なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

あらチャン

男性 - 埼玉県

いつもありがとうございます。おかげさまで2016、17、18年アクセス数1位…多分m(_ _)m感謝。採点は少し高めです。出来るだけ公平にとは思ってますが…ちょっと偏ってます(^_^;)興味がある方、4 行位でも良いから気軽にレポしても楽しいと思いますよ^ ^【これ以上コメント仲間増やせません。負担が大きく限界です。申し訳ありません】

平均点 87.690点
最終レビュー日 2019年10月20日
1,904 1,334 24 19,003
レビュー 店舗 スキ いいね

「丸鶏醤油らぁ麺」@らぁ麺 幸跳の写真一杯目のつけ麺が好印象でもう一杯追加。

ちょうど暖簾が仕舞われます。

その間、券売機を撮ったりしてたので、店主さんが話しかけてくれる。

あちこち食べ歩くのが好きそう。また都内に行きたい。自家製麺にこだわりがあるみたいで『ののくら』に行ってみたい等々。

『龍壽』の名前を出した途端に駐車場の話をして来る。龍壽の駐車場問題は有名なのでしょう。ここもビブグルマンを取ってからヤバイらしい。

自分もこの店の駐車場の区分が分からなくて、違うお店の場所に停めてしまい、案内図を睨んでると、女性スタッフが笑顔で指示してくれました。

提供は順調。

スープはラーメンWalkerによりますと赤鶏と水だけで炊いたそう。まろやかでほんのり甘く、シンプルになり過ぎない旨味の広がりがある。醤油ダレに魚介などでたっぷり厚みを持たせているのでしょう。

自家製の麺は中細位の太さでモチモチとしていながらグッと跳ね返って来る弾力がある。

『麺変わってますか』と尋ねられて、中途半端な答えしか返してあげられなかった。特徴はあってもこの種類の麺で美味しく大きな差を出すのは至難の技かなと勝手に思い込んでいます。美味いとこばかりで。

モチモチの豚肩ロースのチャーシュー。

鶏むね肉は厚みがあって柔らか。

柔らかい材木メンマ。

半熟の味玉。

彩りと清涼感の九条ネギ。

美味しく食べ終わり。

ビブグルマンを取ったのは誇りでもあり、泣きそうな位大変みたい。

凄く感じの良い店主さんと女性スタッフ。

無理せずに頑張って欲しいな。

ごちそうさまでした

投稿 | コメント (10) | このお店へのレビュー: 2件

「丸鶏醤油つけ麺」@らぁ麺 幸跳の写真ガチ麺道場の後、少し時間を使いこちらへ。

ミシュランガイド ビブグルマン。

ラーメンWalkerを読むとラーメン好きが高じて、独学で店を開いたそう。

店主さんと可愛い女性スタッフの2名体制。

春よ恋、ニングル、ロイヤルストーンなど使ってる小麦粉の袋が飾ってあります。

調理を見ていると丁寧に麺を〆てます。自家製麺への愛情があるのでしょう。

提供は順調。

麺は太めの平打ち。コシがありながらもモチモチとした食感。みずみずしく香りが良い。

黒っぽいスープはキレとコクがあり味わい深い。

本を読むとスープ自体は地元の赤鶏の丸鶏と水だけに変えたそう。魚介な旨味はタレにあるのでしょうか。醤油とみりんと節系が効いて甘じょっぱく美味しい。

合わせてみると、少ししょっぱいかと思ったスープがツルツルの麺肌に程良く絡みつきバランス良く大変美味しい。

モチモチの豚肩ロースのレアチャーシューも秀逸。

味玉は甘めの味付け
豆苗
柔らかい材木メンマ

途中からワサビを溶いて麺を啜ると鮮烈さで味が締まりまた美味。

隣の人が食ってる汁そばが美味そうで我慢出来なく追加。

一旦ごちそうさまでした

投稿 | コメント (19) | このお店へのレビュー: 2件

「だしそば しょうゆ 780円」@だし・麺 未蕾の写真以前来た時に夜の部はやらなかったみたいで真っ暗(T ^ T)

クッソーと思って店内を覗くと奥の方で座って真剣な顔で頑張ってる店主さんの姿が。

まぁ、一生懸命そうだし許してあげるかな。

そして今回再チャレンジ。電気点いてました^ ^

愛読書のラーメンWalker東海2019 NEW OPENの一番前に名前があったお店。そして表紙のお店です。

RDBでもほぼ90点台。

ハードルは限界まで上がりました。


立派なヒゲの店主さんと綺麗な奥さんかな?の2名体制。

奥さんに何がオススメか聞くと笑顔で一番安い表題をオススメしてくれる。ありがとう。

提供は順調。

ラーメンWalker東海2019の表紙と同じビジュアルの一杯の登場です。

スープを飲むと煮干しがバーンとやって来る。

鶏ガラと豚肉を炊いて1回寝かせ、煮干しをぶっ混んでから再加熱したそう。

醤油ダレもコクがあるのでしょう。まろやかだけど軽く煮干しのエグミもあってかなり印象的。

本には煮干しの香りが鮮烈とありましたが、ホントに『鮮烈』と言う言葉がピッタリな風景。

麺は自家製との事。中細平打ちで白っぽくフスマの粒々が見える。うどんぽいと言うか乾麺ぽいというか…固めでプツンと切れる感じが楽しく心地良い。

柔らか過ぎず硬過ぎずの豚肩ロースのチャーシューは肉の味がしっかりとして美味。

茶色くコリコリのメンマ
ほうれん草
ナルト
海苔

飾り方もカッコ良いですよね。

ネギをレンゲで掬いながら、最後は丼を持ち上げ完飲まで。

血管に煮干しが行き渡る様な感覚。

あー素晴らしい。

ごちそうさまでした

投稿 | コメント (14) | このお店へのレビュー: 1件

「鶏と魚の塩そば850円 トッピングアラカルト350円」@ガチ麺道場の写真レビュー1800件目です。

ミシュラン1つ星おめでとうございます。

Japanese Soba Noodles 蔦
創作麺工房 鳴龍
SOBAHOUSE 金色不如帰

に続く国内のラーメン店で4軒目の1つ星のお店です。

RDB愛知県のランキングでも見つけられず、ラーメンWalker東海愛知県版では10位。その他に殿堂が2店舗ありますから1つ星には地味な順位。


自家製麺の特集で気にはなってましたが、名古屋からも遠く静岡県寄りで遠征の際に足が向かず未訪でした。

最寄りの駅からも少し距離があり、電車も2両編成と長閑な感じ。

静かな住宅地にいきなりミシュラン彗星が落っこちて来た感じでしょうか。

10時前到着。店内に入り奥様から有料1000円整理券40番を購入。後で返金するタイプ。9時から配り始めてるそうです。

時間を潰して戻ってきます。

靴を脱いで上がるタイプなので足の臭いが気になる方は要注意。

広さはありますが、家庭的な普通な居酒屋風です。

あまりの忙しさに店主さんピリピリムード。奥様ちょっとかわいそう。

確かに整理券無い人がどんどん入って来て何度も何度もお断り。店主さんは『仕事になんねぇ』と頭に来て暖簾を途中で仕舞う様指示。

許可をもらい券売機を無事撮影。

後で知りましたが、どうやら店内連食ありのようです。

券売機の後ろで待機。10分程でカウンター端っこへ。

席に着いてからの提供は順調です。

鶏と煮干しがフワリとやってくる程良い塩加減のスープ。後で本を読むと昆布も使った和だ出汁だそう。

麺は太め平打ちで麺肌ツルリ。モチリとやや柔らか目。もち大麦を配合してあるそう。

低温調理の豚肩ロースはレア仕上げで肉の旨味がしっかり。

鶏むねはしっとり仕上げ。

材木メンマは柔らかく、何味だろう…アーモンドっぽいなナッツみたいな味がして面白い。

ワンタンも入っていて大きな皮は滑らかで自家製なのでしょう。柔らかい肉餡も程良く詰まってます。

味玉は何の味か…甘めで少し変わった味付け。

手前の緑のは茹でたほうれん草。

赤玉ねぎみじん切りが浮いています。

別皿提供のトッピングアラカルトは


低温調理の豚肩ロース
茹でたほうれん草
磯辺巻きは醤油味の鶏ムネ肉を海苔で巻いてあります。
熱を入れたトマトはミートソースを添えて。

軽く完食。

ミシュラン取って1ヶ月以上時間が経ち落ち着いたかなと思ってましたが…

お客さん達も心配気…本の写真の店主さんは笑顔です。1つ星を貰う前は楽しく営業してたんでしょうね。

蔦や鳴龍、不如帰などはなんとなく予想出来ましたが、自分の中でまた迷宮入り。

でも個性的な一杯で面白かったです。

上手く軌道に乗って笑顔で仕事が出来ますように。

ごちそうさまでした

投稿(更新) | コメント (32) | このお店へのレビュー: 1件

「快老麺 900円」@総本家 好来道場の写真ラーメンWalker愛知3位

愛読書のラーメンWalker東海。そのなかで、

『名古屋のご当地ラーメンと聞くと台湾ラーメンを思い浮かべる人も多いが、地元で愛され続ける好来系を忘れてはならない』

と書いてあり『好来系』として特集されていました。

このお店が約60年前に創業。そこから広く受け継がれて来たそう。

古めな建物ですが良い造り。

年配な男性スタッフ3名体制。

入って直ぐに食札を買うシステム。札なんて味がありますね。

中待ちを経てカウンターへ。

カウンターにはラー油、コショー、ガーリック、タレ、高麗人参酢が常備。

四つに別れた茹でザルでいっぺんに纏めて湯切り。こんなのみた事ありません。

提供は順調ですが、本の写真と全然違う。

板海苔の様なとろろ昆布がビシッと丼を覆ってる筈が、ご覧の通りドロリと覆われてます。海苔もヘニャリだし時間が経ったのかも?

スープを飲むとふんわり円やかな甘みと軽やかな醤油味。

鶏ガラに大量の玉ねぎをぶち込んで炊いたそう。とろろ昆布の味わいも影響ありで美味しいです。

麺は中ぐらいの太さのツルモチ多加水。とろろ昆布が絡み付きスープを持ち上げこちらも美味しい。

味が良く染みたメンマ。

豚バラ肉は柔らかく煮込んであります。

ねぎがスープを吸って甘く感じます。

終盤に身体に良いと書いてあった卓上の高麗人参酢を投入。酸味が加わりサッパリとして、一気に完飲まで。

なんかサッパリなんだけど、独特な旨味が強くクセになりそうな味わいでした。

お会計をした所の雰囲気が良かったので写真を撮って良いかと聞くと、

『どうぞ。撮って下さい』とさらりと言ってくれる。

好来充分楽しめました。他の好来系のお店もいつか行ってみたいです。

ごちそうさまでした

投稿 | コメント (12) | このお店へのレビュー: 1件

「小ラーメン 700円 チャーシュー 300円」@らぁ麺 紫陽花の写真RDB愛知5位
ラーメンWalker愛知1位

【この限定は終了してます】

ラーメンWalker東海の限定コラボで清湯の紫陽花がG系ラーメンを出すと言うので興味が湧き、タイミングが合ったので来てみました。

9時40分に到着ですが、18番目。

かなり寒いです。

限定20杯みたいですが多めに作った雰囲気で10時30分でも大丈夫だったかも。

女性スタッフが代表待ちを丁寧にお断り。偉いです。

でもね。開店時間が遅い。15分遅れの11時45分開け。駄目です。

12時10分入店。

券売機で小ラーメン700円、肉マシ300円の券を購入。

その際に本には肉マシ200円と書いてありますが、300円の券を買うようにと言われました。

ヤサイ、アブラ、ニンニクをマシでお願いします。

男性スタッフ3人、女性スタッフ2人

店主さんの目の前の席に着席。

化調を入れ、タレを入れ、味が付いてないアブラを多めに入れ、スープを入れ撹拌。

麺を入れてヤサイや肉等を盛り付けて、並び始めて3時間の12時40分ついに提供です。

スープは濃厚だけど非乳化。豚の旨味が濃く円やかなカエシがしっかり効いていて美味しい。

麺は太麺だけど二郎系の中だと少し細めのストレート。ゴワ感がありますが少しモチッともしています。

ヤサイは程良い茹で加減でキャベツも多めなのが嬉しい。

肉の基本は豚ウデかな。味がしっかり染み込んでます。

赤字という追加トッピングは豚バラ肉が3枚。プレミアム食材として鹿児島県の黒豚『六白黒豚』との事。

本には『バラとウデの部位を一緒に巻き、濃い味付けで仕上げた』と書いてありますが、巻いてあるのはバラの部位…もしかしたら真ん中が少しウデかな位。

ご覧の通りキラキラ輝くジューシーさ。上質な肉で『神』の領域です。

アブラは大きめの味しみでプリンプルン。

ニンニクも香りが良く、上質なものを使ってますね。

見てると何人かの常連さんと笑顔で話してて、ファンが多そうですね。

ちょっと後半しょっぱかったのが残念ポイントですかね。

3時間待ちは痺れましたか美味しくいただきました。

ごちそうさまでした

投稿 | コメント (13) | このお店へのレビュー: 2件

「鶏そば680円 全部のせ250円」@らぁ麺 飛鶏の写真本日1月20日の『大崎裕史の今日の一杯』なので掘り起こして。

ラーメンWalkerの特集『東海でいま本当に行くべき100軒』でこの店が見開き2ページで1番大きく最初に出ていたので来てみました。

遅い時間で運良く少し待っての入店。

鶏そば680円 全部のせ250円の食券を購入。ご飯ものは売り切れだそう。

全部のせは(豚、鶏各1枚。味玉。メンマ増量)な感じかな。

若い店主さんと奥さんかな?の2名体制。

貼ってある薀蓄を読むと

純系名古屋コーチン、奥美濃古地鶏、吉備黄金鶏を丁寧に焚き、仕上げに鶏節で風味付けした鶏100%のスープ。
弓削田醤油の吟醸純生しょうゆ他、数種類の生醤油をブレンドしたものを使っているそう。

麺は春よ恋一等粉、きたほなみ一等粉を使用したしなやかで香りのよい麺です。
スープとの親和性を高めるため、しっかりと茹でています。

との事。

割と回転はゆっくりでの提供。

甘く柔らかいスープ。木の実の様な香り。スープなのにみずみずしいと言う表現を使いたいくらいの鮮烈さ。

全粒粉入りの中ぐらいの太さ。特注の製麺機の切刃で2.05ミリの太さに仕上げたそう。

ギュッとした歯ごたえの美味しい麺。

麺を啜るとスープが逆さ滝の様に一緒に口の中に芳醇な渦となって流れ込んできます。

鶏むね肉は柔らかく燻製の香り。

低温調理した柔らかくとしっとりの豚の肩ロースなのか豚モモ辺りなのか。赤身で美味しい。

味しみの柔らかめのポリポリメンマ。

味玉も黄身が半熟。味がしっかりしみて抜群。

後は彩りと香りの三つ葉かな。

至福の完飲まで。

この美味しさで独学と書いてあるのにはビックリ。

優しそうな顔をしてますが、相当な才能なのでしょう。

大崎先生が2度訪れているのも納得の美味しさでした。


ラーメンWalker東海の企画の限定麺は

紫陽花(名古屋)、生る(名古屋)、飛鶏(春日井)、イロドリ(岐阜)、そにどり(四日市)の勢いのある5店舗。

飛鶏は3/29〜31、4/6.7で金華豚と比内地鶏の重ね炊きらぁ麺だそう。近くの方が羨ましい。

ではでは

ごちそうさまでした

投稿(更新) | コメント (11) | このお店へのレビュー: 1件

「特製つけそば」@中華蕎麦 生るの写真本日1月19日の『大崎裕史の今日の一杯』なので掘り起こして。

RDB愛知151位
ラーメンWalker愛知2位


『生る』と書いて『なる』と読むそう。

もちろんラーメンWalker百麺人のコメントはラーメン大好き小泉さんの『鳴見なる』先生。

修業先は東京の超人気店『道』だそうです。

夜の部閉店間際で空いてるかと思いきや17.8人の待ち。

和風な綺麗な店内。

男性スタッフ3名体制。

主に案内をしていた新人ぽい方がまだまだらしく写真ではお茶目だった店主さんのピリピリが店内を包みます。

一生懸命だったし挫けず頑張って下さい。

丸勝かつおぶし株式会社 七代目太郎兵衛の枕崎産鯖節、ムロ節、宗田節。
いりこなどの段ボール箱が積まれています。

並び始めて外待ち中待ちを経て40分程でカウンターへ。

調理を見てると茹で麺機の上でチャーシューをザルに乗せて湯気で温めています。

真剣そのもの。

座ってからの提供は順調。

その際、柚子胡椒は麺に絡めてお召し上がり下さいとのアナウンス。

麺は太めの全粒粉入り、もギュッとした程良いコシがある美味しいもの。臭み等はなく食べやすい。

スープは濃厚。甘く円やかクリーミーな口当り、味わい。

『豚骨、鶏ガラを2日間煮込み、野菜や煮干し、サバ節などで旨味を増したつけ汁』との事。

麺にもバッチリ絡みつき抜群に美味しいです。

茹で麺機の上で温めていたチャーシュー。周りがパリッとしていて美味しい。油断してましたが、何処かで炙ってたのかも。

水でさらした白髪ネギ。

メンマは甘酸っぱく、キャラメルの様な味もします。

味玉も黄身が半熟、味しみで美味しい。

途中から柚子こしょうを麺に絡めて食べると香りが良く一段アップしたよう。

スープ割はポットでのセルフ。美味しく完飲まで。

ラーメンWalker東海の企画の限定麺は

紫陽花(名古屋)、生る(名古屋)、飛鶏(春日井)、イロドリ(岐阜)、そにどり(四日市)の勢いのある5店舗。

生るは1/25〜27、2/22〜24で真鱈白子と三河赤鶏の白湯SOBAだそう。美味しそうな写真です。近くの方が羨ましい。

ではでは

ごちそうさまでした

投稿(更新) | コメント (13) | このお店へのレビュー: 1件

「皿台湾 680円 チャーシュー2枚」@人生餃子の写真『皿台湾』

紫陽花で食べ終わってから、道路の向かい側の店に行き紙に名前を書いて待ちます。

しばらく待ってから店内へ。人の話し声とフライパンなどの調理の音で賑やかです。

色々気になるメニューがありますが、推しみたいな皿台湾と餃子を注文します。

辛さが選べるみたいで
辛さなし。ひかえめ。ふつう。ちょい辛口。辛口(80円増し)
の中からひかえめを選択。

隣の客は皿タンタン。チャーシュー付きみたいでデカくて美味しそうなので慌てて自分もチャーシュー2枚追加で付けて貰いました。

豪快に登場です。

大きなチャーシューは肩ロースかな。厚みもあって噛み応えもありかなり美味い。

具沢山の中から麺を引っ張り出します。

幅2ミリ厚さ1.5ミリの細麺。

そこに絡まるのは細めのモヤシ、ひき肉、ニラ。

麺のモチモチと具材達のシャキシャキしっとりが混ざり合います。

味付けはちょっとしょっぱめ。醤油とオイスターソースをブレンドしたような感じです。香ばしさもあります。辛さはあまり辛くないです…ひかえめを選んだので。

餃子は小さめのやつでニンニクがしっかり効いて美味しい。

軽く完食。

人気でカップ麺、チルド麺等にもなったみたいです。

ビールが欲しくなる一杯でしたよ。

ごちそうさまでした

投稿 | コメント (16) | このお店へのレビュー: 1件

「鳥から揚げ定食」@中華そば まさ春の写真以前行った如水の姉妹店みたいです。

なかなか繁盛してます。

から揚げ定食…値段忘れました(-_-)

順調に提供。

スープを飲むと昔から馴染みのある中華そばの様な味わい。

チャーシューの煮汁が入った醤油ダレを湯で割る、お湯割りと呼ばれる手法で作ったスープとの事です。

素朴な味わいです。

縮れた麺は幅2.5ミリ厚さ2ミリ。

少し柔らかめでクラシカルな趣きです。

厚みのあるチャーシューは柔らかく煮てあります。

海苔とネギ。最後まで昔ながらの中華そばの味わい。

唐揚げはカリカリと揚がっていてニンニクダレの味がしっかり染みてます。

軽く完食。

素朴な一杯でした。

ごちそうさまでした

投稿 | コメント (13) | このお店へのレビュー: 1件