なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 
95

「釜玉(小)」@うどん 一福の写真一見してうどん玉のみの状態で提供されるが、その下敷きに控える生玉子を潰し混ぜるのは少しだけ待った方が良い。適度に固まるのを待つべきだ。
一般的な讃岐うどんよりも細めの麺ではあるが、釜揚げであってもそのこしは失われる事がない。葱と生姜を適度に添えて、生醤油を垂らしかき混ぜる。写真はひと回しした程度の状態だが、この黄金色に食欲が抗う事など出来るはずがない。
円やかに広がる玉子の濃厚な美味しさは、うどんの甘さと抜群に合う。生姜の刺激はうどんの爽やかな香りと抜群に合う。葱の清涼感は全体の味に起伏を加えるが、時間経過で余熱を手にしてそれ自体も甘味を手にし変化の一翼を担ってくれる。
天ぷらも豊富で安価なため、特に相性が良い竹輪天と共に楽しむのがお勧めだ。油っ気が加わる事で、更に味に奥行きが生まれる事は間違いない。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。