なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

銀盤

男性 - 神奈川県

ほぼ通勤経路の採点ですが、たまにバイク等で遠征する事も。ラーメン: 基本はコッテリ系ですが、弱っている時はアッサリ系が食べたくなります。そば・うどん: 立ち食いなどの店に対しては立ち食い店なりの評価をしていきます。名前はお酒から頂いています^^味覚に問題があるのか、100段階評価だとちと多い気がする今日この頃…5段階、いや松竹梅でもいいんだけどなぁ。

平均点 74.047点
最終レビュー日 2019年3月3日
319 226 0 37
レビュー 店舗 スキ いいね

「もりそば+こごみの天ぷら一籠(560円+430円)」@佐久の草笛の写真日帰り出張の昼に訪問。
入り口の所で店員を探していると後ろから来た2人連れが名簿に名前を記入していく。ああ、そういうシステムなのね。
そこら辺の気遣いは無く、当然のように先に名簿に名前を記入した2人が先に案内され、次は私。私は座敷か席かの要望を聞かれたので席にする。

メニューにセットとかあればと思ったが単品の物しかなく、もりそば(560円)にこごみの天ぷら一籠(430円)を注文。
本当は大盛を頼もうと思ったのだが1キロ以上あると制止がかかったので普通盛りに変更。(中盛も700グラムあるとの事)
5分ほどで配膳。
桶の様な器に平打ちで固茹でのもの。薬味はネギ、ワサビ、生姜、大根おろし。つゆは少しだけ甘みのあるもので、蕎麦と合っている。
こごみの天ぷらは、まあ普通の天ぷらでした^^;
うん、中盛りにしておけば良かった。

あと、メニューには見つけられなかったのですが、後から来たお客さんが「くるみおはぎ」と「かきあげ」を頼んでいた。
常連っぽい人だったので、お勧めのメニューかもしれない。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「大権現盛り+車海老の天ぷら*2(1800円+640円)」@うずら家の写真ツーリングに出かけた目的地として三連休の中日に訪問。
戸隠の中社近くにある参拝者用の無料駐車場は満車との事だったが、聞いてみるとバイクはまだ大丈夫とのことだったのでそこに駐車させてもらう。
参拝を済ませた後、三本杉のある大鳥居から見回すと人だかりを発見。近づいてみると見つけられました。

9時45分位に到着したのだが、待っている人が記入する用紙にはNo.5と書かれている。半ば諦めて名前を書き、開店時間の10時になると店主が出てきて挨拶と現状の説明が始まる。
なんと200人以上の人が待っているとの事で、全員いれば最後に記帳した人は1時間半以上まってもらうことになるとの事。
ちなみに並んで待っている必要は無く、もし順番がきた時にいなくても、また呼んでいただけることなどの説明があった後、名前が読み上げられて続々と入店。
(なお、一番最初の人は来店時間を読み上げられるサービス(?)があり、この人は朝5時20分に来たとのことだった。)
この時点で結構いない人が目立つ。自分の番は一時間後と推測し、この日は手をポケットに突っ込んでないと指先がかじかむ位寒かったので、道の奥にある「戸隠神告げ温泉」(入浴料600円、タオル300円)で時間を潰して1時間後に再び訪れると丁度私の前の人までが呼ばれていたようで、直ぐに呼ばれる。

1階の窓際に案内され、大盛の2倍あるという大権現盛り(1800円)と車海老の天ぷら(@320円)を二匹注文。最初にそば茶と白菜の漬け物が提供され、少しして薬味(刻みネギ、大根おろし、山葵)とつけ汁が。この時、茨城のうずら家とは違い、山葵に砂糖を使う説明は無かった。
その後、車海老の天ぷら、続いてそばが提供され、席に案内されてから10分程で全部揃う。
車海老は期待した程大きくなく(最近車海老を食べて無かったので、勝手にもう少し大きいと思っていただけなんですが…)、蕎麦はぼっち盛りと呼ばれる盛り付けで、ヘアピンが幾つも重なる様に盛り付けられ、冷たい水でシメられている。水はあまり切れていない。
通ぶって、蕎麦をつけ汁につけずに一口すすってみるとビックリするぐらい冷たかった。つけ汁は鰹節が強め。
味はと言うと、蕎麦の香りはあまりせず、普通より美味しいといったところ。期待し過ぎたせいも有るな。流石に新蕎麦と比べようとしたら酷か。最後は提供された蕎麦湯を楽しんで退店。一時間待つ価値は疑問だが美味しかった。量は流石に大盛の2倍との事で食べ応えあり。
ちなみに茨城の店と比べると、接客は配膳している人が茨城は2人位に対し、こちらはその3倍位の方が働いている事もあって細やか。待っている間に戸隠の雑誌を持ってきたりしてくれます。値段は戸隠の方が少しだけお高め。味はそれ程違いは感じられなかった。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「「岳セットB(大町二郎Ver)(1100円+100円)」」@豚のさんぽの写真「不破・・・というのはどうじゃ」(修羅ネタですのでそっとしといてください^^;)
そんな訳で「岳セットB(大町二郎Ver)(1100円+100円)」の裏レポ。ミニカレーです。

木の葉型の深皿で提供され、単品だと450円するだけあって量は多め。
カレーはトロリとした食感で玉ネギ以外は全部溶け込んでいる模様。ほんのりした辛さの中に玉ネギの甘味があって美味い。ご飯は綺麗に盛り付けられているものの粒がつぶれている事は無く少し硬めの炊き上がりでカレーと良く合っていた。

その他はレタスと水菜のシーザーサラダとモヤシと刻みネギのキムチ風の物。ラーメンメインで頼んだが、その他の物の方が美味しかった。

店を出ると、先程はいなかったのに行列が10人ほど出来ていた。しかも半分以上は登山の格好。直ぐ近くの信濃大町駅は登山の入り口として賑わっているんだなと感じた。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「「岳セットB(大町二郎Ver)(1100円+100円)」」@豚のさんぽの写真ふらっと黒部ダムへツーリングに出かけた途中に訪問。
行列は無かったが店内はほぼ満席で、食べ終わった食器が片付くのを待って入店。お、ここは土足禁止なんだ。
座敷とカウンター席が有って空いていた座敷の2人用テーブルに案内される。
うーん、ラーメンとカレー両方美味しそう。悩んだ結果結局両方食べる事にw。
大町二郎(780円)ニンニクありで、それにミニカレー(450円)をお願いしたら、「岳セットB(1100円)に100円足すと岳ラーメンが大町二郎に出来てサラダと小鉢も付くし、値段もお得」とお得と教えて頂き、ソレに飛びつく。
暫くするとカウンター席が空いたので・・・とカウンター席に案内し直され、更に少ししてからセットが登場。

ヤサイは少し柔らかめだが良い歯応えの茹で上がり。モヤシだけかと思ったが多少キャベツも入っている。盛りはノーコールながら結構な盛り。麺は二郎歌舞伎町店に似た正方形で、湯で加減も丁度良かった。スープはやけにさっぱりしている。最初は思い込みがある為、何でか解らなかったが、食べ進めて行くうちにスープ表面を見て納得。醤油では無く塩が圧倒的に強い。
豚も塩味。脂身もトロトロで多少の塊と崩されたもので、見た目ほど量は多くない。
全体的な量は歌舞伎町店か上野毛店の小位かな。(但し、ミニカレーも食べると結構な量)

単品で、更に二郎として考えるとちょっと不満。だが、別物として考えればそう悪くない。
女性スタッフは帰りもちゃんと見送ってくれるし、気配りも素晴らしい。
周りのさびしくなった町並みから別世界のような居心地のよさがある店。
(カレーは 裏レポ としてカレーの方へ)

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件