なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 
このレビューは移転前のものです。

「味噌ラーメン (大盛り) +餃子:サービス券」@くるまやラーメン 塩尻店の写真10月某日、昼、本日は塩尻始動のまたまた朝からの肉体労働日。本当に今月は肉体労働が続く日々、塩尻のゲンバを終え、松本のゲンバに向かう途中で昼ラーに突撃したのは昨日に続いてこちらの「くるまや」。

こちら以前は「信州麺屋 一本軒」と同じ敷地にあり、時々突撃していたのだが当地に移転してからは初となる。鉄板の「くるまやラーメン 松本渚店」とはFC母体が違うらしく、「FREE BOOK」のサービス券が使えないが、いつぞやの新聞にあった「餃子サービス券」があったので初突撃を試みる。

13:35着、先客3名、カウンター席に着座、後客1名。早速メニュ表(店内写真)を検討、やはり「くるまやラーメン 松本渚店」とは違いメニュー数は少ないが、「当店限定品」の「岩のりラーメン」などのオリジナルメニューもあり、気になるところではあるが、先ずはデフォの‘味噌ラーメン’(630円)でイッテみたい。

午後も肉体労働が続くので、おばちゃんにこれを「大盛り」(130円)で、そして件の「餃子サービス券」を提示して注文する。調理はもう一人のおばちゃんが担当する。再度メニューを見ながらスタンバる。こちら「ランチメニュー」として「餃子110円」や「半チャーハン110円」があったり、価格も「全て税込み」と、やはりサービス内容も異なっている。やがて待つ事6分、「餃子」に続いて着丼。

ビジュアルは、キャベツ、モヤシ、ニンジン、ニラ、山椒粉が、味噌スープに乗っている。こちらは野菜にキャベツが含まれているのが良さ気。餃子は5個で供される。

スープから。昨日の「くるまやラーメン 松本渚店」に比べて、背脂の含有量は少ないが、味噌の風味が濃厚で、ややしょっぱめの味噌スープ。ニンニクも効いており、課長のウマミもある「くるまやの味噌スープ」であるが、食い比べてみると背脂でのコッテリ感は影が薄いものの塩分濃度が高めで重厚感がある。そう、丁度肉体労働向きの濃い目の味わいで、私的には問題無い。同じ店でも系列が違う為か、連日の食い比べでビミョーな味わいの違いが分かるのが楽しい。こちらも美味い味噌スープである。

麺は断面四角の縮れのある太麺。茹で加減は丁度良く、モチモチとした弾力のある麺で、こちらは食感に大差は無い。大盛りの麺量も満足出来る。いつもの美味い「くるまや」の麺である。

具のキャベツがある事自体、軽く感動を覚える。いつもの「くるまやラーメン 松本渚店」ではお目にかかれないからである。他にもタマネギ、ニンジンなどが含まれ、ほぼモヤシオンリーのいつもの装備に比べると、野菜大好きオヤジとしては野菜のバリエーションがあるだけで、マジ嬉しい。山椒粉の香りはいつもと同じ、イイ感じ。

餃子は盛り付けは見栄えが悪いが、皮はカリカリ、具も挽き肉、キャベツなどの餡がみっしりと入っていてニンニクも効き、なかなか美味い。やはりいつもの鉄板店に比べると、全体的にも大き目である。この餃子も良いではないか。

スープ完飲。実は昔から「くるまや」大好きで昨日に続き連日の「くるまやの味噌ラーメン」となった訳だが、同じ味噌ラーであっても味わいに違いがあるのが如実に分かりオモシロい。経営母体の違いからくるサービス内容にも違いがあり、こちらの店の「税込み価格表示」はポイント高く、好みの「くるまや」だけに再訪確実。次回は「ランチタイムサービス」となるオリジナル企画の「チャーシュー麺」狙いだ、、、

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

コメント

まだコメントがありません。