なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

いたのーじ

男性

ジャンルは問わずラーメン好き。端麗系が好みです。神奈川県を中心に食べています。

平均点 75.591点
最終レビュー日 2019年10月20日
699 646 3 1,543
レビュー 店舗 スキ いいね

「かつ丼セット900円」@増田屋の写真個人的にこのセットは蕎麦屋の鉄板だと思っています。本能的に食べたくなったので行ってみることにしました。呑み客が座敷を占拠していたので、少し待たされ提供。

長細い器に蕎麦、おつゆ、南瓜のきんとん、カツ丼が盛られています。おつゆは醤油が強めで角が立ったタイプ。白っぽい蕎麦は柔らかくとても優しい口当たりです。おつゆに付けて啜ると鰹出汁を持ち上げて心地よい。
カツ丼は、ふわふわ玉子に香ばしい衣。汁がご飯と共に滲みて旨い。肉質は及第点ですが満足。
全体的に量は少なめ。少食者にはありがたいですが、腹パンです。最後にアツアツ蕎麦湯で〆め完食。ご馳走さま。

神奈川県に点在するこちらのチェーン?(フランチャイズ?、名板貸し?)飛び抜けているわけではありませんが、安定した旨さが気に入っています。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「みそらーめん」@みそ専門 麺処いずみの写真ラーメンwalker神奈川2020の無料クーポンを利用しました。同誌購入代金、前回と今回のクーポンで早くも元がとれました。ありがたいですね。さておき………

こちらは、市ヶ谷の味噌専門店「大塚屋」店主の実弟が独立オープンさせた味噌ラーメン専門店…らしいっす。
表題(クーポン利用0円)を発注です。程なく提供。
味噌と香ばしいチャーシューの香り…
ラーメンの仕上げは丼に乗せたチャーシューをバーナーで丁寧に炙ります。そのため、丼はかなり熱いです。ご注意を。
極めて心地よい酸味と甘みのあるアツアツスープ。麹のカケラが入った旨みのある味噌、動物性と桃・リンゴなどの果実(柑橘類は感じません)と推定される出汁、ややトロみもあります。脂は細かい粒状、植物油かな?とても印象に残る旨いスープですね!濃厚でありながら胃もたれしないところもグッドです。
麺は平打ち太縮れ、麺箱には三河屋の文字が。カンスイ臭は感じません。もっちりしっかり、スープとの相性が良いです。仄かに小麦の風味を聴くことが出来ました。
チャーシューは大きめなものが三枚(ちなみにデフォルトのみそらーめんは通常750円)太っ腹です。香ばしくホロホロの神豚です。穂先メンマはみずみずしく良い緩衝材。
途中卓上プライドガーリックを投入。スープに影響を与えませんが、単体の具として頂くイメージ。とても香ばしく食後しばらくあとをひきます。また、香り高い胡椒で味変も楽しみ、汗だく汁完です。ご馳走さま。

総じてとても満足できる一杯でした。メニューに辛味噌もありますが、卓上に一味などの辛味調味料があると、より一層楽しめたことでしょう。

投稿(更新) | コメント (10) | このお店へのレビュー: 1件

「酸辣麻辣油麺(ランチメニュー)」@中国料理 桜花亭の写真戸塚から茅ヶ崎に移転した人気店。技量の高いシェフらしい。前回満席で入れず。期待が膨らみます。
ワンタン麺にするつもりでしたが、ランチメニューの麺類は、表題のほか、「名物担々麺」・「名物激辛辣香麺」・「おすすめ台南屋台ピリ辛汁麺」如何せん選択肢が少ない。しかも全て辛そうだ。辛さに耐性の無いワタクシなので、一番辛そうでないと思われる表題(1,050円)を発注です。

先ずはスープを…
辛味と酸味でむせる!
チーマージャンが入っていないちんたんスープがベース。たっぷりの辣油や唐辛子のかけら、鷹の爪がまるごと3本入っている。酸味は許容範囲ですが、辛味は耐えられない。細縮れ麺も青菜も挽き肉もサービスのサラダも緩衝材にならずとりつく島が無い。また、カラウマ要素も感じられず痛いラー食でした。試しに鷹の爪の中の汁を啜ってみる………言うまでもないです。

好みだけで採点すると、30点未満ですが、えぐみの無い青菜やむさぼりたくなる挽き肉から、シェフの技量が感じられました。ご馳走さま。サービスのアイスコーヒはありがたかったです。

尚、定食ランチメニューも麻婆豆腐が筆頭。辛いものが得意なんだろうね。辛いもの好きの方には、うってつけの店かもね。

投稿 | コメント (12) | このお店へのレビュー: 1件

「新名物醤油ラーメン+餃子」@麺処 よつかどの写真ラーメンwalker神奈川2020に、目玉焼きのような玉子がのっている見た目オールドスタイルのラーメンに惹かれたので行ってみることにしました。夜は居酒屋として利用出来るようです。
表題(700円+0円クーポン)を発注です。程なくクーポンの餃子(五個・通常300円)が提供され食べる。ボリュームはそこそこ。餡はすり身でニンニク控えめ。(ニンニク無し?)柔らかく熱過ぎないので食べやすい。喰い終わった頃にラーメンが提供される。ポテトサラダが付いてきた。ちなみに15時迄ライス無料。血糖値の高い者にはありがたみのないサービスだ。(苦笑)ライスは丁重にお断り。

メニューによりますと「牡蠣の旨みと卵の濃厚さが絡み合う一杯」……らしいっす。
玉子の香り…
塩分濃度控えめで円やかな醤油タレに金色に輝く良質の脂。出汁から牡蠣は感じませんでしたが、とても大人しい味のスープです。
麺は細麺。カンスイ臭強めですが蕎麦のような風味がある不思議な麺。スープと同化した柔らかく優しい口当たり。美味しい麺です。
具は、なると・豚バラチャーシュー・鶏肉・海苔・ネギ・メンマ。とりわけ、すり身感の強いなると、あおさのりのようにトロけてしまう海苔が印象的。

最大のポイントは「秦野市観光協会推奨品・非遺伝子組換え飼料の放し飼い有精卵」っう枕詞の付く玉子『みくるべたまご』
白身も黄身も濃厚。支那そばやの名古屋コーチン味玉より上品な味わいです。スープと合わさると、スープに甘みやまろみが加わり、派手さはありませんが、えもいわれぬ旨み。トロケた海苔もスープの旨みに拍車を駆けます。

派手さはありませんが、スープ・麺・具が三位一体となることで、最大の旨みを形成するという、ニューウェーブな一品ですね。汁完。ご馳走さまでした。腹一杯です。

尚、今日もらったレシートを次回持参すると餃子一皿サービスになります。
また、サービスに頼ることなく十分やっていけると思います。

投稿(更新) | コメント (8) | このお店へのレビュー: 1件

「しおらーめん」@らーめん 水澄の写真7月にオープンしたっうことで行ってみることにしました。鎌倉のHANABI出身らしいっす。能登輪島の海塩を使っているっう表題(700円)を発注です。
程なく提供。脂の香り…
貼り紙によりますと「鶏のガラ・香味野菜・煮干・鯖節などの魚介出汁をあわせたスープ…」とあります。脂から鶏の臭みが感じられ、塩分濃度も薄め。鶏と魚介の出汁は感じられますが、地に足が着かないようなぼんやりしたスープでした。レンゲに魚粉がまとわりつきます。
麺は中細ストレートでシルキー、カンスイ臭控えめ。どちらかと言うともっちり系。スープに馴染みません。
水菜や薬味感のあるネギは逆効果。途中卓上ミル挽き胡椒を投入するも香りが高過ぎ。けれど味が良く滲みた柔らかくジューシーなチャーシューは旨い。

とても流行りそうな雰囲気が出ているだけに惜しい。
今日現在は今風を真似たような味でしたが、今後の大化けが楽しみです。半年後の再訪は確定です。

投稿 | コメント (12) | このお店へのレビュー: 1件

「うまいラーメン(こってり味)」@松福 小田原駅前店の写真らぁ麺 桃の屋が全面道路工事のため臨休(泣)。小田原系の郁を目指すも地図データ上に店がない(泣)。9月末なのに日差しが強く妥協、近場のコチラへ訪問です。どんな店だがぜんぜんわかりませんが、立て看板には『静岡ラーメングランプリ』と謳っています。(rdb未登録かと思ったら登録済でした)期待せず入店。表題(800円)を発注。味のお好み調整が可能で家系と同じスタイル。ノーマルで…
程なく提供。濃厚スープに海苔三枚、ほうれん草、チャーシュー(パサ気味)がのっています。見た目家系ですが、さらに薬味ネギと生キャベツがトッピングされていました。
アニマル出汁とコラーゲンが確り出てますね。まろやかで程よい塩分のカエシ。脂は乳化しています。ニンニクもデフォルトで入っているのかな?ポタージュのような感じ、クドさや臭みもない家系風豚骨。旨いスープでした。
麺はカンスイ臭中程度の太縮れ。コワゴワもちもち。小麦感はありませんがスープにマッチしています。トッピングは薬味ネギが光っていました。
卓上ニンニクと辛味を入れてスープ少し残してフィニッシュです。ご馳走さま。

『静岡ラーメングランプリ』
満足の一品でしたが、家系インスパイア?、また、斬新性・地域性は感じられませんでした。けれど、新しい静岡ラーメンとして形成されることでしょう。
尚、こってり味にしては小さめな寸胴、そしてスープを笊で濾さないことから、セントラルキッチンかな?
また、こってりメニューの他、赤こってり・黒こってり・鳥パイタン・あっさり味&トッピング等、メニューのバリエーションが豊富でした。

投稿 | コメント (12) | このお店へのレビュー: 1件

「きのこてんせいろ」@川嶋の写真表題(1100円)を発注です。お品書きの始めに「ご注文を頂いてからの手作り、少々お時間を頂きます。」との記載があります。蕎麦打ちなのか天ぷらの仕込みなのかわかりませんが、注文から約10分で提供されました。おそらく後者でしょう。

おつゆは塩分控え目で優しいお出汁。平打ちの蕎麦はそこそこコシがあって喉越しもよく、ほのかな蕎麦の香りを聴くことが出来ました。
天ぷらは、しめじ・椎茸・シソ・舞茸・えのき・サツマイモ。抹茶塩で頂きます。これは嬉しい。脂の香りは控えめですが、衣はサックサク。キノコ類は旨みたっぷりいいお味。
底に粉が沈んだ蕎麦湯で〆てご馳走さま。

蕎麦も天ぷらも概ね満足。また、愛甲石田から山側にある立地のため空気も美味しい。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「地魚醤油らぁめん」@江ノ島らぁ麺 片瀬商店の写真9月にオープンしたっうことで行ってみることにしました。鮮魚系みたいなんですが、地元漁港で水揚げされた相模湾の地魚を出汁とし、また、季節によって使用(漁獲)する魚が変わることから、日によって違った味が楽しめるらしいですよ。

日曜日お昼過ぎ満席。後続3人。
「本日のスープは、鰹・イナダ他」でした。表題(680円)を発注です。
内心鮮魚系特有の生臭さが心配でした。(食べログでの評判は良さげ)

店到着から約20分で提供。
煮干の香り…
先ずはスープから頂きます。
なんじゃこりゃ~!(ジーパン刑事)
煮干が最も効いているのですが、これに更なるパンチが加わります。これまで味わったことのない独特の魚介味。生臭さは寸止め。好みは別れるかもしれませんが、ワタクシはスゲー好みです。脂は控えめで醤油タレはマイルド、出汁がガツン。
麺も美味しい。カンスイ臭控え目の中麺。もっちり系の食感。小麦の旨みも感じられます。スープとの相性も良かった。カンスイ臭ツンツンの麺だったらアウトでしょう。
ただ、見てのとおり具は寂しいですね(笑)チャーシューは豚臭い。けれどネギは鮮魚の緩衝材としてとても良かったです。また、出汁をとることに注力しているのかもね。
卓上の一味やミル挽き胡椒で味変も堪能。お酢は合いませんが、汁完。ご馳走さま。

いやはや、個性的な店が出来ました。やられました。
毎日が限定。再訪は確実です。
尚、不漁が続くと店が休みになるそうです。(不定休)
また、他のメニュー(煮干・魚介つけ麺・トマトつけ麺・ニボザル・ニンニク卵黄・油そば・餃子など)も充実しており、店主の技量を痛感させられました。

投稿 | コメント (12) | このお店へのレビュー: 1件

「味噌ラーメン並(麺150㌘)」@味の味噌一の写真かなり久しぶりですが行ってみることにしました。表題(710円)を発注です。ちなみに小は麺100㌘・大は200㌘みたいですよ。

程なく提供。味噌独特の酢みの香り…
味噌もスープもどんだけ多数のレシピを使っているのでしょうか?味噌は白味噌メインかな?
とても濃厚で甘みがあります。またトロみまでいきませんが、それに近いものがあります。喉と胸のあたりがぐぅっと落ち着きます。純すみ系ほどの強いヒキはありませんが、旨いスープですね。

もっちり平打ち太縮れ麺はスープとの相性が良いです。カンスイ臭控え目。ただちょっと量が少ない印象でした。

ホロホロの豚バラ角煮が美味しい。ワカメ・白髪ネギの相性もグッド👍甘みのあるメンマ。

卓上のニンニクを大量に入れても味に変化はありません。それほど濃厚なのですが、ぜんぜんクドさはなくスルリとイケます。

ただ………
卓上ニンニクから若干の腐敗臭が…
豆板醤やラー油を投入したところ気にならなくなりましたが、そういう問題じゃないよね。たまにそういう店に遭遇することがありますが、減点パパ(古っ)ですなぁ~

投稿 | コメント (10) | このお店へのレビュー: 1件

「塩らーめん」@石山商店の写真今年7月にオープンしたっうことで行ってみることにしました。
Twitterによりますと「創業令和元年のらーめん店です。化学調味料を使わず、丁寧な仕事を心掛けています。コクがあるのにあと味スッキリならーめんを作っています。」らしいっす。

表題(750円)を発注。程なく提供。
鶏と魚介の香り…
金色に透き通ったスープの表面は、ほとんど余すことなく脂で覆われヌメヌメ感が印象的。塩タレはかなり角が立って軽めの痺れを覚えます。お出汁はなんだろう?鶏と鰹節かな?アニマル&魚介がバランス良く効いており、無化調とはいえ確りしたスープでした。

中細麺はカンスイ臭を感じず。モチモチとザクザク食感を兼ね備えているようです。麺同士絡み付きが気になるのですが、その反面でんぷん質が感じられ旨みのある麺ですね。

若干臭みのある鶏肉。アンマッチな生トマト。カイワレ、ネギ。
汁完。ご馳走さまでした。

バランス重視、じんわり系の今風ラーメンで美味しいのですが、何かもうひとつ特徴が欲しかったかな。
おそらくかなり試行錯誤されておられるのでしょう。今後、大化けが期待できそうな店でした。

投稿 | コメント (14) | このお店へのレビュー: 1件