なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

NAS

男性

なにしろ麺料理が好き!

平均点 84.792点
最終レビュー日 2018年10月6日
1,092 410 0 1,510
レビュー 店舗 スキ いいね

「【限定】豚椒ラーメン」@ラーメン ヌプチェの写真18時ちょい過ぎ、先客3名、カウンターへ。

カヲリヲタノシムモノ

王道・・・そんなの関係無ェ×2覇道だゼ!
個性派揃いのメニュー構成ですよッと。
ま、今回んのも・・・
『期間限定』で『数量限定』ンのをイク。
地方情報誌とのコラボ企画のヤツかと〜

ビジュアルは・・・予想はハズレ、、、
ネーミングから豚骨ベースを想像していたが、鶏ガラベースのようだ。
麺は何時ものグニュっと強さを持つモノ。そ、弾けるが如く・・・
う〜ん、このスープは個性的。面白い発想だよなァ。
カエシはたまり醤油、花椒にコブミカン・・・攻めてるワ!
装備品から鍋のような「和」のテイストをイメージしているとひっくり返されますよ。
辛みは然程強くはナッシング〜
大振りなサイコロ炙りチャーシューもゴロゴロと。
それでも、ちゃんと纏まってま〜す!

これ再食必至。

提供期間は〜11月24日まで
求めし諸君、急げ!!

これまたオンリーワンな一杯。
うん。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 34件

「中華蕎麦(大盛り)」@丸山中華蕎麦店の写真12時ちょい前、先客3名、テーブル席へ。

シンテンコウリャク

噂の新店に突撃〜
場所は【麺や 阿吽】のあったトコ。
どうやら【らあめん 寸八 総本店】に関係あるみたい・・・

では、早速券売機にて検討開始!
ま、お初ですし・・・というか、今のところ潔い一本勝負、デフォで愉しむまいて。
セルフ方式で呼ばれて飛び出てぢゃぢゃぢゃぢゃ〜ん!
ネギを己で乗せて完成。
因みに「あっさり」「こってり」「超こってり」そして「並盛り」「大盛り」のカスタマイズ、更に「ごはん」のありなしが選択可能で〜す。
今回は「こってり」&「大盛り」でイッときやす・・・

動物系の旨みが強いスープは、何処と無く懐かしさも漂う。
こってり仕様で鶏油がプカプカ。
絡みの良い細麺も、きっと狙い通りでバッチリはまる!
シンプルな構成の装備品も、嫌味なく纏めていい感じ。

今後は『限定』なんかも登場しそうだし、がっつりイキたいときには良いナ。

新しいスタイルを提案する一杯。
うん。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「鶏中華そば(大盛)」@煮干しらあめん 燕黒の写真19時半頃、先客5名、カウンターへ。

ニボシレス

筆頭メニューは燕三条系。
でも、今回は煮干では無い彼奴にてレッツらGo!
ンでもって、デフォは細麺なのだが、麺変しまっせェ〜

結果的にコレがなかなか・・・

じわぁ〜と効く鶏の旨みにムチムチぷりぷり太麺・・・
若干のスープの絡みは好みの別れどころであろうが全然。
ありでしょ!

優しさに強さを加えた一杯、かと。
うん。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 36件

「ラーメン」@ラーメン ツキフクヤの写真12時半頃、先客8名、カウンターへ。

タカギブラック

小料理屋のような佇まいがgood!
久々の突撃なのねェ。

カウンター越しに口頭にてコール。
黒光りと共に着ドーン!

何と言っても地元産というカエシの風味が特徴なのです・・・
酸味に甘味がオリジナルテイストを醸し出す・・・そして「てり」がなんとも。
装備品ではメンマが大振りな穂先メンマに変更、これがかなりのポイントとなるのが私的感想ッと。
ありそうで無いココだけの味わいを堪能。

醤油と共に愉しむ一杯。
うん。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 5件
86

「煮干そば(大盛)」@凌駕 IDÉAの写真20時頃、先客10名程、カウンターへ。

ニヒキメノドゼウ

『人気を博したTYPE666をバージョンアップ』というのが謳い文句。
あ、バージョンアップしてたんだァ、知らんかったわ・・・
そりぁイッとかんとネ!

しなやかな細麺は狙いが分かりやすくグー。
スープは若干印象が変わったかも!?
濁りが強くなりカエシの尖りが抑えられた様に感じられる。

風味を愉しむ一杯かと。
うん。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 3件
85

「鶏らー麺 (大盛)」@鶏がら屋の写真14時頃、先客5名、カウンターへ。

コウゲキテキナ

メニュー構成は『濃厚鶏白湯』に『淡麗鶏清湯鶏』と鶏を中心に・・・
ビジュアルから出身店がプンプンと匂うゾと!
あくまで主役はスープと謳う。

ファーストインパクトは鴨脂。
そして焦がし葱の風味が巡り巡って丼内wo蹂躙!
平打ちムッチリ麺との共演は見ものデスよ〜

意外と攻めてる一杯なのだ。
うん。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 12件
88

「冷やし中華(大盛)」@凌駕EBISUの写真14時ちょい過ぎ、先客5名、カウンターへ。

ナツガクレバオモイダス

旧店舗より継承したアレが始まってましたヨ〜
私的夏の風物詩なのだ!
今回は「野菜」「タレ」増しでイク。
店舗同様綺麗な盛付けになったのネ。

たっぷりの野菜に極太麺、ゴマだれにニンニク、ぐっちゃぐちゃに混ぜ込みかっ喰らう・・・
う〜ん、がっつり愉しませて貰いました。

満足する事間違いない一杯。
うん。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「鶏塩らぁ麺」@長野らぁ麺 さくら木の写真11時半ちょい過ぎ、先客5名、カウンターへ。

ホマレガチヤサクラギ

久々の突撃ゲット・・・移転後はお初だ〜
いやァ愉しみですワ!
かなりのインターバルなのでイチ押しの彼奴を頂くぞッと。
「当店一番人気」だしネ。
謳うのは『鶏節と丸鶏のスープと和だしの贅沢スープ』と・・・

鶏節の良いカホリと共に着ドーン!
スープは清湯ながら濃厚かつスッキリと。
デュラムセモリナ粉でもちもち食感の麺。

旧店舗時代の良いところはちゃんと継承中。
BGMは「桜」に関するモノでは無くなったのネ・・・

丁寧な仕事を感じる一杯。
うん。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
88

「中華そば」@醤龍の写真13時半ちょい過ぎ、先客3名、カウンターへ。

ソレニツキル

久しぶりの突撃ゲットだす〜
いやァ愉しみですワ!
色々と気になるメニューもあるのだが・・・う〜ん。
でもなぁ・・・
前置きは以上ッと。

鶏ガラのベースに、カツオ節&昆布の旨みが適度に効く魚介出汁。
カエシはオリジナルの『醤龍のタレ』で決まり!
特徴的な食感がクセになる中細ちぢれ麺。
香ばしく仕上げたチャーシューに極太メンマ、装備品にも抜かりは無し〜
どこか懐かしいトコロもあるが独自性も強い。

移転前の構成も好きでしたゼ…

タレの旨さが光る一杯。
うん。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 5件
87

「鶏そば」@麺道 夢幻の写真19時半ちょい前、先客7名、テーブル席へ。

ウマレカワリ

ビジュアルの変化に惹かれ狙い撃ちですよッと。
今時なミタメには期待は膨らむ・・・
券売機にて、そんな想いも込めて釦をポチり。
其れ「鶏本来の味をそのままに感じられるあっさり醤油ラーメン」と謳う。

暫しの時を経て着ドーン!
カエシと出汁はストレートに味覚を襲う。
『鶏と水』の洗練された仕様ですな・・・コレはコレは。
このチューン、間違いなくパワーアップ!
そ、都会的と言う洗練されていると言うか・・・
直近では都内で食したモノが一瞬、脳裏を過る。
麺はパツリと小気味良し。

此れ、再食必至だワ!

狙い通り直球な一杯。
うん。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 5件