なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

mona2(多忙さぼり短レビュ)

ただのラーメン好きで、ラヲタじゃないです。極端な味覚の持ち主かと思います。思ったこと感じたことしか書きません。失礼があるかもしれませんが、何卒ご理解よろしくお願い致します。写真は特別な場合を除き、提供した時のものをアップするのがポリシーです。

平均点 76.817点
最終レビュー日 2019年10月22日
2,385 1,894 7 11,845
レビュー 店舗 スキ いいね

「800円+パクチー100円」@蘭州拉麺 李 栄店の写真2016.5.9
800円というのはメニュー表にタイトルがなくて値段だけ書いてあるから笑。ご主人に、これは蘭州ラーメン?→そうです。
蘭州牛肉麺ではない?→蘭州ラーメンと蘭州牛肉麺は同じです。

名古屋に初上陸した蘭州拉麺の店だとポスターに書いてある。

平麺を選択、パクチートッピングもお願い。
カウンターに座るとご主人は背中を向けた姿勢で小麦塊を伸ばし始める。一旦一人分の分量を警棒状にするんだけど、やっぱり多くない??
東京のお店の方たちよりゆっくり慎重に伸ばしているようだ。
それを茹で釜に。すると後客の細麺を伸ばし始めた。そんで細麺を平麺が入ってる釜に入れた。まぜまぜしちゃう?
若奥様?が麺茹で担当。上手いもんだ。平麺と細麺を別々に上げる。

パクチーは少なく、トッピング用パクチーは別皿で来たがこれも少ない。
クリアーな牛ダシスープに薬膳の味が加わり、またスパイシーなラー油が赤く色づいている。
牛ダシは薄めに感じるが、薬膳がジンジンと体に染み渡り汗が出てくる。蘭州ラーメンの特徴だ。
麺は幅広目でニラ麺ではない。ビロビロン状で重さもあるから箸で掴むのは大変。そして量が多い。やっぱ蘭州ラーの麺は多いんだよねー。その辺のJ系より多い。
ご主人に訊いたら、450gくらい だって。

牛肉は珍しくザクリ系。そして大根も同様に煮込ませていないタイプ。私は、大根が味に浸されていない方が好みのようだ。
卓上に並んだ数々の香辛料サンプルがなかなか面白い。

投稿 | コメント (11) | このお店へのレビュー: 1件

「玉子とじ担々麺850円」@萬珍軒の写真2019.5.8
カウンター席へ。元祖玉子とじラーメンのお店だけど担々麺を。これも玉子とじラー。
ラー油香辛料が本格的だったのに驚いた。丼にタレ入れて、微白濁スープを大寸胴から柄杓で掬い、間に平ざるを挟み50㎝ほど上からザバーっと注ぐ。このスープは名古屋コーチンと豚骨。
トルコ産金胡麻と中国産白胡麻をブレンドして用いているというが、味がついたペーストが丼に張り付いていたからそれでしょうか。その芝麻醤と赤い香辛料で美味い担々麺です。肉は味付けそぼろ。甘いかと覚悟したがそんなことない。生卵も乗せられている。
その代わり玉子とじの印象がとても薄く感じた。
麺は柔目の細麺。茹で時間は短く、ざるに入れてから丼に分けていく。この麺は固形だか半固形だかわからなくなってくるのは、やっぱ玉子とじの効果だろう。面白いラーメンだった。

投稿 | コメント (7) | このお店へのレビュー: 1件