なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

いたのーじ

男性

ジャンルは問わずラーメン好き。端麗系が好みです。神奈川県を中心に食べています。

平均点 75.585点
最終レビュー日 2019年10月19日
698 645 3 1,543
レビュー 店舗 スキ いいね

「中華そば」@光洋軒の写真ご当地、高井田系ラーメンの元祖が気になったので、入ってみることにしました。

創業60年を超えている…
らしいっす。

店に入ると、醤油と味醂の香りに包まれていました。

厨房では、水道水を足す仕込み用寸胴と、常時蓋がされた湯気もやもやの営業用寸胴が鎮座。
元スープは、やや黄色かかった透明なもの。鶏のガラかな?
麺は、一つ一つ束ねられ、1本の麺をヒモがわりに使っていました。(何故か、ヒモがわりの麺は使いません)

表題(550円)は、少し待たされ提供。
醤油の香り…
非常に塩分が高く、苦みの強い醤油タレ。
何かで香り付けたラード。
鶏などの動物出汁に昆布や鰹のとのことですが、昆布出汁を感じるスープです。

カンスイ臭控えめの丸太ストレート麺は、わずかですが小麦感があり、インパクトのあるスープとの相性がいいですね。
なめらかで歯切れも良く食べやすい。

味の抜けた薄切りロースチャーシュー。
薬味と言うより緩衝材的な青ネギ。
甘辛く柔らかいメンマ。


喰ってる途中から、塩分が強くなってくる…
ネギ増量(有料)しとけば良かった。メンマの強い味付け。
麺はスープを吸い込み易いので、とりつく島もない塩っぱさに変化…


卓上の、お好み醤油タレをレンゲでダイレクトに試飲。
塩分と苦みがビリっと強烈!
醤油を煮込んで半分くらい水分を飛ばしたものかな?
でも、これを足す人がいるのでしょう。ワタクシには無理だけど。

とにかくスゲーしょっぺ~


だけど昆布の出汁(旨み調味料?)も効いてて、滅茶苦茶印象に残る味。
慣れるとハマるかも…
また、ビールのお供に良さげな感じです。

投稿(更新) | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン」@薩摩っ子ラーメン 総本店の写真ご当地ラーメンらしき店だったので入ってみることにしました。
派手な看板には「元祖ニンニクラーメン」の文字。
店内からJ系のようなイイにおいが漂って来ます。
厨房には強火力で煮えたぎった白濁スープが入った寸胴が鎮座。
ちなみに、キムチはあるけど、納豆キムチはありませんでした。

先ずは小ビール(小瓶ビール400円)と味モヤシ(300円)で潤った後、表題(850円)を発注です。


「ニンニクお入れしましょうか?」
二つ返事で「よろぴく」


程なく提供。
マー油の香り…
薄~い塩味。かなりライトで、豚優位な動物系スープです。
ニンニクスープと言っても過言ではありませんが、ぜんぜん違和感はありません。
むしろ旨い。

軽くウェーブかかった中細麺はカンスイ臭控えめ。
ツルツルもちっとしてスッキリした麺です。
量は少ないな。
(ちなみに大は1,200円)

さっきまで食べていた香味脂で和えた味モヤシ。
(かぶった…)
バラチャーシューは肉の旨みと味付けのバランスが良くかなりイケる。
(ちなみに、チャーシュー麺は1,300円)

また、丼の底から、生刻みニンニクが、これでもか!と襲撃して来ます。

食べ進むにつれ、ライトだった動物出汁とコラーゲンが、ドッシリ確りしたものに変化。
乳化した脂も追撃。
底に溜まったニンニク片をむさぼり喰うに最適な環境となりました。
汁完です。
ニンニク好きにはタマラナイ一杯。

今まで、これだけニンニクとの相性が良いラーメンを食べたことはあっただろうか?
いや、無い。

投稿(更新) | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「にしんそば」@そば処 やま家の写真新大阪駅構内(改札外)にあるそばやです。
表題(800円)を注文しお願いしました。

配膳と同時に、お出汁とにしんの香りがふわぁ~
食欲をそそります。

フレッシュな酢みのある薄口醤油に、にしんの脂が軽めに浮いています。
鰹主体のようなお出汁に、にしんのエキスが加わった旨いおつゆ。

表面がざらっとした蕎麦。
太さは均等でサクッとした歯応え。軽めに小麦を感じます。

甘めの味付けで旨みたっぷりのにしん。
紅白の蒲鉾。
少し土臭いネギ。
卓上の七味はトテモ香りがいい。

お出汁の効いたおつゆが印象的でした。
また、800円はリーズナブルだね。
定食もあったり、呑みもできるようです。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「天ぷらそば」@千とせの写真コチラのお店…『卵かけご飯』と『肉吸い(肉うどんのうどん抜き)』といっしょに注文するのが、この店自慢の一番人気…らしいっす。

土曜日の昼過ぎ、13人外待ちです。後続多数。

表題(450円)を発注です。
店のお姉さんはキョトンとした表情。客のほとんどが一番人気を食べるからでしょうか?
並びはじめから30分くらいで提供されました。
おつゆが旨~い。
薄口の醤油味で甘みは最小限に抑えられています。
昆布や鰹のようなお出汁がよ~く効いていました。

滑らかな表面、箸でちぎれてしまうほど超柔らかいそば。
茹で置きかも(違ってたらスミマセン)
少なくとも十割ではないです。
けど、消化吸収良さげで嫌いじゃないです。

具は…天ぷら・蒲鉾・青ネギ。
天ぷらの構成は海老10%に衣90%、ほとんど衣ですがトテモ香ばしい。

海老の尻尾残しで汁完でした。
そばを食べてるのはワタクシだけだったので肩身が狭かったけど、美味しかったです。

尚、店裏に『マルテン醤油』と書かれた箱がありました。
寛政7年創業の醤油メーカーみたいですよ。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ちゃあしゅうらーめん」@九州らーめん亀王 JR新大阪駅店の写真『とろける自家製ちゃあしゅう』が気になったので入ってみることにしました。初訪です。
ちゃあしゅうと言えば亀王っうコンセプトがある…らしいっす。

表題(1,140円)を発注です。
程なく提供。
とんこつの香り…

尖りを抑えた塩タレ、脂は控えめ。真っ白なスープが見た目いい感じです。
臭みは全くないのですが、驚くほど薄味です。
胡麻の香ばしさや、目に見えぬニンニク味にハッとさせられます。

軽くウェーブかかった中細麺はカンスイ臭強めなんですが、小麦の香りも確りあります。
また、極細の低加水を想像してたのですが、滑らかでふんわり。

チャーシューは豚バラが5枚。感動には至らぬものの、柔らかくジューシー。

厨房には大寸胴が4台、営業用小寸胴が2台あるものの、湯気はたっていない?工業チックな感や、目の前に置かれた業務用タレには引いたけど、濃厚ドとんこつを想像させつつ肩透かしをくらわす演出が良かったです。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「塩 イリコ」@手打ち麺 やす田の写真GW土曜日、11時15分着、シャッター前1人、後客6人、外待ち0人。

丼に冷やし固まった鶏油とタレを入れ温める、雪平鍋で動物出汁スープと魚介出汁スープを別々に温めた後、別の雪平鍋に移しかえアクを取り丼に注ぐ、てぼザルから麺を入れトッピングして完成。

お魚のイイ香りが…
スープを啜る、固形鶏油のためか微かに油の臭みが感じられましたが、すぐに気にならなくなりました。
動物出汁は鶏ベースの清湯(下調べ)らしいのですが、イリコ:お魚だけのスープと思える程さっぱりしていて、臭みもえぐみもなく出汁がしっかり効いています。
また、無化調(下調べ)なのにボディもしっかり、これはウマイ❗

入口付近に製麺台と麺棒があり、生地を保冷庫で寝かせていました。自家製手打麺なんですね。
カンスイの匂いは全くなくスッキリ、やや固めに茹でた弾力ともちもち感のあるウドンをイメージさせる麺でした。これもウマイ❗

味のしみたサックリしたメンマはイイおかず的存在。
薬味の役割を十二分に発揮した白ネギも印象的、写真の青い具は青ネギでした。
特筆はバラチャーシュー、味付けもよかったのですが、柔らか過ぎず固過ぎず、肉質が良いのか非常にウマイ❗
麺、スープ、具のバランスもイイですね。
機会があれば次回は醤油鰹を食べに行きます。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件