なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「鶏塩らーめん(濃厚)+味玉」@らーめん 司の写真粘度が高く、モミジを多用したような鶏白湯。味の軸は素材に委ねているため、塩味はさほど濃くもなく、後味にも余り残らない。今回は「濃厚」を選択したが、「淡麗」も同じ方向性なのではないか。食べ易さは申し分ない。
太麺は醤油、塩、味噌と言った古(いにしえ)からのメンバーより太めに感じられる。ちゃんぽん等の麺と同じだろうか。太麺のためスープが異様に絡む事もなく、もちもちした腰と甘い香りが楽しめる。... 続きを見る

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 28件

「ねぎらーめん(鬼もり背脂)」@らーめん 司の写真脂とニンニクとネギ、強烈な三位一体を堪能するなら鬼もり背脂で決まりだ。
ネギラーメンと二郎のハイブリッド、心からの敬意を込めてそう称したい一杯。ネギには辣油とニンニクチップが塗され厳密にはラーショ的なネギラーメンとは様相異なるものの、シャキシャキ食感の魅力は何ら変わらない。
多量の背脂と微塵切りニンニクがスープと共に加熱され、乳化気味の風貌で登場するスープ。逞しさを覚えるのは油... 続きを見る

投稿(更新) | コメント (3) | このお店へのレビュー: 28件

「らーめん+味玉+もやし+もやし(こってり)」@らーめん 司の写真ランチサービスのトッピングよりも、食券で追加した場合の方が圧倒的に増える「もやし」。これを2枚提示した結果、予想を遥かに凌駕する盛り付けに驚嘆するも、理想的な加減で火の通った食感と味、この安定感。
活きの良い豚の旨味が十分に醸されながらも、湯面に散らせた背脂でコクと奥行きを強調するスープ。醤油だれで味が引き締まるも、多量のもやしで完全にダシの醍醐味がぼやけてしまっているのは完全... 続きを見る

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 28件

「塩らーめん+ねぎ+味玉(鬼もり背脂)」@らーめん 司の写真豚骨を軸足としたスープと、「鬼もり」の名に恥じぬ背脂の重量感。こってり、どっしり。そこに遠慮なく交わるニンニクの強烈な味と香り。
タフだ。塩でも醤油でも変わらぬ渾然一体感。大将の人柄そのものな骨太のスープは実に男性的で逞しく、二郎の力強いスープに品を持たせたのような印象だ。気が付けば無心に誘われ、箸と蓮華の動きが禿しさを増して行く。
癖のない太麺の香り。存在感を発揮しながらも、... 続きを見る

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 28件

「みそらーめん+味玉+にんにく(こってり)」@らーめん 司の写真旨くならない理由がない。じっくり煮込まれた口当たりの良い豚骨スープに、背脂で禁断のこってり感を醸す背徳感。本来、味噌の油は「さっぱり(鶏油)」なのだが、お願いすれば「こってり(背脂)」も可能だ。
そこに刻みニンニクを投入すれば、味噌の熟成感や塩味の中の「悪い部分」が雁首を揃え始め、食者の心を禿しく揺さぶる。店主のモットーは「旨いものを安く、腹いっぱい」。最も忠実にその意匠を反映したメニュ... 続きを見る

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 28件

「ねぎらーめん+味玉(鬼もり背脂)」@らーめん 司の写真誤って「鬼もり背脂」をオーダーしてしまった結果、二郎のスープを劇的に美味しくしたような完成度での配膳となった訳だが、不満が残る理由はない。
鬼もり背脂…それは、背脂が「こってり」より倍増し、みじん切りの生にんにくが加わる夢のオプション。提供前に小鍋でひと煮立てさせるため、登場時の一体感は半端ではない。店主の骨太な人柄が大胆に表現された、この一杯。
旨い。但し、ニンニク臭い。あっ... 続きを見る

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 28件

「司ちゃんぽん+ちゃーしゅう」@らーめん 司の写真旨いものを安く、腹いっぱい。ご主人のポリシーが最も強烈に表現されているのが、このメニューかも知れない。2016年秋現在のベーススープで作られたちゃんぽんは、以前と比して明らかにグレードが上がっている。渾身の出来だ。
とにかく濃厚。濃厚で旨い。豚骨を軸に据え、鶏がら等で複雑な旨味を醸すスープに、品目豊富な野菜、豚肉、イカ等の具材が山と盛られる。味の馴染みも抜かりがなく、ひと口めから既に果た... 続きを見る

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 28件

「冷やし辛味噌麺」@らーめん 司の写真季節限定メニューとは言え、店主のモットーである「旨いものを安く、腹いっぱい」には一切のブレがない。無骨な人柄そのままの、男性的かつダイナミックな完成度。
冷製のため、香りの要素が弱くなってしまう。そんな課題は、パンチ力であっさりと解決に導かれた。ニンニクを全力で漂わせつつ、甜麺醤、豆板醤、コチュジャンのようなキムチ系の辛さに加え、唐辛子によるストレートな辛味も遠慮がない。
肉味... 続きを見る

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 28件

「みそらーめん+高菜」@らーめん 司の写真スープのスタイルが変貌したため、全メニュー制覇への道も2周目に入る中、以前のスープで最も愛した味噌ラーメンとの再会を遂げる。複雑な心境だぜ。
案内はないが、味噌も油が「背脂(こってり)」「鶏油(あっさり)」から選択可能のようだ。お勧めに従ったところ鶏油での提供となったが、これでも十分に濃厚こってりに思えてしまう。鶏油の甘みと、強めな味噌だね。何と言う相性の良さだろうか。
スープ... 続きを見る

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 28件

「塩らーめん+味玉」@らーめん 司の写真2年半ほど足が遠退いていた結果、以前と全く異なるラーメンが登場し軽い衝撃を受ける結果となったが、これを機に再度全メニュー制覇への欲求に火が点く事となった。いつの間にか食券売機が設置されており、浦島太郎状態とはこの事か。
家系ラーメンのような太麺は、モチモチとした歯応えのたびに素朴な甘さが鼻先を抜けるため、食べ応えと麺類を頬張る楽しさが余す事なく楽しめる。
豚がらを軸としたスープ... 続きを見る

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 28件