なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

mona2(多忙短レビュ)

ただのラーメン好きで、ラヲタじゃないです。極端な味覚の持ち主かと思います。思ったこと感じたことしか書きません。失礼があるかもしれませんが、何卒ご理解よろしくお願い致します。写真は特別な場合を除き、提供した時のものをアップするのがポリシーです。

平均点 76.806点
最終レビュー日 2019年6月17日
2,235 1,779 7 10,947
レビュー 店舗 スキ いいね

「手打ちみそラーメン680円」@東京まんぷくラーメン 本社本店の写真2017.8.24
夜はビールがゆっくり飲めそうなラーメン屋さんを探してブラブラ。
「東京まんぷくラーメン有楽町」って赤い看板が。
なんじゃい面白そうと入ってみた。
お座敷もある昭和な雰囲気。
会計時ほがらかな女将さんに有楽町(銀座)の萬福と関係あったりするのか訊いてみたら笑いながら関係ないとのこと。
有楽町ってこのお店がある地名なんですって(笑)。

メニューが豊富で安い。餃子はデカサイズに具がたくさんてのが6つで460円。下味付けも良い。
麺メニューの中に「手打ち」ってのがある。
お店のおばあちゃんは細いのだとおっしゃるし、どうやら手打ち風ということらしい。
それを味噌でお願い。

味噌汁みたいな味噌ラーメンの味。豚と鶏でスープ取っているのだろう。
動物色が薄すぎるってこともないけど味噌汁みたいなのは味付け塩分が低いこともあるのかもしれないです。
麺は細麺縮れで青森の中華そばの麺のような感じ。100%国産小麦を使った麺だと書かれている。
細く弱弱しく見えるがピンと張りつめた感もあって伸びも遅め。
麺が味噌汁スープを纏うし、よくよく考えたら味噌ラーメンをこんな細麺で食べた体験は初めてかも。
確かに濃厚味噌スープだとこの麺合うわけない。ローカル色あるラーメンをいただけたかなあと思う。
チャーシューは3枚でややパサつきあり。でも値段を考えたら充分すぎる。

「東京まんぷくラーメン」は秋田県内で展開するチェーン店のようだ。
この有楽町店を有楽町本店と記す記事もあるし、別に本社本店というものもあるようだ。
店名を含めて謎があって面白そう。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「名代中華そば680円」@名代三角そばやの写真2017.8.24
古民家を改造したというお店。三角そばやの本店。
ここには中華そばしかありません。
とりあえず量の違いで選択肢はあるんですが、厨房上に貼られた短冊は「中華そば680円」一つだけです。
お店の女将さんと指さしてあれだけなんですよね~と笑ったりしました。
このおばあちゃん女将さんがお話し好きで、昼下がりお客がいないことをいいことにたくさんお話ししました。

十文字は水が美味しいから、スープに使う水もお冷も地下水とか。
むむっ、会津坂下を思い出すなあ。タレを水で割っただけの冷やしラーメン。もしかしたら先のマルタマ食堂もそれだったりするかも。
浮き油はキラキラとしているが、これはチャーシューの脂。麺は無かん水で4人のモミ子が揉んで7日から10日熟成させる。
色は最初は違う色なんですよとおっしゃる。

これ、浮き油はわざわざ作っているように思えた。提供時はほんのわずか・・・そして時間が経つにつれて増えてくる。
これは絶妙な仕掛けだ。
焼き干しを使ったダシだとおっしゃるが、最初はその純な魚介出汁と醤油を味わわせておいてから脂を広げたスープで食欲を増強させる。

醤油は「伝統の醤油ダレ」とか書かれているが熟成感とかはわからない感じ。十文字ラーメンはあくまで魚介と麺のようだ。
そして麺。無かん水のポクポク麺です。中細麺になり、そういや、つなぎは塩??とか聞けばよかった。
かん水使った黄色い麺ではないですとのお話し通りうどん系なのですが、歯応えは中華麺に近くてうどんモチモチはありません。

具材は厚いチャーシューが3枚。手間がかかっていると思う。スープに味の影響を与えず油を流し込む作り。
これは値段的に安すぎるのでは。
あとはでかいお麩が特徴的。青森など東北で見かけますが、こちらはデカイ。
細切りメンマの食感や味も優しめです。

麺が無かん水の上、動物をスープに使わないということもあり、これはラーメン(中華そば)ではないとか評論家に言われたそうです。
誰だろう。20年くらい前だって。
別にラーメンじゃなくたっていいじゃん、美味い食べ物なんだから。

投稿(更新) | コメント (5) | このお店へのレビュー: 1件

「冷っこい中華550円」@マルタマの写真2018.8.24
横手市十文字ラーメンのお店。こちらの冷やしラーメンは、山形市「栄屋本店」・会津坂下「いしやま食堂」と並んで歴史が古いという。
そしてうれしいことに次の「三角そばや」も通し営業ってこと。中途半端な時間に行ったらやっぱり先客なし。
先会計というのはなんか昔の食堂を思い出す。

クリアーな琥珀色のスープ。それほど冷えてはいないが、そこに浮かび上がる鰹出汁の旨味がいい感じなことよ。
動物っ気は皆無なので鰹出汁のおすましのよう。醤油の個性は特に感じないうえ塩分も控えめで体に優しい印象。
麺はポックリ系の細麺。これは無かん水のためにこのような食感になっているようだ。

ここですいません・・埼玉朝霞→みずほ台のかつての名店「一本気」(てか、オーナー代わってまだ営業してますが今は昔の味ではないです)のルーツはこの麺ですね。
低かん水細麺ポックリ。元秋田出身のご主人が比内地鶏や魚介をふんだんに使ったきりたんぽ鍋をヒントに作られた塩ラーメンの味は生涯忘れないことでしょう。

あまりにあっさりとしたラーメン。メンマも節味醤油。
極力油を抜いたモモチャーシューがあっさりさを極限まで目指したことを物語っています。
そしてバサっていそうでそうでもなく優しい塩味で味付けされている。
ゆで卵の輪切りは朝のお店で見かけたものとおんなじ。

物足りない・・よなーー。てか、このように抑制させた美味さって秋田らしいのかも。
アブラ欲望を抑えダシ底味を知ることに専念するだろうし。
小中学校学力テストは全国で常に1位2位を争う頭脳県だしって考えすぎ。

ちなみに、こちらはよくわからないメニューがありましてサッポロラーメンとか中国ラーメンとか。
塩ベースは「五目中華」のみです。妻が食べました。塩角丸だしでしょっぱいものです。これは不思議。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「シナそば(具なし)600円」@自家製麺 伊藤の写真2017.8.24
開店10分前に到着。店内電気が点いているから覗いたらご主人がカウンター内に出て来て、どうぞと案内してくれた。
その前に券売機。2台並んでいるしメーカーが違うから面白がって、両方の券売機で「シナそば(具なし)」を発券してみた。
印字が違っていて並べて記念写真。あっ、妻がもう一杯を食べます。
外からは仕込み部屋がちょっと見えて、長崎産の煮干しといりこの段ボールが。

東京埼玉の「伊藤」系元祖となるお店ですが、味はまるで違います。
私は王子のお店が好きですが、スープが少なく麺が半身浴状態なのは同じ仕様です。
スープに原価が掛かっている証なのです。こちらは比内地鶏と煮干し類。
意外だったのは動物系が抑えられていることで煮干しを表立たせていたこと。

また、茹でタマネギがトッピングされているのはこちらだけではないでしょうか。
醤油のカドと煮干しを中和させるために使われたものと思いますが、動物色でマスキングされていない醤油は確かにタマネギが合うように思います。
具なしと言っても、ネギ小口切りとタマネギが付いてきます。

麺が顕著に違うところでしょう。中細ストレート。伊藤系はポックリとした白い中太麺というイメージからするとずい分と違う。
コリっとした噛み応えで咀嚼に時間をかけるよう。スープを吸う仕様でないことも意外だったかもしれません。

後客に、シナそば具なしをネギ抜きで頼んでいる常連さんが・・。

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「きのこラーメン700円」@あさり商店の写真2017.8.24
田沢湖畔のお土産屋さんではあるが、キノコや山菜を加工販売もしている。
朝9時過ぎに通りがかり立ち寄ってみた。
また、店先で煮ている玉こんにゃくや郷土料理が人気のようだ。
キノコ類も豊富に揃っており原木栽培している。
こちらで購入したソフトクリームを舐めたあとで、やっぱりキノコラーメンが気になって訊いてみた。
どんなキノコが乗っているのか・・マイタケ、椎茸、ナメコで今日はそのラインナップ。
コウタケとかサクラシメジとかの加工品も売っているから、田沢湖畔の山で収穫したものもあるのだろう。

ナメコの原木栽培ってほとんど趣味の世界じゃなかろうか、本気度が知れるというものだ。
もちろんスーパーで売っている菌床栽培ものと全然見かけも違う。
てことで、マイタケの身が締まっていてコリコリとした歯応え。
椎茸そばのスープをレンゲで掬うと普通じゃない出汁感味わえるし。

スープは鰹節に甘味ある純和風。そしてキノコ周辺はキノコ出汁。
麺は中麺ストレート。柔らかく汎用風。
添えられたいぶりがっこが朝食べた旅館のものより美味かった。

投稿(更新) | コメント (3) | このお店へのレビュー: 1件