なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

NAS

男性

なにしろ麺料理が好き!

平均点 84.795点
最終レビュー日 2019年8月20日
1,095 410 0 1,511
レビュー 店舗 スキ いいね

「淡麗しお中華そば(大盛)」@自家製中華そば 麺の虜の写真12時ちょい前、先客3名、カウンターへ。

ビジュアルニウタレテ

気になるお店にお初。
先ずもって券売機にてシンキングタイム・・・画像でビビッとキタのは此れだったなッと!

『淡麗』と謳うとおりスッキリながらコクが強い魚介が仄かにカホリ、塩ダレはサラリと。
手揉みの麺はミタメでヤラれちゃうワ・・・強い麺だ。
そして、とても風味高いゾと!

勉強しているなぁと感じました〜

シンプルながら個性的な一杯。
うん。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件
93

「特製つけめん」@中華蕎麦うゑずの写真11時、満席、カウンターへ。

キタイイッパイニテ

系譜は千葉からの課題店にお初〜
漸く、ホント漸くだ・・・

券売機にてシンキングタイム・・・折角だし後悔せぬようにせねばなッと!

色濃く風味豊かな麺に首ったけ〜
スープは濃厚で"後味スッキリ"コレが私的『美味しいつけダレ』の指標。
流石というか、なんと言うか手が付けられないチャーシュー達もまた・・・

まぁ〜スキが見当たらンのだわ。
そして・・・
『瀬戸内煮干しのあっさり魚介スープ』で割って完食!

間違いの無い一杯。
うん。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「じろうまぜそば」@らーめん次郎冠者 竜王店の写真11時半、先客2名、座敷へ。

券売機にてチョイシングタイム。

今度はコッチと、前回突撃時に気になった一杯をば。
注文時に呪文をチケットに記入っと!

課題としていた『超極太麺』でイク〜

タレ
豚骨ベース。
カエシは穏やか。


極太麺。
『超極太』になるほど納得だワ!
確かに『ほうとう』の様な麺でした・・・
ただ、加水も低いので汁なしにはチョットなぁ。

具材
オーソドックスで大雑把。

次回は汁のあるヤツで試すのも良いだろう・・・

ご馳走さんでしたァ≡≡

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「じろうらーめん_しょうゆ」@らーめん次郎冠者 竜王店の写真11時半、先客1名、奥座敷へ。

事前リサーチは澄んではいる・・・
ま、店名から内容を察する事は容易だが。

初訪だい。
ですンで、セオリー通りイク!

注文時はチケットに呪文内容を記入する模様。
そしてGoダ。
野菜は『増し増し』

スープ
豚骨ベース。
で、汁なしの様に少ない。


極太麺。
しっかりと存在感を放つ。

具材
盛りに関して悪くは無いが驚きも無いか。
肉の味付けはハッキリしている。

水&炭酸水を飲めますワ、普通に。
何かとサービスが良いのが嬉しいナ
・・・お得そうなカレーセットが無かったのが唯一残念…

あとは『超極太麺』なるモノがあり、かなり惹かれたのは事実。

次回はそれだなッ≡≡

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「青葉らぁめん(中盛り)_醤油」@らあめん青葉の写真曲者感は?

《ここは甲府 ここは旭川。老舗「青葉」の味。》と。
店主は【旭川らぅめん青葉 本店】出身とか。
駅ビル「セレオ甲府」内に店を構える、甲府の人気店【らぁめん 青葉】

と、ある地区のとある組織の会合に出席のため石和へ。
夜の部も見越してはいるが途中、ブレイクタイム。

お初や。
13時半、先客14名、テーブル席へ。
メニュー表をと。
お、予想外に「醤油」の他に「塩」や「味噌」もあり惑わされる。
・・・でもヤッパりな。
そして欲張って《人気No.1》とある特製と思しきモノにしようかと。
麺量は「小盛り」「中盛り」に「大盛り」とある。
「青葉らぁめん」をイク!
麺量「中盛り」の「醤油」でネ〜
すんませ〜ん!とコール。
期待高めて待つ事に。

12分ほどで「お待たせしました!」と店員のニーヤン。接客には拘りがありそうだ。
ビジュアルは、歴史を感じながらも決して古さを感じないミタメ。
スープ、動物系に魚介がフワリと効く。此れ「Wスープ」という言葉が生まれる前からの仕様だという事だ。ラードでうっすらと幕を張る。旭川独特な「クセ」はヨワメなンで万人受けは良いかも。
麺、中細麺。低加水のちぢれ仕様。色白で表面つるりでカタメな茹で上がり。
具材、メンマ、大振りバラロールチャーシュー2枚、味玉、刻みネギ。
しっとりジューシーなチャーシュー、コリコリと食感の良いメンマはいいね。
若干のビターさがクセになって、うまっ!

バランス重視とミタ。
随分と古い話にはなるが新横のラー博で食した【蜂屋 新横浜ラーメン博物館店(閉店)】のモノようなインパクトは無かったで〜す。

さて遅れそうだ、急がねば。

あは…

夕食も楽しみだなァ≡≡

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「煮干し味スープラーメン」@味福 談合坂SA店の写真so-so.

フードコート内に店を構える、上野原の人気店【味福 談合坂SA店】

と、ある大会を無事終えて帰路につく途中立ち寄った夕食での話。
今旅のある意味〆ラーでもある。
帰省時の定番SAにて。

フードコート毎仕切られ、店の前に置かれた券売機にて機器と対面対応。
ンで暫し検討の後ポチッと。
ぢゃ!スタート〜

18時半ちょい過ぎ、先客多数、ツレ有り、テーブル席へ。
チョイスしたのは「煮干し味スープラーメン」で〜す。
何となくイチオシ感がボンヤリ出ていたのでコレに決め。
確保した席に戻ってミル。
さて待つか。

8分ほどで「ヴィ〜ヴィ〜ヴィ〜」とヴァイヴが刺激す。ハイハイと素直に呼び出しに応ずる。
ビジュアルは、特にコレといった特徴も無いミタメ。シ・ン・プ・ルなのだ。
スープ、ガラ出汁。煮干はクッキリ、カエシもクッと。かチョーも良く分かるネ!
麺、細麺。ちぢれを持つ如何にも的なモノ。その他大勢と言えようか。
具材、メンマ、チャーシュー2枚、ナルト2枚、刻みネギ。
煮干し味が乗っかって、うまっ。

まぁまぁこんなモンでしょ。

で、肝心な結果は・・・ケツから数えた方が早い状況でした。
残念だったナ〜
でも良い経験になりやしたわぁ。色々収穫もあったシ!
勿論ラーメン以外でも〜

遠征…

終了ですゥ≡≡

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「信玄どりチャーシュー 鶏塩ラーメン」@中央自動車道 談合坂SA 上りフードコートの写真意気軒昂。

由来は桃太郎伝説も諸説の1つとか。
そんな談合坂サービスエリアのフードコートに店を構える、上野原の人気店【福龍】

と、ある大会に挑むべく首都圏へと赴く途中での朝ラーだす。

フードコート共通の高そうな券売機にてまじまじと見て検討ダ。
「ポチッとな!」そんな声を出してはいないが雰囲気はそう。
では。

コノお店はお初。
8時半ちょい前、先客8名ほど、ツレ有り、テーブル席へ。
堂々《一杯入魂!!》と。
先ずは説明書きから《鶏のダシ感を全面にだした鶏油(ちーゆ)が効いたラーメン。甲州信玄鶏のチャーシューも美味。》
チョイスったのは「信玄どりチャーシュー 鶏塩ラーメン」ですよ。
遠出の行きのハッピー気分で待ったかな。

9分ほどで「◯◯番のお客様〜と」カウンター越しでオバッちゃん。番号は忘れた..
ビジュアルは、メニュー写真とは随分と立体感が違うぞいやはやなミタメ。
スープ、鶏ガラベース。鶏油&かチョーがツヨメに効く。グイグイとイケて予想より良かったワ。
麺、中細麺。若干の捻じれを持つモノ。ツルッと食感でまぁまぁ。
具材、信玄どりチャーシュー3枚、白髪ネギ、カイワレ。
SAでしかもフードコートと考えれば、うまっ。

ラヲタで無けりゃ十分では?

信玄どりッちゅうのを使用する事で御当地感を出してます。
まぁ一般のラーメン店で提供されても不満はないであろうレベルぢゃないかなぁ。
はい。

さて、朝ラーも終えたし…

昼もイクぜェ≡≡

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
82

「つけ麺」@縁者の写真きっとここで食すのも。

2014.10月現在。RDB山梨県「つけ麺」部門第一位。
麺彩房 西日暮里店】で修業をした店主が活躍する、甲府の人気店【縁者】

初訪だす..
券売機に向かうと横には各メニューの写真があり、そのおかげでナカラの感じは想像できそうだ。
まぁ今回は事前リサーチをしていたのでコチラのウリであろう「つけ麺」とイキたい。
左上の釦を「ポチっとな!」
14時半ちょい前、先客6名、カウンターへ。
店員のニーヤンに手渡す..
「やはりな..」と他の客達も「つけ麺率」が高いのを確認しながら待つもんネ~

12分ほどで「お待たせしました、つけ麺です。」と店員のオネェー!?(ギリだな)
ビジュアルは、今では一般的となったつけ麺の絵。
スープ、魚介系、動物系、野菜のトリプル。バランスが良く美味しいのだが、チョイと温いなぁ。
麺、極太ストレート麺。加水率タカメで、噛み締めるとムチュムチュと音がするモノ。横内製麺の麺を使用しているようだ。
具材、長方形の角切りチャーシュー、刻んだナルト、メンマ、刻みネギ、小判ノリ、そしてその上に魚粉が構える。
濃厚なスープに酸味がバランスよく効いていて、うまっ!

「縁続きの人」って意味があんのね~店名には。
今回コチラで食したのも何かの「縁」なのだろうかね!
ホントはここでは無く「二郎系」の店を目指したのだが移転していた様だし..

ヌルイノガザンネンダッタ..

ごちそうさまでしたッ≡≡

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件