ちゃんがいたりして回転が上がりません。こういうツラの皮の厚さが羨ましいわ・・・。
小心者なワタシは、さっさと退散します。でもまた来ます。ご馳走様でした。

投稿 | コメント (12) | このお店へのレビュー: 1件

「(限定)鰤のラーメンセット 900円」@らぁめん こはくの写真8月31日(土)、ディナータイムに伺ったときのレポになります。

大好きだった「こはく」さんが、閉店してしまいました。
店主さんの体調が理由だそうですのでほんとに仕方ありませんが、これはほんとに残念です。まだまだ、美味い限定麺を頂くつもりでしたので・・・。既にMAPからは消去されてしまっていますが、せめて記憶を記録に残しておきたくて投稿です。


ワタシに同道したツレが頼んだ、ブリの汁ありラーメンです。
ワタシは横から少し頂いただけですが、その美味さに悶絶しました。こんなのは初めて食べました。次に来たら、是非汁ありを頂こうと思ったものです。出汁と麺とのコラボレーションが、これほどの逸品を生み出すと知りました。

しかもブリのお刺身と炊き込みご飯付き。これで900円ですよ?ここは日本かな?!

もう叶いませんが、こんな美味い一杯を是非また頂きたいものです。
できることならば、細々とでいいのでまた開業して欲しいものです。

今まで、ほんとに美味いラーメンをありがとうございました。
またどこかでお会いできますように。ほんとにご馳走様でした。

投稿(更新) | コメント (12) | このお店へのレビュー: 6件