なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 
75

「ラーメン」@中華料理 嵐山の写真成程。塩スープでは看過し難いニンニクの存在感に遺憾極まったものだが、醤油だれの場合はその個性が適度に中和され、口当たり良さに箸が進む。
豚がらと香味野菜の風味豊かなスープには、切れの良い濃口の醤油だれが最も似合うと言う事だろうか。やや甘みも感じられるバランスの良さ。その輝きは、縮れ中麺を思い切り啜り上げた瞬間にクライマックスを迎える。
やや柔めが標準の昼営業時間帯ゆえ、硬めで注... 続きを見る

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 42件

「叉焼ワンタンメン(塩)」@中華料理 嵐山の写真本当に、どうしてしまったのか。スープのニンニクが強過ぎる。
ここ数回、毎回このスープである事を鑑みると、これが標準仕様に変更されたのかも知れない。そして失敗は麺の硬さで、昼間は夜と異なりアルデンテで揚げてはくれない。しっかり茹でた中麺は、若干柔らかめの茹で加減だ。
ワンタンは餡の挽肉が粗挽きで肉感が強く、味付けに頼らぬ品質へと変貌。肩ロースチャーシューも肉の旨味がダイレクトに感... 続きを見る

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 42件

「塩ラーメン」@中華料理 嵐山の写真先日訪問した昼の部で感じた、スープのにんにく臭さ。材料の質を変えたのか、それとも仕込みの手順を変えたのか、夜の部でもその傾向が踏襲されていた点は大変残念だ。しかし、嵐山ならではの朴訥な仕上がりは変わらない。
豚の旨味は先述のにんにくでやや奥に隠れた感が否めないが、尖りの出ないギリギリの線で抑えられた塩だれで味の立体感が表現され、飽き知らずの味に調整されている。優しい口当たりが、酒で荒れた... 続きを見る

投稿(更新) | コメント (5) | このお店へのレビュー: 42件

「ワンタンメン(塩)」@中華料理 嵐山の写真久々に訪問した昼間の嵐山。夜とのクオリティ差が禿し杉な店が気になるが、それでも支払い対価を大幅に超越した完成度である事は間違いない。スープにニンニクが効き過ぎており、塩味も濃いめ。何でこんなに変わるんだろう。
本来ならば、あっさりとした豚がら中心のだしに、適度な塩味と香味油が絡み、旨味調味料がガツンと効いて、特に酔った胃腸へ対する優しさに富んだスープが持ち味なのだが、その特徴が失われても... 続きを見る

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 42件

「ワンタンメン(塩)」@中華料理 嵐山の写真夜、飲酒後しか立ち寄らないと言っても過言ではない一軒だが、この日も当然のように長時間の飲酒後の訪問だ。昼間と夜間で調理者が異なるのだが、何故か夜の方が嗜好に嵌る。味が異なるのだろうか、それとも感覚の問題だろうか。
スープをひと口嗜めば、そんな疑問は瞬時にして忘却の彼方だ。素晴らしく旨い。食始10秒にして早くも夢中、どっしりとした手応えのある旨味を感じさせながらも、すっきりと離れの良い風味... 続きを見る

投稿 | コメント (3) | このお店へのレビュー: 42件
75

「カレーメン」@中華料理 嵐山の写真カレーとラーメン何れを食べるべきかと苦悩するのは、諸兄にとって日常の課題となり得る懸案事項と推測するが、自分もまた相似する立場にある。
飲酒後に出会う当店の醤油ラーメンがプライスレスな存在である事は熟知しているが、カレーメンの頼もしさはその轍を踏み外さない。普通の醤油ラーメンからチャーシュー、ワカメを抜いて、その代わりに自家製のカレールーを豪快に盛り付ける。
具沢山。ゴロゴロと... 続きを見る

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 42件

「ワンタンメン」@中華料理 嵐山の写真地元を熟知した方と共に大島、亀戸と地元での飲酒を散々楽しんだ後、調子に乗ってラーメンで締める。特段の打ち合わせは必要ない、自然と足が向くのが風習だ。
折角調子に乗っているため、ワンタンが載ってる奴を発注する。普段は塩を愛しているが、気分的に醤油な感じ。最近自宅を駅寄りに移した結果、この店が近杉で却(かえ)って立ち寄らなくなっていたが、もっと足を運ぶべき価値ある一杯。
豚の旨味が... 続きを見る

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 42件

「塩ラーメン」@中華料理 嵐山の写真やはり、旨い。
訪問時間帯は、飲酒が終了した深夜も未明。ホール担当の店員さんが変わっていたが、厨房のオサーンはいつもの尖った方。安心の一杯が保障される瞬間だ。
豚がらの、一本筋の通った旨味漂うスープ。塩だれで深みを与えられたスープは何処までも優しく、酒に焼かれた五臓六腑を癒してくれる。これ程ネギがマッチするスープも珍しい。ネギ特有の甘みと若干の辛味が、だしの香りを常に新鮮な物に... 続きを見る

投稿 | コメント (10) | このお店へのレビュー: 42件

「塩ラーメン」@中華料理 嵐山の写真飲酒後、寒空の下。永遠を覚える程に変わる事のない赤信号を前に、薄い霜を渡る風が辛く肌を吹く。思わず目を背ければ、路傍に煌めく赤い看板から洩れる灯りが、凍てついたアスファルトに縞のような暖を描いていた。
誘われるように最奥卓へ陣取ると、菜譜へ目を配す事なく塩ラーメンを注文した。程なく配膳を見る一杯。湯面へ漂う湯気に手を掲げ暖を取れば、自然と笑みが零れてしまう。蓮華を手に取り、スープを口へ含... 続きを見る

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 42件

「ワンタンメン(塩)」@中華料理 嵐山の写真当然飲んだ後に登場したわけだが、そんな深夜のシチュエーションで、これ以上旨い塩ラーメンがこの世にあるだろうか。いや、ない(反語)。
調理場、ホールともいつものオサーン2名体制。何と言う安心感。信頼感と言い替えても良いだろう。久しぶりなので調子に乗ってワンタンも入れてもらったが、チュルっと唇を通過してゆく滑らかさと、皮のモッチリした歯応え、そして餡のささやかな肉感。コレ。
スープ... 続きを見る

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 42件