なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「ラーメン」@しぇからしか 梅田店の写真まさか大阪で、しかも梅田で、本場そのまんまの濃厚豚骨が食べられるとは。いわゆる北九州で人気を博す「ド豚骨」とも謳われる強烈な個性。泡脂が漲る湯面と、骨髄まで溶かしこまれたかのような力強さ。ドロドロ加減も絶妙だ。
店頭や店内の豚臭さに怯む事はない。美味しさを阻害する要因は、換気扇から全て放逐されているからこそ、スープ自体には嫌な臭みが残っていない。醤油だれの影響か、若干甘みが効いており、オリジナリティを感じる点も見事なものだ。
硬麺でお願いしたストレート細麺は、小麦の香りが強烈な長浜で良く見られるタイプのもので、粘りの強いコシが食感の心地良さを演出するため、自ずと箸が踊るように動いてしまう。替玉は不可避であり、タフなスープが延々麺を受け止める。
東京には、こんな濃厚豚骨の店はない。大阪の懐深さを感じる一杯だった。

投稿(更新) | コメント (3) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

どもです
本店は実家から近いので、たまーに行きますw
関西の昔のラーメンシーンはほとんど豚骨中心なんですよね。

なんばさん | 2016年5月1日 09:55

こんばんは。
大阪でもど豚骨楽しめるんですね〜
BMしておきます。

kamepi- | 2016年5月1日 17:53

大阪って街はあまり得意ではないんですが、東京では許されない迷惑行為(=換気扇から豚骨臭を撒き散らす)に対する懐深さは素晴らしいと感じます。
梅田の飲食店街ですから、イメージとして東京だと八重洲の飲食店街みたいなもんです。
そこで、決定力のある豚骨臭…これは、周辺との調整が大変難航しそうな事案ですねw

昔のラーメンシーンが豚骨中心、大変納得できます。

Dr.KOTO | 2016年5月5日 09:46