なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

いたのーじ

男性

ジャンルは問わずラーメン好き。端麗系が好みです。神奈川県を中心に食べています。

平均点 75.586点
最終レビュー日 2019年10月22日
700 647 3 1,550
レビュー 店舗 スキ いいね

「紀州湯浅吟醸醤油ラーメン」@麺屋 ひしおの写真メニューを見るとご飯や餃子などのセット物に力を入れているようです。ご当地色のありそうな表題メニューを注文。
厨房はクローズですが、厨房入口のれんの隙間から…常温保存のスープを行平鍋で温めて仕上げている様子が見えます。
提供時、店員さんがモヤシに醤油をかけてくれました(次男坊の名前の店が脳裏に…)


香ばしい醤油…

ほぼ真っ黒に近い色のスープは物凄く円やかな醤油味、液体ラードの層が厚く背脂(固形)も浮いてますが、ぜんぜん重たくなくスッキリしています。
豚主体と思われる動物出汁も軽め、円やかで香ばしい醤油味を主張している印象です。
また、塩分はカナリ控えられていました。

中太縮れ麺はカンスイ臭やや強め。
ボソッとした食感で時折粉っぽさを感じる、ワタクシ的には苦手なタイプ。
スープが大人し過ぎるためか絡みを堪能しづらかった。

具は、モヤシ・チャーシュー・穂先メンマ・青ネギ・辛味噌。

モヤシはこの大人しいスープに対しては量が多く水っぽさが気になる。
チャーシューはパサつき気味だが味が良くしみており甘みもあります。
穂先メンマはいい感じ、旨いね。
青ネギは程よい薬味感。
辛味噌は動物出汁の旨みをよく引き出す。けれどすぐにその効果は薄れてしまう幻のような存在。


かつて、今は亡きラーメンの鬼も藤沢の店で使用してた湯浅醤油。鬼はシャープに仕上げていたので、その意外性に驚かされました。
同じメーカーの醤油でも、こんなに違うのですね。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン」@○イラーメン 中之島本店の写真祝日前日、22時半頃、外待ち前客5、後客4。
ポツリポツリと飲み屋が点在する地域、飲みの〆め客がほとんど。

厨房には弱火設定の大寸胴が1台、小鍋に数人前のスープを小分けし強火で仕上げの煮込み。
醤油タレと旨み調味料を入れた丼に茶濁の元スープを注ぐ。
先にスープを注いでからタレ等を入れてかき混ぜたり結構荒いオペ。
麺は菜箸で豪快にかき混ぜ、テボ笊で小刻みに2回~20回の湯切り。統一性がないと言うより職人技というべきか?


並びから20分くらいで提供されました。

醤油タレのほんのり甘い香り…
ややキリッとした醤油タレと意外に軽めの脂。
豚と思われる出汁が程よく効いていましたが重たくない。
そして臭みも無い。
概ねライトな豚骨スープ。
塩分は丁度いい。

中細ストレート麺はカンスイ臭強め。ザラリとした表面は動物出汁をよく持ち上げ、固めに茹でられていますが芯が残っていないコシがしっかりしたタイプ。

具は、ネギ・モヤシ・チャーシュー。
「ネギラーメンは注文してないよ!」と言いたくなるような豪快なネギ量。薬味感は強くないので食べ易く豚骨スープの良い緩衝材。ただ、九条ネギ独特の香りには乏しい印象。
モヤシは少量。
薄切りのバラチャーシューが2枚、味がしみて肉の旨みがいい。

食べ進むにつれ、スープにまろやかさが増して来ます。
先人の方のレビューのとおり、後半スープに浸ったネギから若干のえぐみが出てきます。

けれど食べた後、胃もたれしないね。
スッキリしてクセがなくオナカに優しい一杯でした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件