なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「味玉塩そば」@竹末東京プレミアムの写真平日ランチ帯は、休日と違い時間に余裕が限られる。そのため回転が良く、調理手際も休日とは比較にならないくらいに敏速。それでも伝えて欲しいこのLive、武藤氏前の座席確保が叶えば、次元の高い技術者の調理が見放題だ。
鶏主体、と言うか鶏尽くし。鶏がらと丸鶏から丁寧に煮出した透過性に優れたスープ。鶏油の煌めきで黄金色の反射が演出され、厚さのある口当たりだ。ふくよかに、どっしりと。膨らむ旨味には筋... 続きを見る

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 5件

「味玉鶏ホタテそば」@竹末東京プレミアムの写真鶏そばにプラス帆立だしをイメージしていたが、予想の遥か斜め上を行く衝撃のビジュアル。帆立ペーストが親の仇かと言わんばかりに盛られるため、これは太麺でないと受け止められない。麺と帆立のコラボレーション。
但し、竹末らしい繊細さはそこには無い。帆立ペーストで鶏白湯の魅力が木っ端微塵に圧殺され、シナジーは皆無。言わば帆立ペーストまぜそば状態だが、ペースト自体も帆立三昧とは言えず、帆立風味の麺を... 続きを見る

投稿 | コメント (5) | このお店へのレビュー: 5件

「鶏そば+味玉」@竹末東京プレミアムの写真後味まであっさりの、癖のない鶏白湯。どっしりとした印象は束の間、柔らかさと円やかさを伴い、ふくよかな鶏の澄んだ旨味が塊のように舌先を唸らせる。鶏油との一体感、その味の濃厚さに、深く惹き込まれてしまう。
中細麺には当然、遠慮なくスープが絡みまくるが、香りの抜けが抜群に良い事もあり、決してスープの一人旅にはならない。腰の粘りと歯切れの良さ、硬くも柔らかくもない。小麦の息吹が琴線に触れれば、箸... 続きを見る

投稿 | コメント (5) | このお店へのレビュー: 5件

「塩そば+味玉」@竹末東京プレミアムの写真鶏が、旨い。一羽丸々、全ての美味しさを抽出したかのような力強い味。恐らくもっと雑味のないすっきりとした仕上がりにも出来るだろうが、鶏油のこってりした旨味や男臭さを若干残した調整、意図的なものだろう。
ダイナミズムと品の良さを兼ね添えた黄金のスープは、角のない甘味が立った塩だれで味が引き締まっている。貝類も使っているのだろうか、鶏に翼を与え、ふくよかな旨味がフワリと膨らみ、渾然一体の魔法に... 続きを見る

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 5件

「味玉醤油そば」@竹末東京プレミアムの写真材料の素性まで全部教えてくれる、鉄板焼きやさんのような接客。やや回転が悪い点はご愛嬌だが、ラーメンの品質が待ち時間の苦労を忘れさせてくれる。
丸鶏やガラから丁寧に採った黄金色のスープは、醤油と交わり褐色の輝きを放つ。煌びやかな反射を演出する鶏油の甘みを従えて、立体感のある旨味が洋風を装いながら、凛とした和の雰囲気も醸し、風味が尽きる事はない。
適温に調整されたスープは、実に味と... 続きを見る

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 5件