なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

いたのーじ

男性

ジャンルは問わずラーメン好き。端麗系が好みです。神奈川県を中心に食べています。

平均点 75.567点
最終レビュー日 2019年10月14日
697 644 3 1,540
レビュー 店舗 スキ いいね

「ワンタン麺(1,000円)」@中華そば 一力 本店の写真店は敦賀市役所の近くですが、敦賀駅からは結構距離があります。市役所行きのバスはあるのですが、いかんせん本数が少ない。シャッター狙いだったのでタクシー利用しました。
タクシー代で、もやしそばが喰えるじゃないか…
さておき

土曜日。
店外に鶏や豚を煮出す香りと香味野菜の香りが漂っています。
2番客3人が10時29分に到着。
開店10分前外待ち10人。
開店時は20人超え。
退店時21人の行列。

オーダー後、15分くらいで提供されました。

紅しょうがの香り…

キレのある醤油タレ、鶏と豚の出汁が良く出ていました。どちらかと言うと豚優位。臭みはぜんぜん無く、コッテリ寄りのアッサリ味。塩分は普通。金色に輝く鶏脂と少しのラードが深みをもたらします。

軽くウェーブかかった中細ストレート麺はカンスイ臭控えめ。
繊細なスープを邪魔しない。
滑らかな表面にプリプリした食感、小麦感は無いのですが豚の出汁を持ち上げまた、ノビにくかったです。

ワンタンの皮はやや重いかな。
ホロホロの豚ひき肉主体の餡は控えめな味付けでバランスが良いですね。

サクサクメンマもバランス重視。
ネギはやや土臭い…
チャーシューは薄切りモモ肉が3枚。肉の旨みがある半面、やや豚臭い…しかしながらしっとりして良かった。

デフォルトで紅しょうがは好きじゃないから端に寄せて一本ずつ味わいました。

総じて、突き抜けるようなインパクトではなく、出汁を丁寧に抽出した旨い、というより巧い…優等生的な印象を受けました。

最後は野菜と思われる甘みが出てきたので香りが強い黒胡椒で味変…いい感じでフィニッシュ。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「普通650円」@ごんちゃんの写真金曜日、22時頃、前客約20人強、ほぼ満席、即着席、後客多数。

屋台です。
トテモいい雰囲気です。

寸胴から湯気がもうもうとたった強火設定。
元スープは軽めの白湯、仕込み用寸胴もフル稼働。
丼に白い粉を豪快に投入しエンジ色のタレを注ぐ。
テボ笊の中で麺をぐるぐるかき混ぜる。

程なく提供。

生姜主体の香味野菜の香り…

円やかなタレ、粒の小さな脂がポチポチと浮いています。
鶏と豚や野菜などの出汁が軽めに出たアッサリ以上コッテリ未満…という感じのスープでした。

また、香味野菜と旨み調味料の主張が持続、
五臓六腑にしみわたり思わず「嗚呼旨い」と呟いてしまいました。

軽くウェーブかかった中細ストレート麺はカンスイやや強め。
芯が残り、表面がモチモチした面白い麺でした。
小麦感はなくスープと絡みにくいタイプ。

バラやモモの薄切りチャーシューが3枚。
確りした旨みがある反面、若干豚臭い。
味付けを極力控えたメンマは業務用のような…
ネギは土臭さがチョッと気になる。

卓上の味変グッズは、おろしニンニクと香りが強めの黒胡椒に紅しょうが。
胡椒が一番マッチかな。
ニンニクとスープはあまり馴染まずニンニクが突出する。
紅しょうがは好みが分かれるでしょう。


総じて、化学の力に偉大さを感じるラーメン。
でも、素直に美味しいと思えるラーメンでした。

寒~い季節にまた来たい…

ちなみに、夜間営業の屋台のため、照明が暗かったり、テーブル相席なので写真撮影に難儀しました。
調理スペースの真ん前の席が一番撮影に適してます。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件